カードローンで土日・祝日でも審査から即日融資でお金を借りる方法はある?

183view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

土日

カードローンを申し込むのは「平日」という方が大半を占めます。しかし、平日忙しいサラリーマンやお勤めの方は、土日や祝日しか(審査の)申込が出来ません。

そこで本記事では、土日にカードローン審査を受ける方法のほか、知っておくと「休日の申込で得する」便利な豆知識について紹介しましょう。

平日忙しい場合、土日に融資を受ける方法

オペレーター

平日忙しい場合は、土日でも審査が受けられるローンがあります。例えば、消費者金融カードローンの多くは、土日や祝日に関係なく審査を受け付けています。

また、銀行カードローンの場合も大手になれば、土日や祝日でも審査を実施しています。ただし、銀行の場合は夕方(土日や祝日の場合)17時〜18時頃には、受付窓口が閉まることが多いので、手続きをする場合は「できるだけ早い時間」に申込を行ってください。

申込で失敗しないためには、各カードローン会社の「営業時間」を先に調べておくことです。ここで、消費者金融カードローンと各銀行カードローンの「土日・祝日」の営業時間について見ておきましょう。

代表的カードローンの土日・祝日の営業時間
ローン名 土日・祝日の営業時間 ネット申込
アイフル 最終22時まで
(無人契約機の場合)
24時間OK(年中無休)
モビット 最終21時まで
(無人契約機の場合)
24時間OK(年中無休)
プロミス 9:00~22:00
※一部21時もあります。
(無人契約機の場合)
24時間OK(年中無休)
三井住友銀行カードローン 最終21時まで
(自動契約機の場合)
24時間OK(年中無休)
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 土曜・祝日は18時まで
日曜日は最終17時まで
(自動契約機の場合)
24時間OK(年中無休)
楽天銀行スーパーローン ネット申込のみ 24時間OK(年中無休)
レイク 最終21時まで
(自動契約機の場合)
24時間OK(年中無休)

消費者金融カードローンの場合「土日・祝日」でも、夜21時〜22時まで新規申込を受け付けています。ただし、即日融資を申し込む場合は(遅くとも)営業時間終了の1時間前には来店しておいてください。

日曜日

土曜日

また、当日中に融資を受けるには、できるだけ早い時間に「全ての手続き」を済ませておくことが重要です。

例えば、プロミスの場合なら「21時まで」には、ローン審査が終わっているようにしましょう。また、他行や他社ローンも同様に「営業終了時間の1時間前には、審査結果が出ているよう」にしてください。

確実に「即日融資を受ける」には、ネット申込が一番!

確実に即日融資(の審査)を通すには、ネットから申込をすることです。インターネット経由であれば「24時間受付」を行っているので、どの方法よりも早く、申込手続きが完結します。

ただし、審査やカスタマーセンターとのやり取りは、各カード会社や銀行の「受付時間」内に限られます。1日でも早くお金を借りたい方は、翌営業日までにネット手続きを済ませておいてください。

最近はパソコンやスマートフォンから、必要な書類をアップロードしたり、審査手続きが進められます。また、郵送のように2〜3日待つ必要が無いので、素早く「必要なお金」が借りられるので便利です。

メモ:ネット申込は、出張先でも申込OK!

出張が急に決まり「お金が足りない…」という時には、ネットだけで申し込めるローンを利用しましょう。例えば、カード発行や契約書の郵送がないローンなら、申込から数時間後にはキャッシングが利用できます。

また最近は「職場への在籍確認が無いローン」も利用でき、日中忙しい方の間で重宝されています。

土日の場合、在籍確認は平日に持ち越される

土日や祝日に審査を受けた場合、勤め先(土日休みのオフィスなど)が、営業しておらず「在籍確認が取れない」ことがあります。この場合は、翌営業日に合わせて電話連絡が実施されます。

どうしても「電話を掛けて欲しく無い」場合の対処法!

「職場に電話を掛けて欲しく無い」という方は、2つの解決法があります。

「職場に電話を掛けて欲しく無い」場合の解決法は2つ!

  1. 電話連絡のない「WEB完結」を利用する
  2. 社員証や保険証を提出し、在籍確認を止めてもらう

①と②について、以下で詳しく解説しましょう。

① 電話連絡のない「WEB完結」を利用する

「WEB完結」とは、ネット上だけですべての手続きが完結する便利なローンです。WEB完結なら本人はもちろん、職場にも電話連絡が掛かってきません。これなら「電話嫌い」な方でも安心して申し込めます。

② 社員証や保険証を提出し、在籍確認を止めてもらう

社員証

すべてのローン会社ではありませんが、一部の消費者金融カードローンは「電話連絡無し」で在籍確認をパスしてくれます。その代わりに、社員証や保険証を提出する必要があるのですが「カード会社から電話が掛かって来ない」ので安心です。

電話が嫌な方、職場の在籍確認をどうしても受けたくない方は、①か②いずれかの方法を試してみてください。

土日の審査、お盆や年末年始の「審査はお休み」

最近は、土日や祝日でも審査を行うローンが増えてきたのですが、年末年始の時期には、審査を受け付けない業者が多いです。ここで、代表的ローンの「年末年始の営業状況」について見ておきましょう。

代表的ローン会社の「お盆休み+年末年始の営業状況」
ローン名 年末年始 ネット申込
アイフル ① 店頭は、12月30日から、翌年1月3日まで休業
② 自動契約機は、12月31日から、翌年1月2日まで休業
年中無休
モビット 1月1日のみ休業 1月1日の早朝2時〜7時までは休業
プロミス 1月1日のみ休業 年中無休
三井住友銀行カードローン 12月30日から、翌年1月3日まで休業 年中無休
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 12月30日から、翌年1月3日まで休業 年中無休
楽天銀行スーパーローン 受付は年中無休、ただしカスタマーセンターは、12月30日から、翌年1月3日まで休業 年中無休
レイク 12月31日の16時から、1月1日〜1月3日まで休業 年中無休

このように、年末年始は、どのローン会社も「お正月休み」があるので注意しましょう。ただし、ネット申込であれば安心です。窓口は閉まっていても、ネット上なら「ローンの申請や書類の提出」が年中無休で行えます。

年明け一番にお金を借りたい方や、年末までに「ローン契約を済ませておきたい」という方は、上記「営業状況」を参考にし、手続きが早いネット申込を利用しましょう。

審査が最も空いているのは「平日の午前中」だった!

男性

カードローン審査が最も空いているのは、平日の午前中です。また、土日や祝日の場合も同じで、午後や夜より「朝早い時間」の方が、審査申込は空いています。

もちろん、インターネットからの申込であれば年中無休な上に「24時間申込受付可能」です(※ ただしモビットは、1月1日早朝2時から7時の間のみ利用不可)。

パソコン

申込が空いている「朝一番に審査を受けたい!」という方は、前日の夜や当日の早朝(窓口の開く前)に、ネット申込を済ませておきましょう。営業時間前に手続きが終わっていれば、一番乗りで審査が受けられます。

また、平日仕事がある方も、土日や祝日の夜に手続きを済ませておけば「平日の日中」審査が受けられるので便利です。

まとめ|土日や祝日でも「年末以外」は、いつでも審査が受けられる!

カードローンは、土日や祝日でも「朝から晩まで」審査が受けられます。ただし、スムーズに手続きを進めるのなら、先にネット申込を済ませておきましょう。営業時間前や「前日の夜」に手続きをしておけば、翌朝一番に審査が受けられるので安心です。

土日でも即日融資
今日中にお金を借りる必要があるなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP