カードローンの審査に過去の返済遅延は影響する?

48view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

返済期限

カードローンの申込者が返済期日をしっかり守るのかどうか、ということは融資するかどうかを判断する重要な要素の一つです。では、もし過去に返済を遅延していた場合、融資を受けることはできないのでしょうか?

今回は、過去の返済遅延が審査に影響するかどうかについて解説していきます。

クレジットカードなどの返済遅延はカードローン審査に影響する

結論からいうと、過去のクレジットカードやローンなどの返済遅延は、カードローンの審査に大きく影響します。

申込みをする人によって、さまざまな状況があるかと思いますが、一度でも返済に遅れてしまったことがある場合、審査に通過できない可能性があります。カードローンの申込みだけでなく、クレジットカードの申込みや新たにローンを組むこともできないかもしれません。

では、返済遅延が審査にどのように影響を及ぼすのか、詳しく解説していきましょう。

審査結果の連絡が遅い場合は遅延が影響している可能性も

融資の申込みをしてから審査結果の連絡が遅い場合、過去の返済遅延が原因で審査が長引いている可能性があります。

カードローンの審査では、申込者の現在の状況や返済能力について念入りに調査が行われます。勤務先や現在の年収を鑑みて、融資に問題がなかったとしても、過去に返済の遅延があった場合、融資の是非については慎重に判断せざるを得なくなってしまいます。

消費者金融系や信販系のカードローンのように、法律により総量規制が適用されるケース以外は、各社さまざまな審査基準を設けています。申込者の返済遅延の経歴が融資の是非を判断するボーダーライン上にあった時は、無論時間が掛かってしまうでしょう。

そのため、過去に返済遅延があった場合、審査時間に長い時間を要することもあるということを理解しておいたほうがいいかもしれません。

返済遅れがあっても審査に通過することもある

ただし、過去に返済遅延があったとしても審査に通過できるケースもあります。

先述したように、審査基準は会社によってさまざまです。つまり、過去に返済遅延の経歴があったとして、それをどのように判断するのかは、各社の規定や基準によって異なるということになります。

そのため、カードローン会社によっては、申込者に返済遅延があったとしても、審査を通過させ融資を行う可能性があるということになります。

どんな遅延がどれだけ影響するかはわからない

返済遅延は審査に影響することは間違いありませんが、カードローン各社の審査基準がさまざまである以上、どれほどの遅延が、どれくらいの影響を及ぼすかはについて、はっきりわからないと言わざるを得ません。

申込者の年齢や安定収入の有無など以外に、審査基準を明らかにしているカードローン会社は存在しないからです。

ただ一つ言えることは、悪い影響はあっても、良い影響は全くないということだけです。そのため、きっちり返済をして信用を積み上げておくことが大切です。

信用情報に記録されるほどの遅延かどうかが分岐点

カードローンの審査が行われるときにチェックされるのが、申込者の信用情報です。そして、返済遅延があった場合、信用情報に記載されるほどの遅延かどうかということが、審査の通過できるかどうかの一つの目安になります。

例えば返済遅延の場合、返済日に間に合わず、1日後に遅延損害金も含めて返済をした場合、融資した側からすれば、損害を与えられているわけではありません。

このように、たとえ返済が遅れてしまっても、きっちり対応している場合、信用情報に記録を残すような問題にしない会社もあります。

つまり、申込者の過去の返済遅延が、事故情報として登録される程度の遅延かどうかによって、信用情報上でのあなたの状況は全く違うものになる可能性があるということです。

返済遅延は信用情報に記録が残る

ここからは返済遅延と信用情報の関係について解説していきたいと思います。

返済遅延は信用情報に登録されるということは、説明した通りですが、どのような場合に、どのようなタイミングで登録されるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

記録される期間は半年程度といわれている

過去に発生した返済遅延は、基本的に信用情報に登録されることになります。

一般的に、登録された返済遅延の記録については、半年程度は残ることになるといわれています。そのため、最後に遅延を起こしてから半年間は、カードローンの審査は通らない可能性が高くなると、理解しておいたほうがいいでしょう。もちろん、クレジットカードの申込みも難しくなります。

返済遅延の他に、信用情報に記載されるマイナス要因とされるのが事故情報です。事故情報が登録されていることで、カードローンの審査に通過することが難しくなってしまいます。事故情報の対象となるのは、以下の通りです。

  • 任意整理や自己破産などの債務整理
  • 強制解約

これらの記録は、原則として5年程度は登録され続けることになります。その間は、新たにカードローンを利用することは不可能になります。

いずれの場合も、信用情報の開示手続きを行えば確認することができますので、返済遅延などがあった場合は、融資の申込みの前に情報を確かめておくのがいいかもしれません。

記録される程度やタイミングは業者によって異なる

返済遅延が信用情報に登録される程度やタイミングは、カードローン会社によって異なります。

例えば、軽微な遅延なら3回までは記録に残さないような会社もあれば、たった1回数分遅れただけでも信用情報に登録するケースもあるのです。

審査基準同様に、信用情報への記録についても各社でバラつきがあるため、どれくらいの返済遅延なら、何回までは登録されない、ということは実際には知ることはできません。

いずれにしろ悪い影響しかありませんので、当たり前ですが返済遅延はしないようにすることが大切です。

遅延記録が原因でキャッシングやローンが利用できなくなる

遅延記録が信用情報に登録されている場合、キャッシングやローンを利用することができなくなる可能性が高くなります。

特に、悪質な遅延により、カードローン会社に損害を与えてしまったり、自身の信用を著しく損ねてしまったりしている場合は、間違いなくキャッシングもローンも利用できません。

無理がない借入と、計画的な返済について考えていない場合、返済が完了した後でも苦しむことになってしまうので、十分に注意しなければなりません。

遅延が記録されるのは信用情報だけではない!?

返済遅延が記録されるのは、信用情報上だけではありません。利用したカードローン会社の社内情報として記録されることもあります。

個人の信用情報に返済遅延や事故情報が登録されてしまうことを「ブラックリストに載る」と言います。これに対し、社内で遅延情報が共有されることを「社内ブラック」、関連会社全体で共有されることを「グループブラック」と呼んでいます。

例え、信用情報に返済遅延が登録されていなくても、申込みをした会社内で返済遅延の経歴が残されている場合、審査に大きく影響することは避けられません。

返済が遅延しそうな場合の対処法

返済遅延をしないに越したことはありませんが、事情によりどうしても期日までに返済ができない場合もあると思います。

そのような状況で、返済せずに放置をすることが一番やってはいけないことです。返済が遅れそうなときは、しかるべき対応を取る必要があるのです。

ここからは、返済が遅れてしまいそうなときの対処法について紹介していきます。

延滞放置はNG!必ず事前連絡を

期日までの返済が難しく、遅延してしまいそうな状況に陥ってしまった時は、借入をしている会社に必ず事前連絡を入れるようにしましょう。

連絡をしたからと言って、返済できない状況は何も変わらないじゃないか!と考える人もいるかもしれませんが、実はそうではありません。

事前連絡をすることで、以下のようなメリットがあるのです。

  • 返済遅延が記録されない
  • 利息だけ返済すればよくなる

どういうことなのか、詳しく見ていきましょう。

返済遅延について記録されないことが多い

遅延が発生しそうな状況で、事前に連絡をしておけば、返済遅延について信用情報や内部情報に記録されないことが多いです。

先ほど説明した通り、返済遅延や延滞が発生しそうなときに、一番良くないのは放置することです。放置してしまっては、会社側も返済がないこと以外の情報を把握できませんし、印象も悪くなってしまいます。

事前に連絡をしておくことで、現状やその後の返済状況についても把握できるため、会社側としても安心できるわけです。返済が遅れてしまうけれど、筋は通しているわけですので、会社側も返済遅延について記録しないケースが多くなるのです。

会社によっては記録される場合もありますが、事前連絡があれば扱いも良くなる傾向にあります。

利息だけ返済すればよくなるケースがある

事前連絡をしておくことで、その月については利息だけ返済すればよくなるケースがあります。

例えば、元金1万3000円と利息の2000円を合わせて1万5000円の返済が必要だったとしても、利息の2000円だけを払えばいいということになるのです。

この場合、元金は返済できていませんので、返済期間が延びてしまったり、利息が余計にかかってしまったりするというデメリットがあります。しかし、返済に対する負担を減らすことができるうえ、遅延や延滞として扱われないため、メリットのほうが多いといえます。

信用を落とさずに苦しい状況を乗り越えられる可能性が高くなるので、事前に連絡をすることが、いかに重要かが理解できると思います。

連絡をすれば督促の電話もかかってこない

事前に連絡をすることで、返済を迫る督促の電話が掛かってくることもなくなります。

近年は、督促の電話もソフトな言い回しになっていますが、やはり精神的に苦しさを感じてしまう人が多いのではないでしょうか?

苦しい気持ちが少し楽になるというのも、事前連絡のメリットといえるでしょう。

返済遅延を防ぐためのキャッシングは厳禁

返済が遅延しそうになることを防ぐために、さらにキャッシングをすることは絶対にしてはいけません。

そもそも、他社借入の返済を目的とした借入は全てのカードローンで禁止されています。もし、返済を目的としたことを隠して借入を行った場合、虚偽申告とみなされるため債務整理が必要になった時に、非常に不利になるのです。

また、返済のためにキャッシングを重ねることは、借入の総額や件数が増えるだけで多重債務者への道をまっすぐ進むことになります。

法律的にも数学的にも、返済のためのキャッシングは危険であるということをしっかり理解しておきましょう。

返済遅延の他にも審査に影響することはある

カードローンの審査に影響するのは、返済遅延だけではありません。その他にも、審査が長引いたり、審査に通過できなかったりするなど、審査に大きく影響するさまざまな要因があります。

具体的にどのような事柄が審査に影響を及ぼすのか、解説していきましょう。

申込情報の不備がある場合

カードローンを申込む際に記入した情報に、何らかの不備がある場合は審査に影響を及ぼします。

申込み情報の不備は、ただし情報を確認したり、訂正したりする必要があるため、審査をストップさせてしまうのです。

また、自身の連絡先を誤って記載した場合、本人確認ができなくなりますし、勤務先の連絡先に不備があった場合は、在籍確認が取れなくなり、最悪の場合、審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

申込み情報の不備は気を付ければ防ぐことができます。審査に影響させないためにも、十分に気を付けて入力することが重要です。

申込ブラックには注意

審査結果が芳しくなかったからという理由で、短期間にたくさんのカードローンに申込みをすると審査に大きく影響します。

一般的に3ヶ月以内に5件以上のカードローンに申込みをすると、カードローン会社側はお金に困ってたくさん借入をしようとしていると判断されてしまうのです。この状態を申込ブラックと呼びます。

申込ブラックになってしまうと、返済遅延などほかの要因がなかったとしても、審査に通りにくくなってしまうため注意が必要です。

過去にカードローンへまとめて申込みをしてから、半年間は審査に影響しますので、少し期間を空けて改めて申込みをするようにしましょう。

借入希望額が高すぎる場合

希望する借入額が高すぎる場合も、審査に影響する可能性があります。

借入希望額が高額だった場合、カードローン会社は返済能力や貸し倒れのリスクなどを慎重に判断しなければなりません。その分、審査も時間をかけて行われます。

審査に影響を与えないようにするためには、必要最低額の借入を希望することが大切になります。

審査に影響あり!返済遅延しないのがベスト(まとめ)

過去の返済遅延が、審査に影響するかどうかについて解説してきました。

返済遅延はカードローンの審査に間違いなく影響します。どれくらいの遅延がどのような影響を及ぼすかは、一概にいうことはできませんが、良いことは一つもありません。

また、返済遅延は信用情報や社内情報に記録されることがあり、短い場合で半年間、長い場合で5年程度は新たにカードローンを申込むことができなくなる可能性があります。

もし、返済が遅れてしまいそうなときは、カードローン会社に事前に連絡を入れることが大切です。返済遅延の記録を免れたり、利息だけの返済で済んだりするなど、メリットが多くなるからです。

ちなみに審査に影響するのは、返済遅延だけではありません。申込み情報の不備がある場合や借入希望額が高額な場合、申込ブラックの場合も審査に大きく影響しますので、注意が必要です。

そもそも、返済遅延はあってはいけないことです。あなたの信用にも新たな借入にも影響してしまいますので、毎月しっかり返済していくよう心掛けましょう。

とにかく早く借りたい…
審査スピードが早いカードローン2選!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP