カードローン審査に絶対通るために抑えておきたいポイント!

18view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カードローン審査に絶対通るために抑えておきたいポイント!

「カードローンでキャッシングしたいけど審査が不安」「カードローンの審査ってどんな内容をチェックされるの?」と、カードローンをこれから利用しようとする人の中には、カードローンの審査に不安な人も多いでしょう。

そこでこの記事ではカードローン審査に絶対通過させるために、必ず抑えておきたいポイントについて解説していきます。記事をしっかりと確認し、カードローンの審査に通るように様々検討してみてくださいね。

カードローンの審査に通るためには?

カードローンの審査に通過させるための条件について紹介していく前に、各カードローン会社の審査基準について確認していきます。

カードローンの審査基準は金融業者により異なる

そもそもカードローンの審査基準は、金融業者や利用するカードローンによって異なっています。 ただし、金融業者ごとによって審査難易度は大きく2種類に分けられます。カードローンには大手銀行や地方銀行が提供している銀行カードローン、消費者金融が提供している消費者金融カードローンがあり、大きく2種類に分類できるんです。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

これらのカードローンには審査基準やサービス内容に若干の違いがあります。下記の表にまとめてみたので確認してみましょう。

カードローンを提供する金融業者 銀行のカードローン 消費者金融のカードローン
金利の上限 13%〜16% 17.8%〜18%
限度額 500万円〜1000万円 300万円〜800万円
即日融資 不可 可能
特徴 利用時に銀行ならではの大きな安心感がある。 30日間の無利息期間がある。
審査難易度 やや高い 緩やか

このように、銀行カードローンでは低金利が魅力となりますが審査難易度がやや高い傾向があります。また、消費者金融カードローンでは金利が高いのですが審査難易度が緩やかである、というメリット・デメリットがあります。

消費者金融カードローンの方が審査に通りやすい

このため、カードローンの審査に不安な人は、少しでも審査基準の緩やかな消費者金融カードローンへの申し込みがおすすめと言えるでしょう。次の項目では、カードローン審査に通過させるための抑えておきたいポイントについて詳しく解説していきます。

カードローンの審査通過のポイント!

銀行カードローンや消費者金融カードローンなど、カードローンでの審査で必ず抑えておきたいポイントを解説していきます。カードローン審査通過のためには、これから紹介するポイントをチェックしておきましょう。

カードローンの審査に通るためには?

  • 安定した収入がある
  • 多重申し込みをしていない
  • 多重債務者ではない
  • 信用情報に傷がない
  • カードローンの申し込み書類にミスがない

安定した収入がある

安定した収入がある

カードローン利用時には、毎月返済する必要があるため安定した収入が必須です(※ただし一部の銀行カードローンは無職の専業主婦も利用可能)。このため、現在安定した収入を得ていないという人は、まず安定した収入を得られる勤務先への転職を検討してみましょう。また、アルバイトやパートの人でも審査通過を目指せるカードローンが多いため、雇用形態についてはそこまで気にしなくてOKでしょう。

多重申し込みをしていない

複数のカードローンへ同時申し込みしている場合、審査に不利となります。申し込み履歴は信用情報機関で管理されて、カードローン会社はその履歴をいつでも参照できるためです。複数カードローンへの多重申し込みは「よっぽどお金に困っているに違いない」「複数のカードローンへの同時申し込みするのには大きな理由があるかもしれない」と判断されてしまうため、審査に不利となってしまうんですよね。

このため、カードローンの審査が不安だとしても、必ず1社に絞ってカードローンの申し込みを行う方が、審査に通る可能性は高まるんです。

多重債務者ではない

これからはじめてカードローンを利用するという人には関係ありませんが、すでに複数のカードローンを利用している人は注意が必要です。カードローンの審査では、3〜4社以上のカードローンを利用中の人は、カードローンの審査に通過しにくいと言われています。現在複数のカードローンを利用しているという人は、注意しておいてくださいね。

信用情報に傷がない

信用情報に傷がない

カードローンやクレジットカード、また、スマホの分割払いなど、後払い商品などを利用すれば、信用情報に利用履歴が残されていきます。この信用情報を見れば、今までどのようなカードローンやクレジットカードを使ってきたのか、また、過去の返済状況を確認できるんですよね。

このため、過去に支払いや返済の滞納などを起こしてしまっている場合は申し込み時に注意しておく必要があります。

カードローンの申し込み書類にミスがない

最も初歩的なことですが、カードローンへの申請時に、絶対記入ミスがないようにしておきましょう。入力漏れや明らかな記入間違いであれば、申し込み先の金融業者から指摘があると思いますが、うっかり年収などの項目を間違えてしまうと「年収の詐称かもしれない」と見られてしまい、審査に落とされる可能性も考えられます。

最近ではスマホやパソコンからの申し込みが主流となっていますが、カードローン申し込み時の文字入力にミスがないように、気をつけるようにしましょう。

カードローンの審査に通らなかった… 考えられる理由とは?

少額融資のカードローン審査は、そこまで難易度が高くありませんが、審査に落とされてしまう可能性もあります。「カードローンの審査に通過できなかった…」という人は、これから解説していく項目に心当たりがないかチェックしていきましょう。

  • 20歳以上の年齢に達しているか
  • 一定額以上の年収があるか
  • 過去に利用していたカードローンは解約済みか
  • 年収の3分の1までの限度額を希望しているか

20歳以上の年齢に達しているか

一部の学生カードローンを除き、ほぼ全てのカードローンは20歳以上を申し込み対象としています。そもそも20歳を超えていなければカードローンの審査に通過できないんですよね。

また、20歳未満へカードローンを提供していないのは、未成年者は未成年者保護法という法律により守られているためです。この未成年者保護法の影響により、未成年者に貸し付けても金融業者が貸付金を回収できない恐れがある、というのが最も大きな理由でしょう。

未成年者は20歳を超えてからカードローンへ申し込もう

このように20歳未満の人はカードローンを利用できないため、必ず20歳を超えてからカードローンへ申し込むようにして下さいね。

一定額以上の年収があるか

銀行カードローンや消費者金融カードは、「申し込み者の年収」が設定されていない場合がほとんどですが、おおよその目安と考えられるボーダーラインがあります。

カードローンの区分 年収の目安(審査通過のボーダーライン)
銀行カードローン 200万円〜300万円以上
消費者金融カードローン 150万円〜200万円以上

あくまでも参考値にはなるのですが、このように銀行カードローンは消費者金融よりも高い年収が必要となります。ただし、安定した収入があればアルバイトやパートの人も審査通過を目指せるため、そこまで審査難易度が高いわけではないので安心して下さいね。

過去に利用していたカードローンは解約済みか

過去に利用していたカードローンは解約済みか

また、過去にカードローンを利用していたという人は、カードローンの解約手続きを行ったかどうかチェックしておきましょう。カードローンとの契約が完了すれば、カードローンの限度額が「与信枠」として見られてしまいます。

つまり、過去に限度額100万円でカードローン契約しているという人は、既に与信枠100万円があると見られてしまい、たとえキャッシングしていなかったとしても「借りている」として判断されてしまうのです。もちろん他社で大きな与信枠を持っている場合、多重債務として見られてしまうため、新規でのカードローン審査に通過しにくくなるんですよね。

使っていないカードローンは解約しておく

このため、利用していないカードローンは、必ず解約しておくようにして下さいね。

年収の3分の1までの限度額を希望しているか

年収の3分の1までの貸付に制限されるのは、消費者金融に影響する貸金業法です。しかし、最近では銀行カードローン利用者の自己破産者の増加の問題から、年収の3分の1程度の限度額に自粛する銀行カードローンも増えてきたんです。

年収の3分の1未満の限度額に抑えておく

このため、カードローンへの申し込み時には高額な限度額を希望するのではなく、必要最低限のお金の限度額を希望するようにしましょう。

審査に通りやすい消費者金融カードローンは便利に使える!?

カードローンには銀行が提供しているカードローンと、消費者金融が提供しているカードローンがありました。また、消費者金融カードローンの方が金利が高いというデメリットがありますが、審査難易度が緩やかで非常に使いやすいサービスも多くあるんです。消費者金融カードローンの便利なポイントについて、少し確認して見ましょう。

  • 即日キャッシングが可能!
  • 30日間の無利息期間がある
  • ウェブ完結のサービスも使える!

即日キャッシングが可能!

消費者金融の大きな特徴として、即日キャッシングが利用できることが挙げられます。ほとんどの消費者金融では申し込み当日にキャッシングが可能なんですよね。ただし、銀行振り込みでの即日融資では平日の14時ごろまで、自動契約機の手続きでは毎日9時〜21時ごろまでに手続きが必須です。

30日間の無利息期間がある

また、消費者金融には30日間の無利息期間が設けられています。この30日間無利息期間とはカードローン契約から30日間は無利息でキャッシングできるサービスのこと。この無利息期間中に借りたお金を完済すれば、利息0円で借りたお金だけの返済でOKなので、非常に便利にキャッシングできます。

ウェブ完結のサービスも使える!

多くの消費者金融では、ウェブだけで手続き〜キャッシングが完了する「ウェブ完結」のサービスなども充実しています。ウェブ完結を利用すれば誰にも会わずにキャッシングまで行えるので、第三者にバレたくない!という人におすすめのカードローン利用方法なんです。

カードローン審査は誰でも通りやすい!

この記事では、カードローンの審査に通るための方法や、カードローン審査に通りやすい金融業者について詳しく解説してきました。カードローン審査の難易度は比較的緩やかなので、いくつかのポイントさえ抑えておけば、簡単に審査通過を目指せるんでしたよね。

カードローン審査に通過させるためのポイント

さいごにおさらいとして、カードローン審査に通過させるためにチェックしておきたいポイントをもう一度確認しておきましょう。

カードローンの審査に通るために!

  • 安定した収入が必須
  • 多重申し込みをしない
  • 多重債務者ではない
  • 信用情報に注意
  • 申し込み書類にミスがない

上記にまとめた項目を抑えておけば、カードローンの審査に通りやすいため申し込み前には自分自信の状況に当てはめて、確認してみましょう。

消費者金融カードローンなら様々なサービスも使える

消費者金融カードローンなら様々なサービスも使える

また、銀行カードローンに比べて消費者金融カードローンは金利が数パーセント高いんですが、審査難易度が緩やかで、様々なサービスも利用できるんでしたよね。消費者金融では最短即日融資が可能で、すぐにお金を借りたい!という人はとても便利に利用できます。

また、無利息期間も用意されているので、短期間だけのキャッシングの場合は利息0円でお金を借りられる可能性もあります。カードローンは資金不足の時にとても便利に使えるので、ぜひこの記事を参考にしながら申し込みを検討してみるようにして下さいね。

すぐにお金を借りたい!
イチオシ!消費者金融カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP