カードローンの在籍確認審査が行われるタイミングはいつ

761view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローンの在籍確認審査が行われるタイミングはいつ

カードローンの審査時には「在籍確認」がありますが、いつ行われるのでしょうか。これからカードローンを利用しようと考えている人は、この記事で解説している在籍確認のタイミングをきちんと把握し、同僚や上司にカードローンの利用がバレないように前もって対策しておきましょう。

カードローンの在籍確認とは?

そもそもカードローンの審査時に行われる在籍確認とは、どのような内容なのでしょうか。一般的に在籍確認とは、「カードローン申込者が申請した勤務先に本当に勤めているのか?」を確認するために、勤務先に電話して本人が在籍しているかをチェックする審査のことです。ほとんどのカードローンではこの在籍確認が行われていて、申込者が本当の情報を申請しているのか、申込者が本当に安定した収入があるのか、しっかりとチェックされるんですよね。

カードローンの在籍確認とはどのように行われるの?

カードローンの在籍確認とはどのように行われるの?

この在籍確認ですが、実際にどのように行われているのでしょう。カードローンの審査会社から申請した勤務先の電話番号に電話があります。利用先のカードローン会社(=消費者金融や銀行)にもよりますが、利用先のカードローン会社名を名乗らず、在籍確認するスタッフの個人名で電話があります。

カードローンの在籍確認の電話内容について

例えば、申込者が山田さん、在籍確認スタッフが中島さんの場合、
「〇〇カードローンの中島と申しますが、山田さんはいらっしゃいますか?」
という電話ではなく、
「中島と申しますが、山田さんはいらっしゃいますか?」
と、個人名での連絡があるため、直接的に勤務先にカードローンの利用がバレてしまうという心配はないでしょう。また、本人に電話が代わると「在籍確認がOK」となり、カードローンの手続きが進んでいきます。

在籍確認は個人名か金融業者名かは利用先カードローン次第

ただし、在籍確認で「個人名を名乗る」か「金融業者名を名乗る」かは、利用先カードローンの規定によって異なっているため、申し込む前には、利用先カードローンの窓口で確認しておくことをおすすめします。

カードローンの在籍確認はいつ行われる?

カードローンの在籍確認がいつ行われるのか、タイミングを確認していきましょう。分かりやすく理解するために、まずはカードローンの審査が進んでいく順に紹介していきます。

カードローン審査が行われる順番

  1. 信用情報の審査
  2. コンピュータースコアリング
  3. 在籍確認

一般的には上記のような流れでカードローンの審査が進んでいきます。順を追って少し詳しく解説していきましょう。

①信用情報の審査

利用者がカードローンへ申し込んだ後、信用情報の審査が行われます。この信用情報とは「クレジットヒストリー(=クレヒス)」とも呼ばれている、個人のクレジットカードやカードローンなどの過去の利用履歴となっています。この信用情報をチェックすれば利用者の「未納」や「滞納」、「自己破産」の履歴などがすぐに確認できるんですよね。このため、カードローンの審査では信用情報が重要視され、最初にチェックされる傾向にあります。ちなみに過去数年間の信用情報に傷(=未納や自己破産)があった場合、審査に不利な状況となり、カードローン審査に通過させるのは難しいんです。

②コンピュータースコアリング

申込者の信用情報に問題がなければ、通常コンピュータースコアリングによる審査が行われます。このコンピュータースコアリングとは、申込者の年齢や年収、雇用形態、勤続年数などの基本情報をコンピューターにより自動審査させる方法なんです。過去の膨大な利用者のデータと照らし合わせながら自動で審査を行うため、「申込者がしっかりと返済してくれるのか」、高い精度で審査結果の回答を得られるんです。

③在籍確認

信用情報、コンピュータースコアリングの審査に問題がなければ、ここで在籍確認が行われます。在籍確認とは先ほどの項目でも解説したように「申請した勤務先に本当に在籍しているのか」をチェックする審査となります。

在籍確認はカードローン審査の最後に行われる!

一般的には信用情報やコンピュータースコアリングで審査に落とされてしまう確率よりも、在籍確認に不備がある確率の方が圧倒的に低いため、申込者のほとんどが通過できる在籍確認は最後に行われるんですよね。

在籍確認に通過させるコツ!

在籍確認に通過させるコツ!

ちなみに、この在籍確認に通過させるコツは「本当の情報を申請する」だけです。もしあなたが嘘をついて勤務先に大手企業名、電話番号を入力していたら、在籍確認時に必ずバレてしまい、カードローン審査に落とされてしまいます。また、最悪の場合は詐欺罪などで訴えられる可能性もあるでしょう。

このように、在籍確認をスムーズに通過させるためには、「正しい勤務先、電話番号を記載する」方法しかないんですよね。また、近年では、アルバイトやパートというステータスの人でも、安定した収入さえあれば審査に通過させやすいカードローンもあります。このため、勤務先や雇用形態などのステータスに自信がないという人も、必ず本当の勤務先を申請してくださいね。

職場の人にカードローン利用が怪しまれないためには?

また、普段職場には電話がほとんどかからないため、「突然の電話は怪しまれてしまう」という人はもいるでしょう。そのような人は「クレジットカードの契約をしています」など、前もって職場の人へ伝えておくのも良い方法でしょう。

クレジットカードはほとんどの人が利用しているため、クレジットカードの在籍確認で職場に電話があったとしても怪しまれる恐れもないですよね。

もし在籍確認のタイミングで不在だったらどうなるの?

もし、この在籍確認の電話があった時に「不在」となっている場合は、どうなるんでしょうか。申込者が電話に出るまで何度も電話されてしまうと、同僚などにカードローンの利用が気付かれる恐れもありますよね。

勤務先に本人が不在でも在籍が確認できれば問題ナシ!

しかし安心してくださいね。在籍確認時に不在で申込者が電話に出られない場合でも、同僚などが在籍の証明をすれば問題ありません。このため先ほども説明したように、前もって同僚に「カードローンへ申し込んだ」「審査の電話があるかもしれない」と伝えておけば、在籍確認もスムーズに済ませられるでしょう。

在籍確認を避ける方法もある!

この在籍確認ですが、実は避けられる可能性もあるんです。カードローンへの申し込みを行うとほとんどの場合在籍確認が行われます。しかし、利用先の金融業者などによっては電話以外の在籍確認へ変更してもらえる可能性もあるんです。

カードローンの在籍確認を避けるためには?

カードローンの在籍確認を避けるためには、カードローン利用先の金融業者に連絡し、「電話以外の在籍確認へ変更可能か」確認してみましょう。金融業者によっては、別の在籍確認の方法へ変更してもらえる可能性もあります。

健康保険証や給料明細書などで在籍確認を代用できる可能性も!

カードローンの在籍確認を避けるためには?

電話以外での在籍確認が可能となった場合、「健康保険証」や「給料明細書」などで代用できる可能性があります。これらの書類には、勤務している人の名前、勤務先の会社名、住所や電話番号などが記載されています。このため、これらの書類の提出が在籍確認として認められる場合があるんです。

また、このような書類による在籍確認は、消費者金融で行われている場合が多いんです。このため、どうしても「職場へ直接在籍確認されたくない!」という人は、大手の消費者金融カードローンを中心に検討するようにしてみてくださいね。

在籍確認の時に注意しておくべき5つのポイント!

さいごに、カードローンの在籍確認で注意しておくべき5つのポイントを解説していきます。それぞれの項目を解説していくので、しっかりと確認していきましょう。

  1. カードローンの在籍確認は審査の後半で行われる
  2. カードローンへの申し込みには必ず正しい勤務先の情報を申請する
  3. 勤務先の同僚に一言伝えておくのもおすすめ!
  4. 電話による在籍確認はスタッフの個人名で電話がある
  5. 在籍確認には電話以外の方法が用意されている場合も

①カードローンの在籍確認は審査の後半で行われる

カードローンの在籍確認ですが、信用情報の審査とコンピュータースコアリングの審査が通過した後、最後に行われます。カードローンの審査では、「在籍確認」よりも信用情報やコンピューターによるスコアリング審査の方が重要視されているんですよね。このため、在籍確認が行われる=審査通過目前と考えられます。このように在籍確認は、申込者の最終チェックという位置付けとなっているんです。

②カードローンへの申し込みには必ず正しい勤務先の情報を申請する

また、当たり前なのですが、カードローンの申し込み時には必ず本当の勤務先情報を申請しましょう。在籍確認とは、「申請があった勤務先に本当に勤務しているのか」をチェックする審査ですよね。このため、勤務先名や電話番号に虚偽があればカードローン審査には通過できません。

近年のカードローンでは、安定した収入があればアルバイトやパート、派遣社員の人などでも審査通過は難しくありませんので、あなたがこれらのステータスであっても、しっかりと本当の情報を入力するようにしてくださいね。

③勤務先の同僚に一言伝えておくのもおすすめ!

勤務先の同僚に一言伝えておくのもおすすめ!

勤務先にはどのタイミングで在籍確認の電話があるか分かりません。このため、いつ勤務先にカードローン会社から在籍確認の電話がかかっても良いように、前もって同僚などへ一言伝えておくのもおすすめです。

この時に同僚へは「カードローンの申請」とは伝えず、「クレジットカードの申請」と伝えておきましょう。次の項目でも解説しますが、カードローンの在籍確認は金融業者を名乗って電話されることは、ほぼありません。

④在籍確認はスタッフの個人名で電話がある

カードローンの在籍確認ですが、金融業者名を名乗らず、担当スタッフの個人名でかかってくることがほとんどです。このため、勤務先に電話があったとしても、「カードローンの在籍確認である」ことがバレてしまう恐れもないんですよね。

⑤在籍確認には電話以外の方法が用意されている場合も

先ほども解説したように「どうしても電話による在籍確認を避けたい」という場合は、利用先の金融業者によっては「健康保険証」や「給料明細書」の提出などを在籍確認として認めてくれる場合もあります。

カードローンを提供する銀行や消費者金融などでは、利用者のプライバシーをしっかりと守ってくれる場合が多いんですよね。カードローンの申し込み前には窓口での相談が必須となりますが、在籍確認によって利用者の勤務先にカードローン利用がバレてしまう恐れがあると判断してもらった場合など、書類による在籍確認へ変更してもらえる可能性もあります

カードローンの在籍確認をしっかりと通過させよう!

この記事では、カードローンの在籍確認のタイミングなどについて詳しく解説してきました。在籍確認はカードローン審査の最後で行われるため、申請内容に不備がなければ「在籍確認=ほぼカードローン審査通過」と考えられるんですよね。

ぜひこの記事を参考にしながら、カードローンの在籍確認に通過させて、うまくキャッシングを利用してみてくださいね。このサイトでもたくさんのカードローンを解説しているので、ぜひ一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

在籍確認で選ぶ
おすすめローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP