カードローン審査はショッピング枠の影響を受ける?

4view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

pixta_35339758_M

カードローンへの申し込みを検討している方の中には、「クレジットカードのショッピング枠を利用しているけれど、カードローンの審査に影響が出るかを知りたい」という方も多いでしょう。

そこで本記事では、
カードローン審査とクレジットカードのショッピング枠との関係
カードローン審査に影響する他社借入
クレジットカードのキャッシング枠がカードローン審査に与える影響

などについて、詳しく解説します。

ぜひ本記事を参考にしながらカードローン審査に通過させて、資金不足のピンチを乗り越えてください。

ショッピング枠がカードローン審査に与える影響

クレジットカードのショッピング枠(=ショッピングローン)を利用している場合、カードローンの審査に影響するのでしょうか?

ショッピング枠の利用はカードローンの審査に原則影響しない!

クレジットカードのショッピング枠を利用していても、原則カードローン審査に影響しません。ショッピング枠の利用がカードローン審査に影響しない理由を詳しく解説します。

他社借入額にショッピングローンは含まれない

card_reader_swipe_woman

消費者金融のカードローンには「貸金業法」という法律が適用されます。 また、この貸金業法の中には総量規制という法律があり、「貸金業者の利用者に対する貸付の上限額(※)」が設けられています。

※総量規制による貸付の上限額…他社借入を含む申込者の年収の3分の1以下

しかし、クレジットカードのショッピング枠は貸金業法が適用されないため、「総量規制が定めている他社借入」に含まれません。

このため、カードローンのショッピング枠の利用はカードローン審査に影響しないと判断できます。

ショッピングリボ払いはカードローン審査に影響する?

クレジットカードのショッピング枠の支払いは、「一回払い」の他に、割賦販売法が適用される「ショッピングリボ払い」の返済方法があります。

クレジットカードのショッピングリボ払いも貸金業法の適用外となるため、基本的には「カードローンの審査に影響しない」と考えて問題ありません。

利用先カードローンの金融業者によって審査に影響する場合も

ただし、カードローン会社によっては申し込み時に「ショッピングリボ払いの残高」などを問われるケースもあります。

このようなカードローン会社の場合は、「ショッピング枠の利用」を審査の対象にしている可能性があります。カードローン申し込み時に「キャッシング枠の利用についての質問」があるカードローン会社へ申し込む場合は、クレジットカードのキャッシング額に注意しておきましょう。

ショッピング枠の滞納はカードローン審査が不利になる!

ショッピング枠の利用はカードローン審査にほぼ影響しませんが、ショッピング枠の支払いを滞納したり、クレジットカードの強制解約が行われた場合、カードローン審査が不利になります。

ショッピング枠の滞納がカードローン審査に与える影響

money_kinketsu_man

クレジットカードのショッピング枠を利用した後は、必ず利用代金を支払わなければいけません。もしクレジットカードの支払いを滞納すると、信用情報に「滞納の履歴」が残されます。

信用情報に滞納履歴がある方は、「返済能力が低い人」として判断されてしまうため、カードローンの審査が不利になるので注意してください。

※なお、1ヶ月以内の滞納を2〜3年間で1度だけ起こした場合、「うっかり支払いを忘れただけでは?」と判断されやすく、カードローン審査に影響が出ない場合も多いです。

クレジットカードの強制解約はカードローン審査に絶対落ちる!?

クレジットカードを強制解約されてしまったという方は、大きな金融事故を起こしてしまって信用情報が「ブラック」になっていると考えられます。

ショッピング枠を長期間(=61日以上または3ヶ月以上)未納した等が原因でクレジットカードを強制解約された場合、5年間は信用情報にブラック履歴が残り、この期間内はカードローン審査に通過できません

また、信用情報がブラックになると、数年間カードローンなどのローン商品全般、クレジットカード、スマホの分割払いなども利用できなくなるので「滞納や未納」にはくれぐれも気をつけてください。

カードローン審査に影響する利用中のローンなどの他社借入とは?

ここで、カードローンの申し込み時に申請が必要となる「利用中の他社借入」について紹介します。

消費者金融カードローンで「他社借入」の対象となるローン・ならないローン
他社借入となるか 他社借入の対象 他社借入の対象外
ローンの種類 ・カードローン
・クレジットカードのキャッシング枠
・クレジットカードのショッピング枠
・銀行の住宅ローン
・マイカーローン
・ブライダルローン
・フリーローン
・家族や友人からの借金など

カードローンやクレジットカードの現金借入は審査に影響するので注意!

主にカードローンの申し込み時の審査で他社借入として影響を受けるのは、「消費者金融などのカードローン」と「クレジットカードのキャッシングローン」です。

これらの「現金を借りるローンサービス」は貸金業法が適用されるため、新規カードローンへの申し込み時に「他社借入」としてみられます。

クレジットカードのキャッシング枠の利用に注意する

クレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠内に設定される「現金を借りられるサービス」です。しかし、キャッシング枠はショッピング枠とは異なり、「貸金業法の法律が適用されている(=総量規制の対象になる)」ので注意が必要です。

総量規制に近い額をキャッシングしていると審査通過は困難

すでに他社カードローンやクレジットカードのキャッシングで総量規制(申し込み者の年収3分の1)に近い金額を借りている方は、カードローン審査に落とされる可能性が非常に高いです。

現在カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用している方は、キャッシングを完済した上でカードローンへ申し込むようにしてください。

銀行カードローン申し込み時にカードローン利用の申請は必要?

銀行カードローンには「総量規制」が適用されません。銀行カードローンには「銀行法」という別の法律が適用されているためです。

総量規制の対象外となる銀行カードローンへの申し込み時には「他社(消費者金融)カードローンの利用を伝えなくてもOKなのでは…?」と考える方もいるでしょう。

銀行カードローンも総量規制の範囲内の貸付となる?

job_ginkou_uketsuke

しかし、近年「銀行カードローン利用者の多重債務などの問題」などから、銀行はカードローンの貸付額を自主規制(※)している傾向があるので注意が必要です。

※銀行カードローンの貸付限度額は、消費者金融と同じく総量規制の範囲内である「年収3分の1」が目安です。

銀行カードローンも他社借入額の申請が必要

このため、銀行カードローンへの申し込み時にも「消費者金融カードローンやキャッシング枠の借入額」に関して、銀行へ申請する必要があると考えておきましょう。

キャッシングローン以外でカードローン審査に影響があるものは?

ここで、カードローンやクレジットカードのキャッシングローン以外で「カードローン審査に影響がある」ものについて、簡単に解説しておきます。

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠を利用していない方でも、以下のポイントには注意しておきましょう。

カードローン審査で重視される項目とは?

  • 安定した収入
  • 家族構成
  • 住まい
  • 過去のカードローンなどの利用履歴(=信用情報)

安定した収入

カードローンの審査通過を目指すためには、「安定した収入」が必要です。カードローンでお金を借りた後には毎月一定額を返済していくため、長期的な安定収入が無い方はカードローン審査に通過できません。

アルバイトやパート、派遣社員も「安定した収入」を認められる

ただし、安定した収入があれば高い年収は不要です。アルバイトやパート、派遣社員などの方でも「長期的な収入」があれば安定した収入として認めてもらえるため、正社員以外の雇用形態の方でもカードローンの審査通過を目指しやすいです。

家族構成

他社からのキャッシング額以外に「家族構成」の項目も審査の対象になります。

独身 > 既婚(子供なし) > 既婚(子供あり)

odekake

の順で審査が不利になる傾向があります。これは、独身の方に比べて既婚者や子供がいる家庭は「自由に使えるお金(=返済に充てられるお金)が少ない」傾向があるためです。

※ただし、安定した収入があればカードローンの審査に通過できるため、お金を借りたい方は一度カードローンへの申し込みを検討してみましょう。

住まい

他社借入件数ほど重視されませんが、「住まい」の項目もカードローン審査の対象です。

持ち家 > 社宅 > 借家や賃貸マンション > アパート > 公営団地

の順で審査が不利になる傾向があります。社宅が住まいの審査で有利になる理由として、「家賃が不要なため余裕金がある」、「社宅=正社員として勤務している」と判断されるためです。

過去のカードローンなどの利用履歴(=信用情報)

キャッシングローンなどの他社借入と同様に審査で重視されるのが、この「信用情報」と呼ばれている個人のカードローンやクレジットカードなどの利用履歴です。

クレジットカードやカードローンなどの金融商品を利用すると、信用情報に「利用履歴」が残されていきます。

信用情報に傷があると審査に落とされる危険性大!

毎月しっかりと返済を続けている方は、信用情報に返済の履歴が残り、「良い信用情報」となります。

一方、カードローンやクレジットカードの返済が遅れてしまうと、「滞納」や「未納」履歴が残り「信用情報に傷」がつきます。

信用情報に傷があるとカードローン(やクレジットカード)の審査が不利になり、審査に落とされる可能性が高まるため、現在クレジットカードなどを利用している方は絶対に滞納しないように注意してください。

他社借入とローン審査に関するよくある質問

さいごに、他社借入とローン審査に関するよくある質問について解説します。

他社借入とローン審査のよくある質問Q&A

  • 車のローンは他社からの借り入れに含まれる?
  • ショッピングリボの利用は住宅ローン審査に影響がある?
  • ショッピングローンは総量規制の対象外?
  • カードローンの利用はクレジットカード審査に影響する?

車のローンは他社からの借り入れに含まれる?

本記事ですでに解説しましたが、「車のローン」は総量規制の対象外となるため、他社借入に含みません。

車のローンを利用している方も「安定収入」があれば、十分にカードローンの審査通過を目指せるでしょう。

ショッピングリボの利用は住宅ローン審査に影響がある?

house_omoi_loan

現在、ショッピングリボ払いを行なっている方は、住宅ローンの審査が不利になる可能性があるので注意が必要です。

住宅ローンは「返済比率」という考え方が審査に反映されます。返済比率とは、年収に対しての返済額の割合を指し、住宅ローンの返済比率の目安(=審査通過の目安)は「30%〜35%」ほどと言われています。

ショッピングリボを利用している方は、毎月のショッピングリボの返済で「返済比率」を高めてしまうため、住宅ローンの審査に影響する可能性があります。

カードローンの利用も住宅ローン審査に影響あり

また、リボ払いであるカードローンの利用もショッピングリボと同じように「返済比率」を高めてしまうため、住宅ローン審査が不利になる恐れがあります。

住宅ローンなどの高額なローンを利用する前には、リボ払いやカードローンなどの借金を清算してから申し込むようにしましょう。

ショッピングローンは総量規制の対象外?

カードローンのショッピングローンは貸金業法・総量規制の対象外となるため、ショッピングローンを利用していてもカードローン審査が不利にはなりません。

ただし、ショッピングローンには割賦販売法が適用されていて、「ショッピングローン(クレジットカード)独自の限度額」が設定されています。

割賦販売法による「支払可能見込額」とは?

クレジットカードを作る際や、個別クレジットを利用する際の審査にあたり、「支払可能見込額」を算定することが割賦販売法により義務付けられており(平成22年12月の改正法施行から)、この「支払可能見込額」を超えるクレジット契約は原則としてできません。

「支払可能見込額」とは、利用者の年収から生活を維持するために必要な支出や債務などを除き、利用者が無理なくクレジット代金として1年間に支払うことが出来る金額であり、以下の計算式によって求めます。

支払可能見込額 = 年収 − 生活維持費 − クレジット債務

出典:知っておこう!クレジットの申込時の法律チェックポイント|一般社団法 日本クレジット協会

クレジットカードのショッピングローン(ショッピング枠)は、上の通り「支払可能見込額」を超える限度額で契約できない点に注意してください。

カードローンの利用はクレジットカード審査に影響する?

カードローンの利用は、クレジットカード審査に影響があります。これは前項で解説した割賦販売法の「支払可能見込額」が影響するためです。

例えば年収300万円の方で、年間の生活維持費を250万円、カードローンの返済が年間で30万円ある方の場合、

300万円(年収) – 250万円(生活維持費) – 30万円(クレジット債務) = 20万円(支払可能見込額)

となり、20万円を超えるクレジット契約はできません。このようにカードローンの利用もクレジットカード審査に影響があるため、現在カードローン利用中の方は自分の「支払可能見込額」について把握しておくようにしましょう。

クレジットカードのショッピング枠はカードローン審査にほぼ影響なし!

本記事では、 「カードローン審査とクレジットカードのショッピング枠との関係」「カードローン審査に影響する他社借入」「クレジットカードのキャッシング枠がカードローン審査に与える影響」などについて、詳しく解説してきました。

カードローンは安定した収入&毎月の余裕金があれば利用しやすい

  • ショッピングローンはカードローン審査に影響なし!
  • ショッピングリボも「割賦販売法」のため貸金業法の適用外
  • 銀行カードローンに中には「他社のクレジット債務」をチェックされるケースも
  • 他社借入とは主に「カードローン」と「クレジットカードのキャッシング枠」のこと
  • カードローン審査通過のための「ポイント」を抑えておく
  • 車のローンは他社借入に含まない
  • ショッピングリボは住宅ローン審査に影響がある可能性あり
  • クレジットカードは割賦販売法の「支払可能見込額」に注意!

カードローンの審査には、原則クレジットカードの利用は影響しません。このため、安定した収入がある方であれば、クレジットカードのショッピング枠(ショッピングリボ)を利用していても、カードローン審査に十分通過できる可能性があります。

ただし、クレジットカードのキャッシング枠は「貸金業法」が適用されるため、カードローンの審査に影響が出てしまう点に注意しておきましょう。

審査がスピーディ!
早く借りられる人気カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP