カードローンの審査に受かる人、審査に落ちる人の特徴は3つ!

1,181view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

ビジネスマン

この記事で分かること

  • カードローンの審査に受かる人の職業・年収について
  • カードローンの審査に受からない人の職業と年収
  • 所得が低くても「無事審査に受かる」方法

カードローン審査で失敗を無くすには、きちんとした「戦略」を立てる必要があります。

審査結果は、年収や職業で決まる訳ではありません。実は、正しい申込のコツさえ知っておけば、所得が低くても『ローン審査は100%可決』されます。

本記事では、審査に受かる人と受からない人の特徴を比較するほか「審査に受かるための裏技」について解説したいと思います。

カードローンの審査に受かるのはこんな人!共通する特徴は3つ!

タブレット操作実は「カードローン審査に受かりやすい人」には、共通する特徴が3つあります。

まず1つ目は、年収に対して無理なく「バランスの良い借入」をしていること。2つ目は「勤続年数が長い」こと。そして、3つ目は「月々の収入が安定していること」です。

カードローン審査に受かる人に共通する特徴3つ

  1. バランスの良い借入をしている
  2. 勤続年数が長い
  3. 月々の収入が安定している

①〜③について、さらに詳しく説明しましょう。

①バランスの良い借入をしている

審査に通りやすい人は、所得に見合った借入をしています。最も良いのは、クレジットカードのショッピング枠を少しずつ、長期間利用することです。

例えば、公共料金の支払い、携帯やスマホ料金の支払いをクレジットカード払いにしておけば、毎月継続して「カード利用歴」が残せます。

クレジットカードを少額(長い期間)問題無く借りられる人は、カードローン審査でも「返済能力が高い」と見なされ、クレジットカードはもちろん、その他のカードローン審査も通りやすくなります

②勤続年数が長い

勤続年数の長さは「ローン審査」で、高く評価されます。ある程度長く務めていると、転職などの心配もなく、返済にも支障が無い(=必ず返済してもらえる)と、カード会社が判断するからです。

③月々の収入が安定している

②と共通しますが、月々の収入が決まっている(=正社員)方は、カード会社から良い評価が得られます。このため、収入の不安定な自営者や日雇いバイトの方より、給与所得者の方が、審査が受かりやすくなるのです。

また同じアルバイトの方でも、毎日・毎月継続して勤務している方と、日払いバイトの方では(審査における)評価が変わってきます。

日払いバイトは決まった所得がなく、短期的な収入しか得られないため、カードローンやクレジットカードの取得が厳しくなるのです。

職種・年収等|カードローンの審査に受からない人の特徴3つ

次に「カードローンの審査に受からない人」の特徴を3つ紹介しましょう。

審査に受らない人の「ザンネンな特徴」3つ!

  1. 仕事が安定していない、勤続年数が短い
  2. 他社で、多額の借金を抱えている
  3. 過去に未払い、延滞をしたことがある

以下で、詳しく解説しましょう。

①仕事が安定していない、勤続年数が短い

悩む仕事が安定していなければ、カードローンやクレジットカード審査は否決されます。特に、単発のアルバイト(日払い等)でお勤めの方は、カードの取得が難しくなります。

もちろん、無職の方や生活保護、年金等を受給している方も「自らの所得が無い」という理由で、審査の可決は厳しいです。

ただし専業主婦の方に限っては、一部の銀行ローンが「専業主婦でも申込可」としています。ローンの数は少ないですが、配偶者の方の同意が得られることを条件にカードローンが申し込めます(※ パートナーの収入に基づき審査が実施される)。

②他社で、多額の借金を抱えている

他社で多額の借金を抱えている方は、審査に受かるのは相当厳しくなるでしょう。現在「年収の3分の1以上の借入」があれば、どのローンからも借入はできません。

一部「収入の制限無し」というローンや「総量規制対象外ローン」等もありますが、こうした融資商品でも、所得の3分の1以上の借入は、ほぼ不可能です。また、自営者専用ローンやビジネスローンなども「総量規制対象外」となっていますが、所得の3分の1以上の融資は(貸し倒れのリスクもあり)受けられなくなるので注意しましょう。

多重債務でも「融資する」という貸し手には、警戒すべき!

このような状況でも「融資をする」という業者があれば、貸金業者として正式な登録・営業を行っているのか、疑う必要があります。

③過去に未払い、延滞をしたことがある

過去に未払いや「返済が遅れてしまった」経験のある方は(カードローン)審査が、通りにくくなります。

また、自己破産や債務整理、特定調停などを起こした方も同様です。カード会社に対して「不利になる行為」をしてしまうと、何年もクレジットカードやカードローンが使えなくなる(新規発行もNG)ので注意が必要です。

過去に延滞や「金融事故」を起こしてしまった方は、信用情報の照会を行いましょう。各カード会社(信販会社、銀行、消費者金融)は、それぞれ信用情報機関に加入し、私たちの信用情報を審査の際、利用(照会)しています。

信用情報には「私たちの個人情報」が事細かに記録されている

信用情報には、私たちの過去の借り入れ状況や審査結果、返済の状況、他社での借り入れ金額(件数も含む)のほか、勤め先や年収、家族構成、持ち家の有無まで、個人情報が細かく記録されています。

まずは、過去に利用していたカード会社の契約書を取り出し、どの信用情報機関を利用しているのかチェックしましょう。

契約書を無くした場合は、ローンを融資した金融機関の公式サイトにアクセスしてみてください。企業概要、もしくは「ローンの規約」を見れば(ローン会社が)利用している、信用情報機関が確認できます。

銀行の場合は「日本信用情機構」で、クレジットカードは「シーアイシー」その他、消費者金融の場合は「全国銀行個人信用情報センター」を利用することが多いです。

  • 日本信用情報機構
  • シーアイシー
  • 全国銀行個人信用情報センター

信用情報の照会は、郵送、窓口へ直接出向いて受け取れるほか、インターネットからも開示請求が行えます。

各機関によって登録期間は異なりますが、延滞情報と債務整理は5年、多重申し込みは6ヶ月の間「事故記録」が残ってしまいます。金融事故の登録期間中は、どのローン、クレジットカード審査も通らなくなるので注意しましょう。

多重申し込みは、通称「申し込みブラック」と呼ばれる。

各カード会社は、信用情報機関のデータをもとに審査を行います。もし、1カ月の間に2社〜3社以上連続でカード申し込みをすると「多重申し込み」という記録が残り、カードの審査が通らなくなってしまいます。

こうした多重申し込みは、(金融業界では)通称「申し込みブラック」と呼ばれています。多重申し込みになると、最長6カ月は、信用情報機関のデータが記録されます。連続で申し込みをしないよう、手続をする「件数」には、十分注意を払ってください。

ただ、6カ月も記録を残す金融機関は少なく、長くても3カ月で多重申し込みの記録は消去されます。登録情報が気になる場合は、信用情報機関に情報照会を依頼し、消えた時点で再度、審査を受けるようにしましょう。多重申し込みのデータが消えれば、再びローン審査が受けられるようになります。

カードローンの審査は所得の多さでは決まらない

審査に通過するには「バランス」が重要!

多くの方が「収入や所得が多ければ、ローンに受かりやすくなる」と考えがちです。しかし審査の結果は、収入の多さではなく「借入のバランス」が重要視されます。

例えば、年収1,000万円のA社長がいたとします。この人は、クレジットカードのキャッシングを150万円、銀行カードローンで400万円、消費者金融で50万円の借入をしていました。A社長の(所得に対する)借入率は「60%」です。

一方、年収300万円のBさん(会社員)がいたとしましょう。この人は、クレジットカードのショッピングを30万円、その他キャッシングなどは一切使っていないとします。この場合、Bさんの(所得に対する)借入率は「10%」です。

それでは、A社長とBさん、一体どちらの方が「審査に受かりやすい」のでしょうか…? みなさんの予想通り、Bさんの方が審査は通りやすく「可決率が高く」なります。

カードローン審査で重要なのは、所得の多さや役職よりも、借り方のバランスです。年収がどんなに高くても、借入のバランスが悪ければ、カードローンはもちろん、どんなクレジットカードも発行されなくなります…。

所得が低くても、カードローン審査に通るコツは2つある

メモする実は、所得が低くてもカードローン審査に通るコツは2つあります。

所得が低い場合は、他社での借入件数を少なくまとめることです。借入の金額をできるだけ一本にまとめてしまいましょう。また、現在利用中のローンより、低い金利のローンに借り換えすることで、ローン審査は「より受かりやすく」なります。

所得が低くても、カードローン審査に通るコツ

  1. 他社での借入件数を少なくまとめる
  2. 借入を高金利から、低金利ローンへシフトする

ローン金利が高いと感じるのなら「低金利のローン」を探し、利用してみましょう。金利をカットすれば、返済負担も減り、完済への道のりが短くなります。

①と②について、さらに詳しく説明しましょう。

①他社での借入件数を少なくまとめる

カードローン審査で最も重視されるのは「他社での借入件数」です。どのローン会社も詳しい説明を行いませんが、借入件数が「2社以上」になると、ローン審査は通りにくくなります。

また(比較的)審査が緩やかとされる、消費者金融でも「3社を超えると審査可決は厳しい」とされています。

現在の借入が二社以上あるのなら、思い切って「一社にまとめて」しまいましょう。この場合、借り換えやおまとめに便利な「おまとめ専用ローン」を利用すれば返済負担も少なく、安心です。

おまとめ関連のローンは、通常のローンよりも審査が柔軟に行われます。このため、三社以上の借入もスムーズに一本化できます。

おまとめローンは、銀行、消費者金融で取り扱いがあり、原則「年収の3分の1以上の借入があっても、おまとめ融資に対応」してくれます。

年収が低い方も、きちんと借入件数を少なくすれば「大口のローン」が可決されやすくなります。利用数をセーブし、上手に審査を受けてみてください。

また余力があれば、キャッシング分をすべて返済してみてください。クレジットカードにある「ショッピング分」以外の借入を解消すれば、カードローン審査は高い確率で通るようになります。

②借入を高金利から、低金利ローンへシフトする

金利を数パーセントでも低く抑えることができれば、完済のサイクルが速くなり、信用情報にも良いデータが残せます。「きちんと完済した」という実績を作っておけば、他の銀行ローンや低金利ローンも融資が下りやすくなります。

おまとめローン・借り換えローン利用時の注意点

最後に、おまとめローンの注意点を説明しておきます。

借金をまとめてからの、他社借入はNG

おまとめローンは、借入負担を減らしてくれる「便利な融資商品」です。ただ、借金をまとめた後、他社で「新規借入」をするのは、絶対に止めましょう。

喜ぶ返済負担を増やさないためにも、先ずは「おまとめローン」を完済してから、新たな低金利ローンを利用するようにしてください。おまとめ直後に「新しい借入」をすると、これまで以上に「返済負担が大きく」なります…。

また(上記のような行動は)信用情報機関からも「多重債務の恐れあり」と判断され、これまで作成したカードローン、クレジットカードが一切使えなくなってしまいます…。

おまとめを後は返済に専念し、完済するまで「借入件数=1件」をキープするよう努めてください。

まとめ|申込方法に気をつければ、所得が低くてもOK!

スマホいかがでしたか? カードローン審査は、厳しい試験でも、試練でもありません。ちょっとしたコツさえ抑えておけば、誰でもカンタンにローン審査が通ります。

まずは、過去の信用情報や、現在の(他社)借り入れ件数、金額などをチェックし、上手に「ローン審査」をマスターしてみてください。

また、審査になかなか通らないという方は(本記事で紹介した)①と②の方法を試してみて、カードローン審査が通るよう工夫しましょう。

初めての借入に
少しでも速くお金が必要なら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP