カードローンの審査で必要なもの|身分証明書・所得証明書は早めに用意

482view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

運転免許証と人

ローン審査には、必ず「身分証明書」が必要になります。身分証明書の提出は、申込者が本人かどうか確認し、第三者による「なりすまし」や事件を未然に防ぐ目的があります。

また、借入の限度額を大きくする場合は、所得内容を証明した書類(源泉徴収票や給与明細等)が必要です。

本記事では「ローン審査に必要な書類」について、詳しく解説します。融資をお急ぎの方は、早めに準備を行い、借入がスムーズに受けられるようにしましょう。

身分証明書は、運転免許証か保険証を提示すればOK!

カードローンやクレジットカードの発行には、必ず「身分証を提出するよう」求められます。これは、第三者からの不正な申込やなりすまし、キャッシング犯罪を排除するためです。

実際に、偽造の証明書を使いローンを悪用する犯罪集団があるため、身分証明初のチェックは厳重に行われます。特に、融資や借入は「信用に基づいて貸付」が行われるため、身分証明書の提示が必要になります。

身分証明書で一番使用されるのは、運転免許証

運転免許証身分証明書類の一番使用されるのは、運転免許証です(※ 免許を取得していない方の多くは、保険証を提出しています)。

実は、運転免許証だけでなく「運転経歴証明書」を提出しても(どのローン会社も)身分証として受理してくれます。

運転経歴証明書とは、過去に取得した免許、現在の免許取得状況を証明した書類で「身分証明書」として機能します。運転経歴証明書を取得したい方は、最寄りの警察署か運転免許センター、運転免許試験場で発行してもらいましょう。

手数料は1,000円程度かかりますが、既に失効した免許証についても証明ができるため、カードローンやクレジットカード審査の際、便利です。

運転免許が無ければ、保険証を提示しよう

運転免許証に次いで(身分証明に)最も良く使われているのが保険証です。保険証といっても、生命保険ではなく、社会保険証や国民健康保険証のこと指しています。

私たちの保険証は、社会保険証と国民健康保険の二種類だけではありません。公的医療保険の数に比例して、たくさんの保険制度が存在します。

代表的な保険証の種類

  • 国民健康保険
  • 社会保険
  • 組合員証
  • 船員保険
  • 被保険者証
  • 後期高齢者被保険者証 など

国民健康保険は、社会保険に加入していない方が使用する保険です。一般にお勤めの方は、社会保険証を使用します。また組合員証とは、国家公務員や地方公務員、共済組合の会員が加入する保険です。

このほかにも、船員保険、健康保険の加入資格を失った65歳未満の方向けの「被保険者証」や、65歳以上の方が使用する「後期高齢者被保険者証」などの健康保険があります。

各保険証の区分や特徴については、下に紹介する記事を参考にしてみてください。保険証にも「ステイタス」が存在し、審査結果にも、大きく影響することが分かっています。

ローン審査の対策として、ぜひ(以下の記事を)お役立てください。

パスポートの場合、裏面の提示もお忘れなく!

身分証明として「パスポートを提出」する場合は、裏面も忘れずコピーし、提出しましょう。パスポートは、写真の貼付されたページのほかに、住所を書いたページがあります(※ 手書きで記入した住所欄のこと)。

パスポートパスポートの証明は、パスポート番号や国籍だけでなく、必ず「現住所欄」を提出するよう求められます。まだ住所記入をしていない方は、油性のペンかボールペンで書き入れ、審査を受けるようにしてください。

もちろん、ネット申込の場合はコピーをする必要はなく、スマートフォンや携帯で撮影した画像が提出できます。また、スキャナやデジカメで撮影しても構いません。原本を出す必要はないので、間違えないよう提出してください。

住所が変わったら、早めに手続きを済ませよう!

引っ越しをしたら、運転免許証や保険証、パスポート等の証明書を早めに更新しましょう。「住所変更」したい旨を言えば、すぐに変更手続きをしてくれます。

また、引っ越しのほか、本籍地が変わった場合も、変更手続きが必要です。運転免許証の場合は、警察署の「運転免許課」か、最寄りの運転免許センターで手続が行えます。また、パスポートの場合は、近くの「パスポートセンター」で変更申請を行ってください。

住基カードを提出する場合、写真付きかどうかチェックしよう

住基カードを提出する場合は、写真付きのものを用意しましょう。また、カード会社によっては「住基カード」を受け付けていない可能性があります。

住基カードを提出する前に、受け取ってもらえるかどうか確認し、申し込むようにしてください。

また、新たに住基カードを発行することはできません。平成28年より「マイナンバー制度」がはじまったため、住基カードの新規受付は平成27年12月で終了しています。

マイナンバー番号は、塗りつぶして提出しよう!

ローンで提出する「各種証明書類」の中には、マイナンバーが記載されているものがあります。例えば、市民税や県民税の決定通知書、収入証明書、給与明細書などにマイナンバーが記載されているケースが多いです。

マイナンバーを見つけたら、コピーした書類の上から(クロのマジックなどで)塗りつぶし、番号が見えないようにしてから、提出を行ってください。

どの金融機関も、審査や営業のため「マイナンバーの個人番号」を収集することは絶対にありません。もし、他の融資者に「マイナンバーを提出するよう」求められた場合は、規約に沿ったものかどうか、必ず確認してから利用してください。

※ 補足:銀行口座を開設する場合は、脱税等を防止するため、マイナンバーの提出が必要になります。

所得証明書は「収入状況の確認」に不可欠

確定申告する人所得証明書は、収入状況を確認するのに不可欠な書類です。各金融機関、ローンの種類によって「〇〇円までは、所得証明書不要」などの条件が決まっていますが、審査の状況によって、提出条件は変わってきます。

このため「所得証明書不要ローン」を利用する場合でも(念のために)所得証明書を用意しておかれるようおすすめします。

所得証明書を用意しておけば、急に「提出してください」と言われても、慌てずに済みます。また必要書類が揃っていれば、即日融資に向けて、スピーディーに審査を受けることが可能です。

書類の不足で審査が遅れないよう、いつでも「書類は多めに」用意しておかれるのが賢い方法です。

絶対にダメ! 増え続ける「ダミー会社」の危険な罠(ワナ)

牢屋最近、ネット上や、金融業界の間で「ダミー会社」の存在が、大きな問題になっています。

ダミー会社は「架空の会社」を意味します。ダミー会社にお金を払えば、カード審査に通るよう、偽の保険証や社員証、偽造した所得証明書を発行します。また、在籍確認のため「偽の電話応答」を行い、利用者がカード取得できるよう(違法に)手助けするのです。

当たり前のことですが、こうした行為は「詐欺行為」に相当します。

ウソをついてカード会社からお金をだまし取ったのですから、刑事罰を受けることになります。実際に、ローン審査に通るため、ダミー会社を利用した利用者(ダミー会社の)経営者は、逮捕・立件されています。

審査に通りたい気持ちは分かりますが、ダミー会社を使うのは歴とした犯罪行為です。お金が欲しいからと言って、犯罪に手を染めては、一生を棒に振ることになります…。

ネット上には悪質な手口や、詐欺会社が多数存在しますが、みなさんは「甘い話」には絶対に乗らないよう注意してください。

まとめ|審査に必要な書類は、早めに準備するのが「吉」

精力的なビジネスマンいかがでしたか? 審査に必要な書類は、たくさんあります。審査で慌てずに済むよう、いつでも早めに準備を進めてください。

また、所得証明書不要ローンに関しても、念のため「所得証明書を準備」されるようおすすめします。どんな時も、備えあれば憂いなしです。

特に「即日融資」を希望される方は、カード発行がスムーズに進むよう、用意できる書類は、できるだけ多めに揃えておいてください。

今すぐお金を借りたい!
審査に必要な書類が少ないのは?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP