カードローン審査が不安な方におすすめの金融業者は?

79view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

26078909_M

カードローン審査に落ちてしまうと「資金調達までに余計な時間」がかかってしまいます。このため、急いでお金を借りたい方は、確実に審査に通過できる、「審査難易度が緩やかなカードローン」へ申し込む必要があります。

そこで本記事では、カードローン審査の難易度や審査通過率の高いカードローンなどを中心に「カードローンの審査が緩やかな、おすすめの金融業者」について、詳しく紹介します。

カードローンの種類によって審査に難易度の違いがある

一般消費者がお金を借りやすいカードローンには「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」があります。これら2種類のカードローンの審査内容を比較してみましょう。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの審査内容の比較
カードローンの種類 銀行カードローン 大手消費者金融カードローン
主な金融業者 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、千葉銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行など アコム、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSA
上限金利(およその平均値) 13.0%〜16.5% 17.8%〜18.0%
アルバイトやパートの利用 一部の銀行カードローンでは「アルバイトやパート」の方の利用が認められている 全ての大手消費者金融カードローンは「アルバイトやパート」の方も利用できる
審査に通過できる年収のボーダーライン(※口コミを参考) 200万円〜250万円以上 100万円〜150万円以上
信用情報の審査 厳しい 厳しい
即日融資 不可
(最短翌営業日以降)
可能
(※混雑状況や申し込み時間などにより翌営業日になる場合もあり)
審査難易度 やや難しい やや緩やか

上にまとめた表のように、「銀行カードローン」は審査難易度がやや高い傾向があり、「消費者金融カードローン」は銀行カードローンよりも審査難易度が緩やかな傾向があります。

審査難易度が緩やかさ=金利の高さと比例する

一般的にカードローンの審査難易度は、金利と比例していると言われています。金融業者が高金利で貸付を行うと、貸し倒れによる赤字のリスクを減らせるためです。

一方で、低金利カードローンであるほど「貸し倒れ=赤字」に直結しやすくなるため、カードローンが低金利なほど「厳しい審査」が行われる傾向があります。

審査通過率を高めるなら高金利のカードローンへの申込みがおすすめ

「カードローンの審査に絶対通過させたい」、「カードローンの審査通過率を少しでも高めたい」という方は、低金利カードローンよりも、「消費者金融」などの高金利カードローンへの申し込みがおすすめです。

※高金利の消費者金融カードローンには様々なサービス(=30日間無利息キャッシング等)が付与されているため、うまく活用することで低金利の銀行カードローンよりおトクにキャッシングできる可能性があります。

信用情報がブラックの場合はカードローン審査に通過できないが…

銀行カードローンや消費者金融カードローンの審査では、申込者の「信用情報」も厳しくチェックされます。

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。

出典:CIC(シーアイシー)公式サイト

※信用情報はCICの他に、JICCや全国銀行協会が管理しています。

black_list

過去にクレジットカードやカードローンなどの返済に遅れた記録(=滞納記録)が残っている場合、信用情報の評価が低くなり、カードローン審査が不利になります。

また、自己破産してしまった場合や61日以上、または3ヶ月以上の滞納をした場合、信用情報に「異動履歴」が残り、ブラック扱いになります。ブラックになれば銀行カードローンや大手消費者金融カードローンの審査に必ず落とされるようになります。

中小消費者金融カードローンはブラックでも審査通過を目指せる

ただし、口コミなどを参考にすると、「信用情報がブラックでも中小消費者金融の審査に通過できて、お金を借りられた」というようなケースもあるようです。

過去に大きな金融事故を起こしてしまい、信用情報がブラックになっているという方は、中小消費者金融へ「ブラック」でもお金を借りられるのかどうか、を確認してみましょう。

成約率が高いカードローンは審査に通りやすい?

銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方が審査難易度が緩やかな傾向がありましたが、消費者金融の中でも「審査に通りやすい」カードローンはあるのでしょうか。

消費者金融カードローンの成約率の高さを比較

いくつかの消費者金融カードローンの成約率について、下記の表で比較してみました。

消費者金融カードローンの成約率
カードローン名 成約率
アコム 46.8%(2017年度下半期)
アイフル 44.9%(2017年度下半期)
レイクALSA 28.9%(2018年度2〜4月期)

比較対象となる期間はカードローン会社によって異なりますが、概ね上記のようなカードローン成約率となっています。アコムやアイフルでは「およそ2人に1人の審査通過率」、レイクALSAでは「3人〜4人に1人の審査通過率」であることが分かります。

成約率が高い=審査難易度が緩やかだと判断できる

成約率が高いカードローンは、成約率が低いカードローンよりも審査難易度が緩やかな傾向にあると判断できます。このため、カードローン審査に確実に通過させたい方は、アコムやプロミスなどの成約率が高いカードローンへ申し込むようにしてください。

消費者金融カードローンの成約率が低い理由は?

pose_anshin_ojisan

また、成約率の表を見て、「2人に1人しかカードローン審査に通過しない。消費者金融は成約率が意外と低い…」と思う方もいるかもしれません。しかし、消費者金融カードローンの成約率が低いのは、無職で収入がない方、自己破産などでブラック履歴がある方など、「そもそもカードローン審査に通過できない」方の申し込みも多く含まれているためです。

消費者金融カードローンは安定した収入があれば審査通過を目指せる

消費者金融カードローンは、サラリーマンなどの正社員ではなくても、長期的な安定収入を見込めるならアルバイトやパートの方でも審査通過を目指せます。このため、ステータスに自信がない方も安心して消費者金融カードローンへ申し込めるでしょう。

アコムは審査が不安な方におすすめしたいカードローン!

ここでは、先ほど解説したカードローンの成約率が高いおすすめの消費者金融、「アコム」のカードローンについて詳しく解説します。

消費者金融アコムのカードローン

アコムのカードローンは、成約率46.8%となっていて、消費者金融カードローンの中でも成約率が高いです。このため、比較的カードローン審査に通過させやすい傾向があると考えられます。

アコムの利用者の4分の1は年収200万円以下

アコムの公式サイトには、アコムのカードローン利用者の25.3%の方が「年収200万円以下」との報告が掲載されています。また、アルバイトやパートの人のカードローン利用について、下記のような記載があります。

アルバイト(パート)でも契約はできますか?

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

出典:よくある質問|アコム公式サイト

アコムのカードローンは年収が多くない、または、雇用形態のステータスが高くないという方でも十分に審査通過を目指せるのは大きなメリットと言えるポイントでしょう。

審査が不安な方はアコムの3秒診断を利用しよう

アコムの公式サイトには誰でも無料で利用できる簡易診断ツールの「3秒診断」が用意されています。このアコムの3秒診断とは、「年齢」「年収」「他社からの借入総額」を入力するだけで、アコムのカードローン審査に通過できる可能性があるかどうか、瞬時に調べられます。

アコムのカードローン審査が不安な方は、申し込み前に必ず公式サイト上の「3秒診断」でチェックしてください。

カードローン審査に通らない理由とは?

カードローンの成約率や審査通過率が高いカードローンへ申し込んでも審査に落ちてしまったという方や、これからカードローンに申し込むけれど絶対審査に落ちたくないという方は、「カードローン審査に通らない理由」をしっかり把握しておきましょう。

カードローン審査に落ちてしまう理由とは?

  • ①カードローン会社が定める条件に満たない
  • ②信用情報に大きな傷がある
  • ③高額な限度額を希望している

カードローン審査に落とされてしまう理由は様々ですが、カードローン審査に落ちる、よくある理由を解説します。

①カードローン会社が定める条件に満たない

money_tokeru_yen

カードローン会社はカードローンを利用する条件は公表していませんが、「カードローン会社が定める条件や基準」に満たなければ、カードローン審査に落とされます。

本記事ですでに解説したように、カードローンの利用には「安定した収入」が必須条件です。このため、無職で収入がないという方や、日雇い労働などで収入が不安定な方などは、「カードローンが定める条件」に満たない(=返済能力がない)ため、カードローン審査に落とされてしまうでしょう。

年収を上げるとカードローン審査に通過しやすくなる

年収が極端に低い方などであれば、カードローン会社から「返済能力」を認めてもらえるように、少しでも年収を上げられるよう努めてください。少しでも年収が高まれば、カードローンの審査に通過させやすくなるでしょう。

②信用情報に大きな傷がある

また、信用情報に残された傷が理由でカードローン審査に落とされてしまうケースもよく見受けられます。

信用情報がブラックになるとカードローン審査に必ず落とされますが、「過去数年間で何度も滞納を繰り返している」という方なども信用情報にネガティブな履歴が多く残されてしまうため、カードローン審査の通過が難しくなるでしょう。

信用情報の履歴が分からない時は情報開示する

過去に滞納を起こしているけれど、その他にも信用情報に悪い履歴が残っているかもしれない、という方は「信用情報の開示」を行いましょう。

3つの信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)では、インターネット、または郵送で、手数料1,000円で簡単に信用情報を開示してくれます。ただし、信用情報は大切な個人情報となるため、原則本人のみへの開示となる点に注意してください。

③高額な限度額を希望している

一定以上の年収があり、信用情報に傷もないけれど、カードローンの審査に通過できない…という方は、希望限度額を高く設定し過ぎている可能性があるかもしれません。

消費者金融カードローンの限度額上限は年収の3分の1

消費者金融のカードローンには、「総量規制」という法律の制限があり、「借入額の上限は年収の3分の1まで」と定められています。

このため、例えば年収300万円の方が150万円の限度額を希望する場合、法律を超える借入金額になるため、カードローン審査に落とされる可能性があります。少しでもカードローン審査通過率を高めるためには、カードローン申し込み時には少額の必要最低限のお金を希望するようにしてください。

カードローンの審査通過を目指すなら「成約率の高さ」の比較もおすすめ!

本記事では、カードローンの審査が不安という方のために「審査基準が緩やかな、おすすめのカードローンの種類」や「カードローン審査に通過させやすいカードローン」などについて詳しく解説してきました。

カードローン審査が不安な方は成約率が高いカードローンへ申し込む

  • 銀行カードローンより消費者金融カードローンの方が審査難易度が緩やか
  • 高金利のカードローンほど審査難易度が緩やかな傾向あり
  • 信用情報がブラックの方は「中小消費者金融」なら審査通過の可能性も
  • 成約率が高い=審査難易度が緩やかと判断できる
  • 消費者金融で成約率が高いのは「アコム」のカードローン!
  • 成約率の高いカードローンに落とされる時は「返済能力」「信用情報」「総量規制」に問題がある可能性あり

カードローンには銀行カードローンと消費者金融カードローンがありますが、審査基準が緩やかなのは「消費者金融カードローン」です。ただし、信用情報に大きなトラブル履歴が残っている方は、銀行や大手消費者金融カードローン審査に落とされる可能性が高い点に注意してください。

カードローン審査が不安という方は、「カードローンの成約率を比較して、審査難易度の緩やかさ」を判断してください。本記事で解説したように「アコム」や「アイフル」は、消費者金融カードローンの中でも成約率が高く、審査に通過させやすいと考えられます。

ぜひ本記事を参考にしながら、「審査基準が緩やか」なカードローンを見つけてキャッシングに成功させてください。

審査が緩やかな人気業者
おすすめ消費者金融カードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP