所得証明書不要のカードローンで借りる!身分証明書だけで即日キャッシング

361view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

免許証

カードローンと言えば、審査が複雑で「必要な書類がたくさん必要」だと思われがちです。しかし、実際は身分証明書だけで申し込めるローンも多く(誰でも)驚くほど簡単にキャッシングが利用できます。

本記事では、身分証明書だけで申し込める「便利なローン&キャッシング」について説明しましょう。

身分証明書だけで申し込めるローンとは

秘密

身分証明書だけで申し込めるローンとは「所得証明書不要なローン」を指します。最近は、所得証明書不要ローンに人気が集まっており、どの金融機関も(身分証明書だけで申し込めるローンを)扱うようになりました。

所得証明書不要ローンは、特別なサービスではありません。以前から、消費者金融では「50万円まで」は、所得証明書不要で融資が受けられました。また、銀行はもう少し条件が緩やかで、100万円や200万円といった金額でも身分証明書だけで借りられることがあります。

ただし「所得証明不要」と書かれていても、審査の内容によっては所得証明書が必要なこともあります。

例えば、他社で限度額ギリギリまで融資を受けている方や、クレジットカードのキャッシング限度枠を目一杯使い切っている方などは「収支の状況」を確認するため、所得証明書が必要になります。

このほか、会社を経営されている方や自営で仕事をされている方は、第三者による所得証明が難しいため、納税証明書を所得証明として提出する必要があります。

この場合は、青色申告書や白色申告書、税額通知書、もしくは市民税の納付証明書などを提出するとよいでしょう。 これで自営業の方でも、取得証明が行えます。

専業主婦は、所得証明書の提出不要!

取得証明書不要ローンの数は増えていますが、誰でも適用される訳では無いので注意しましょう。

ただし、専業主婦の方については(原則)身分証明書だけで借りられます。銀行の中には「専業主婦OK」とするローンがあるので、専業主婦の方はぜひ一度、該当するローンを確認してみてください。

なお、専業主婦の方が利用できるローンについては、以下の記事で詳しく説明しています。

必要な身分証明書類について

必要な身分証明書については以下のとおりです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+住民票
  • パスポートなど

運転免許証

パスポートや保険証でも構いませんが、写真付きの運転免許証を使われる方が多いです(※ 健康保険証の場合は、写真付きで無いため住民票などが追加で必要なことも)。

また在学中の方は、学生証を提出される方も多いのですが、運転免許証取得されている方は、できるだけ「運転免許証」を使用される方が良いでしょう。なぜなら、身分証明書は公的な証明書である方が微分確認がしやすく、審査がスムーズに行われるからです。

ただし、どのカードローンも20歳未満の未成年は利用できないので注意してください(※ 一部の学生ローンを除く)。

身分証明書だけで借りられないのは、こんな人

拒否

記事の前半で少し説明をしましたが、他社での借り入れ額が多い方や、自営業者の方は「身分証明書だけ」で融資が申し込めません。

また、過去の借り入れで延滞や事故を起こされた方(債務整理なども含む)は、 所得証明書以前に「申し込みの時点で、審査が受けられない」可能性が高いので注意してください 。

もし、審査が即否決となった方は、次のカードローン(他社)をすぐに申し込むのではなく、先に信用情報を確認しておく方が良いでしょう。信用情報は、各カードローン会社が加盟する信用情報機関にてチェックできます。信用情報の確認方法については、以下の記事を参考にしてください。

ネットからすぐに確認できるので非常に便利です。 また一度確認しておけば、他社ローンを申し込む際、審査の目安になるのでおすすめです。

【補足】信用情報に問題があった場合

信用情報に問題があった場合は、何度審査に申し込んでも否決される可能性が高いです。特に、審査のハードルが高い銀行ローンや信販会社のカードローンにおいて(審査が)スムーズに通ることはないでしょう…。

この場合、信用情報がクリアになる時期を待つか、より審査のハードルが低いカードローンに申し込みをするかどちらかを選択してください。

例えば「申込ブラック」と呼ばれる多重申込の場合は、3ヶ月から半年の間は申し込みの記録が(信用情報機関に)残ります。 このため、記録が消える期間を見計らってから、新たなローンを申し込むようにしてください。

登録情報が消えたかどうかは、再度、信用情報機関の記録を確認すればOKです。

借入額が多くなると、準備する書類も多くなる…!

倒産

借入額が多くなると、その分審査は慎重に行われます。例えば200万円や300万円といった大金を借りる場合は必ず、所得証明書を提出するよう求められます。

なぜなら、審査を慎重にしなければ相手が返済してくれなかった場合、銀行やカードローン会社が不利益を被ってしまうからです。 こうした「貸し倒れ」の状況が何件も続くと、金融機関の経営に悪影響が及びます。

このため、金融機関はそれぞれの申込者が「きちんと返してくれるかどうか」審査を慎重に行っているのです。

その一方で、借入の金額が少額であればあるほど、審査のスピードはより早くなります。例えば1万円〜3万円といった金額なら、貸し倒れが起きてもカードローン会社に大きな影響は及ばないからです。

金融機関が、少額融資を歓迎する理由

OK

実際に「小額融資」に関しては、身分証明書だけで借りられる可能性は高いです。ある銀行カードローンは、5万円以下の融資を半年間無利息で貸し付けています。

これは「お試しで借りてみてほしい」といった(モニター的な)意図もありますが、5万円以下の融資に関しては、たとえ貸し倒れが起きても、金融機関の経営に大きな影響が出ないからです。

もちろん、借りた以上返す必要はありますが、小額融資に関しては審査のハードルが低いということを覚えておくとよいでしょう。特に、主婦の方や所得の低い方は、高額融資を申し込むのではなく、審査が緩やかな小額融資からスタートしてみてください。

例えば、5万円以下で申し込みをしておけば、初回でも審査に取る確率が高くなります。また、一度借りたあとでコツコツと実績を積んでいけば、すぐに利用枠は増枠されます。

順調に返済が続けば、契約から半年後以降に「利用可能枠」はアップされるはずです。審査が不安な方もぜひ、上記の方法を試してみてください。

まとめ|急ぎの場合には、身分証明書だけで借りられるローンが便利!

いかがでしたか? 本記事で紹介したポイントを抑えておけば、身分証明書だけで借りられる確率は高くなります。カードローン審査になかなか通らない…という方は、本記事の方法を参考にしてみてください。

身分証明書でOK
即日キャッシングしたいなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP