配偶者貸付|専業主婦のキャッシング条件が総量規制前後で変わった

128view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

専業主婦のキャッシング

専業主婦の方がローンを組む場合、選べる選択肢は二種類しかありません。それは、銀行カードローンと配偶者貸付を認めている金融業者だけです。

本記事では、総量規制の前と後では「キャッシングの条件」はどのように変わったのか詳しく説明したいと思います。

専業主婦がキャッシングできる方法は、2種類だけ!

専業主婦の方は、一部音銀行カードローンや「配偶者貸付」を認めているローンしか利用できません。これは、2010年に施行された総量規制によって「個人に年収の3分の1以上の金額を貸し出してはいけない」と定められているからです。

そもそも、総量規制とは…?

貸金業法は「貸金業に関する適切な運営と利用」を目的とした法律で、総量規制は2006年に改正された「貸金業法」の中に含まれる規定を指します。貸金業法自体は、2006年12月に制定されましたが、貸金業法を含む全ての重要な規定は2010年6月18日に完全施行されました。

総量規制がスタートしたことで、消費者金融や信販会社等で「年収の3分の1」を超える融資が受けられなくなりました。

しかし、総量規制が始まる前までは「年収に見合わない」貸付が行われており、多くの主婦や学生、自営者、サラリーマンが多重債務に追い込まれたと言います。ただし、現在は「総量規制が導入」されたことで、多重債務や借金苦に悩む方の割合は、年々減りつつあります。

配偶者貸付とは

配偶者貸付とは、総量規制の例外として認められた融資です。配偶者貸付を利用すると、配偶者と専業主婦の所得を合算し「年収の3分の1」まで融資が受けられます。

※ 銀行カードローンは、配偶者貸付ではありません ⇒ 配偶者に内緒で借りることが可能。

配偶者貸付を利用するには、配偶者の年収を証明する書類や同意書、夫婦関係を示す書類(住民票や戸籍謄本等)を合わせて提出する必要があります。

夫婦が作成する書類(=同意書)は、専業主婦の方が返済できない場合「代わりに支払いをするための同意書」であり、連帯保証人になるための書類ではありません。

ただし、配偶者貸付を実施しているのは「中小の金融業者」なので、ここではあえて解説しません(大手消費者金融は、配偶者貸付を認めていません)。本記事では安全性が高く、信頼できる大手消費者金融と銀行カードローンに絞って解説します。

専業主婦、総量規制前の「危険なキャッシング」の実態

ある調査会社が「総量規制導入前に調査したデータ」によると、専業主婦を取り巻く『危険なキャッシングの実態が明らか』になりました。

※ 今回は、調査会社「株式会社マーシュ」が2010年5月(総量規制施行前)に作成したデータを参考にしています。

頻度は少ないものの、高額利用者が存在した

総量規制が施行される前までは、専業主婦の方でも配偶者や家族の同意なしで、50万円や100万円といった高額融資が受けられました。

ただし「総量規制導入前に調査したデータ」を見ると、専業主婦がキャッシングを利用する頻度は非常に少なかった(キャッシングの利用が)ことが分かっています。

専業主婦がキャッシングを利用する頻度

調査結果をもとに「専業主婦がキャッシングを利用する頻度」をまとめてみました(参考:図1)。

主婦のキャッシングを見てみると「年1回以下の利用」という方が全体の34.7%、年に1回程度という方が9.3%、半年に1回という方が12.0%と、利用頻度の少ない方が、全体の過半数を超えています(=計56.0%)。

専業主婦がキャッシングを利用する頻度(図1)
頻度 利用者の割合
年に1回以下 34.7%
年に1回程度 9.3%
半年に1回程度 12.0%
2〜3カ月に1回程度 14.7%
1カ月に1回程度 24.7%
月に2回以上 4.7%

2010年5月17日~5月28日の調査結果

ただ、残りの方については(キャッシングの利用は)2〜3カ月に一回という方が14.7%、月に1回という方は24.7%、月に2回という方は4.7%と、約半数の方は「年に数回はキャッシングを使用している」結果となりました。

キャッシング1回あたりの平均金額

次に「1回当たりのキャッシング金額」について見てみましょう(参考:図2)

使用頻度の高い人を詳しく調査すると、一回あたりのキャッシング金額は、10,000円が35.3%、20,000円が16.7%、30,000円は12.0%、それ以上の40,000円〜150,000円を借りる方の割合は「全体の35.9%」に上ります。

専業主婦|キャッシング1回あたりの利用金額(図2)
頻度 利用者の割合
5,000円まで 0.0%
10,000円まで 35.3%
20,000円まで 16.7%
30,000円まで 12.0%
40,000円まで 0.7%
50,000円まで 13.3%
70,000円まで 0.0%
100,000円まで 13.3%
150,000円以上 8.6%

専業主婦のキャッシングは「利用金額が少ない」というイメージがありますが、全体の約4割の方は、一回あたりの「4万円以上の借り入れ」をしていることが分かりました。

年収の限度額を超えている方の割合

このほかにも、専業主婦の方に「キャッシングの借り入れ合計額は、年収の3分の1を超えているか」どうか調査したところ、約16.0%の方が「年収の3分の1以上キャッシングを利用している」と答えています。

ただし、以上のデータは「総量規制前」の結果なので、現在は「年収の3分の1を超える」融資は(※ 前述の総量規制によって)厳しく規制されています。

このため、多重債務に関する相談者の数は年々減少傾向にあります。以下に、消費生活センターに寄せられた「多重債務に関する相談」件数の推移をまとめてみました。

多重債務者による「消費生活センター」相談の推移
相談件数(1カ月あたり)
平成22年
(総量規制施行)
7,118件
平成23年 6,038件
平成24年 3,877件
平成25年 3,260件
平成26年 2,947件
平成27年 2,522件

※ 各年で最も「相談件数」が多かった月の件数を記載しています

表中の数字は「各年で最も相談件数が多かった月」を基準にしています。また、今回の表には記載していませんが、主婦の多重債務者の数も年々減少しており、総量規制による「健全な貸付」が守られるようになりました。

専業主婦に銀行カードローンがオススメの理由

(前項で説明した通り)総量規制の導入によって「健全な融資」が行われるようになりました。

ただし、専業主婦の方は借り入れに注意する必要があります。なぜなら、自らに所得が無いため「所得に見合わない無理な融資」は身を滅ぼす結果となるからです。

安全かつ、健全に融資を受けるには、利息が低く「信頼度の高い」銀行カードローンを利用してください。また「配偶者貸付」を利用すれば、家族の同意によって無理なく、健全な範囲でキャッシングが利用できます。

このほか、大切なお金の問題は一人で抱えるのではなく、家族と一緒に話し合うようにしてください。ただ「配偶者に内緒でローンを組みたい」という方にも方法があります。それは銀行の中で『本人に収入がない場合でも申し込める』ローンを選択することです。

例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックやみずほ銀行カードローン、イオン銀行、じぶん銀行、東京スター銀行のカードローンは、専業主婦の方でも「原則、家族に内緒で」ローンが組めます。

このほかにも、横浜銀行カードローンや静岡銀行、千葉銀行など各地の「地方銀行」でも専業主婦OKのカードローンを取り扱っているので参考にしてください。

「専業主婦OKのローン」限度額は?

専業主婦の場合、利用限度額は10万円以下に設定されることがほとんどです。またどんなに多くても30万円〜50万円の範囲を超えることは無いので(申込の際には)注意してください。

銀行カードローンの審査基準・専業主婦の場合

専業主婦OKのローンは、原則「身分証明書」だけで契約できます。しかし、審査の基準になるのは、家族や配偶者の『クレジットヒストリー』です。

クレジットヒストリーとは、クレジットカードやカードローンなどの利用状況を記録したデータで、各金融機関が加入する「信用情報機関」によって管理されています。

信用情報機関は、各金融業者に対し「審査対象者のクレジットヒストリー」を提供します。ここでクレジットヒストリーに問題があれば、審査の可否に大きく影響し、審査が可決されなくなる仕組みです。

総量規制の仕組みと信用情報機関による情報共有は、健全な貸付を行うための「安全装置」として機能しています。

専業主婦がローン審査に通る確率は、配偶者次第…!?

既に説明した通り、ローンの審査基準は「配偶者のクレジットヒストリー」や借り入れ状況に左右されます。このため審査可決率に関しても、配偶者次第(=過去に金融事故を起こしていないかどうか等)で、結果が大きく変わってきます。

実際に、専業主婦の方が申込をしてみて、一向に審査が通らないことから「配偶者の多重債務が発覚したケース」も見られます。

専業主婦に「人気のローン」を探す方法

本記事内【配偶者貸付とは】でも説明しましたが、配偶者貸付を実施しているところは非常に少なくなっています。今では、中〜小規模の金融業者しか扱っておらず、大手消費者金融は全て「配偶者貸付」を扱わなくなりました。

このため、専業主婦の方が利用するのは、ほぼ100%「銀行カードローン」に集約されているのですが「銀行カードローンは、低金利で無理のない借り入れができる」と利用者の評判も上々です。

以下のページでは、専業主婦が申し込める銀行カードローンをリストアップして紹介しています。ローン選びの参考としてご覧ください。

まとめ|主婦のキャッシングは、使い過ぎに注意しよう!

専業主婦の場合、利用できるローンは限られています。銀行カードローンは原則「家族に内緒」で借入できますが、使い過ぎないよう「健全なキャッシング」を心がけるようにしてください。

専業主婦OK!
専業主婦が利用できる銀行カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP