少額融資|数万円を即日借りるならカードローン審査に通りやすい?

818view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

お金をもって喜ぶ男女

高額な極度額を設定しているカードローンもありますが、誰でもそれだけの金額を借りられるわけではありません

カードローンで実際に借りられる金額は少額融資の範囲であるケースがほとんどで、それは銀行でも消費者金融でも大差ありません。

必要なときに必要なだけ借りる!これが賢い利用方法!

カードローンは身の丈に合った利用こそ価値がある!その理由とは?

最高1,000万円! 最高800万円! 最高500万円!

などなど、近年のカードローンは高額な極度額に対応しているものがたくさんあります。

無担保&無保証人でこれだけ高額なお金を借りることができるのですから、消費者にとってはとても魅力的に映ってしまいますよね。

急な出費で高額なお金が必要になることってありますか?

ほとんどのカードローンの謳い文句には、「急な出費」とか、「いざという時」といったようなニュアンスの文言が含まれていますが、現実的に考えると、急な出費で何百万円ものお金が必要になるというケースは稀です。

多くの場合、高額な出費が必要になるときは目的別ローンなどを利用することになるでしょうし、日常生活において高額な出費を強いられるケースというのは、大金持ちならともかく、少なくとも我々一般庶民ではまずないでしょう。

最高融資額は二の次!問題は審査に通るかどうか

そう考えると、限度額が最高1,000万円でも500万円でも、借りる側としてはそれほど大きな問題ではないことになります。金利面から考えても、高額な借り入れなら目的別ローンの方が有利なわけですから、重視すべきは審査通過の可否ということになります。

相談確実に高額な借り入れをしたいなら担保のある目的別ローンの方が審査は通りやすいですし、振り込め詐欺のようなものに巻き込まれでもしない限り、急に何百万円もの借入をしなければならないような事態にはならないはずです。

ほとんどのケースでは、急な出費といえば特別な例外でもない限り、せいぜい数万円~数十万というのが普通ではないでしょうか。

目的別ローンとは?

使途自由なカードローンやフリーローンとは違い、使途目的が限られているローン商品のことを目的別ローンと呼びます。

よく知られているところでは住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどがあります。

こうした目的別ローンは、担保や保証人が必要となるデメリットはありますが、その分審査にも通りやすく、またカードローンなどよりも金利が低いのが特徴です。

無理に高額な借り入れをするのは危険

身の丈に合った借り入れが本来の借り方

カードローンやフリーローンは使途が自由ですから、本来は必要ないお金まで借りてしまう→結果的に返済に困る――という悪循環にハマりやすいデメリットも孕んでいます。

理想的な活用方法としては、必要なときに必要な金額だけを借りることですが、なかなかそうした堅実的な利用ができず、ことあるたびにカードローンに頼ってしまうようになってしまう人も少なくありません。

必要以上の金額を借り入れてしまうのはなぜ?

希望額以上の融資枠が設定されてしまうのが原因

例えば、10万円だけが急に必要になったらそれだけを借りればいいわけですが、カードローンの場合、希望額10万円で申し込んでもそれ以上の融資枠を設定されるケースがほとんどです。

また、最近はパソコンやスマホからのネット申込が主流ですが、銀行カードローンの中には希望額を入力する欄すら設けていないところもあったりします。

枠に余裕があるから甘えてしまう!カードローンの落とし穴

10万円だけ借りれば済むのに、仮に利用枠50万円でカードが発行されたとすると、差引で+40万円もの”自由なお金”ができてしまいます。

本来なら必要がない40万円ですが、自由に借りることができるお金に惑わされて、ついつい余計に引き出してしまう結果になってしまうのです。これがカードローンの落とし穴とも言えるデメリットです。

大事なのは『借り方』ではなく『使い方』

買い物カードローンをどんなことに使うのかは人それぞれです。使途自由なわけですから、それは当然です。

しかし、カードローンの利便性に甘えてしまい、べったりと頼り切ってしまうのは賢い使い方とは言えません。

借金という意識が薄れた瞬間が多重債務への入り口

カード1枚で簡単にお金を引き出せてしまうのがカードローンの魅力なのですが、簡単に引き出せてしまえる分、自分の口座からお金を引き出しているような感覚に陥りやすくなってしまいます。

「そんなことは決してない!」と言われる方もいらっしゃいますが、実際、多重債務に陥った人の多くが、「自分のお金のような感覚で使ってしまう」と言っています。その結果、新たなカードローンに申し込むということを繰り返し、多重債務へとハマってしまうのです。

使途目的は明確に!

借り過ぎの危険を感じるなら貸付証書を利用しよう

そうした多重債務などが行き過ぎてしまうと、結果として債務整理へと進んでしまうことになります。カードローンの利用においては何よりも、使途目的を明確にして借り過ぎないようにするのが一番です。

それでも借り過ぎの不安があるというのであれば、カードローンではなく、貸付証書型のフリーローンへ申し込むのがおすすめです。

貸付証書とは?

一般的に『フリーローン』と呼ばれるものが、いわゆる貸付証書型のタイプです。

フリーローン(貸付証書)の特徴は、最初に必要な金額のみを融資してもらい、あとは返済していくだけというタイプです。

カードローンのように、何度も借入ができるタイプのものではなく、最初から必要なだけ借り入れることができるため、借り過ぎることのないのがメリットとなっています。

少額融資なら審査に通りやすく返済もラクラク!

審査の通りやすさと借入後の返済を考えれば、少額融資がもっとも理想

最高1,000万円とか、最高800万円とかいう数字に目を奪われても、実際にそれだけの金額をいきなり借りることはできません。

審査にしても、いきなり高額な金額を希望するよりも、少額融資の方が通過率はUPします。

少額融資ってどのくらいの金額?

少額融資と一口に言っても、その基準は人によってバラバラなはずです。高所得者にしてみれば100万円でも少額とみなせるでしょうし、逆に低所得者にとって100万円はとても高額なイメージとなってしまいます。

少額融資=誰でも借りられる金額

この場合、少額融資という言い方ではなく、「誰でも借りられることのできる金額」という風に言い換えると分かりやすいかもしれません。

無職などの例外を除き、高所得者も低所得者もひっくるめて全ての人が借りることのできる範囲の融資額という視点で考えると、30万円ほどまでが少額融資という範囲になるでしょう。

消費者金融なら総量規制、銀行カードローンもそれに準じた金額が妥当なライン

国税庁の発表によると、男性の平均年収は500万円ほど、女性に至っては270万円ほどとなっています。

消費者金融では総量規制の影響もあるため、年収の1/3を超えた借入ができませんし、総量規制がない銀行カードローンであっても、いきなり高額な借入ができるほど甘くないのが実情です。

やはり数十万円というのが目安です

平均年収が500万円であっても、高額所得者がその数字を押し上げているだけで、実際は年収200万円や300万円という人もゴロゴロいます。

総量規制に沿った借り入れということになれば、実際は最大でも60~80万円程度しか借りられない計算になります。

総量規制対象外だからといって際限なく借りられるわけではありません

カードローンの審査は、たとえ総量規制と関係のない銀行カードローンであっても、ほぼ総量規制に沿った範囲の貸付を行っています。

もちろん、利用実績に応じて極度額の増枠をしてくれることもありますが、初めての借入に対して最高融資額で貸し付けてくれることはまずありません。ほとんどの場合、30万円~50万円というのが実際に借りられる金額なのです。

ただし総量規制対象外だからこそのメリットも

ただし、総量規制対象外の銀行カードローンだからこそのメリットもあります。それが、おまとめローンとしての利用がOKのカードローンです。

銀行カードローンの中には、おまとめ利用を積極的に推奨しているものがあります。消費者金融などのおまとめローンよりも低金利で利用でき、極度額も多めに設定されています。

無理な借入は返済苦を助長するだけ!少額融資なら返済も楽です

計画性に沿った借入ができれば、無駄な借り入れをしない分、返済も楽になります。ましてや少額融資であれば、消費者金融などの無利息期間を利用して効率よく返済してしまうこともできます。

無駄に返済を伸ばすだけ損をします

10万円だけ必要ならそれだけを借りて、後は余裕のあるとき一気に返済してしまった方がいいに決まってますよね?

10万円だけでいいのに枠が余っているからというだけの理由で30万円も50万円も借りてしまえば、無駄に返済期間を伸ばすだけになってしまいますし、金利負担分も損をすることになります。

“返済貧乏”になってしまう前に

現実的な借り入れを意識しましょう

収入と収支のバランスはとても大切。カードローンに頼り切ってしまうことで、”返済貧乏”に陥ってしまう人もたくさんいます。そうした状況に陥るということは、収入と収支のバランスが完全に崩れていることを意味します。

大抵の場合、急に必要となる出費の多くが少額融資の範囲で収まるはずですから、『必要なだけを借りる』ということを強く意識して利用するようにしましょう。

数万円借りたい
それならどのカードローンがおすすめ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP