即日融資が可能なカードローンのおすすめランキングを掲載しています。

即日融資カードローンランキング

即日融資は消費者金融・銀行カードローンどちらでも可能

即日融資カードローンとは申込んだ当日のうちに現金融資を受けられるカードローンです。即日融資の実現方法は複数ありますがおすすめはWEB完結申込です。ただし即日融資を受ける方法はカードローンごとに違うので事前に確認することをおすすめします。

11月21日現在の当サイトの申込件数を元に作成したランキングです

プロミス

WEBなら最短1時間融資も可能!初めてなら30日間無利息!

プロミス「即日融資で審査時間も最短30分」在籍確認・評判は?
診断 3秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間 利用限度額 1~500万円
実質年率 4.5%~17.8% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

SMBCモビット

WEB完結なら「郵送物・電話連絡・ローンカード」なし

SMBCモビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法
診断 10秒簡易審査 審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 -

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフル

審査時間は最短30分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

アイフル審査・評判は?即日融資でパートしている主婦なら借入OK
診断 1秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

アコム

融資スピードと手軽さを重視するならアコムがおすすめ

アコム審査の評判は?来店不要で即日融資!在籍確認は?
診断 3秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 1万円~800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 お借入れ総額により必要

楽天銀行スーパーローン

安心の金利と高い限度額!審査もおすすめの銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン審査と融資の評判!銀行カードローンの在籍確認
診断 - 審査時間 - 融資時間 最短翌日で融資可能 利用限度額 800万円
実質年率 1.9%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

レイクALSA

初回選べる無利息で最短15秒審査に最短即日融資!

レイクALSAの最短15秒審査と最短即日融資の評判「在籍確認と無利息期間」
診断 お借入れ診断 審査時間 最短15秒審査 融資時間 最短即日融資※条件付き 利用限度額 500万円
実質年率 4.5%~18.0% 無利息期間 初回借入れ額全額60日間無利息(Web申込限定)/借入れ額5万円まで180日間無利息 総量規制 対象 収入証明書 レイクALSAのご利用限度額の総額が50万円を超える場合必要

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

ダイレクトワン

審査時間は最短30分でカード発行!WEB完結で即日融資!

ダイレクトワンの評判は?即日審査&即日融資で主婦・学生・パート・アルバイトも借入OK
診断 1秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短即日融資 利用限度額 300万円
実質年率 4.9%~20.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)

来店不要でWEB完結!最短即日融資の銀行カードローン

千葉銀行|ちばぎんカードローン審査の評判【即日融資・在籍確認】主婦も
診断 10秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 1.7%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 50万円以下なら原則不要

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

【最短即日審査】来店不要!PC、スマホで契約まで完結!

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン「専業主婦でも最短即日審査&翌営業日融資」評判は?
診断 仮審査 最短1分 審査時間 最短即日 融資時間 即日融資 利用限度額 800万円
実質年率 3.9%~14.9% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」

振込融資!北洋銀行の口座がなくてもWEB完結で来店不要

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」審査の評判は?北海道の銀行カードローン
診断 3秒診断 審査時間 最短翌営業日回答 融資時間 最短翌営業日振込融資 利用限度額 1000万円
実質年率 1.9%~14.7% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 提出が必要

ビジネクスト

審査から最短当日融資!創業直後でも審査は可能!

ビジネクストの評判は?審査から最短即日で融資のビジネスローン
診断 30秒スピード診断 審査時間 3営業日 融資時間 審査後最短即日 利用限度額 1,000万円
実質年率 8.0%~18.0% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 確定申告書ほか

J.Score(ジェイスコア)

日本初、AIスコア・レンディングでスピード審査&融資

J.Score(ジェイスコア)は審査から最短即日融資!低金利と口コミで評判
診断 - 審査時間 最短即日審査 融資時間 最短即日融資 利用限度額 1,000万円
実質年率 0.8%~12.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 当社の極度額と他社のお借入総額が100万円を超える場合。当社の極度額が50万円を超える場合。

イオン銀行カードローン

専業主婦の強い味方!低金利なのに最短即日融資も可能?

イオン銀行カードローン審査の評判「専業主婦も即日融資」おまとめローンも
診断 簡単お借入れ診断 審査時間 最短即日 融資時間 目安は1週間程度 利用限度額 800万円
実質年率 3.8%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 必要

横浜銀行カードローン

神奈川県・東京都に在住ならおすすめ!低金利カードローン

横浜銀行カードローン審査・評判「専業主婦OK」で最短で翌日融資・おまとめローンも
診断 3秒診断 審査時間 最短で翌日 融資時間 最短で翌日 利用限度額 1,000万円
実質年率 年1.9〜14.6%(変動金利) 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 借入限度額が50万円を超える場合は必要

静岡銀行カードローン「セレカ」

低金利なのに最短30分スピード審査可能!最短即日融資も

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査|即日融資で専業主婦の借入も
診断 5秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.0%~14.5% 無利息期間 最大45日間※キャッシュバック 総量規制 対象外 収入証明書 -

じぶん銀行カードローン

WEB完結で低金利!最短即日審査でスピード融資!

じぶん銀行カードローン「即日審査・スピード融資」在籍確認・おまとめローンも
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.3%~17.4% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

住信SBIネット銀行 MR.カードローン‎

限度額1,200万円!金利が年1.59%~は驚きのスペック

住信SBIネット銀行カードローン審査の評判|融資から在籍確認・借り換えローン
診断 お試し診断 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 1,200万円
実質年率 1.59%~7.99% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 -

ソニー銀行カードローンMONEYKit

WEB完結で低金利「年2.5%~13.8%」最短即日融資

ソニー銀行カードローンMONEYKitの審査「即日融資・専業主婦の借入も」在籍確認
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

常陽銀行カードローン

来店不要で口座があれば最短即日融資!家族に内緒で借りたい

常陽銀行カードローン・キャッシュピットの審査まとめ「専業主婦OK・即日融資対応」
診断 5秒診断 審査時間 最短60分 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」

即日審査&口座があれば最短即日融資!専業主婦もOK

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」即日審査&最短即日融資!専業主婦も
診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日融資 利用限度額 500万円
実質年率 5.5%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 限度額500万円まで原則不要

即日融資カードローンの種類と申込方法まとめ!ピンチに役立つ

計画的にお金を使っているつもりでも、突然現金不足に悩まされることがあるものです。「部屋の更新料を支払ったら、今日の合コンに参加するお金がなくなってしまった!」なんて経験のある方も多いのではないでしょうか。

合コンに限らず、当日必要な現金が用意できないと焦ってしまいますね。さらに銀行口座にもお金がないと、八方ふさがりとなってしまいます。しかし、もし手持ちのお金が0円だとしても、まだ諦める必要はありません。「即日融資カードローン」を申込めば、ピンチを脱出できる可能性があります。

「即日融資カードローン」とは?

即日融資カードローンとは、申込みを行ったその日のうちに現金融資を受けることのできる一種の多目的ローンです。かつて即日融資サービスは、消費者金融系カードローンの専売特許でした。しかし現在は、銀行カードローンも即日融資に対応しています。

「即日融資カードローン」のメリットとデメリット

即日融資カードローンには、以下のようなメリットがあります。

3つのメリット

  • 申込み当日に現金融資が受けられる
  • インターネットがあればどこからでも申込みできる
  • 一度契約すれば何度でもお金を借りることができる

一方即日融資カードローンにもデメリットはあります。以下をご覧ください。

デメリット

  • 審査に合格しなければ利用できない
  • 所定の時刻までに契約しなければ即日融資を受けられない

上記のようなデメリットはあるものの、即日融資カードローンが現金不足によるピンチを救ってくれるサービスであることに違いはありません。では、「即日融資カードローン」にはどんな種類があるのでしょうか。また、即日融資を実現するための申込方法とは?本文でその答えを見ていきましょう。

「即日融資カードローン」がおすすめな人

どんなに人が即日融資カードローンの利用に適しているのかを見てみましょう。即日融資カードローンを取扱う金融機関は、消費者金融と銀行の2つに大別できます。

両者が取扱うカードローンは特徴や性質が異なっており、利用に適した方も両者で違っています。どちらの金融機関のサービスがご自身に適しているのかを、以下でチェックしてみてください。

銀行カードローン:カードローンを提供する銀行に口座を持っている方

カードローンを提供する銀行に口座をお持ちの方は、その銀行のカードローンについてよく調べてみてください。というのも銀行によっては、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能をプラスできる場合があるからです。

キャッシュカードにカードローンの機能を持たせることができれば、カード発行の手間がはぶけます。さらに審査の回答が申込み当日中に受けられるようであれば、即日融資を実現できる可能性が大。上記の条件を満たしているようであれば、その銀行カードローンを利用しない手はありません。

ちなみに銀行カードローンの中には、提供元の預金口座がなくても利用できるものが多数あります。中には即日融資に対応したものも多いので、銀行系のカードローンにこだわる方はチェックする価値大です。

銀行カードローンは即日融資「不可」になったので注意

銀行カードローンでは、「反社会的勢力(=暴力団等)への資金流出」や「利用者の多重債務」の問題から、審査内容の見直しが行われ、2018年1月より即日融資が「不可」になりました。

2018年1月から銀行カードローンの審査では「反社会的勢力かどうかの審査を警視庁のデータベースへの参照する審査」が追加されたのですが、このデータベースへの参照審査には1日以上かかります。現在、銀行カードローンは即日融資不可で、「最短翌日」の融資となっている点に注意してください。

消費者金融:無利息期間の30日間で返済できそうな方、とにかく今すぐ必要な方

多くの大手消費者金融で、カードローン新規契約者に対する30日間の無利息期間を設けています。この期間内に借入金を返済できれば、金利負担はゼロ。30日以内に返済できる目処の立つ方なら、消費者金融の即日融資カードローンを利用して損はありません。

また、とにかく早くお金を手に入れたい方にも、消費者金融の即日融資カードローンはおすすめです。即日融資の先駆者であるだけに、新規利用者に対する消費者金融の対応はスピーディー。申込みから実際に振込みが行われるまでのスピードは、銀行カードローンを上回ります。

大手消費者金融のほとんどは「銀行系」

ほとんどの大手消費者金融(※アコム、プロミス、SMBCモビット、レイクALSA)は大手銀行の子会社やグループ会社となっています。このため、大手消費者金融カードローンは「銀行系カードローン」とも呼ばれています。これらの銀行系カードローン(とアイフルのカードローン)では、申し込み当日の「即日融資」が可能です。

利用する大手消費者金融カードローン(銀行系カードローン等)により異なりますが、銀行口座への振り込みキャッシングなら(平日の)14時ごろまでにカードローン契約を完了、自動契約機でローンカードを発行するなら(平日や土日祝の)21時ごろまでに契約手続きを完了できれば、申し込み当日中の「即日融資」を期待できます。

即日融資カードローンのおすすめ申込方法

即日融資カードローンの主な申込方法として、以下の3種類があげられます。

  1. WEB完結申込
  2. 電話での申込み
  3. 契約機での申込み

以上のように複数用意されている申込み方法の中で、「WEB完結申込」は特におすすめです。「WEB完結申込」とは、その名のとおりWEBすなわちインターネットだけで申込みがほぼ完結するカードローン申込方法です。以下で、この申込方法の詳細を見てみましょう。

WEB完結申込=インターネットからお申し込み⇒ローン契約機or振込融資。来店不要。

WEB完結申込みは、以下の3ステップで実現できます

  1. 申込みフォームに必要事項を入力
  2. 審査結果の確認
  3. 振込融資を受ける、もしくは自動契約機(ローン契約機)でカードを発行する

申込みフォームの入力はパソコンだけでなく、スマホやタブレットでも行えます。職場やお出かけ先でもカードローンの申込みを行える点は、多忙な方にとって嬉しいポイントですね。ウェブでの申込み完了後30分から1時間ほど経つと、ウェブサイトの画面上やメール、もしくは電話で審査結果が伝えられます。

無事に審査を通過したら、ステップ3で記した方法のいずれかで即日融資を実現できます。振込融資は、当日中に銀行口座にお金を振り込んでもらう融資方法です。即日融資カードローンを提供する金融機関の多くが、申込み当日中の振込融資に対応しています。

いち早くローン専用カードを手に入れたい方には、自動契約機(銀行の場合はローン契約機)でのカード発行がおすすめです。消費者金融でカードローンを申込んだ場合は、街中にある自動契約機コーナーを探してください。最寄りの自動契約機コーナーは、消費者金融のホームページで確認できます。

銀行カードローンを申込んだ場合は、ローン契約機を設置している銀行支店に出向いてカードの発行を受けてください。なお、全ての銀行カードローンが、ローン契約機でのカード発行に対応しているわけではありません。申込み当日中にカードを手に入れたいなら、次節でご紹介する銀行カードローンを契約することをおすすめします。

即日融資カードローンを提供している主な金融機関と申込方法

ここからは、即日融資カードローンの提供を行っている主な金融機関と、各金融機関のカードローンを申込む方法を詳しく見ていきましょう。

アコム

アコムといえば、大手消費者金融の中でも名の通った存在として有名ですね。アコムのカードローンは金利が年3.0%?18.0%、利用極度額が最高800万円となっています。

銀行カードローンと比べると、アコムの金利は高金利です。ただしはじめてアコムを利用する方は、30日間の無利息サービスを利用できます。そんな新規契約者にとって便利なアコムで即日融資を実現する方法を、以下でチェックしてみましょう。

  1. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  2. メールまたは電話で審査結果の連絡を受ける
  3. 審査合格後、パソコンで「Fax専用契約書類」をダウンロード
  4. 必要事項を記入したFax専用契約書類と、本人確認書類をアコムにFAX送信する
  5. アコムがFAXを確認した後、銀行口座に借入金が振込まれる。

上記手順で即日融資を実現するには、平日14時までに必要書類をアコムにFAX送信しなければなりません。14時までの送信に間に合わない場合は、3.の行程を自動契約機でのカード発行に代えて即日融資を実現することも可能です。

なお、アコムの審査回答可能時間は午前9時から午後21時まで、自動契約機の営業時間は午前8時から午後22時までとなっています(年中無休※年末年始除く)。ただし営業時間は店舗や自動契約機によって異なる場合があるので、事前に確認したうえでご利用ください。

プロミス

アコムと同等の知名度をもつプロミス。プロミスのカードローンは金利が年4.5%~年17.8%、利用極度額は最高500万円となっています。プロミスもやはり30日間の無利息期間を設けているので、利用のしやすさはアコムと同等と考えてよいでしょう(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。以下はインターネットからの申込みで、プロミスの即日融資を実現する方法になります。

  1. 申し込みフォームに必要事項を入力して送信
  2. メールまたは電話で審査結果の連絡を受ける
  3. インターネットで契約を完結させ、振込融資を依頼する

振込による即日融資を受けるには、やはり平日の早めの時間帯に契約を完了させることがおすすめです。たとえばプロミスの場合は、全銀システム稼働時間拡大に伴い、プロミスは2018年10月15日より原則24時間最短10秒でお振込可能となりました。しかし、審査に時間がかかることもあります。「瞬フリ」サービスを利用できても、審査が終わらなければ借り入れはできません。

「瞬フリ」サービスとは、24時間いつでも振込キャッシングを利用できるサービスです。振込にかかる時間は、申込みから最短10秒。このサービスを利用すれば、14時以降に契約が完了した場合も即日融資を受けることができます。

なお「瞬フリ」を利用できない方も、3.の行程を自動契約機でのカード受取りに代えれば、14時以降の申込みで即日融資を受けることができます。ただし、プロミスの審査回答可能時間は午前9時から午後21時までです。自動契約機の受付可能時間は、9:00~22:00(※一部21時もあります)となっています。即日融資を実現したいなら、この時間に間に合うように行動してください。

SMBCモビット

SMBCモビットはSMBCグループの会社です。消費者金融系のカードローンとなります。SMBCモビットの金利は年3.0%~年18.0%。利用限度額は最高800万円となっています。SMBCモビットで即日融資を実現する方法をチェックしてみましょう。

  1. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  2. SMBCモビットのフリーダイヤルに電話をかけ、オペレーターに即日融資を希望する旨を伝える。
  3. 審査結果を知らせる電話が入るので、その場で会員登録を済ませる。
  4. 振込融資を受けるorローン申込機にてカードを発行する

全銀システム稼働時間拡大に伴い、SMBCモビットは2018年10月15日より原則24時間最短3分でお振込可能となりました。

もちろんローン申込機を利用することもできます。ローン申込機の営業時間は、午前8時から午後21時となっています。

なおSMBCモビットでは、より手軽に現金融資を申し込める「WEB完結申込」が用意されています。「WEB完結申込」は、いわば通常のSMBCモビットのカードレスバージョン。電話連絡やカード発行の手間を省いて、現金融資サービスを利用できるようになっています。

ただし、「WEB完結申込」を利用できるのは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の普通預金口座を持っている方のみです。また、「WEB完結申込」の手続きには、社会保険証または組合保険証の提示が必要となります。

さらに給与明細や所得証明書といった収入を証明できる書類も、「WEB完結申込」を申込む際に提出しなければなりません。以上の書類を用意でき、かつ当日中に契約と借入の申込みを済ませることができるなら、「WEB完結申込」を申込む価値は十分あります(全銀システム稼働時間拡大に伴い、SMBCモビットは2018年10月15日より原則24時間最短3分でお振込可能となりました)。

アイフル

アコムやプロミスと同等の知名度をもつ消費者金融アイフル。アイフルのカードローンは金利が年4.5%~年18.0%、融資限度額が最高500万円となっています。ここまでにご紹介した消費者金融と同様に、アイフルも振込融資や無人契約機を使って即日融資を実現可能です。

ただし、より確実に即日融資を実現したいのであれば、以下の手順でカードローン申込みを行うことをおすすめします。

  1. 申込みフォームに必要事項を入力して送信
  2. 受付完了メール到着後、アイフルの専用フリーダイヤルに電話をかける
  3. オペレーターに融資を急いでいる旨を伝える
  4. 審査結果の電話が入るので、その場で契約と振込融資の手続きを済ませる

手順3で融資を急いでいる旨をオペレーターに伝えることにより、優先して審査を行ってもらえます。ただしこの方法を使っても、14時10分までに借入の申込みまで完了できなければ即日融資を受けられません。左記の時間を過ぎてしまった場合は、無人契約機で契約手続きとカードの発行を行ってください。

なお、アイフルの審査回答可能時間は午前9時から午後21時、無人契約機の受付時間は午前8時から午後21時45分となっています。

オリックスVIPローンカード

オリックスVIPローンカードは、オリックス・クレジット株式会社が提供する消費者金融系カードローンです。オリックスVIPローンカードの金利は年3.0%?年16.8%と低く、利用限度額は800万円と高額に設定されています。以下で、このカードローンで即日融資を実現する方法を見てみましょう。

  1. 申し込みフォームに必要事項を入力して送信
  2. 審査結果を知らせるメールが届く
  3. 審査合格の確認後、ホームページで契約手続きと振込融資の申込みを行う

以上の手順を平日14時30分までに実践すれば、その日のうちに現金融資を受けることができます。なお、ジャパンネット銀行をオリックスVIPローンカードの振込口座に指定した場合のみ、14時30分以降の申込みでも即日融資を実現可能です。

これはプロミスの「瞬フリ」と同様に、オリックスVIPローンカードがジャパンネット銀行の口座への即時振込融資を可能としているためです。ジャパンネット銀行の預金口座をお持ちなら、オリックスVIPローンカードの名前を覚えておいて損はありません。

即日でお金を借りるための注意ポイント

ここで、アコム、アイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSAの大手消費者金融カードローンで即日お金を借りるために注意すべきポイントについて解説します。

即日お金を借りるために注意するポイント!

  1. 安定した収入がある方しか即日お金を借りられない
  2. 即日融資可能なカードローンを選ぶ
  3. カードローンのキャッシング方法に注意!
  4. カードローン会社へ提出する書類を準備しておく
  5. 申し込み内容には必ず「正しい情報」を入力する
  6. 勤務先の営業日にカードローンへ申し込む
  7. 審査が不安でも複数のカードローンへ申し込まない

上の7つのポイントに注意すれば、カードローン申し込み当日に即日でお金を借りられる可能性が高まります。①〜⑦の項目を詳しく解説します。

①安定した収入がある方しか即日お金を借りられない

カードローンへの申し込み、利用には「安定した収入」が必須です。

このため、(短期バイトや日雇い労働などで)収入が不安定という方や、そもそも収入が無いという方は、カードローンへ申し込んでも必ず落とされます。

安定した収入を得てからカードローンへ申し込む

カードローンへは必ず「安定した収入(※)」を得てから申し込むようにしてください。

※安定した収入とは?

大手消費者金融カードローンでは、アルバイトやパート、フリーター、派遣社員、契約社員など、正社員以外の方でも毎月定期的な収入があれば「安定した収入」として認められます。
実際に多くのアルバイトやパート、派遣社員の方などが消費者金融カードローンの審査に通過し、即日キャッシングに成功させています。

また、勤続年数が短い(1ヶ月未満など)方も、「いつ仕事をやめるか分からない…」と判断されて、審査が不利になる(または落とされる)可能性が高いです。

6ヶ月以上の勤続年数を積み上げておく

カードローン審査が不利にならない勤続年数は「6ヶ月以上」とされています。

「働き出して間もない」方は、安定収入を認められずにカードローン審査に落とされる可能性が非常に高いため、同じ勤務先に6ヶ月以上勤務してからカードローンへ申し込むようにしましょう。

②即日融資可能なカードローンを選ぶ

申し込み当日中の即日融資を希望している方は、「即日融資可能なカードローン」へ申し込むようにしてください。

本記事でもすでに解説したように、「銀行カードローン」は2018年1月より即日融資が不可となりました。このため、申し込み当日にお金を借りられるのは、消費者金融カードローンのみとなっている点に注意してください。

銀行カードローンの即日融資

一部のサイトでは、「銀行カードローンで即日融資できる」などと解説されているものもあります。
しかし、現在の銀行カードローンは「即日融資不可」になっているので注意しておきましょう。

即日融資希望なら大手消費者金融カードローンがオススメ!

大手消費者金融(アコムやアイフル、プロミス、SMBCモビット、レイクALSA)であれば、どのカードローンを選んでも「即日融資可能」です。

今日中にスグにお金を借りたい!という方は、いずれかの大手消費者金融カードローンへ申し込むようにしましょう。

③カードローンのキャッシング方法に注意!

消費者金融カードローンでは即日融資が可能ですが、「キャッシング方法」により、即日融資を受けられるタイムリミットが異なります。

カードローンのキャッシング方法による即日融資のタイムリミット
契約方法〜お金を借りる方法 即日融資に成功させるための手続きのタイムリミットの目安(カードローン会社により異なります)
銀行振り込みキャッシング 平日14:30までに銀行振り込みキャッシング手続きを完了させる
自動契約機でローンカード発行でのキャッシング 21:00〜22:00までに自動契約機でカードローン契約、ローンカードを発行する(自動契約機の営業時間に準じます)
アプリローンによるキャッシング 21:00〜22:00までにカードローン契約を完了させる(※アプリローンが利用できる消費者金融カードローンが対象)

上の表のように、銀行振り込みキャッシングで即日融資をする方は、「平日の14:30までにキャッシング手続きを完了」、自動契約機でローンカードを発行してコンビニなどに設置されている提携ATMなどから即日融資する方は、「21:00〜22:00ごろまでにカードローン契約を完了」させてください。

余裕を持って早めの時間にカードローンへ申し込んでおく

大手消費者金融カードローンの審査は最短1時間程度で完了します。

しかし、少しでも即日融資の可能性を高めるためには審査の混雑状況・申し込みにかかる時間等も考慮し、上の表に記載したタイムリミットの2〜3時間前にはカードローンへの申し込みを済ませておきましょう。

④カードローン会社へ提出する書類を準備しておく

カードローンへの申し込み時には、「本人確認書類」の提出が必須です。当日中にスピーディーにカードローン契約を完了させるために、以下のいずれかの本人確認書類を前もって準備しておきましょう。

カードローン申し込み時に必要な本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート(顔写真のページと現住所のページ)
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード など

カードローン会社により異なりますが、本人確認書類として認められる書類は、上記のような「顔写真付きの公的証明書」となっています。

また、上記のような顔写真付きの本人確認書類を持っていないという方は、顔写真のない本人確認書類(健康保険証など)の提出も可能です。

ただし、顔写真の無い本人確認書類を提出する場合は、公的証明書を2点提出する必要があるので注意しておきましょう。

消費者金融では借入金額により「収入証明書」の提出も必要

消費者金融は、貸金業者に適用される「総量規制」という法律の制限を受けます。総量規制では、借入額の金額により「収入証明書」の提出が義務付けられています。

総量規制(収入証明書の提出が必要なケース)

個人が借入れしようとする場合において、ある貸金業者から50万円を超えて借入れる場合、他の貸金業者からの借入れ分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合、のどちらかに当てはまると、「収入を証明する書類」の提出が必要です。

出典:総量規制について|日本貸金業協会

即日融資可能な消費者金融カードローンでは、「借入額が50万円を超える場合」、または「他社からの借入を含む借入総額が100万円を超える場合」、収入証明書をカードローン会社へ提出する必要があります。

提出が認められる収入証明書(一例)

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 確定申告書 など

50万円以上の即日融資を希望する方でサラリーマンやアルバイト、パート、派遣社員などの雇用形態の方は勤務先からもらう「源泉徴収票」を、個人事業主の方などは「確定申告書」を前もって準備しておきましょう。

⑤申し込み内容には必ず「正しい情報」を入力する

即日融資可能な消費者金融カードローンの審査にスムーズに通過させるために、申し込み時には必ず「正しい情報」で申し込むようにしてください。

年収が少ないからといって虚偽申請は絶対NG!

カードローンへ申し込む方の中には「年収が少ないから、少し年収を高く伝えて申し込む」ような方もいます。

しかし、申し込み内容のウソがバレてしまうと、「虚偽」として判断され、必ずカードローンの審査に落とされるので絶対に虚偽申請はしないようにしてください。

⑥勤務先の営業日にカードローンへ申し込む

カードローンの審査の最後には、必ず「電話による在籍確認」が行われます。この在籍確認とは、「本当に本人が勤務先に勤めているのか」を確認する審査のことです。

消費者金融カードローンでは、土日や祝日でも審査を行なっていますが、土日や祝日で勤務先が休みの場合は「在籍確認」の審査が行えず、翌営業日まで審査が止められる可能性も考えられます。

即日融資を希望する方は、できるだけ勤務先が営業している日にカードローンへの申し込みを進めるようにしてください。

消費者金融カードローンでは在籍確認を後回しにしてくれる場合も

ただし、本記事で紹介している大手消費者金融カードローンでは、休日で在籍確認ができなかった時には「在籍確認を後回しにして」先にカードローン契約〜融資してもらえる場合が多いです。

土日や祝日に即日融資を受けたいという方は、大手消費者金融カードローンへ申し込むようにしましょう。

⑦審査が不安でも複数のカードローンへ申し込まない

カードローンへ申し込む方の中には、「審査が不安だから複数のカードローンへ申し込んだ」という方もいます。しかし、同時に複数のカードローンへ申し込むと「多重申し込み」となり、カードローン審査が不利(※)になります。

※複数のカードローンへの申し込み = 金銭トラブルなどでお金に困っているのでは? と判断されて審査が不利になります。

必ず1社に絞り込んでカードローンへ申し込む!

複数カードローンへの同時申し込みは審査が不利になるため、必ず「1社」に絞り込んでカードローンへ申し込むようにしてください。

即日融資カードローンに関するよくある質問Q&A

即日融資のカードローンに関するよくある質問について、まとめてみました。

カードローンは土日祝日でも即日お金を借りられる?

本記事で紹介している大手消費者金融カードローンなら、土日や祝日でも即日融資が期待できます。

ただし、土日や祝日は即日の銀行振り込みキャッシングに対応していない場合も多いため、インターネット契約→自動契約機でローンカードを発行し、ATMから即日キャッシングしてください。

審査が甘い即日融資カードローンはある?

審査が甘いカードローンはありません。即日融資可能な消費者金融カードローンでは「安定した収入」が必要となるため、返済能力が一定以上無い方はカードローンの審査に通過できません。

ただし、口コミなどを参考にすると、アルバイトやパートで年収150万円〜200万円以下という方も大手消費者金融カードローンを利用しているため、年収がやや低いという方でも消費者金融カードローンの審査通過を目指せるでしょう。

電話連絡なしのカードローンで即日融資したい

カードローン審査では必ず「在籍確認」が行われます。ただし、「SMBCモビットのカードローン」では、WEB完結なら電話連絡なしにできます。

SMBCモビットで職場への電話連絡なしにする条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行などの口座を持っている
  • 全国健康保険協会発行の保険証 (社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている

上の2つの条件を満たしていれば、SMBCモビットで電話連絡なしの「WEB完結」の申し込みを利用できます。

その他の大手消費者金融カードローンでは電話による在籍確認が行われますが、「申し込み者のプライバシーに配慮」してくれるため、カードローンへの申し込みの事実が勤務先に伝えられる可能性はないので安心してください。

審査なしの即日融資可能なカードローンは存在する?

審査がないカードローンはありません。

もし、「審査が無しで即日融資可能!」などのようなカードローンがあれば、違法業者のヤミ金である可能性が非常に高いので絶対に利用しないようにしましょう。

まとめ

以上ご紹介してきたように、即日融資を実現する方法はカードローンごとに違っています。それぞれの申込方法を吟味したうえで、いざというときに役立ちそうな即日融資カードローンを選び出してください。

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2019 Agoora.inc.

TOP