カードローン審査で必要な書類は、早めに準備しよう!

442view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

準備事項を確認

カードローン審査に必要な書類は、できるだけ早めに準備しましょう。なぜなら、書類の提出が遅れてしまうと、審査は一向に進まなくなるからです…。特に「1時間でも早く融資を受けたい」という方は、先に必要書類を集めるようにしてください。

ここでは、必要な書類の一覧と「審査申し込みの注意点」について説明します。即日融資を希望される方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

カードローン審査で必要な「身分証明書」の一覧と、注意点

審査には、身分証明書が必要になります。身分証明書を提出すべき理由は、申し込みをしたのが「本人かどうか」カード会社が確認するためです。これは、第三者によるなりすましや(融資詐欺など)犯罪を防止する目的があります。

真面目に書類を読んでいる男性

また、身分証明書の提出は、所得や職業を確認する「補助ツール」としても使われます。保険証を提出する場合、国民健康保険証と社会保険証では、審査結果は若干変わってきます。
社会保険証を提出する(所持している)方は「経営の安定した企業に勤めている」と判断されます。

しかし、国民健康保険証の場合は、自己負担で保険料を支払い取得する保険証です。このため(社会保険証に比べると)保険料を支払う分、収入は不安定とみなされます。

あまり大きな声では言えませんが、職種によっても、借り入れの金額や審査結果は変わってきます。

公務員世間的に「安定した職業」として認知されている、公務員や医師などの職種は、審査で良い評価(=プラス材料として判断されること)が得られます。次いで、上場企業にお勤めの方は、審査の可決率も(一般に比べて)高くなります。

反対に、審査で不利になりやすいのは、継続した収入が確保できない期間限定のアルバイトやパートでお勤めの方(日払いの仕事も含む)や年金を受給中の方です。また、仕事を持っていない無職の方、生活保護を受給中の方は、審査に通ることはできません。

野菜とパンを買う主婦ただ、同じ無職にも一部例外があります。それは「専業主婦の方の借り入れ」です。すべてのローンではありませんが、一部のキャッシング商品は、専業主婦の利用を認めています。特に、銀行ローンでは専業主婦向けのローンが多いです。該当される方は、ぜひ一度チェックしてみてください。

専業主婦の方は「所得が無い」ものの、配偶者やご家族の年収をもとに、ローン審査が実施されます。家族に内緒の申込は叶いませんが、パートナーの理解が得られる場合は「専業主婦OKのローン」に、申し込みをしてみてください。

専業主婦も審査可能なカードローン

カードローン審査のための所得証明証は1日で手元には届かない

所得証明書の準備は、意外に時間がかかる!

所得証明書の準備は、意外と時間がかかるのご存知でしょうか。手元に書類があれば手続きが早いのですが、1から準備をする場合は、とても(全ての作業を)1日で終えることはできません…。

このため、審査や融資をお急ぎの方は、なるべく早く準備に取りかかり、申込手続を始めるようにしましょう。

証明書を集めるのが面倒な時は、所得証明書不要なローンを使う

所得証明書を集めるのが面倒だという方、書類が揃うまで待てないという方は「所得証明書不要ローン」を利用しましょう。

キーボード入力所得証明書不要ローンは年々増えてきており、原則「身分証明書」だけで借りられる便利なローンです。
こうしたサービスを利用すれば、手元にある保険証や運転免許証を提出(コピーでOK)だけで、必要なお金が借りられるので非常にカンタンです。

所得証明書不要ローンが使えない人・申込が出来ない人(自営者など)

ただし、所得証明書不要ローンは、次の職業の方は利用できません。

  • 自営者
  • 年金受給者
  • ローン会社が「所得証明書が必要」だと判断した方
  • その他

まず、自営者など「自ら事業を行っている方」は、自らの所得証明が難しいため、所得証明書不要ローンが利用できません。どのローンを利用しても、必ず「所得証明書を提出するよう」求められるので注意してください。

所得証明書不要ローンが使えるのは「社会保険証を持っている方」がメインです。一部、専業主婦の方に「所得証明書不要」とするローンもありますが、この場合も家族や配偶者が「社会保険証所持者」であることを前提にしています。

社会福祉士

もし、社会保険証を持っていないのなら『所得証明書不要ローンは使えない』と判断してください。しかし、所得証明書不要ローンが使えなくても、ガッカリする必要はありません。自営者の方でも、通常のキャッシングローンは利用できます。

自営業の方は、納税証明書などの「所得証明書」を準備して審査を受けてみてください。最近は、マイナス金利導入などの影響もあり、金融機関は「一人でも多くの人に融資を受けて欲しい」と考えています。このため、以前よりもローンの受け皿が広くなったと言われています。

特に、銀行系のローン会社(消費者金融)などは、申し込みやすいローンを次々と設け、新規利用者の獲得に成功しています。

書類を集める上での注意点「有効期限と現住所」を必ずチェックしよう!

書類を集める時には『有効期限が切れていないか』何度も確認

特に(申込の失敗で)多いのは、保険証や免許証の期限切れです。期限切れが近づいている場合は、できるだけ早めに「切り替え手続き」を行ってください。

卓上カレンダー

また、現住所と書類の住所が異なる場合も、できるだけ早めに更新を行ってください。住所の更新手続きが間に合わない場合は、公共料金の明細や請求書を用意しましょう。

ここでの公共料金とは、ガスや水道等を指します。スマートフォンや携帯電話、光回線やプロバイダー料の書類は(公共料金)として使えないので、注意してください。最新の公共料金通知書(明細や請求書)を提出すれば、現住所の証明として受理されます。

所得に関する明細が手元に無かったら…?

相談窓口所得に関する明細をうっかり無くしてしまった「手元に無い!」という場合は、納税証明書を再発行してもらいましょう。市役所や区役所にいけば、市民税(都内の場合は都民税)に関する証明書を発行してくれます。

(書類を)取りに行く時間が無い場合は、郵送でも対応してくれますが、受け取りまでに日数が掛かってしまいます。この場合、夜遅くまで開いている、市役所や支所の窓口を利用してください。

また、職場で給与明細や賞与明細の再発行をお願いしても構いません。この場合「クレジットカードを作るために、明細が必要」と説明すれば良いでしょう。わざわざ、カードローンやキャッシングなど、細かな理由を告げなくても大丈夫です。

もちろん、ローン会社は「会員のプライバシー保護を第一」に、融資や借入、審査のことは一切黙秘してくれます。このため、ローン会社から私たちの勤め先に「在籍確認」する場合も、友人や知り合いを装って、電話をかけてきてくれます。

必要なことは、ただ「働いているか」どうか確認すること

カード会社はただ「本当に会社にいるかどうか」を確かめたいだけなので、審査のことやローン会社から(電話を)掛けていることは、一切黙って手続きを進めてくれます。

書類の提出もそうですが、所得証明書や身分証明が必要なのは、ただ「返済能力があるかどうか」確認したいだけなのです。

このため、会社や家族、その他周囲の人たちには、借入のことを知られずに、カードローンが利用できます。

書類集めは「相手の都合」も考えて行動すべき

大量の書類を運んでくる上司どんなに小さな会社でも、給与明細や所得に関する明細を「即日発行してくれる」とは限りません。会社の規模や忙しさによって異なりますが、最低でも2日〜3日の余裕をみて行動しましょう。

また、市役所などに「郵送で手配」した場合は、さらに時間がかかることを計算に入れて行動してください。

例えカードローンが『即日発行可能』でも、所得証明書や必要書類が手元になければ、思いのほか時間がかかってしまうので、注意が必要です。

まとめ・カードローン審査を受けるまでに、全ての書類を揃えておこう

女性用の財布カードローンを申し込む場合は、すべての書類を手元に揃え、不備の無い状態で申し込むようにしましょう。また、キャッシングを急ぐ場合は、2〜3日時間に余裕を持っておけば、慌てず冷静に対応できます。

即日融資を希望される方も「早めの行動」を心がけ、必要な書類や手続を済ませるようにしてください。

本記事のほかにも、手続きの速い「ネット申込の活用方法」や「必要書類のこと」を詳しく紹介しています。ぜひ本記事と合わせて、参考にしてみてください。

必要書類が少ない!
家族や職場に内緒で借りたいなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP