おまとめローン・乗り換えが可能なカードローンおすすめランキングを掲載!

おまとめローンランキング

複数の借入先があるなら、おまとめローンで借り換えを検討

借入が複数あり、借金が増えてしまっているのであれば、「低金利」のおまとめローンに借り換えを考えましょう。おまとめローンは、限度額が高額になり、低金利になるため、返済を考えた場合にはぜひとも活用すべきサービスです。また、消費者金融の中にもおまとめローンプランがありますので、そちらも比較して選びましょう。

横浜銀行カードローン

神奈川県・東京都に在住ならおすすめ!低金利カードローン

横浜銀行カードローン審査・評判「専業主婦OK」で即日融資・おまとめローン
診断 3秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 1,000万円
実質年率 1.9%~14.6% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

みずほ銀行カードローン

「WEB完結」申し込みが可能!来店・郵送不要!

みずほ銀行カードローンの審査の評判は?キャッシュカードですぐに利用可能!
診断 - 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 800万円
実質年率 2.0%~14.0% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 極度額50万円超で徴求

アイフル

審査時間は最短30分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

アイフル審査・評判は?即日融資でパートしている主婦なら借入OK
診断 1秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.5%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

アコム

融資スピードと手軽さを重視するならアコムがおすすめ

アコム審査の評判は?来店不要で即日融資!在籍確認は?
診断 3秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)

来店不要でWEB完結!最短即日融資の銀行カードローン

千葉銀行|ちばぎんカードローン審査の評判【即日融資・在籍確認】主婦も
診断 10秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 1.7%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 -

プロミス

WEBなら即日融資も可能!来店不要でWEB完結にも対応!

プロミス「即日融資で審査時間も最短30分」在籍確認・評判は?
診断 3秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間 利用限度額 1~500万円
実質年率 4.5%~17.8% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

【即日融資】平日12時までの契約で当日の夕方までに融資!

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン審査「専業主婦でも即日融資」評判は?
診断 仮審査 最短1分 審査時間 最短即日 融資時間 即日融資 利用限度額 800万円
実質年率 3.9%~14.9% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」

即日融資!北洋銀行の口座がなくてもWEB完結で来店不要

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」審査の評判は?北海道の専業主婦も即日融資
診断 3秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 1000万円
実質年率 1.9%~14.7% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

即日融資が希望ならおすすめ!審査も30分で回答!

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック審査の評判!在籍確認は?
診断 お試し診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短40分 利用限度額 500万円
実質年率 1.8%~14.6% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 200万円以下なら原則不要

常陽銀行カードローン

来店不要で口座があれば最短即日融資!家族に内緒で借りたい

常陽銀行カードローン・キャッシュピットの審査まとめ「専業主婦OK・即日融資対応」
診断 5秒診断 審査時間 最短60分 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

モビット

WEB完結なら「郵送物・電話連絡・ローンカード」なし

モビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法
診断 10秒簡易審査 審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 -

イオン銀行カードローン

専業主婦の強い味方!低金利なのに最短即日融資も可能?

イオン銀行カードローン審査の評判「専業主婦も即日融資」おまとめローンも
診断 簡単お借入れ診断 審査時間 最短即日審査 融資時間 目安は1週間程度 利用限度額 800万円
実質年率 3.8%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 必要

静岡銀行カードローン「セレカ」

低金利なのに最短30分スピード審査可能!最短即日融資も

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査|即日融資で専業主婦の借入も
診断 5秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.0%~14.5% 無利息期間 最大45日間※キャッシュバック 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

じぶん銀行カードローン

WEB完結で低金利!最短即日審査でスピード融資!

じぶん銀行カードローン「即日審査・スピード融資」在籍確認・おまとめローンも
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.3%~17.4% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 必要

ソニー銀行カードローンMONEYKit

WEB完結で低金利「年2.5%~13.8%」最短即日融資

ソニー銀行カードローンMONEYKitの審査「即日融資・専業主婦の借入も」在籍確認
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」

即日審査&口座があれば最短即日融資!専業主婦もOK

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」即日審査&最短即日融資!専業主婦も
診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日融資 利用限度額 500万円
実質年率 5.5%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 限度額500万円まで原則不要

おまとめローン徹底解剖!カードローンを比較しました

おまとめローンは多重債務解消に役立つローン商品です。複数の借金をおまとめローンで一本化すれば月々の返済負担を軽くできます。おまとめローンは消費者金融が取り扱っていますし銀行カードローンもおまとめローンや借り換えローンとして利用できます。

多重債務解消に役立つおまとめローン

複数の借入先があるなら借金の一本化を検討しよう

複数の借金を返済し続けているが、利息を払うばかりで元金が減らない…。こんな状態に悩まされていませんか?高金利な借入が複数あると毎月高額な利息を支払うことになり、返済額が大きい割に元金が減らない状態におちいってしまいます。

延々と続く多重債務の苦しみから脱出するには、何らかの救済措置が必要。そこで利用をおすすめしたいのが「おまとめローン」です。

「おまとめローン」とは

おまとめローンとは、複数の借金を一本化できるローン商品です。多くのおまとめローンは、限度額が高額で低金利。借金のまとめ払いに利用でき、返済負担を軽減することができます。

参考:おまとめローンのメリット・デメリット|借金を一本化することの効果と意味

消費者金融と銀行カードローンのおまとめローンの違い

おまとめローンは、主に2種類の金融機関が取扱っています。その金融機関とは、消費者金融と銀行です。消費者金融ではおまとめ専用ローンを利用できますし、銀行ではカードローンをおまとめローンとして活用できる場合があります。

ただし同じおまとめローンといっても、消費者金融と銀行では特徴が異なるので要注意。消費者金融は銀行より審査が甘めである反面、金利は高めとなっています。一方の銀行カードローンは金利が比較的低く設定されていますが、審査は少し厳しめです。

以上のような特徴以外にも、消費者金融と銀行のおまとめローンでは比較すべきポイントがたくさんあります。どんな点を比較して、どの金融機関のおまとめローンを選ぶべきなのか。その答えを本文で探っていきましょう。

消費者金融と銀行カードローンのおまとめローンを比較してみよう!

本文のはじめに、消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンを比較してみましょう。以下でご紹介するデータを、おまとめローン選びの参考にしてください。

おまとめローンのスペック比較

消費者金融のおまとめローンと銀行カードローンは、提供する金融機関ごとにスペックが違っています。ここでは、消費者金融3社と3つの銀行カードローンの基本スペックを比較してみましょう。まずは消費者金融3社から。

アコム(借換え専用ローン)

金利=年7.7%〜年18.0%/限度額=1万円〜300万円/最長返済回数=162回/返済方式=元利均等返済

プロミス(おまとめローン)

金利=年6.3%〜年17.8%/限度額=1万円〜300万円/最長返済回数=120回/返済方式=元利定額返済

アイフル(かりかえMAX)

金利=年12.0%〜年17.5%/限度額=1万円〜500万円/最長返済回数=120回/返済方式=元利定額返済

上記を見てわかるように最高金利は3社ともほぼ横ばいで、限度額はアイフルのみが最高500万円と高額です。また、返済方式の名称がアコムとほかの消費者金融で違っていますが、どちらも内容に変わりはありません。両者ともに返済額が毎月一定で、借入残高の減少に応じて返済額に含まれる利息の割合が減っていく返済方式なのだと覚えておいてください。

なお、アイフルにはアイフルを利用中の方および過去の利用者を対象とした、「おまとめMAX」というローン商品も用意されています。こちらのスペックもチェックしてみましょう。

アイフル(おまとめMAX)

金利=年12.0%〜年15.0%/限度額=1万円〜500万円/最長返済回数=120回/返済方式=元利定額返済

先にご紹介した「かりかえMAX」と比べると、最高金利が低くなっていますね。では続いて、おまとめローンとして利用できる2つの銀行カードローンのスペックを比較してみましょう。

楽天銀行スーパーローン

金利=年1.9%〜年14.5%/限度額=10万円〜800万円/契約期間=1年ごとに自動更新/返済方式=残高スライドリボルビング方式

三井住友銀行カードローン

金利=年4.0%〜年14.5%/限度額=10万円〜800万円/契約期間=5年ごとに自動更新/返済方式=残高スライド方式

上記のとおり、2行ともに限度額は最高800万円と高額に設定されています。金利に関しては、どのカードローンも消費者金融より低めです。

なお、三井住友銀行カードローンのみが返済方式を「残高スライド方式」としていますが、内容は「残高スライドリボルビング方式」と同じです。呼び名が違いますが、どちらも「借入残高に応じて毎月返済する“一定額”が変化する返済方式」だと覚えておいてください。

金利シミュレーション比較

実際に上記のおまとめローンや銀行カードローンを利用すると、どのぐらいの金利負担が発生するのでしょうか。ここでは、おまとめローンおよび銀行カードローンを利用した場合に発生する利息を、簡易的にシミュレーションしてみることにしましょう。なお、例として借入額は150万円、貸付期間は5年(60回払い)とします。

消費者金融のおまとめローン

金利=年15%/返済総額=214万1,075円/利息総額64万1,075円

ここでは便宜上、貸金業法に定められた100万円以上の貸付に対する上限金利15%でシミューレーションを行っています。アコム、プロミス、アイフルは3社とも実質的な返済方式が同じなので、計算結果も同じになると考えてください。続いて、銀行カードローンの金利をシミューレーションしてみましょう。

残高スライドリボルビング方式では、約定返済金額以上の金額を積極的に返済していかなければ、返済回数と利息が大幅に膨らんでしまいます。そこで今回は、60回で返済が終わるように月々の返済額を設定ました。結果は以下をご覧ください。

楽天銀行スーパーローン(年利14.5%で毎月35,292円を返済した場合) 返済総額=211万7,557円/利息総額=61万7,557円
三井住友銀行カードローン(年利12%で毎月33,366円、最終月のみ33,383円を返済した場合) 返済総額=200万1,977円/利息総額=50万1,977円

上記はいずれも、150万円を借り入れた場合の上限金利で計算しています。2つのシミューレーションの中でも目を引くのが、三井住友銀行カードローンの年利と利息総額。金利の低さがそのまま利息の低さにつながっていることがわかりますね。

なお、三井住友銀行カードローンのみホームページ上で計算を行ったため、最終月の返済額が微調整されています。また、ほかのカードローンの返済総額や利息総額は計算ソフトで行っているので、あくまで参考程度の数字として捉えてください。

銀行カードローンの「おまとめローン」がおすすめな人をタイプ診断

前節のシミューレーションを見てわかるとおり、銀行カードローンの金利および利息総額は消費者金融より低めです。ただ、誰にでも銀行カードローンの利用をおすすめできるのかというと、そうでもありません。一度以下にあげる項目に目を通して、ご自身が銀行カードローンの利用に適しているか否かを確認してみてください。

少しでも低い金利でおまとめしたい方

ここまでに何度か述べているとおり、銀行カードローンの金利は消費者金融と比べて低く設定されています。おまとめローンで少しでも金利負担を抑えたいなら、銀行カードローンの利用を検討する価値大です。

クレヒスに自信がある方

もしクレヒスに自信があるなら、銀行カードローンによるおまとめを検討する価値があります。クレヒスとは、クレジットヒストリーの略。いわば借金に関する履歴のようなものです。

今までにローンやキャッシングなどを利用しており、かつ滞りなく返済を行っているのであれば、優れたクレヒスを築いていると考えてよいでしょう。クレヒスに問題がなければ、審査の厳しい銀行カードローンもすんなり利用できる可能性があります。

一方、過去に借金の返済を3ヶ月以上延滞していたり、短期間にキャッシングやクレジットカードの申込みを多数行ったりしている場合は要注意。クレヒスに問題のある人物として、銀行カードローンの審査ではねられる可能性が高くなります。

なお、CICやJICCといった個人信用情報機関では、本人および委任を受けたものからの問い合わせがあった場合に限り、信用情報の開示に対応しています。クレヒスが気になる方は、一度情報開示を申請してみてはいかがでしょうか。

時間が緊急では無い方

銀行カードローンは、申込みから融資を受けるまでに時間がかかる場合があります。提供元の銀行によっては数日から数週間待たされることもあるので、急ぎで融資を受けたい場合は要注意です。

とはいえ特に急ぎでない場合は、多少時間がかかったとしても低金利なローンを利用した方がお得といえます。「すぐにでも融資を受けたい!」という方以外は、銀行カードローンを選んで損はありません。

銀行カードローンの「おまとめローン」のおすすめ申込方法

前節に目を通して自身が銀行カードローンの利用に適していると感じた方は、以下のカードローン申込方法をチェックしてみてください。いずれも手軽でおすすめの申込方法ですし、契約したカードローンをおまとめローンとして活用しても何ら問題はありません。

楽天銀行スーパーローン 

楽天銀行スーパーローンの申込みは、インターネット上で完結します。申込み手順は以下のとおりです。

  1. 楽天銀行スーパーローンの申込みフォームにアクセスして、必要事項を入力する
  2. 申込みフォームの送信後、最短当日中に審査結果がメールで通知される
  3. 契約内容を伝える電話が入る
  4. 専用スマホアプリで必要書類の画像データを提出する
  5. ローン専用カードが送られてくる
  6. 口座振替依頼書を楽天銀行に返送する

手順4に記したとおり、契約に必要な本人確認書類の提出はスマホアプリで済ませることができます。スマートフォンを持っていない場合は、郵送で書類を提出することも可能。ただし書類のやり取りに数日を要するぶん、契約に時間がかかるのでご注意ください。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンを契約するなら、インターネットとローン契約機を使った申込方法がおすすめです。この申込方法であれば、最短即日融資を実現することも可能。早速、申込手順をチェックしてみましょう。

  1. 三井住友銀行カードローンの申込みフォームにアクセスして、必要事項を入力する
  2. 電話あるいはメールで審査結果が伝えられる
  3. 三井住友銀行に出向き、ローン契約機で本契約とカード発行を済ませる

審査さえ通過すれば、三井住友銀行の店舗に設置されたローン契約機でカードを発行できます。カードが手に入れば、いつでもATMで現金融資を利用可能。ただし、三井住友銀行の全店舗にローン契約機が設置されているわけではないのでご注意を。事前に三井住友銀行のホームページでローン契約機設置店舗を確認したうえで、本契約とカード発行に臨んでください。

消費者金融の「おまとめローン」がおすすめな人をタイプ診断

ここまでの内容を読んで「銀行カードローンは自分に合わないかも…」と思った方は、以下の項目をチェックしてみてください。マッチする項目があれば、消費者金融が提供するおまとめローンの利用を検討する価値大です。

急いでおまとめしたい方

できるだけ早くおまとめローンを利用したい方に、消費者金融のおまとめローンはおすすめです。融資スピードに優れる消費者金融は、おまとめローンの融資もスピーディー。申込当日中に融資を受けられる業者が多いので、急いで借金を一本化したい方におすすめです。

審査落ちが心配な方

銀行カードローンの審査に通る自信がない方でも、消費者金融でおまとめローンの審査を受ける価値は十分にあります。というのも、銀行カードローンの審査に落ちた人が、消費者金融を利用できるケースは多いからです。

消費者金融は長年培ったノウハウを活かして、銀行よりも綿密に申込者の情報をチェックします。このチェックによって貸付する金額を細かく判断するために、銀行カードローンの審査でバッサリ落とされた人でも消費者金融で借入できるケースがあるのです。

上記の理由から、銀行カードローンでの審査落ちが心配な方に消費者金融のおまとめローンはおすすめです。次節では、消費者金融のおまとめローンを申込む方法をチェックしてみましょう。

消費者金融の「おまとめローン」のおすすめ申込方法

消費者金融のキャッシングを申込む方法はいくつかありますが、おまとめローンの場合は申込方法が限られます。以下で、大手消費者金融3社のおまとめローン申込方法を確認してみてください。

アコム「借換え専用ローン」

アコムの「借換え専用ローン」の申込方法は、フリーコールへの電話一択となっています。詳しい申込手順は、以下のとおりです。

  1. フリーコールに電話をかける
  2. 電話で説明された必要書類を持って、アコムの店頭窓口あるいは自動契約機(むじんくん)に出向く
  3. その場で審査を受け、合格であれば契約を交わす
  4. アコムが利用者名義で他社(利用者の借入先)への振込を行なう

手順2でアコムの店舗に出向く時間がない場合は、郵送で契約を行うことも可能です。ただし、書類のやり取りに数日を要する点にご注意ください。なお、アコムの店頭窓口の営業時間は9時30分から18時まで(平日のみ)、むじんくんの営業時間は8時から22時(土日祝日含む)までとなっています。

プロミス「おまとめローン」 

プロミスの「おまとめローン」は、フリーコールもしくはプロミスの店舗で申込めます。おすすめは、やはりフリーコールからの申込み。事前に必要な書類を確認できるので、よりスムーズなおまとめローンの利用につながります。以下で、フリーコールからプロミスのおまとめローンを申込む手順をチェックしてみましょう。

  1. フリーコール(プロミスコール)に電話をかける
  2. 電話で説明された必要書類を持って、プロミスのお客様サービスプラザ(店頭窓口)あるいは自動契約機に出向く
  3. その場で審査を受け、合格であれば契約を交わす
  4. プロミスが利用者名義で他社(利用者の借入先)への振込を行なう

上記を見てわかるとおり、プロミスのおまとめローンはアコムの借換専用ローンと同様の手順で申込めます。なお、お客様サービスプラザの営業時間は10時から18時(平日のみ)、自動契約機の営業時間は9時から22時(土日祝日含む)となっています。

アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」 

アイフルの「おまとめMAX」および「かりかえMAX」は、インターネットもしくはフリーコールで申込めます。まず、インターネットから申込む場合の手順を見てみましょう。

  1. 「おまとめMAX」or「かりかえMAX」の申込みフォームにアクセスして、必要事項を入力する
  2. 審査結果の連絡が入る
  3. 必要書類を持って、アイフルの店頭窓口に出向く
  4. 契約完了後、他社への返済を行う

申込みフォームには、他社借入状況を入力する欄が複数用意されています。「他社借入状況(1)」は必須項目となっているので、間違いのないように入力してください。なお審査通過後の契約は、郵送で行なうことも可能です。ただし、やはり時間がかかるので、急ぎの場合は店頭に出向くことをおすすめします。

続いて、フリーコールからの申込手順について。フリーコールからアイフルのおまとめローンを申込む場合、上記のインターネットでの申込手順1が以下の内容に変わります。

1.フリーコールに電話をかけ、審査に関する質問に正確に答える

アイフルのフリーコールから「おまとめMAX」や「かりかえMAX」を申込むと、オペレーターから複数の質問を受けることになります。いずれの質問も審査結果に影響を与えるので、正確に答えてください。審査通過後の契約手順は、インターネットから申込んだ場合と同様です。

申し込み前に押さえておこう!おまとめローンの基礎知識

本記事の締めくくりとして、おまとめローンの基礎知識をご紹介します。以下にあげる2点は、おまとめローン申込前に押さえておきましょう。

おまとめローンと借り換えローンの違い

おまとめローンと混同しがちなものに、「借り換えローン」があります。一見すると同じように見える、おまとめローンと借り換えローン。両者はどう違うのでしょうか。

冒頭でもご紹介したように、おまとめローンは複数の借金を一本化するためのローン商品です。あくまで多重債務者を救済するためのローンであり、消費者金融が取扱うものであっても総量規制の対象外となります。

一方の借り換えローンは、現在組んでいる借金をより低金利なローンに借り換えることにより、返済負担を減らすことを目的とするローン商品です。基本的に1つの借金に対して借り換えを行なうローン商品であり、「顧客に一方的に有利となる借り換え」であれば総量規制の対象外となります。

おまとめローンのメリットとデメリット

おまとめローンはメリットの多いローン商品ですが、やはりデメリットもあります。以下で、おまとめローンのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。まずはメリットから。

  • 借金を一本化することで金利負担が減る
  • 借金の本数が減ることで気分的に楽になる

多くの場合、借金を一本化すると金利負担が減ります。また借入先が減ることで、精神的な負担も軽減されることでしょう。しかし、以下のデメリットに注意しなければ、おまとめローンで思わぬ損を被る可能性があります。

  • 月々の返済額を少額に設定すると、おまとめ前より利息総額が増える場合がある

月々のおまとめローン返済額を少額に設定すると、返済期間(返済回数)が伸びて利息総額が高額になる場合があります。月々の返済負担が軽くなるとはいえ、利息がおまとめ前より増えては損というもの。おまとめローンを利用するなら、利息総額を考慮した返済シミューレーションを事前にしっかり行ってください。

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP