アルバイトがキャッシング審査に通るコツとは?パート・フリーターでも即日融資!

23view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

pixta_37257005_M

「アルバイトでもキャッシングの審査に通過できる…?」
「フリーターや派遣社員で収入が少ないけど、今日中にお金を借りられる?」
など、アルバイト、パート、フリーター、派遣社員の方の中には、カードローンなどのキャッシングのサービスを利用したいけれど、審査に通過できるのか不安…という方も多いでしょう。

そこで本記事では、「アルバイトやパート、フリーター、派遣社員の方がキャッシング審査に通過させるためのコツ」を中心に、『アルバイト、パートのキャッシング利用』について、分かりやすく解説します。

お金に困っているアルバイトやパートの方は、本記事を参考にしながらキャッシング・カードローンへの申し込みを検討してみましょう。

アルバイトの方はキャッシングを利用できる?

はじめに、アルバイトやパート、派遣社員の方が利用しやすいキャッシングサービスを紹介します。

アルバイトやパート、フリーター、派遣などの方でも利用できるキャッシングサービスは様々ありますが、キャッシングサービスを利用したことがない方は、「どのキャッシングサービスがオススメなのか分からない…」という方も多いでしょう。

アルバイトやパート、フリーターの方はカードローンがオススメ

pose_motsu_card

アルバイトやパートの方にオススメのキャッシングサービスは、銀行や消費者金融が提供している「カードローン」です。

銀行や消費者金融のカードローンは、アルバイトやパート、派遣社員の方でも申し込みOKで、「安定した収入」があれば審査通過を目指しやすいためです。

アルバイト、パートも利用できるカードローンの申し込み条件

大手消費者金融アコムのカードローンへの申し込み条件を確認してみましょう。

カードローンへ申し込める条件(アコム)

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

出典:貸付条件|アコム公式サイト

例としてアコムの貸付条件について紹介しましたが、他のカードローンでもアコムの貸付条件と同様に「20歳以上」「安定収入」「カードローン会社の基準を満たす」ことが審査通過の条件となっています。

銀行カードローンは、保証業務を外部に委託しているローン商品が多いため、「保証会社の保証を受けられる方」という条件が追加される場合が多いです。

※カードローンの保証会社とは、「利用者が借りたお金を返済できなくなった時に代位弁済を行う(=代わりに立て替えて返済する)」会社のことです。銀行カードローンでは、主に消費者金融会社が保証を務めています。

銀行カードローンは即日融資できないので注意

メガバンク(三菱UFJ銀行など)、地方銀行(千葉銀行など)、ネット銀行(楽天銀行など)から提供されている銀行カードローンは、アルバイトやパート・フリーターの方も手軽に利用できるのですが、「銀行カードローンは即日できない」点に注意してください。

銀行カードローンは審査に1営業日以上かかる

pose_atama_kakaeru_man_money

銀行カードローンの審査では、申込者が反社会的勢力に属していないかどうか「警視庁データベース」へ照会する審査が行われています。しかし、この照会審査には1営業日以上の日数がかかるので、申し込み〜融資は最短でも翌営業日以降になります。

「アルバイトやパート、派遣社員の方で、今すぐにお金を借りたい」というような方は、次の項目で解説する『アルバイトやパート、フリーター、派遣社員の方が即日融資できる消費者金融カードローン』へ申し込むようにしましょう。

アルバイトやパートの方が即日融資したいなら?

アルバイトやパート、フリーター、派遣社員の方でも即日の融資が期待できるのは、大手消費者金融が提供するカードローンです。大手消費者金融には、アコム、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSAがあります。

アルバイトや派遣社員の方は大手消費者金融カードローンがオススメ!

ほとんどの大手消費者金融は大手銀行(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、新生銀行等)のグループ会社となっているため、はじめて消費者金融カードローンを利用するアルバイトやパートの方も、「銀行系の会社からお金を借りる」という安心感を得られるでしょう。

また、全ての大手消費者金融では「申し込み当日の即日融資が可能」なので、スピーディーにお金を借りたいアルバイトの方にオススメです。

中小消費者金融カードローンにも即日融資できるサービスはあるが…

アルバイトやパート、派遣社員の方でも即日融資が期待できるカードローンは、大手消費者金融だけではなく、一部の中小消費者金融からも提供されています。

ただし、中小消費者金融のカードローンを利用する時には以下の点に注意しておきましょう。

中小消費者金融カードローン利用時の注意点

  • 窓口でカードローン契約が必要な場合もある
  • 即日の融資も窓口での手続きが必要なケースもある
  • ローンカード自体がなく銀行振り込みキャッシングしか対応していないサービスもある

中小消費者金融カードローンは窓口で契約やキャッシング手続きが必要なケースもあり、大手消費者金融カードローンに比べると、利便性にはあまり優れていないと言えるでしょう。

なお、口コミなどを参考にすると、中小大手消費者金融は審査難易度が緩やかな傾向があるようです。このため、どうしても大手消費者金融カードローンの審査に通過できない…という場合のみ、中小消費者金融カードローンへの申し込みを検討してみましょう。

アルバイトやパート、派遣社員にオススメの消費者金融カードローン!

アルバイトやパート、派遣社員の方でも即日融資を期待できるオススメのカードローンを紹介します。カードローン選びに悩んでいるアルバイト、パート、フリーターの方は、以下のいずれかのカードローンへ申し込みましょう。

アルバイトやパート・派遣社員の方へオススメのカードローン!

  • アコム
  • プロミス

アコム

大手消費者金融アコムの公式サイトには、アルバイトや派遣社員のカードローン利用について、下記のような記載があります。

アルバイト、契約社員や派遣社員だとお金が借りられないの?

アルバイト、契約社員や派遣社員でも、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

出典:主婦、契約社員、派遣社員、アルバイトのお客さま|アコム公式サイト

アコムでは公式サイト上で「アルバイトや派遣社員のカードローン契約を認めている」ため、アルバイトや派遣社員などの方へも積極的な貸付を行っていると考えられます。

アコムは消費者金融で売上高1位なので安心して利用できる

また、アコムは消費者金融業界で売上高1位(平成27-28年度:売上高2,376億円)となっています。

このことからアコムは消費者金融の中で最も多くの方が利用しているカードローンであると判断できるため、はじめてカードローンを利用するアルバイトや派遣社員の方も安心して申し込みを進められるでしょう。

プロミス

プロミスの公式サイトにはアルバイトやパート、派遣社員の方のカードローン利用について、以下のような記載があります。

アルバイトやパート・派遣社員でも契約できますか?

アルバイト・パート・派遣社員・契約社員の方も、現在お仕事をされていらっしゃる方は主婦、学生でも、ご審査のうえご契約いただけます。

出典:お申込みについて|プロミス公式サイト

プロミスのカードローンもアルバイトやパート、派遣などの「仕事をしている」方であれば、カードローン契約できると明記されているため、アルバイトなどの方でも安心して申し込めます

プロミスのアプリローンなら「ローンカード不要」でATMからキャッシング可能!

また、プロミスのアプリローンというサービスを利用すれば、プロミスのスマホアプリとセブン銀行ATMとの連携で「カードレス」でのキャッシングが可能です。スマホがあればATMから手軽にお金を借りられるようになるのは、プロミスのアプリローンのメリットと言えるポイントでしょう。

パート、アルバイト、派遣社員の方のキャッシング審査通過のコツ!

パート、アルバイト、フリーターの方が、キャッシング(カードローン)の審査に通過させるためのコツについて解説します。これから解説する項目をクリアしていれば、アルバイトやパートの方のカードローン審査通過の可能性が高まります。

アルバイトやパート、派遣社員の方がカードローンの審査通過を目指すために

  • ①20歳以上
  • ②アルバイトで安定した収入がある
  • ③必ず年収の3分の1以内の希望借入額にする
  • ④申込時に嘘をつかない
  • ⑤信用情報に傷がない
  • ⑥在籍確認の審査に注意

上の①〜⑥について、具体的に解説します。

①20歳以上

seijinshiki_man

即日融資が可能な大手消費者金融カードローンは、20歳以上の方しか申し込めません。未成年の方は、必ず20歳以上になってから申し込むようにしましょう。

※20歳未満の未成年の方でもお金を借りられる可能性があるのは、中小消費者金融が提供する「学生ローン」だけです。ただし未成年の方がカードローンを利用するには「親の承諾書」が必要なため、親にバレずにキャッシングしたい方も20歳以上になってからカードローンへ申し込むようにしてください。

②アルバイトで安定した収入がある

消費者金融カードローンの審査通過には、必ず安定した収入が必要です。ただし、年収100万円〜150万円の方も審査に通過できる可能性があるため、年収があまり多くないアルバイトやパート、派遣社員の方でも審査通過を目指しやすいでしょう。

③必ず年収の3分の1以内の希望借入額にする

消費者金融は貸金業者のため、貸金業法が適用されます。この貸金業法の中には、利用者に対する貸付額の上限が決められた「総量規制」という法律があります。

総量規制の法律では、「貸金業者は利用者の年収3分の1超のお金を融資してはいけない」と貸付額の上限が定められています。このため、消費者金融カードローンでは、年収3分の1を超えるお金を借りられません。

このため、消費者金融カードローンの希望借入額は必ず「年収の3分の1以内」に抑え、申し込みを進めてください。

希望借入額はできるだけ少額に

ただし、カードローンの審査通過率を高めるには、「必要最低限の借入額」を希望するようにしましょう。

希望借入額が少ないほど「カードローン審査の難易度が緩やか」になる傾向があるため、限度額を抑えておく方が審査通過率が高まります。できれば、10万円〜30万円程度の少額の希望借入額に抑えるようにしましょう。

④申込時に嘘をつかない

usotsuki

カードローンの利用時には「カードローンへの申し込み」を行いますが、申し込み時には必ず本当の情報を入力してください。もし、嘘の情報を入力してカードローン会社に嘘がばれてしまうと、「虚偽申請」として判断されて必ず審査に落とされてしまうでしょう。

嘘の情報を入力してしまうケースとは?

「申し込み時に嘘の情報を入力する人なんているの…?」と思う方もいるかもしれませんが、アルバイトやパートの方の中には少しでも審査が有利になるように、「年収に関する嘘」をつく方も少なくありません。

しかし、嘘がバレてしまうとカードローン審査が不利になり、審査に落とされてしまう可能性が高まるため、絶対に虚偽の申請はしないでください。

※嘘をつくつもりがなくても、間違えて年収を1桁多く申請してしまった場合など「虚偽申請」として判断されてしまい、審査が不利になる(落とされる)恐れもあります。申し込み直前には必ず「申請内容に間違いがないか」をチェックしてください。

⑤信用情報に傷がない

アルバイトやパートの方に限りませんが、カードローンの審査では「信用情報(クレジットヒストリー)」の内容も重要です。

アルバイトやパートの方が注意すべき信用情報とは?

信用情報とは、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴(申し込み情報、借入額、支払いや返済履歴、滞納や未納など)が残されます。

毎月キチンと支払いを続けている方は信用情報が良い状態になっていますが、過去に一度でも支払いを滞納してしまったことがあるという方は、信用情報に「滞納」の悪い履歴が残ります。

信用情報の悪い履歴(=傷)があると、審査が不利になったり、審査に落とされてしまう可能性があります。現在クレジットカードやカードローンを利用している方は、絶対に信用情報に傷を残さないように、支払いや返済に遅れないように注意してください。

⑥在籍確認の審査に注意

カードローン審査の最後に行われる「在籍確認」にも注意が必要です。この在籍確認の審査とは、申し込み者が本当に申請した勤務先で働いているかを「電話により確認する審査」です。

カードローン審査では必ず「在籍確認の審査」が行われるため、アルバイトをしている方はアルバイト先に、パートをしている方はパート先にカードローン会社から電話がかかってきます。

在籍確認でカードローンがバレる可能性は低い

ただし、カードローンの在籍確認は「申し込み者のプライバシーに配慮」してくれるため、カードローンへの申し込みの事実をアルバイト先に伝えられることはありません。

在籍確認の一連の流れ

「(カードローン会社の個人名)と申しますが、(申し込み者)様はいらっしゃいますか?」
「はい、私が(申し込み者)です。」

または、

「(カードローン会社の個人名)と申しますが、(申し込み者)様はいらっしゃいますか?」
「(申し込み者)はただいま不在です。」

これだけで在籍確認の審査が完了します。

phone_man4_laugh

上記のように「カードローン会社の在籍確認を行う担当者の個人名」で電話がかかってくるため、カードローンの会社名がアルバイト先にバレる恐れはありません。

ただし、アルバイトやパートの方は、普段勤務先に電話がかかってこない方が多く、

「名指しで呼び出しがある在籍確認は、アルバイト先に怪しまれるのでは?」

と思う方もいるでしょう。

アルバイト先に在籍確認を怪しまれないようにするためには、次の項目で解説する方法がオススメです。

在籍確認を怪しまれないようにする方法

在籍確認を怪しまれないようにするため、前もってアルバイト先に「クレジットカードに申し込んだので、在籍確認の電話があるかもしれない」と伝えておきましょう。

アルバイト先にクレジットカードの在籍確認があると伝えておけば、カードローンの在籍確認の電話連絡があった際に「カードローンへの申し込み」を疑われてしまう恐れを最小限に抑えられます。

主婦や学生のアルバイトの方がキャッシングするには?

主婦や学生のアルバイトの方でもカードローンで即日キャッシングが期待できます。主婦・学生のキャッシング、それぞれのケースについて解説します。

主婦も「安定収入」があればカードローンを使える

主婦の方でもアルバイトやパートをしていて「安定した収入」があれば、カードローンへ申し込めます。

カードローンの利用は夫にバレる?

アルバイトをしている主婦の方の中には、夫にカードローンの利用が絶対にバレたくない…という方も多いと思います。夫にカードローンの利用をバレないようにするため、以下のポイントに気をつけておきましょう。

夫バレを防ぐ!アルバイト主婦のカードローン利用時の注意点

  • ウェブ明細を利用する
  • 絶対に滞納しない

消費者金融のカードローンでは、郵送による明細書の発行をやめて、ウェブ上で確認できる「ウェブ明細」を利用できます。ウェブ明細に切り替えておけば、自宅にカードローン関係の書類が届かないため、夫にキャッシングの利用がバレてしまう恐れはないでしょう。

また、カードローンの返済に遅れてしまうと「督促状」が自宅に送られ、夫にカードローンの利用がバレてしまうケースも考えられます。このため、絶対にカードローンの返済には遅れないように注意してください。

アルバイトをしていない専業主婦はカードローンを使える?

アルバイトをしていない専業主婦は、「年収0円」のため、総量規制(借入額上限は年収3分の1)の適用から消費者金融カードローンを利用できません

※一部の銀行カードローンであれば「専業主婦」のカードローンが認められるケースもあります。

アルバイトをしていれば学生もカードローンの利用は簡単!

学生の方もアルバイトなどによる「安定収入」があればカードローンを利用できます。ただし本記事ですでに解説したように、20歳を超えているかどうかにより、利用を認められるかどうか異なります。

アルバイト学生のカードローン利用
年齢 利用できるカードローン
20歳未満 一部の中小消費者金融の学生ローン(親の承諾書が必要)
20歳以上 消費者金融や銀行のカードローン

アルバイトをしている学生の方も、20歳を超えていればカードローンの審査通過を期待できます。お金に困っているアルバイト学生の方は、消費者金融カードローンへの申し込みを検討してみましょう。

アルバイトで働いてすぐにお金は借りられる?

アルバイトで働きはじめてすぐにお金を借りられるの?と疑問に思う方も多いでしょう。この項目では、アルバイトをはじめたての方がカードローンを利用できるのかどうかについて、解説します。

アルバイトをはじめてスグの方はお金を借りるのは難しい

アルバイトをはじめて1ヶ月〜3ヶ月未満というような方は、いくら収入が多くてもカードローンの審査に通過させにくい傾向があります。

勤続年数が短い方は「いつ仕事をやめるか分からない」と判断されやすく、カードローン会社から安定収入が認められにくいためです。

アルバイトを6ヶ月以上続けていれば審査に通過させやすい

アルバイトの勤続年数が6ヶ月以上あれば、審査が不利になるケースはほぼないと考えられます。

このため、カードローン会社から安定した収入を認めてもらうためには、少なくとも6ヶ月以上、アルバイトの勤続年数を積み上げておくようにしてください。

派遣会社への登録だけでキャッシングは可能?

派遣会社に登録している方や、これから派遣社員として働く(登録する)予定の方の中には、「派遣会社へ登録しておくだけで、カードローンの審査に通るのでは?」と考える方もいるかもしれません。

派遣会社への登録だけではカードローン審査に通らない

しかし、派遣会社に長期間の登録があるからといっても「実際に派遣社員として働いておらず収入が無い」という方はカードローン審査に落とされます

※カードローン申し込み時には必ず「年収」の記入欄があります。

派遣社員として収入があればカードローンの利用が期待できる

もちろん、派遣社員として勤務し、長期間(6ヶ月〜)の「安定した収入」があればアルバイトやパートの方と同様に、カードローンの審査に通過できる可能性は高いと考えられます。

派遣はどこに在籍確認の電話がある?

派遣社員の方がカードローンへ申し込んだ際には、どこに在籍確認の連絡があるのでしょうか?

申請した勤務先に在籍確認がある

在籍確認の電話が行われるのは、カードローン申し込み時に申請した「勤務先」です。ただし、申し込み時の勤務先に「派遣元」を記入するのか「派遣先」を記入するのかは、申し込み先の消費者金融によって異なるので注意してください。

ほとんどの消費者金融では派遣元に在籍確認がある

実際に消費者金融カードローンの申し込みを進めていくと、派遣社員の方が申請する勤務先についての記載を確認できます。

派遣社員の方がアコムへ申し込む時には?

※派遣社員のお客さまは、派遣元の会社をご入力ください。

出典:はじめてのお申し込み(申し込みページ)|アコム公式サイト

アコムでは、派遣社員の方が申し込む際には「派遣先ではなく、派遣元の会社名や電話番号」の入力が必要です。

他社の消費者金融カードローンでも、ほとんどが勤務先に「派遣元」の情報の入力が必要となりますが、SMBCモビットでは「派遣先の情報」の入力が必要(=派遣先への在籍確認)となる点に注意してください。

※ただし本記事ですでに解説した通り、在籍確認で直接カードローンの利用がバレてしまう可能性は非常に低いので安心してください。

アルバイトのキャッシングのよくある質問

アルバイトやパート、派遣社員の方の「よくある質問」について、まとめてみました。カードローンの疑問があるアルバイトの方など、本項目で疑問を解消してください。

アルバイトや派遣社員の方のよくある質問

  • アルバイトは消費者金融カードローンでいくら借りられる?
  • 水商売のアルバイトをしているけどカードローンを使える?
  • カードローン審査に落ちたけれど続けて申し込んでOK?

アルバイトは消費者金融カードローンでいくら借りられる?

dentaku_businesswoman

アルバイトやパート、派遣社員の方は、消費者金融カードローンでどのくらいのお金を借りられるのでしょうか。

「消費者金融カードローン」は総量規制が適用されているため、年収3分の1が法律上の借入上限額になっています。ただし、アルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用の方は、「返済能力」に関するステータスが弱い(と判断される)ため、高額なお金を借りにくい傾向があります。

アルバイトや派遣社員の方は10万円〜30万円が借入限度額の目安

アルバイトやパート、派遣社員というステータスの方は、10万円〜30万円程度が限度額上限の目安であると考えておきましょう。

ただし、カードローン契約時に低い限度額が設定されたとしても、カードローンを継続利用していれば「増額(=限度額の引き上げ)の審査」にも通過させやすくなります。カードローンの増額については、下記の記事をチェックしてください。

水商売のアルバイトをしているけどカードローンを使える?

水商売(キャバクラ、ホストなど)でアルバイトをしている方はカードローンの審査に通過できるかな…と不安な方も多いと思いますが、水商売の方でも「安定した収入」があればカードローンの審査通過を目指せます

勤務先が水商売であるとバレてしまうと…

ただし、カードローン申し込み時に申請する勤務先名は、勤め先の店名ではなく、「運営会社名」を記入しましょう。水商売とすぐ分かるような「店名」でカードローンへ申請すると、「勤務先が水商売とバレてしまい、審査が不利」となる恐れがあるためです。

カードローンの申し込み時には水商売だと分かりにくい「運営会社名」を伝え、審査通過率を少しでも高められるようにしましょう。

※水商売の方でもカードローンを利用できますが、長期的に安定した収入を認められなければ、審査通過は難しいので注意してください。

カードローン審査に落ちたけれど続けて申し込んでOK?

カードローンの審査に落ちてしまったアルバイトやパート、派遣社員の方の中には、続けて他社カードローンへ申し込んで良いのか悩んでいる…という方もいるでしょう。

審査に落ちた場合は6ヶ月後の申し込みがオススメ!

カードローン審査に落ちてしまった方は、続けてスグに他社カードローンに申し込むのはオススメではありません。カードローン審査に落ちた後、他社カードローンへは6ヶ月以上経った後で申し込むようにしてください。

信用情報には、カードローンの申し込み履歴が6ヶ月間残されます。このため、カードローンの申し込み履歴が残った状態で他社カードローンへ申し込むと、「金銭トラブルなどが原因でカードローン審査に落とされたのでは?」とみられて審査が不利になりやすいです。

一度審査に落ちてしまった方は、信用情報の履歴が消える6ヶ月後以降に再度カードローンへ申し込むようにしてください。

アルバイトやパート、派遣社員のキャッシングは消費者金融カードローンがオススメ!

本記事では、「アルバイトやパート、フリーター、派遣社員の方がキャッシング審査に通過させるためのコツ」を中心に、『アルバイト、パートのキャッシング利用』などについて、詳しい解説を進めてきました。

アルバイトやパート、派遣社員も即日融資を目指せる!

  • アルバイト、パート、派遣の方が使いやすいのは「カードローン」
  • 銀行カードローンは即日融資できない点に注意
  • 即日融資なら必ず「消費者金融カードローン」へ申し込む
  • アルバイトなどの人が審査通過を目指すには6つの条件を満たしておく
  • 主婦や学生のアルバイトも「安定収入」があればキャッシング可能!
  • アルバイトしはじめてスグの人は審査通過が難しい
  • 6ヶ月以上の勤続年数があれば審査通過を目指しやすい
  • 派遣に登録していても「仕事」がなければカードローン審査に落とされる
  • 派遣の方は「派遣元」への在籍確認がほとんど
  • アルバイトや派遣の方は10万円〜30万円を限度額の目安と考えておく
  • 水商売の方は審査が不利にならないために勤務先を「運営会社名」にしておく
  • カードローン審査に落ちた直後の再申し込みに注意

アルバイトやパート、フリーター、派遣社員などの方でも安定した収入があれば、カードローンでお金を借りられます。キャッシングを急いでいる…という方は、申し込み即日にお金を借りられる「消費者金融カードローン」への申し込みがオススメです。

また、アルバイトやパート、派遣社員の方が審査通過を目指すためには、「20歳以上の年齢」「安定収入」「希望借入額」「申込時の嘘」「信用情報」「在籍確認」の6つの項目に気をつけておきましょう。

アルバイトやパート、派遣社員の方のカードローン審査通過は難しくありません。手持ちのお金に困っている方は、ぜひ本記事を参考にしながら「カードローン」への申し込みを進めてみましょう。

手持ちの金に困ってる?
即日融資は消費者金融カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP