フリーターでもカードローンできる!審査の流れや限度額を解説

2,927view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

フリーター

この記事で分かること

  • フリーターにおすすめのカードローン
  • フリーターの審査難易度は?
  • フリーターの平均可決額

フリーターの方でも、簡単に申し込めるカードローンは豊富にあります。例えば「メガバンク」と呼ばれる大手銀行のほか、インターネット銀行、消費者金融ローンはすべて、フリーターとして働く方でも利用できます。

本記事では、フリーターの方におすすめのカードローンをいくつかピックアップしてご紹介しましょう。

フリーターにおすすめのカードローン

お店フリーターで働く方の年代は非常に幅広く、若ければ10代の学生から、上は定年後のシニア世代までが、アルバイトやパートタイマーとして勤務しています。

ただ(一般的な概念では)正規社員としてではなく「自由な時間を持つため」にアルバイトやパートに従事する世代を『フリーター』と称しています。

フリーターにおすすめなのは、銀行系カードローン!

フリーターの方に、もっともオススメできるのが「銀行系のカードローン」です。銀行系とは、大手銀行系列のカードローン(消費者金融)で「銀行レベルの貸し付け条件」が人気です。

具体的には、利用可能枠が大きく、低い利息で借りられるという「銀行に近い条件のローン」を、消費者金融会社で借りられるというのが「銀行系ローン」最大の特徴です。

また、銀行が直接融資するローンよりも(消費者金融ローンの)審査難易度は緩やかで、フリーターとして働く方でも簡単に、キャッシングが利用できます。

直近二ヶ月分の給与明細

フリーターの方が、所得証明書を求められた場合「直近二ヶ月分」の給与明細が必要になります。また、カード会社によっては、最新の明細を三ヶ月分出すよう求めることがあります。

所得証明書不要なローンもありますが、借入額が多くなれば、その分必要な書類(所得証明書)は多くなります。急な変更にも慌てずに済むよう、できるだけ給与明細のコピー(写し)を用意しておきましょう。ローンを申し込む「前準備」が万全ならば、融資の可決率も比例して高くなります。

フリーターの審査難易度は?

フリーターとして働く方でも、審査の難易度を気にすることなく、カードローンが申し込めます。なぜなら、各ローン会社は「年収の3分の1」を目安として審査を行うからです。

日雇い契約は審査に通りにくい?

着ぐるみただ、同じフリーターでも「日雇い契約」の方は、審査の可決率が低くなります。これは、月々の収入が予測できないからです。

また、他社での借入件数が多く、借入額が膨らんでいる方には融資が難しくなります。例えば、借入件数の合計が3〜4社を超える場合は、ローン会社での借入は相当厳しくなるでしょう…。

現在、借入件数が増えすぎてしまった方は、できるだけ借入件数を少なくしてから、カードローンの申込をしましょう。借りすぎたローンは、おまとめローンや借換専用ローンを利用することで、件数を減らすことが可能です。

フリーターの平均可決額は「30万円〜50万円」

フリーターの方は「平均30万円〜50万円」の融資を受けています。

もちろん、勤続年数が長く、年収が多ければ多い程、可決される金額も(比例して)多くなるでしょう。消費者金融の場合は、原則「年収の3分の1」を基準にして利用可能額が決定されます。例えば、「年収120万円」のフリーターの方なら、最高40万円までは融資が実施されます。

銀行カードローンなら年収による借入制限がない

また、銀行カードローンの場合は「年収の3分の1」といった制限(総量規制)はありません。ただ、利用枠については「消費者金融の基準とほぼ同じ」で、所得に見合わない融資は可決されません。

財布「総量規制の対象外」を売りにするローンも多いですが(どの銀行カードローンも)原則「年収の3分の1までの範囲」で、可決額が決定されるでしょう。

また、年収だけで無く「勤続年数」の長さは可決額に大きく影響してきます。例えば、勤続3年のフリーターの方と勤続半年の方では(同じ年収でも)可決される額が、大きく変わってきます。

一般的に、勤続年数が長ければその分「安定した収入がある」と判断されます。

このため、転職したばかりの方や、勤務して間もない新人の場合(フリーターも同じ)は、可決額が少なくなるだけでなく、ローン審査に通るのも難しくなるでしょう。

フリーターが申し込む際の注意点

必要書類を多めに準備しておくと審査がスムーズ

給与明細書フリーターとしてお勤めの方は、審査に必要な書類を「多めに準備」しておきましょう。

最近は、所得証明書不要なローンも増えてきています。しかし、フリーターの方に対しては「所得が安定しているかどうか」チェックするため、所得証明書を求める場合があります。

フリーターの方は、所得証明書として「最新の給与明細」を2〜3カ月分用意しておいてください。

給与明細をもらっていない方は、職場に行って発行してもらいましょう。カードローンの話が言いにくい方は「クレジットカードを作るので、明細が必要」と言えばOKです。

クレジットカードなら、だれも通勤・通学のために取得しているので、気兼ねなく話を切り出すことが可能です。

また、職場への在籍確認が気になる方も「クレジットカードの審査で、電話が掛かってくるかもしれません」と、ひとこと伝えておけば、誰もカードローンの利用を疑うこと無く、電話を取り次いでくれるでしょう。

フリーターの方に限らず「在籍確認が苦手…」という方は「クレジットカードに申し込んだ」ことにして、話を通しておくと良いでしょう。

フリーターの方の「カードローンの申込方」

融資をお急ぎの方は、即日融資に対応したローンに申し込みましょう。

多くのカードローンは即日融資に対応

幸い、多くの大手銀行やネット銀行、消費者金融カードローンが、最短30分で審査を行い、即日融資に対応しています。土日や祝日でも申し込めるので、勤務先が「休みの日」に合わせ、カードローンを申し込んでみましょう。

インターネット申込を利用すれば、銀行の営業時間外でも、手続きが行えます。

フリーターでも、収入に合わせてローンが組める!

今回は、フリーターの方に「おすすめのローン」について紹介しました。

どの大手銀行、ネット銀行、消費者金融カードローンも、フリーターとして働く方を広く受け入れ、所得に応じて「無理のない融資」を行っています。

パソコンやスマートフォンから申し込めるので「休みの日」や時間のあるタイミングで、便利な即日融資を利用してみてください。申し込んだその日の内に。キャッシングでき「必要な融資」が受けられ

アルバイトで充分!
今すぐ借りたいならドコ?

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP