50万円を借りられるカードローンの探し方と注意点

165view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

24383788_M

「50万円を借りたいけれど、カードローンの探し方が分からない…」と、はじめて50万円をキャッシングしようと考えている人の中にはどうやってカードローンを見つければ良いのか分からない、という方もいるでしょう。

そこで本記事では、「50万円借りられるカードローンの探し方」や、「実際に50万円キャッシングする時に注意すべきポイント」などについて詳しく解説していきます。ぜひ本記事を参考にしながら、カードローンで50万円のキャッシングに成功させてください。

カードローンで50万円借りられるカードローンの探し方

magnifier4_woman

まず、50万円を借りられるカードローンの探し方から解説します。それぞれのカードローンの公式サイトやパンフレットなどには、商品概要が記載されています。この商品概要の「利用限度額」や「上限額」などの項目が、カードローン利用者が借入できる上限の限度額になります。

消費者金融カードローンの利用限度額は50万円以上

大手消費者金融のカードローンの利用限度額について表にまとめました。

大手消費者金融のカードローンの利用限度額
消費者金融名(カードローン名) 利用限度額
アイフル 800万円
アコム 800万円
プロミス 500万円
SMBCモビット 800万円
新生フィナンシャル レイクALSA 500万円

大手消費者金融のカードローンの利用限度額は500万円〜800万円なので、どのカードローンを選んでも「50万円のキャッシング」が可能です。

銀行カードローンの利用限度額も50万円以上あるが審査通過が難しい

また、50万円のキャッシングは銀行カードローンでも利用可能です。いくつかの銀行カードローンの利用限度額を紹介します。

銀行カードローンの利用限度額
銀行名(カードローン名) 利用限度額
みずほ銀行カードローン 800万円
スルガ銀行カードローン ダイレクトワン 300万円
千葉銀行ちばぎんカードローン 800万円
横浜銀行カードローン 1,000万円
楽天銀行スーパーローン 800万円

メガバンクや地方銀行、ネット銀行などのカードローンの利用限度額は300万円〜1,000万円になっています。このため、消費者金融カードローンと同様に、「どの銀行カードローンでも50万円のキャッシングが可能」です。

銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて審査難易度が高い

ただし、銀行カードローンは消費者金融カードローンに比べて「審査難易度が高い」傾向があります。また、銀行カードローンと消費者金融カードローンには、サービス内容にも違いがあります。

50万円を借りられる消費者金融と銀行カードローンのサービスの違い
カードローン名 消費者金融カードローン 銀行カードローン
限度額 500万円〜800万円 300万円〜1,000万円
金利の上限(おおよその平均値) 17.8%〜18.0% 14.5%〜16.0%
審査難易度 緩やか(安定した収入があればアルバイトやパートの方も審査通過が期待できる) やや高い
総量規制 -(法律上、総量規制の制限はないが、利用者の年収の3分の1程度を貸付上限に自粛している傾向あり)
収入証明書 50万円以下は原則提出不要 原則提出不要(利用先の銀行により提出が必要なケースがある点に注意)
即日融資 可能(混雑状況や申し込み時間によって翌営業日になる場合もある) 不可能(2018年度から、申込者が反社会的勢力かどうかの照会が必須になったため、最短翌営業日の融資)
特徴的なサービス ほとんどの消費者金融カードローンでは「30日間無利息キャッシング」のサービスあり。 一部の銀行カードローンには「30日間無利息キャッシング」や、Tポイントなどの「ポイントプログラム」などのサービスあり。

このように、消費者金融カードローンは「審査基準が緩やか」、「即日融資」、「30日間無利息キャッシング」のサービスが利用できるというメリットがありますが、金利が高いというデメリットがあります。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも「低金利」というメリットがありますが、即日融資に対応してくれず、審査難易度が高いというデメリットがあります。

50万円借りるなら消費者金融カードローンから探すのがオススメ

50万円のキャッシングは銀行カードローン、消費者金融カードローン、どちらでも利用可能です。しかし、「50万円という(小口の)金額」、「審査難易度の緩やかさ」「最短即日融資が可能」などを考慮すれば、消費者金融カードローンでのキャッシングをオススメします。

消費者金融の30日間無利息キャッシングは非常にお得に使える!

また、消費者金融カードローンの「30日間の無利息キャッシング」も非常に便利に使えます。「30日間の無利息キャッシング」とは30日間以内に完済すれば借りたお金だけ(=50万円)を返済すれば良いサービスのことです。このため、一時的に50万円を借りたい方は「30日間の無利息キャッシング」を利用すれば、利息0円でキャッシングが可能になります。

【メモ】消費者金融の30日間無利息キャッシング

ほとんどの消費者金融カードローンでは、「30日間の無利息キャッシング」というサービスが提供されています。

(※大手消費者金融のSMBCモビットは30日間無利息キャッシングが提供されていないので注意)

消費者金融によって契約日の翌日から30日間、または、初回借入日の翌日から30日間の場合があるため、申し込み前にはしっかりチェックしてください。

カードローンで50万円借りた場合の返済シミュレーション

実際にカードローンで50万円を借りた場合の返済シミュレーションを確認します。カードローンで発生する利息は、期間によって異なるため、短期〜中期〜長期での返済総額の違いを解説します。

カードローンで50万円借りた場合の返済総額の違い(金利18.0%、期間別)
どのくらいの期間で50万円のキャッシングを返済するのか 1年間(12回払い)で完済する場合 3年間(36回払い)で完済する場合 6年間(72回払い)で完済する場合
毎月の返済額 45,840円 18,076 円 11,404円
返済総額 550,080円 650,743円 821,080円
利息の総額 50,080円 150,743円 321,080円

このように、50万円を1年間で完済する場合の利息はおよそ5万円、6年間で完済する場合の利息はおよそ32万円となっていて、6倍以上の差額があります。

自分の収入に合った返済を選ぼう

カードローンで50万円を借りた後には、ご自身の収入に見合った無理のない返済額・返済回数を選んで、しっかりと完済を目指してください。

カードローンで50万円借りる時に注意したいポイント

「50万円を借りたい」カードローンが見つかったら、カードローンへの申し込みを進めます。ただし、カードローンの申し込み時に注意しておきたいポイントがあります。

50万円を借りる時に注意しておきたいポイント!

  • カードローン契約に必要な書類は前もって用意しておく!
  • 50万円を即日キャッシングしたいなら申し込み時間に注意
  • 消費者金融カードローンを利用する時は総量規制に気をつける
  • はじめてキャッシングする方は50万円未満の限度額になる場合も

カードローン契約に必要な書類は前もって用意しておく!

menkyo_gold

50万円を借りるカードローンへ申し込む前には、前もって「提出が必要な書類」を用意しておきましょう。50万円のキャッシングには収入証明書が不要で、顔写真付きの運転免許証やパスポート(顔写真のページと現住所のページ)などの「本人確認書類」だけの提出でOKな場合が多いです。ただし、顔写真が無い健康保険証などの場合、その他の公的証明書も合わせて必要になるケースがあるので注意してください。

※個人事業主の方は勤務先で働いているのかを証明しにくいため、カードローンで50万円以下の希望額でも「収入証明書」の提出が必要になる場合もあります。

50万円を即日キャッシングしたいなら申し込み時間に注意

atm_woman

(消費者金融カードローンで)即日キャッシングしたい方は、カードローンへの申し込み時間に注意しましょう。「銀行振込による即日の50万円キャッシングの場合、銀行が営業している15時までには手続きを完了」させなければいけません。

自動契約機(=無人契約機)でその日のうちにローンカード発行→ATMからのキャッシングであれば、当日の21時〜22時ごろまでに契約手続きが完了すれば即日の50万円の融資が期待できます。(※自動契約機の営業時間はカードローン会社により異なります)

消費者金融カードローンを利用する時は総量規制に気をつける

また、消費者金融カードローンで50万円のキャッシングをする場合は、貸金業法の「総量規制」に注意です。

総量規制

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)

出典:総量規制とは|貸金業法について(公式サイト)

消費者金融からのキャッシングの場合、総量規制の借入制限から借入希望額の3倍以上(※50万円のキャッシングでは年収150万円以上)の年収が必要になるので注意してください。

はじめてキャッシングする方は50万円未満の限度額になる場合も

「はじめてカードローン契約する方」や、「年齢が若くて社会人経験が少ない方」、「アルバイトやパートなどで年収が少ない方」などの場合、カードローン契約後に設定される限度額が50万円の希望額に満たない場合もあります

カードローンで設定された限度額が50万円に足りない場合は、3ヶ月〜6ヶ月程度しっかりカードローンを利用した後で「カードローンの増枠申請」するのもオススメです。返済に遅れずにカードローンを利用していると、必ずカードローンの増額審査に通過できるでしょう。

カードローンで50万円借りた後は絶対返済に遅れない

カードローンで50万円のキャッシングに成功した後は、必ず毎月しっかりと返済を続けてください。

カードローンの返済に遅れてしまうと大きなペナルティにも

pose_atama_kakaeru_man_credit

カードローンの返済に遅れてしまい「滞納」や「未納」などを起こしてしまうと、信用情報に悪い履歴が残ってしまい、最悪の場合「ブラック」として扱われてしまう恐れがあります。

信用情報がブラックになるのは「自己破産などの債務整理を行った場合」や「1ヶ月〜2ヶ月以内の滞納を何度も起こしている場合」、「61日以上の滞納を起こした場合」です。

信用情報がブラックになるとクレジットカードすら作れなくなる

信用情報が「ブラック」になってしまうと、信用情報の履歴が消える5年間〜10年間はカードローンに審査に通過できず、年会費無料のクレジットカードの審査にさえ落とされてしまうのです。このため、キャッシングした後は絶対返済に遅れないように十分に注意してください。

50万円をキャッシングするなら消費者金融がオススメ!

本記事では、50万円借りられるカードローンの探し方やキャッシングする時の注意点などについて詳しい解説を進めてきました。

カードローンで50万円のキャッシングは はじめての方も難しくない!

  • 50万円をキャッシングできるのは消費者金融と銀行カードローン
  • 50万円キャッシングするならサービス面で消費者金融カードローンがお得!
  • 50万円のキャッシングは短期間の返済の方が利息を圧縮できる
  • スムーズなカードローン続きのため「必要書類(=本人確認書類)」は前もって用意する!
  • 消費者金融カードローンは年収の3分の1超のお金を借りられない点に注意
  • 50万円キャッシングした後は絶対返済に遅れないようにする

50万円を手軽にキャッシングするなら消費者金融カードローンや銀行カードローンがおすすめです。ただし、「カードローン審査の難易度」や「30日間無利息」、「即日融資」などのサービス面で考えると、断然消費者金融カードローンへ申し込む方がオススメです。

※銀行カードローンは低金利のサービスが多いため、より高額なキャッシングの方がお得になる傾向があります。

はじめてカードローンを利用する方でも50万円のキャッシングはそこまで難しくありません。ぜひ本記事を参考にしながら、50万円のキャッシングに成功できるように検討してください。

50万円を借りたい…
おすすめのカードローンはこちら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP