カードローン審査で他社借入件数は審査に影響する?

170view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローン審査で他社借入件数は審査に影響する?

この記事では、カードローンの申し込み時に、他社からの借入件数は審査に影響するのかについて、詳しく解説していきます。複数のカードローンなどを利用している人や、これから2社目、3社目のカードローンへの申し込みを検討している人は、この記事をしっかりと確認して理解を深めていきましょう。

カードローン審査に他社借入件数はどのくらい影響するのか

カードローン審査には、他社借入件数が影響します。消費者金融カードローンの公式サイトに用意されている「簡易審査ページ」などを確認しても分かるように、質問項目には他社借入件数や他社借入総額などを記入する項目があるんです。このようにカードローンを提供している金融業者は、カードローン利用者の審査時に他社からの借入件数をチェックし、審査通過の可否の判断材料にします。

他社借入件数に含まれるローンとは?

また、実際にカードローンを申し込む際には他社借入件数を申請するのですが、他社借入件数とはどのようなローンや金融商品を指すのでしょうか。下記の表にまとめてみたので、確認してみましょう。

他社借入件数を申請する金融商品、申請しなくてよい金融商品
他社借入件数を申請する金融商品 他社借入件数を申請しなくてよい金融商品
カードローン 住宅ローン
フリーローン 奨学金
マイカーローン(目的ローン) スマホの分割払い
クレジットカードでのキャッシング クレジットカードでのショッピング

このように、カードローンの他社借入件数の申請時には、上記の項目のような金融商品を申請しましょう。表を見ても分かるように、申請が必要となる金融商品は、カードローンやフリーローンなどに代表される「無担保ローン」となっています。

他社借入件数は申込者のキャラクター(性格)を判断しやすい

他社借入件数は申込者のキャラクター(性格)を判断しやすい

また、この他社借入件数ですが、申込者のキャラクター(性格)を判断しやすい項目と言えます。カードローンの利用が4社や5社という、不自然なほど他社借入件数が多い人であれば、カードローンの金融業者からは「非常にお金に困っている人」や「お金にだらしがない人」という見方をされてしまうため、カードローン審査時にはかなり不利となってしまうんです。

他社借入総額は総量規制に影響する

また、他社借入件数だけではなく、他社からの借入総額が影響する場合もあります。消費者金融カードローンの場合、貸金業者に適用されている貸金業法の中の「総量規制」という法律が影響しています。この総量規制で、「貸金業者は利用者の年収の3分の1までしか融資できない」と決められているんですよね。このため、例えば年収300万円の人であれば、限度額の上限は100万円となります。

総量規制は他社借入額の合算

また、この総量規制が適用される範囲は他社借入額の合算となります。例えば、総量規制で上限の限度額が100万円の人(=年収300万円の人)が他社消費者金融ですでに50万円借りている場合、新規で消費者金融と契約すると必然的に限度額50万円以下となってしまうんです。また、総量規制は他社借入件数の影響がなく、借入総額が審査の対象となります。

総量規制の限度額いっぱい借りている人は注意

もちろん、他社の借入件数に関係なく、総量規制の限度額いっぱい既に借りている人は、新規の消費者金融のカードローン審査には通過しません。カードローンの新規契約をしたい場合は、他社からの借金を完済するか、次の項目で解説する銀行カードローンを検討してみましょう。

消費者金融で借りれないなら、銀行カードローンは?

消費者金融カードローンは、他社借入件数が多い場合審査に通過しにくい傾向がありましたが、銀行カードローンはどうでしょうか。実は銀行カードローンも消費者金融カードローンと同じように、複数の借入れがある人は審査に通過しくい傾向があるんです。

多くのカードローンを利用している人はステータスが低いことも

多くのカードローンを利用している人はステータスが低いことも

4社や5社もカードローンを利用している人は、普段からお金に困っているというような人が多いので、年収や雇用形態などのステータスが弱い傾向があるでしょう。

このため、複数の消費者金融で借金をしている人が、新規で銀行カードローンへ申し込んだとしても、返済能力に関するステータスの弱さから審査通過が難しいと考えられます。複数のカードローンを利用中の人で追加融資を考えている人は、ご自身の年収などのステータスを上げるか、現在のカードローンを完済した後で新規カードローンへの申し込みを検討してみましょう。

カードローン申し込み時には他社借入件数に注意しておく

このように、カードローン申し込み時には、「申し込み者のキャラクター」や「申し込み者の借入総額」など、他社借入件数が大きく影響するんですよね。複数のカードローンを利用しているという人は、何かしらの理由があるはずです。このため、他社借入件数が多ければ多いほど、カードローン審査に不利となるので、十分に注意しておいてくださいね。

他社借入件数がある人へおすすめしたいカードローン

現在、他社からの借入件数がある人へおすすめしたいカードローンを解説していきます。実は、他社借入件数によっておすすめしたいカードローンが異なります。具体的に確認していきましょう。ただし、借入総額が総量規制ギリギリの人は消費者金融カードローンでは新規契約できない点に注意しておきましょう。

他社借入件数が1〜2社の人は消費者金融カードローンがおすすめ

他社借入件数が1〜2社程度の人へおすすめしたいのは、消費者金融カードローンです。消費者金融の公式サイトの簡易診断ページでチェックしても分かるように、「他社借入件数が1〜2社」程度であれば、審査に大きく影響しないと考えられます。

このため、現在カードローンを利用している人で、新規でカードローン契約を検討している人は「消費者金融カードローン」がおすすめです。また、消費者金融カードローンであれば、審査基準が緩やかな傾向にあるため、多少ステータスに不安がある人でもカードローン審査に通過させやすいんですよね。

他社借入件数が3〜4社以上の人はおまとめローンがおすすめ

他社借入件数が3〜4社という人は、新規でのカードローン契約ではなく、現在利用している複数のカードローンのおまとめローンを検討してみましょう。

おまとめローンは返済負担を抑えられる!

おまとめローンは返済負担を抑えられる!

現在複数のカードローンを利用中の人は、毎月複数回ある返済負担が大きくて苦しいと感じている人も多いでしょう。毎月の返済負担が大きいと感じている人は、新規でカードローン契約してしまうと、さらに毎月の返済負担が大きくなってしまって返済が困難となってしまう恐れもあります。

おまとめローンを利用すれば、複数のカードローンを1社にまとめられるので、毎月の返済も小さく抑えられるんです。このため、複数のカードローンを利用している人は銀行や消費者金融が提供している「おまとめローン」への申し込みを検討してみましょう。また、カードローンを1社へまとめるため、限度額が高額となり、金利が優遇されて下がる可能性が期待できます。

現在のカードローン完済後にキャッシングするのがベスト

現在、いくつかのカードローンを利用していて、さらに新規契約のカードローンでお金を借りたいという人は、利用中のカードローンを完済した後にそのカードローンを利用する方法がベストでしょう。複数のカードローンを利用すれば、カードローンの返済管理も大変になるため、返済に苦労してしまう恐れがあります。

このため、カードローンを追加契約するのではなく、現在利用しているカードローンを完済した上で、再度キャッシングしてみるように検討してみましょう。

他社借入件数を増やすよりカードローンを増額する方法もおすすめ

また、現在カードローンの限度額いっぱいに借りていて、どうしても追加でキャッシングしたい場合もあるでしょう。このような時は、新規カードローンと契約するのではなく、現在利用しているカードローンの増額申請する方法もおすすめなんです。

カードローンの増額申請とは?

カードローンの増額とは、カードローンの限度額が足りない時に「利用限度額を増やしてもらう」ことを指します。例えば増額申請に通過できると、現在の利用限度額が50万円の人が限度額100万円に上げてもらったりできるんですよね。

カードローンの増額審査に通過させるためのコツ

カードローンの増額申請を行うと、審査が行われます。カードローン利用者にさらにお金を貸すため、提供する金融業者も審査には慎重なんです。そこで、カードローンの増枠審査時に注意しておきたいポイントを解説していきます。

  • 半年以上継続的にカードローンを利用している
  • 増額希望する限度額の3倍以上の年収がある
  • 今まで滞納や未納などの返済トラブルを起こしていない

半年以上継続的にカードローンを利用している

カードローンの増額時には、カードローンを半年以上継続的に利用している人が審査に通過させやすいんです。継続して借入→返済しているような人であれば、増額による追加融資をしてもしっかりと返済してくれると判断されるため、増額審査に有利となる傾向があるんですよね。

カードローンの増額審査に通過できるように、少しでも長くカードローンの利用実績を積み上げておきましょう。

増額希望する限度額の3倍以上の年収がある

増額希望する限度額の3倍以上の年収がある

また、消費者金融のカードローンの増額を行うためには、総量規制の影響があるため、希望限度額の3倍以上の年収(=年収の3分の1以内の限度額)である必要があります。このため、年収と比較して高額過ぎる限度額を希望しても審査に落とされてしまうため、注意しておきましょう。

また、総量規制の対象外となる銀行カードローンでも、最近では年収の3分の1程度の貸し付け額に自粛している傾向があります。このため、銀行カードローンで増額申請する場合でも、無謀なほど高額な限度額は希望しないでくださいね。

今まで滞納や未納などの返済トラブルを起こしていない

カードローンの増枠審査時に重要となるのは、信用情報などに記録されているカードローンの返済履歴です。返済時に未納や滞納などのネガティブな履歴がある人は、増額審査に不利となり、落とされてしまう可能性が高いでしょう。金融業者もしっかり返済してくれる人に融資したいため、信用情報の傷は審査時に大きなハンデとなるでしょう。

カードローンの他社借入件数には十分に注意しておこう

この記事では、カードローンの他社借入件数について、詳しく解説してきました。カードローン審査では、他社借入件数が審査に影響します。さいごに、他社借入件数がカードローン審査に与える影響について、表にまとめてみました。

他社借入件数がカードローン審査に与える影響
他社借入件数 カードローン審査時の影響
0件 全く影響しない。
審査に有利となる傾向がある。
1〜2件 少額の借入であればほとんど影響がない傾向がある。
3〜4件 カードローン審査時に不利となる可能性がある。
多くの借入件数のため、金融業者から怪しい目で見られてしまう傾向がある。
おまとめローンなどで、1社へまとめるのがおすすめ。
5件以上 カードローン審査に非常に不利。おまとめローンの利用がおすすめ。

複数のカードローンを利用しなくて良い状況にする!

また、複数のカードローンを利用しなくてはいけないような金銭的に困難な状態から脱出するためにも、少しでも給料の高い職場への転職なども検討してみるのもおすすめですよ。

まずは借金を一本化
これ以上借金を増やさないためにおまとめを

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP