お金を借りる・借りたい人必見!カードローン審査通過のポイント

92view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

お金を借りる・借りたい人必見!カードローン審査通過のポイント
毎月の生活費や携帯電話やインターネットの通信費など、お金が足りなくて困っている時は、銀行や消費者金融が提供しているカードローンでお金を借りてピンチを乗り切りましょう。初めてカードローンを利用する人は少し不安に思うことがありかもしれません。特に消費者金融は、多重債務の問題やローンの過払いの問題など、ニュースなどで聞いたことがある人もいるでしょう。

しかし、今では貸金業法という利用者を守るための法律が作られているので、過去に比べて上限の金利も下がっています。また、消費者金融も銀行の傘下などに入るなどして、安心して利用できるサービスが増えてきています。もちろん銀行のカードローンであれば、大きな信頼度があるので安心して利用できますよ。

お金を借りる・借りたいならカードローンを利用しよう

金欠の女性はじめに、カードローンについて解説していきます。カードローンとは、銀行や消費者金融で提供されている金融商品です。基本的には「ローンカード」という、ローン専用のカードを使ってお金を借り入れるので、カードローンという名称で一般的に広く認知されています。

しかし、登録先の銀行口座へ直接融資の振り込みを行ってくれる金融業者もたくさんあります。この融資の方法も一般的にカードローンと呼ばれているので、ローンカードでの借り入れだけが「カードローン」ではありません。また、銀行振り込みの場合は、申し込みと同時に振り込まれる「即時振り込み」というスピーディーな融資もあるんです。

カードローンは個人利用者に向けた無担保の融資

カードローンは、無担保で融資を行います。住宅ローンなどとは違って担保が無いため、お金を借りられるまでのスピードも早く、最短即日でお金を借りられるカードローンなどもあります。

カードローンとフリーローンでお金を借りる違いとは?

手軽にお金を借りられるサービスに「カードローン」と「フリーローン」があります。どちらも同じような意味合いと思っている方も多いので、その違いや、利用するメリットを説明していきましょう。

カードローンでお金を借りるメリット

カードローンとは、先ほど説明した無担保融資の金融商品です。まずはカードローンのメリットをまとめたので、確認していきましょう。

カードローンでお金を借りる3つのメリット

  1. 限度額以内であれば、何度でもお金を借りられる
  2. 審査基準が比較的緩やか
  3. 資金使途が決められていない

① 限度額以内であれば、何度でもお金を借りられる

カードローンでの審査が一度通ってしまえば、その限度額内であれば何度でもお金を借りられます。例えば限度額30万円のカードローン審査が通り、初回に20万円借り入れた場合、いつでもあと10万円借り入れできます。また、返済途中に追加借り入れもできるので、急な資金不足に便利に利用できるんです。

② 審査基準が比較的緩やか

フリーローンに比べてカードローンは審査基準が比較的緩やかです。一部の銀行や消費者金融では、収入のない専業主婦へも貸し付けを行っています。

③ 資金使途が決められていない

目的別ローンとは違い、借りたお金の使い道が決められていません。ただし、事業の資金だけには利用できないので、この点だけには注意しておきましょう。

フリーローンでお金を借りるメリット

ではフリーローンはカードローンとどのような違いがあるのでしょうか。利用する時のメリットを確認していきます。

フリーローンでお金を借りる3つのメリット

  1. 金利が比較的低い
  2. 余計な追加借り入れをしなくていい
  3. 資金使途が決められていない

① 金利が比較的低い

カードローンに比べて審査基準が比較的高い分、金利を抑えているフリーローンが多いです。しかし、一度だけの融資のため、追加融資が行えません。追加融資するためには、再度申し込んでフリーローンの審査をもう一度通過しなければなりません。

② 余計な追加借り入れをしなくていい

フリーローンは一度しかお金を借りられないので、カードローンのように追加融資できません。このポイントは、メリットにもデメリットにもなります。カードローンの場合は、何度も借りられるからと言って追加融資を続けていると、常に限度額いっぱいで金利の返済で手が回らなくなる危険性もあります。

しかし、フリーローンの場合は一度だけの借り入れなので、追加融資を行って返済額が増えてしまう恐れはありませんので、安心して利用できます。

③ 資金使途が決められていない

カードローンと同じく、融資されたお金の使い道が決められていません。このため、おまとめローンや借り換えローンとして利用できる可能性もあります。

急なお金が必要な時は、カードローンを利用するのがおすすめ

お金を借りるカードローンとフリーローンの大きな違いは「何度もお金を借りられるか」という点です。限度額以内であれば、何度もお金を借りられるのはカードローンの方でしたね。また、カードローンでは即日融資のサービスを行っていたり、審査基準が緩やかなものが多いため、フリーローンよりも早くスムーズな借り入れを行える場合があります。

ですから、はじめてお金を借りる場合は、カードローンへの申し込むのがおすすめです。一度審査に通過すると、何度も借り入れできる大きなメリットがあるので、急にお金に困った時でもすぐに追加でお金を借りられますよ。

銀行カードローンと消費者金融カードローン、お金を借りやすいのはどっち?

ではカードローンに焦点を当てて、「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の違いをみていきましょう。また、カードローンをはじめて利用者する人に向けて、銀行、消費者金融、どちらが利用しやすいのか確認していきましょう。

銀行カードローンの特徴とは?

銀行カードローンとは、名前の通りに「銀行」が提供しているカードローンです。大手メガバンクなどのカードローンだと、信頼感も大きいので安心して借り入れできるでしょう。

銀行カードローンでお金を借りる|3つの特徴

  1. 低金利で借りられる
  2. 総量規制の対象外
  3. おまとめローンにも利用しやすい

① 低金利で借りられる

銀行カードローン銀行のカードローンは、消費者金融よりも低金利でカードローンを提供している場合が多いです。例えば、消費者金融での金利は上限18%の金利に設定されているものもあり、銀行に比べても高い傾向にあります。

しかし、銀行でお金の借り入れができれば、比較的低金利なので利息もそこまで大きな金額にはなりません。ですから、毎月の返済に悩んでしまうこともないのでしょう。銀行カードローンの低金利はとても大きなメリットですね。

【厳選】低金利カードローン2社

② 総量規制の対象外

また、銀行のカードローンは貸金業者ではないので「総量規制の対象外」となります。総量規制とは、貸金業法内で「利用者の年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはいけない」と定められている法律です。

銀行は総量規制の対象外なので、年収の3分の1以上のお金を借り入れできるます。急に大きなお金が必要となった時など、とても頼りになる存在となるでしょう。

③ おまとめローンにも利用しやすい

先ほどの総量規制の対象外ということから、大きなお金を借りられる銀行カードローンは、「おまとめローン」や「借り換えローン」にも利用しやすくなっています。

銀行では基本的に「おまとめローン」という金融商品を提供していない場合があるのですが、資金使途が決められていないため、他社への返済としても利用できます。複数の借り入れがある人は、金利を下げられて、返済日もまとめられるので「銀行のおまとめローン」を検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融カードローンの特徴とは?

では、消費者金融のカードローンについてみていきましょう。貸金業法が改正されてからは、ほとんどの消費者金融が銀行の傘下に入ったので、以前よりも安心してお金を借りられるようになりました。

消費者金融でお金を借りる|3つの特徴

  1. 審査基準が緩やか
  2. 即日融資を行ってくれる場合も多い
  3. 初回利用時限定の無利息キャンペーンもある

① 審査基準が緩やか

消費者金融カードローン消費者金融カードローンの特徴は、銀行カードローンの審査よりも比較的審査基準が緩やかな傾向があります。これは、フリーターやパート主婦なども十分にお金を借りられる可能性があるということです。

最近では銀行カードローンも「フリーターやパートもOK」というように公式サイトに明記しているサービスも多いのですが、銀行カードローンは比較的審査が厳しくなる傾向にあるので、ある程度のステータスは必要となります。

消費者金融では、もちろん無職の人は絶対に審査否決となるのですが、少しステータスが弱い人でもお金を借りられる確率は高いです。

② 即日融資を行ってくれる場合も多い

大きなメリットとなるのが、この即日融資です。お金は急に必要になることが多いと思います。銀行カードローンでは翌日以降の融資となる場合が多いのですが、消費者金融カードローンは即日融資に対応している場合もたくさんあります。

急にお金が必要になった時は、先ず消費者金融カードローンを検討してみることをおすすめします。

③ 初回利用時限定の無利息キャンペーンもある

ほとんどの消費者金融カードローンでは、初回利用時30日間は無利息のキャンペーンを行っています。通常このキャンペーンは、契約後から最長30日間は無利息となるので、給料日前にお金が足りなくなってしまった時など、すぐに返済のメドが立てられる時はとっても有利に利用できますよ。

ご自身のステータスによって、銀行か消費者金融の選び方が変わる

金利での優遇面で比較すれば「銀行カードローン」がおすすめと言えます。しかし、ご自身のステータスによっては銀行の審査が難しい場合もあり、ステータスが弱い方は「消費者金融カードローン」の方が、お金を借りやすいでしょう。

消費者金融も比較的金利が高いのですが、「おまとめローン」や「借り換えローン」向けの金融商品もあり、低金利で利用するメリットが大きいものもありますよ。比較的審査に苦労することがなく、カードローンを利用するのであれば「消費者金融カードローン」がおすすめですね。

カードローンでお金を借りる時、審査される内容は?

カードローンを利用する時に、審査される内容を確認しておきましょう。先に審査内容を把握しておくと、急な資金不足の時でもスムーズに審査申し込みを行えますよ。

カードローンでお金を借りる時に審査される項目を確認しておこう

カードローンの審査はいくつもの項目があるのですが、重要となる項目だけピックアップしましたので、確認していきましょう。

カードローンの審査で重要となる項目

  • 年齢
  • 年収
  • 勤続年数
  • 他社からの借入総額

年齢

カードローンを利用できる年齢は、20歳以上65歳以下である場合が多いです。基本的には未成年はカードローンでお金を借りられないので、未成年の方は注意してくださいね。また、20歳を超えている場合でも「若い年齢ほど社会的なステータスが弱い」と審査される傾向にあるので、同年代よりも年収が多いなど、若年層がカードローンを利用する場合には平均よりも少し高いステータスが求められる場合もあります。

年収

銀行カードローンでは300万円前後、消費者金融カードローンでは200万円前後がボーダーラインと言われています。しかし、最近の銀行カードローンでは不況の影響もあり審査基準が緩やかな傾向にあるので、少しステータスが弱く感じている場合でも銀行カードローンへチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

勤続年数

一般的には1年未満の方であれば、カードローンの審査が通りにくいと言われています。これは、お金を貸し出す側からしてみれば「必ず完済してくれる人」に貸付けを行いたいからです。勤続年数が短い人であれば、「いつ仕事を辞めて収入がなくなるかわからない」と判断されて審査に不利になるからです。できれば勤務先に1年以上勤めてからカードローンを申し込むようにしましょう。

他社からの借入総額

どのカードローンでも必ずチェックされる項目が、この「他社からの借入れ総額」です。消費者金融であれば総量規制の制限があるので、消費者金融は法律違反とならならいようにこの項目を注意深くチェックします。銀行カードローンであっても、他社からの借入れが多い方や他社からの借入れ件数が多い方は、審査が厳しくなる傾向にあります。ですから、他社からの借入総額が大きい方は特に注意しておく必要があります。

カードローン審査通過・借り入れ成功のための注意ポイント

銀行カードローンや消費者金融カードローンは、一般的な社会的ステータスがあれば、何も問題なくお金を借入れできます。もしステータスに問題が無く、審査に落とされてしまったとすれば「信用情報」に傷がある可能性が考えられます。

信用情報(=クレジットヒストリー)には注意しておこう

クレヒス(=クレジとヒストリー)と呼ばれる「信用情報」に傷があれば、いくらステータスが良くても確実にカードローン審査には落とされてしまうでしょう。このクレヒスとは、過去のカードローンの借入れや返済履歴が記録されている情報のことです。

自己破産した場合は5年〜10年間、クレヒスに記録が残る

過去の返済時に未納や滞納などのトラブルがあれば最長5年間はネガティブな履歴として記録が残ります。また、その間はカードローンを申し込んでも過去のクレヒスをチェックされてしまうので、カードローン審査を通過させることが難しくなるでしょう。また、自己破産などの債務整理を行った場合は「5年〜10年間」クレヒスに大きな傷が残ります。ですから、カードローンでお金を借りても絶対に債務整理を行わないようにしっかりと完済を行わなければなりません。

カードローン審査通過後は、限度額内であれば借りたい時にお金を借りられる!

喜ぶ女性比較的審査が簡単なカードローンは、一度審査を通過させれば何度でも繰り返しお金を借りられます。カードローン審査に通過すると、ご自身のステータスに合った利用限度額が設定されるので、その限度額以内のお金がいつでも借り入れできるようになるのです。しかし、毎月の返済に遅れが生じたりする場合は、限度額内であってもお金を借りられなくなったり、ローンカードを止められたり、大きなペナルティを受ける場合もありますよ。

毎月の返済に遅延することなく、しっかりと返済を続けていると、いつでも困った時にお金を借りられるので、必ずきちんと返済を続けておきましょう。また、遅延の癖がついてしまうと、何度も同じ過ちを繰り返してしまう人が多いのも事実です。このような状況に陥らないためにも、お金を借りる前にはしっかりと返済計画を考えておくことが最も大切なことと言えます。

まとめ|カードローン審査は、ステータスとクレヒスに問題がない場合は簡単に利用できる

銀行や消費者金融のカードローンは条件さえ合えば、誰でも使いやすくて便利に利用できる金融商品です。また、銀行カードローンであれば低金利でお金を借りられるので、返済時の利息に困ることもないでしょう。

返済計画をしっかり立てた上で、カードローンを利用しましょう

借りたお金をしっかり完済するためにも、お金を借りる前にはしっかりと「返済計画」を立てておきましょう。また、クレヒスに大きな傷がつく債務整理などは絶対にしないようにしましょう。

カードローンのメリットやデメリットを知っておくことで、必ずカードローンを有効に活用できると思います。このサイトでもたくさんの優良なカードローンを紹介していますので、ご自身に合うカードローンを見つけて、お得にカードローンを利用してみてくださいね。

お金を借りたい!
すぐに借りられるカードローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP