カードローンの持ち過ぎにも注意!他のローン審査に影響を及ぼすことも!?

859view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

カード複数持ち

総量規制のルールが適用されない銀行系カードローンの場合、必要以上の極度額を設定されてしまうことがあります。

住宅ローンなどの審査では、実際の借り入れ実態がなくても、極度額分だけ借金をしているとみなされるため、審査に不利に働くこともあります。

カードローンの持ち過ぎによる意外なデメリットとは?

あればあるだけ不利になる!?カードローン利用は必要最小限に止めましょう

カードローンでも、消費者金融などの貸金業者から借りる場合は、総量規制の効果もあり借り過ぎたりすることもありませんし、カードローンを無駄に多く持ち過ぎてしまう心配はありません。

ところが、銀行系カードローンの場合は総量規制が適用されませんから、実質的にはいくらでもカードローンを持つことができます。

もしカードローンを作りすぎてしまったらどうなるの?

現実的に考えれば、例え総量規制の影響を受けない銀行系カードローンであっても、際限なく持てるわけではありません。このあたりは皆さんも良くご存知ですよね。

ここで取り上げたいのはカードローンの極度額と限度額の問題です。実は、1円たりとも借り入れをしていなくても、カードローンを持っているというだけで住宅ローンなどの借り入れに不利に働くことがあるのです。

カードローンの極度額と限度額

カードローンでは、「極度額」と「限度額」という言葉がよく用いられます。極度額というのは、そのカードローンで借りることのできる最大値のこと、限度額というのは審査の結果によって実際に与えられた金額のことです。

カードローンに申し込むと、審査に応じて申込者ごとに合った極度額と限度額が設定されます。例えば、「極度額50万円・限度額30万円」という具合です。

今現在借りられるのが「限度額」・将来的に増額できる最大値が「極度額」

「極度額50万円・限度額30万円」という例で見てみますと、現段階で借りられるのが30万円までで、「その利用実績によって将来的には50万円までの増額がOKですよ」というのが極度額となります。

好例なのが専業主婦の場合です。銀行系カードローンでは、「専業主婦50万円まで!(新規申込時は30万円を限度にお借入いただけます)」というような説明書きがされていることがあります。これが極度額と限度額ということになるわけですね。

住宅ローンや不動産融資の審査はカードローンの極度額が影響します!

例え借入¥0でも実際に借りているという判断をされます

ローン先にも触れましたが、実はカードローンの利用は思わぬ所にデメリットを及ぼすことがあります。それが住宅ローンやアパートローンなどです。

これらのローンの審査では、返済比率というものが重要視されるわけですが、カードローンを持っているだけで、この返済比率に影響してしまうのです。

ローン返済比率ってなに?どのように割り出されるの?

ローン返済比率と聞くと、どことなく難しい印象を抱いてしまうかもしれませんが、計算自体はとても単純です。

年間に返済しなければならない総額を年収で割るだけでローン返済比率が導き出されます。割り出された数字が低ければ低いほど審査の通過率も上がると言うわけですね。

実際の借り入れ実態がなくてもカードローンの極度額が組み込まれます

ここで問題なのは、1円たりとも借入をしてないカードローンであっても、極度額の分だけ年間の返済総額に含まれてしまうということです。

仮に、極度額50万円・限度額30万円のカードローンと極度額100万円・限度額50万円のカードローンを持っているとすれば、限度額に関わらず、「極度額の合計である150万円を借り入れしている」という判断がされてしまうのです。

実際に借りていないのになぜ借りていると判断されるのか?

実際に、1円たりとも借り入れをしていないのであれば、一般的には無借金ということになりますが、住宅ローンなどの審査では、「カードローンを持っている=いつでも借金できる=借金しているのと同義」とみなされてしまうのです。

利用する側としてはとても理不尽に感じるかもしれませんが、確実な返済能力を図るという意味ではとても重要な要素となってしまうわけです。持っているカードローンの極度額が大きければ大きいほど、ローン返済比率を跳ね上げてしまう原因になります。

カードローンを作った時点で借金を抱えているという自覚が必要

カードローンに申し込む場合、審査に通過した時点ですでに極度額分の借金を背負っていると自覚しておいた方が間違いありませんし、今後住宅ローンなどの利用を検討してるなら尚更意識しておきたいことです。

滅多にあることではありませんが、「最大1,000万円」と「最大800万円」のカードローンに申し込んで2つとも審査通過。その上で最大貸付額である1,000万円と800万円が極度額に設定されたと仮定しましょう。

少々大袈裟な仮定ではありますが、この場合は借り入れの有無に関わらず1,800万円の借金を背負っていいるのと同義とみなされてしまうのですから、住宅ローン審査に与える影響も計り知れません。

カードローンの利用は”必要最小限”が原則!

無駄な借り入れや申し込みは極力避けましょう!

カードローンの利用は、「必要なときに必要なだけを借りる」というのが大原則です。これは別に法律で決められているわけでもありませんが、無駄な借り入れによって結果的に得をするというケースは稀です。

収入も高く、多額の借り入れをしても返済に十分な余裕があるというのであればともかく、返済だけで首が回らなくなってしまえばお金を借りた意味すらなくなってしまいます。

将来設計という意味でも無駄な借金は厳禁です

例え、限度額が50万円あるからといっても、それをすべて借りなければならないわけでもありませんし、1万円だけが必要ならそれだけを借りておき、返済が終わったら速やかに解約するという使い方が一番かもしれませんね。

枠に余裕があればあっただけそれに甘えてしまうのが人というものかもしれませんが、返済能力を無視した借り入れはさすがにおすすめできません。ヘタをすれば自転車操業に陥ってしまい、返済のためだけに働かなければならなくなります。それでは将来設計どころではありませんよね。

あればあったで便利なカードローン!借りたら借りたで損をするのもカードローンです!

カードローンの存在は、急な出費や万が一のときにはとても助かるもの。それはそれで大きなメリット以外の何物でもありません。しかし、便利さに甘え過ぎると、それは結果的に損を招くことになります。

ましてや、今後住宅ローンなどの利用を考えているのであれば、なるべく借り過ぎやローンカードの持ち過ぎには気を配る必要があるでしょう。今必要でないのであれば、すべて解約してしまうのがおすすめです。

解約してしまったからといってカードローンを作れなくなることもありません

カードローン利用者の中には、「解約してしまったらそのカードローンは二度と申し込めないのでは?」と考えてしまう人もいますが、そんなことはありません。それよりも、カードローン会社の方から強制解約させられる方が、社内ブラックとなる恐れもあるので危険です。

今は使わないのであれば一旦解約し、必要な時が来たらまた新たに申し込むという方が遥かに安全な利用方法です。

借入の審査が不安?
とにかく速くお金が必要なら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP