専業主婦がカードローン申込みする時の在籍確認は「本人確認」のみ?

236view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

電話している女性

銀行カードローンへ申し込む場合、基本的に「継続的に安定した収入があること」が前提条件となります。この安定した収入がある、という条件を満たすかどうかを判断する一つの方法として行われているのが、在籍確認です。

そのため、カードローンを申し込みには在籍確認がつきものなのですが、実は在籍確認が行われないケースもあります。その一つが「申込者が収入のない専業主婦」の場合です。

悩む主婦カードローンの利用を検討している専業主婦にとって、配偶者の勤務先に在籍確認があるかどうかはとても気になるところ。「在籍確認はありません」と言われても、本当にないの?と不安を感じることも多いのではないでしょうか。

そこで、今回は専業主婦のカードローン申込みで、なぜ在籍確認が行われないのか詳しくご説明していきたいと思います。

専業主婦のカードローン申込み なぜ在籍確認は不要なの?

そもそも在籍確認ってどういうもの?

銀行カードローンは無担保・保証人なしで申込みが行えるため、「安定した継続収入があるか」「どのような会社に勤務しているのか」という部分が、信用・保証の面で重視されます。考えてみれば、担保や保証人を用意しなくてもお金が借りられるなんて、すごいことですよね。

銀行マンそのため、銀行側も申込みがあれば「毎月きちんとお金を返してもらえるかどうか」を厳しく審査することになります。実際、申込みの際に勤務先を偽ったり、退職しているにも関わらず前職の勤務先を申告したりといった悪質なケースもあるようです。

こういった不正を見逃さないために行われているのが、職場に直接電話をかけて勤務実態を調べる「在籍確認」です。在籍確認では文字通り「申込書に書かれた勤務先に在籍しているかどうか」を確認するだけのものなので、電話で雇用形態や役職、年収などを聞かれることはありません。

専業主婦のカードローン申込み 在籍確認されない理由とは

専業主婦はお勤めをしていないので、当然本人の在籍確認を行うことはできません

では、審査で重視される信用度(安定した収入や返済能力)はどのように審査されるのでしょうか?

専業主婦答えは「専業主婦として生活できている」という事実で判断されています。共働きをせずとも生活を維持しているということから、配偶者に安定した収入がある、と推測できるというわけですね。

この場合、在籍確認に代わって行われるのが申込者の本人確認です。申込書には連絡先の電話番号を記入する欄がありますが、本人確認ではこの電話番号に直接電話がかかってきます。この電話に出ることができれば確認OKとなります。

ここで一つポイントとなるのが、固定電話がある場合は優先連絡先として固定電話の番号を記入するということです。固定電話の有無は審査に影響を与えるからです。

もし、本人確認の電話を固定電話ではなく携帯電話にしてもらいたい時は、事前に銀行側に相談しておけば柔軟に対応してもらえるので、安心して下さいね。

専業主婦のカードローン 配偶者に在籍確認いく?いかない?

専業主婦がカードローンに申し込む場合、本人確認が在籍確認の代わりになります。ただ、このことが分かっても不安に思うのが「配偶者の勤務実態を調査するために、在籍確認が行われることはないの?」ということです。

確かに、カードローンは無担保での借入となるため、返済能力や信用度が重視されます。収入のない専業主婦からの申込みとなれば、その配偶者の勤務実態を調べるための在籍確認は必要なのでは?なんて疑問がでてきてしまいます。

結論から言えば、基本的に配偶者に在籍確認がいくことはありません。なぜならば、専業主婦が申し込むことができるカードローンは、配偶者に対する在籍確認が不要になるよう配慮されているからです。その理由には次のようなものがあります。

専業主婦向けカードローンは限度額が低い

専業主婦が申込み可能なカードローンは、限度額が30万程度に抑えられています。これは、借入金の返済が家計の範囲から行われることを想定しているからです。また、少額融資にすることで審査のハードルを下げる(=在籍確認を省く)という意味合いも含まれています。

申込みが理由で家庭不和が起こらないよう配慮されている

専業主婦がカードローンに申し込む場合、配偶者や家族に内緒というケースが少なくありません。にもかかわらず、銀行が配偶者に在籍確認をしてしまっては元も子もありませんよね。専業主婦向けのカードローンは、この点を考慮して、初めから在籍確認不要としているというわけです。

このような理由から、専業主婦のカードローン申込みでは基本的に「配偶者への在籍確認不要」となっています。ただし、申込書に虚偽記載を行ったり、記載不備やミスなどがあったりした場合は、配偶者に確認の電話が入ることがあるので注意が必要です。

配偶者や家族に内緒で申込みを行う場合は、正確な情報を申込書に記載し、想定外の連絡が入らないよう十分気をつけましょう。

収入のある主婦は在籍確認が実施される?

パートやアルバイトなどで継続的な収入がある主婦は、キャッシングにあたって専業主婦とどういった違いがあるのでしょうか?

借入先がカードローンに限定されない

専業主婦は本人に収入がないため、総量規制の関係上、借入先が事実上銀行カードローンに限定されています。しかし、自分自身に安定した収入がある主婦の場合は、銀行カードローンに加えて消費者金融(貸金業者)からの借入も可能です。

審査内容が異なる

収入がある主婦の場合、本人の勤務形態(パート・アルバイト・会社員)に則した申込みとなるため、自分自身の属性や信用度を元に審査が行われます。そのため、在籍確認も申込者本人の勤務先に行われます。

ただ、パートやアルバイトの場合、勤務先に名指しで電話がかかってくることが少ないため「職場に電話が入ると在籍確認だとバレてしまうのでは」という不安がありますよね。

こういった悩みがある場合は、申込み段階で事情を説明し、代替措置が取れないか相談してみて下さい。銀行や消費者金融側も、やむを得ない事情があると判断した場合は、在籍を確認できる証明書(社員証、給与明細、在籍証明書)などを提出することで、在籍確認の電話をパスするなどの対応をとってくれる可能性があります。

ただし、代替措置の場合は限度額や利用期間に制限がかかるケースもあるので、相談する場合はしっかりと内容を確認しておきましょう。

まとめ

  1. 専業主婦がカードローン申込む場合、基本的に在籍確認はない
  2. 申込みの際、記入ミスや虚偽記載があると配偶者に確認の連絡が入る可能性があるので注意が必要
  3. 家族に申込みが発覚しないよう、申込書の記載は慎重に行うことが大切
  4. 専業主婦向けのカードローンは、銀行側も様々な配慮を行っているので安心して申し込んで大丈夫
  5. 収入のある主婦がローンやキャッシングに申し込む場合、自分自身の勤務先に在籍確認がある
  6. やむを得ない事情がある場合、在籍確認の代替措置をとってもらえる可能性があるので相談を

専業主婦でお金を借りる
キャッシングできるのはどこ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP