カードローンの仮審査と本審査には違いがある? 審査内容を理解して審査通過を目指そう!

100view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

42540453_M初めてのカードローン・キャッシングを考えている方の中には「カードローン審査の内容がよく分からない。審査に通過できるかどうか不安…」という方もいるでしょう。

実はカードローン審査では「仮審査」「本審査」と呼ばれている2種類の審査があり、それぞれ内容が異なっています。また、どちらの審査も同じくらい重要なので、一方の審査に落ちてしまうとカードローンを利用できません。

そこで本記事では、
「カードローンの仮審査と本審査の内容」
「仮審査や本審査が簡単なカードローンはあるのか?」

などについて、詳しく解説します。本記事をしっかりと参考にしながら、カードローンの審査通過を目指しましょう。

カードローンの仮審査や本審査は何のため?

カードローンへの申し込み時に行われる仮審査や本審査ですが、そもそも何故カードローン申し込み時に審査が行われるのでしょうか。

カードローンで仮審査や本審査が行われる理由とは?

  • 返済能力があるか
  • 返済意思があるか
  • 反社会的勢力ではないか
  • 他人になりすましていないか

「カードローン審査が行われる理由」について、項目ごとに詳しく解説します。

返済能力があるか

カードローンでキャッシングした後、翌月から返済がはじまります。通常、一括(一回)で完済するのではなく、数ヶ月〜数年間かけて毎月少しづつ返済を続け、カードローンのキャッシングを完済します。

申込者に長期的な安定収入が無ければ「返済能力が無い」と判断されてしまうので、カードローンの審査に落とされます。

※カードローンの返済方法…カードローンでは毎月の定期的な返済の「約定返済」の他に、繰り上げ返済や一括返済の「随時返済」なども利用できます。

返済意思があるか

また、カードローンのキャッシングを返済する気があるかどうかの「返済意思」についても審査の対象になります。返済意思の確認は難しいのですが、カードローンやクレジットカードの利用履歴である「信用情報」から返済の意思を確認する場合が多いです。

反社会的勢力ではないか

反社会的勢力に属している人は、カードローンを利用できません。消費者金融カードローンであるアイフルの「反社会的勢力に対する方針」を確認してみましょう。

アイフルの反社会的勢力に対する方針

アイフル株式会社は、反社会的勢力による被害を防止するために、次の基本方針を宣言します。

1. アイフルは、反社会的勢力との関係を一切持ちません。
2. アイフルは、反社会的勢力による被害を防止するために、警察、暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適切に対応します。
3. アイフルは、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応を行います。
4. アイフルは、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。
5. アイフルは、反社会的勢力の不当要求に対応する社員の安全を確保します。

出典:社会的勢力に対する基本方針|アイフル

消費者金融のアイフルでは反社会的勢力に対して一切の関係を持たず、資金提供も行わないと公式サイトで発表しています。もちろんアイフル以外の消費者金融カードローンでも、反社会的勢力に関わる人はカードローン契約ができません

また、近年の銀行カードローンでは、申込者が反社会的勢力と関係が無いかを確認するため、警視庁のデータベースに参照して申込者をチェックしています。警視庁のデータベースへの参照には1日以上かかるため、「近年の銀行カードローンでは即日融資が不可能」になっている点に注意してください。

他人になりすましていないか

カードローンへの申し込み時には、詐欺などの犯罪の防止として「本当に本人が申し込んでいるのか」「他人になりすましていないか」をチェックします。

カードローンの仮審査でチェックされる項目

カードローンで審査が行われる理由について解説しましたが、仮審査や本審査で行われている実際の審査内容について紹介します。まず、カードローン申し込み時に行われる「仮審査」とはどういった審査なのかを解説します。

カードローンの仮審査=スコアリングシステムで審査

消費者金融や銀行のカードローンへ申し込んだ後、「仮審査」が行われます。この仮審査ではコンピューターによる自動審査が行われていて、「スコアリングシステム」や「コンピュータースコアリング」などと呼ばれています。

消費者金融の仮審査なら最短30分で結果が分かる!

仮審査のスコアリングシステムでは、過去のカードローン利用者の顧客利用データの統計と、申し込み者のステータスとを比較し、審査通過の可否判断を行います。膨大な数の利用者の過去データを参照するため、非常に精度の高い可否判断が可能です。また、演算処理の早いコンピューターを利用しているので、非常にスピーディーに仮審査の結果が分かります。

消費者金融カードローンであれば、最短30分以内でスコアリングシステムの仮審査結果が分かるため、急いで仮審査を済ませたい方(=急いでカードローンを利用したい方)は消費者金融カードローンへ申し込んでください。

カードローンの仮審査でチェックされる項目

  • 年齢
  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 信用情報

年齢

カードローンの申し込み対象年齢は、「銀行カードローンでは満20歳〜満64歳以下」であるケースが多く、「消費者金融カードローンでは満20歳〜69歳以下」であるケースが多いです。

実はカードローンの仮審査に通りやすい年齢もあります。「30代〜50代」は安定した収入がある方が多いため、仮審査に通過しやすいと言われています。

年収

money_bag_yen

年収が高い方ほど審査が有利になり、年収が低い方ほど審査が不利になります。ただし安定した収入があれば、年収150万円前後でも審査通過を目指せるでしょう。

※消費者金融カードローンでは「総量規制」という法律が適用されるため、年収の3分の1以下が限度額の上限になるので注意してください。

雇用形態

公務員や正社員であれば安定した収入を認めてもらいやすく、契約社員、派遣社員、アルバイトやパートの順で仮審査通過が不利になっていきます。ただし長期的な安定収入があればアルバイトやパートの方でもカードローンを利用できます。

勤続年数

勤続年数も仮審査では重視される項目です。数日〜3ヶ月以内程度の勤続年数が短い方は、仮審査通過は難しい傾向があります。1年以上の勤続年数を積み上げておく方が、カードローンの仮審査に通過させやすい傾向があります。

家族構成

odekake

家族構成はカードローンの仮審査で重視される項目ではありませんが、例えば「既婚者で子供が5人以上いる」というような方であれば、「子供が多く、生活費に高額なお金がかかる」と見られてしまい、仮審査通過が不利になるケースもあります。

未婚者、既婚者で2人の子持ちの方など、一般的な家族構成であればカードローンの仮審査に不利にならないでしょう。

信用情報

カードローンの仮審査でも特に重要となるのが、「信用情報」の審査です。信用情報とは、申込者の過去のカードローンやクレジットカードの利用履歴のことです。

信用情報には「返済履歴(支払い履歴)」や「滞納履歴」、「自己破産などの履歴」、「審査に落ちた履歴」などが残されています。滞納せずに返済した履歴や支払った履歴がしっかりと残っている信用情報は、仮審査で有利になります。

一方、滞納履歴や自己破産の履歴が残っている方は、「返済能力」や「返済意思」が無いと判断されてしまい、カードローンの仮審査に落とされます。現在カードローンやクレジットカードを利用している方は、信用情報に傷を残さないようにしっかりと返済を続けてください。

カードローンの本審査はキャッシング前の最終チェック?

カードローンの仮審査では、主に「返済能力」や「返済意思」の審査が行われます。カードローンの本審査では主に「本人確認」が行われます。

ただし、カードローンの仮審査に通過すれば、本審査で落とされてしまうケースはほとんどありません

※カードローンの本審査に落とされるケースとは、虚偽申請をしている場合や必要書類が用意できなかった場合です。

カードローンの本審査で確認される項目

  • 本人確認書類
  • 収入証明書(必要な場合)
  • 在籍確認

本人確認書類

カードローンの仮審査に通過すれば、カードローン会社から仮審査通過の通知が来て、本人確認書類の提出を求められます。認められている本人確認書類はカードローン会社によって異なりますが、概ね下記の書類が本人確認書類として提出可能です。

本人確認書類として認められる書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カードなど

travel_passport2

基本的に顔写真付きの公的証明書であれば、本人確認書類として認められます。ただし、顔写真の無い健康保険証などを本人確認書類として提出する場合は、「もう1点、公的証明書」が必要となるケースが多いので注意してください。

収入証明書(必要な場合)

消費者金融カードローンで50万円を超えるお金を借りる場合や、他社からの借入合計金額が100万円を超える場合、法律上収入証明書の提出が必要になります。

銀行カードローンの場合は、銀行により収入証明書を提出する限度額が異なるため、前もってカードローンを提供している銀行の窓口や電話窓口などで確認してください。

在籍確認

スコアリングシステムの仮審査に通過し、本審査での本人確認書類などの提出も終われば、本審査の最後に「在籍確認」が行われます。

在籍確認とは「申込者の勤務先に電話を行って本当に勤務先に勤めているのか」を確認する審査です。カードローン会社から直接勤務先に電話があるのですが、金融業者名やカードローン名を名乗らずに「在籍確認を行うスタッフの個人名」で電話があるため、勤務先にカードローンの利用がバレてしまうことは無いでしょう。

カードローンの仮審査に通過すれば本審査通過は目前!

無事に本審査の在籍確認が完了すれば、カードローンと契約し、キャッシングが可能になります。スコアリングシステムでの仮審査に通過すれば、本審査で落とされてしまうケースはほぼ無いため、必ず仮審査に通過できるように先ほど解説した仮審査の項目をしっかりチェックしてください。

仮審査や本審査に簡単に通過できるカードローンはある?

カードローンの利用を検討している方は、「どのカードローンが仮審査に通過しやすいのか」が気になる方も多いでしょう。

仮審査が緩やかなのは消費者金融カードローン!

仮審査が緩やかなのは貸金業者である消費者金融が提供しているカードローンです。消費者金融のカードローンでは、「アルバイトやパートの利用も可能」と公表しているケースも多く、安定した収入さえあれば仮審査の通過を目指しやすいためです。

消費者金融カードローンには銀行カードローンにはない有利なサービスも

また、消費者金融カードローンには、申し込み当日の「即日融資」や、30日間は無利息でお金を借りられる「30日間無利息キャッシング」などが提供されています。

お得にスピーディーにお金を借りたいなら、消費者金融カードローンを利用してください。

カードローン審査で重要なのは本審査よりも「仮審査」!

  • カードローン審査が行われる理由は「返済能力」や「犯罪防止」のため
  • 反社会的勢力に属している方はカードローン審査に落とされる
  • カードローンの仮審査はコーンピューターによるスコアリングシステム
  • 仮審査では年収や雇用形態などの「返済能力」と信用情報による「返済意思」をチェックされる
  • カードローンの本審査では「本人確認」が行われる
  • カードローンの仮審査に通過すればほぼカードローン契約できる!

本記事では、カードローンの仮審査、本審査について詳しく解説しました。カードローンの仮審査は主に「返済能力」や「返済意思」、また「犯罪防止」のための審査です。仮審査に通過した後は、カードローンの本審査に落とされる可能性は非常に低いため、仮審査通過=本審査通過と考えてOKでしょう。

これからカードローンの利用を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしながら、カードローンの仮審査・本審査に通過できるよう、しっかりと内容をチェックしてください。

急いで審査を済ませたい
消費者金融カードローンがオススメ!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP