審査の難易度から在籍確認、即日融資ができるかまで「イオン銀行カードローン」を解説

イオン銀行カードローン審査の評判「専業主婦も即日融資」おまとめローンも

専業主婦の強い味方!低金利なのに最短即日融資も可能?

イオン銀行カードローン審査の評判「専業主婦も即日融資」おまとめローンも

スペック表

満20歳以上で65歳以下で本人に安定かつ継続した収入の見込める方

診断 簡単お借入れ診断 審査時間 最短即日審査 融資時間 目安は1週間程度 利用限度額 800万円
実質年率 3.8%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 必要

イオン銀行カードローンの特徴まとめ~おすすめの理由とは~

イオン銀行カードローンをご紹介!分かりやすく丁寧に解説しました。公式ホームページの情報はごちゃごちゃしていて見にくい…。そんな方もこのページを見れば、イオン銀行カードローンのメリット&デメリットが一目瞭然です!

イオン銀行カードローンは「800万円」の最大限度額!比較的高額な融資が期待できるカードローンです。インターネット申し込みに対応していますが、メリットばかりとは言えないかも知れません。そのほかの特徴についても、ぜひチェックしてみましょう。
なお、イオン銀行カードローンは「満20歳〜満65歳で、安定した収入のある方」ならば、申し込みOK。学生の方は利用できませんが、専業主婦の方は申し込めますよ。当てはまる方は、このページで詳細を確認していきましょう!

イオン銀行カードローンに申し込むべき人

イオン銀行口座を持っている方はイオン銀行カードローンが絶対おすすめ

「イオン銀行カードローン」を利用するには、「イオン銀行口座を持っていること」が絶対条件になります。特に、即日審査からの当日中の振込融資をご希望の方はイオン銀行口座がないと不可能です。イオン銀行口座を持っている方は、新規口座開設の手間が省けるため、申し込みに適しています。

イオン銀行カードローンは専業主婦おすすめ

「イオン銀行カードローン」なら、無収入の専業主婦の方も申し込みOKです。専業主婦の方が利用できないカードローンは多いため、嬉しいポイントと言えます。なお、申し込みには「配偶者に安定した収入があること」が条件です。電話で在籍確認が行くことはありません。

イオン銀行カードローンは低金利!長期で低い金利を求める方におすすめ

「イオン銀行カードローン」の実質年利率は3.8%~13.8%。抜群の低金利を誇ります。大手消費者金融カードローンの上限実質年利率が平均18%、銀行カードローンの上限実質年利率が平均15%前後ということを考慮しても、魅力的な利率設定と言えるでしょう。

高い限度額のカードローンが必要な方にもイオン銀行カードローンがおすすめ

「イオン銀行カードローン」は最大限度額「800万円」に設定されています。もちろん誰もが最大限度額「800万円」の審査を通過できるわけではありませんが、大変心強いスペックです。例えば、おまとめローン/乗り換えローンを利用したい方などにも最適と言えます。

家族に内緒でキャッシングしたい方にもイオン銀行カードローンはおすすめ

キャッシュカード機能付きのイオン銀行カード(イオンゴールドカードセレクトなど)をお持ちの方は、ローンカードと同様の使い方が可能。提携金融機関のATMは利用不可ですが、イオン銀行ATMが利用できます。この他、インターネットバンキングやモバイルバンキングによる「普通預金口座への振替」も可能です。

「イオン銀行カードローン」なら「キャッシュカードによる引き出し&インターネットでの振込融資」によって、カードローンの家族に内緒でキャッシングできます。

イオン銀行カードローンは在籍確認あり!職場に内緒でキャッシングしたい方は注意!

「イオン銀行カードローン」では基本的に、電話による在籍確認があるとお考えください。ただし、申込者本人以外の方が出ても、その方にカードローンの利用を匂わせるようなことは言いません。電話では銀行名(イオン銀行)を名乗ってくれます。銀行にはたくさんの商品やサービスがありますから、職場の方も、あなたがカードローンを利用しているとは判断できません。

イオン銀行カードローンのおすすめ申込方法

「イオン銀行カードローン」を便利に利用するなら、ホームページ経由の「来店不要の申し込み」がオススメです。24時間365日の受付ですので、利用を決めたらすぐに申し込みをおこなうことができます。

WEB完結でインターネットですべての手続きができる

申し込み方法は、イオン銀行口座を持っている場合と持っていない場合では異なりますので、こちらでチェックしましょう。

イオン銀行口座を持っている場合の申し込みは大変スムーズです。まず、イオン銀行のインターネットバンキングにログインし、カードローンの申し込みフォームへ移動してください。

必要な情報を入力してから申し込みフォームを送信すると、審査結果を知らせてくれます。審査を通過したら借り入れ可能です。ATMから借り入れたい方は、数日後に届く「ローンカード」の到着をお待ちください。

イオン銀行口座を持っていない場合も、公式ホームページからWEB経由で申し込み可能です。

申し込みフォームへの必要事項の記入&必要書類のアップロードをおこない、審査結果の連絡を待ちます。審査通過後は普通預金口座の開設をおこない、その後発行される「ローンカード」にて、利用が可能となります。

イオン銀行カードローンで借りるメリット

総量規制対象外だから専業主婦でも借入できる

「イオン銀行カードローン」は「総量規制対象外」の銀行カードローンとなっています。アコム、プロミス、アイフルといった消費者金融カードローンでは「総量規制」というルールが適用されていますが、「イオン銀行カードローン」は違うということですね。

そもそも「総量規制」とは、「年収の3分の1を超えた金額を貸してはいけない」というルール。つまり、「イオン銀行カードローン」のような銀行カードローンは、消費者金融カードローンより多額の借り入れ(多額の限度額利用)も期待できるということですね。

イオン銀行カードローンは限度額最大800万円!

「イオン銀行カードローン」は最大限度額「800万円」に設定されています。もちろん誰もが最大限度額「800万円」の審査を通過できるわけではありませんが、大変心強い高額設定と言えますね。以下、消費者金融カードローンなどと限度額を比較したのでご覧ください。

銀行カードローン【最大限度額】
名称 最大限度額
イオン銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 1,000万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 1,000万円
三井住友銀行カードローン 800万円
消費者金融カードローン【最大限度額】
名称 最大限度額
ノーローン 300万円
アコム 500万円
アイフル 500万円
プロミス 500万円
モビット 800万円

大手消費者金融カードローンの限度額は現在、500万円が最高となっています。一方で「イオン銀行カードローン」を含む銀行カードローンでは、800万円、1,000万円の高額融資を用意するケースも少なくありません。先ほどご説明したように「総量規制対象外」であること、そして銀行の「豊富な資金力」が、高額融資を可能にする秘密です。

収入証明書の提出を求められるケースが増えています

消費者金融カードローンは、改正貸金業法の縛りによって「50万円を超える借り入れでの収入証明書提出」が義務づけられています。これまでは銀行カードローンではそのような縛りがありませんでした。しかし銀行カードローンでも規制が厳しくなってきたため、収入証明書の提出を求められるケースが増えています。

即日審査にも対応!「14時までに申し込み」を

「イオン銀行カードローン」なら、即日の審査回答が期待できます。イオン銀行口座を持っている場合と持っていない場合で申し込み方法&融資スピードは異なりますが、審査については「原則14時までの申し込み」で、即日回答となるようです。

イオン銀行カードローンは専業主婦/パート/アルバイトも申し込みOK

「イオン銀行カードローン」は、会社員の方はもちろん、パートやアルバイトなどの非正規雇用者、さらには、自らに収入のない専業主婦の方も利用可能です。なお、専業主婦の方の上限限度額は「50万円」となりますので、この点だけはご注意ください。

イオン銀行カードローンには「簡単お借入れ診断」あり

イオン銀行の公式ホームページには「簡単お借入れ診断」のコーナーが設けられており、誰もが利用できるようになっています。

具体的には「年齢、職業、前年度年収、現在の借り入れ状況」の4点を入力することで、簡単に借入れ可能かを教えてくれるのです。これにより、利用対象者とはならない方がムダな申し込みをしてしまう手間を防ぐことができます。

イオン銀行カードローンは他行と比較しても「低金利」

「イオン銀行カードローン」は実質年利率の低さも際立ちます。大手消費者金融カードローンは平均的に18%、銀行カードローンは平均的に15%の実質年利率ですが、それらと全てと比較しても、トップクラスの低さです。以下の表に各カードローンの実質年利率を掲載したので、ご覧ください。

銀行カードローン【実質年利率】
名称 実質年利率
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン(コンフォートプラン) 3.5%~14.0%
消費者金融カードローン【実質年利率】
名称 実質年利率
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 4.7%~18.0%
アイフル 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%

実質年利率が低いと言うことは、金利負担が少ないということです。実質年利率の低さは「イオン銀行カードローン」の大きな魅力の1つと言えるでしょう。

イオン銀行カードローンはおまとめローン/借り換えローンにも最適

「イオン銀行カードローン」は、資金の使い道が原則自由。そのため、複数の借り入れをまとめて1本化する「おまとめローン」や、より低金利なカードローンへ乗り換えて金利負担の軽減を狙う「借り換えローン」の用途に利用することも可能です。

なお「イオン銀行カードローン」が「トップクラスの限度額の高さ&実質年利率の低さ」(800万円、3.8%~13.8%)であることはすでにご確認しました。つまり、「イオン銀行カードローン」は「おまとめ/借り換え」を希望される方にも最適なカードローンの1つと言えるのです。

イオン銀行カードローンは職場バレの可能性が低い!内緒の借入に

「イオン銀行カードローン」では職場への電話連絡(在籍確認)があるようです。

しかし、担当者は電話で「イオン銀行」とだけ名乗るため、職場の方にカードローンの利用がバレません。例えば、消費者金融カードローンの在籍確認では担当者の個人名を名乗りますが、これは、周囲から少々不自然に思われるケースもあるかと思います。しかし、銀行からの電話で即座にカードローンの利用を疑う方はほとんどいないでしょう。その意味でも、「イオン銀行カードローン」の電話連絡(在籍確認)なら、職場バレの可能性は低いと考えられます。

イオン銀行カードローンで借りるデメリット

学生は利用できないので注意

サークル活動、学費、旅行など、学生さんは何かとお金がかかるもの。しかし「イオン銀行カードローン」では、学生の方の利用はできません。ちなみに消費者金融カードローンの多くは「20歳以上で、なおかつアルバイトなどによる定期収入のある学生の方」も利用対象者としています。消費者金融カードローンは銀行カードローンよりも審査が厳しくないため、学生の方は利用を検討しても良いかもしれません。

イオン銀行カードローンの即日審査からの融資は時間的に厳しい…ハードルが高い

「イオン銀行カードローン」の申し込み方法には「イオン銀行口座を持っている場合」と「持っていない場合」があることをすでに確認しました。

まず「イオン銀行口座を持っていない場合」は即日審査からの融資が叶いません。そもそも普通預金口座の開設には「店舗来店」か「郵送」しか方法がなく、ローンカードの受け取りまでそれぞれ「5日前後」「10日前後」もかかるのです。口座が無ければ審査時間と融資までの目安は1週間程度と言えるでしょう。

さらに「イオン銀行口座を持っている場合」でも、14時までに申し込みを完了しなくてはならないなど、即日審査からの当日お借り入れのハードルは比較的高いと言えるでしょう。

イオン銀行カードローンはイオン銀行口座の申し込みが必要

「イオン銀行カードローン」を利用する場合には、イオン銀行口座(カードローン口座の開設)の申し込みが必須となります。今お持ちの口座以外には増やしたくないという方、また申し込みをスムーズにおこないたいと考える方にはデメリットと言えそうです。

イオン銀行の銀行口座が無いとカードローンで即日審査から融資はできない

イオン銀行口座をお持ちで無い方が即日審査から融資を受けることはできません。100%絶望的です。「とにかく早くお金が必要で、借りられないと困る」と言う方は、「イオン銀行カードローン」以外の利用をご検討ください。

家族に内緒での借入は100%保証できない!家族バレの心配も…

イオンゴールドカードセレクトなど「キャッシュカード機能付きのイオン銀行カード」を持っていれば、ローンカードと同じ使い方ができます。しかし、そうで無い方の場合は、家族バレの心配が出てきます。

「イオン銀行カードローン」に申し込むと、ローンカードが送られてきます。こちらのローンカードについては、例えば「ローン申し込み機で受け取る」といった手段がないため、自宅郵送を避けることができません。家族にどうしてもカードローンの利用を知られたくない方は、少々気をつけるべきかもしれません。

イオン銀行カードローンには無利息期間が無い

「イオン銀行カードローン」には「無利息期間」のようなサービスは用意されていません。もともとが低金利なので大きなデメリットではありませんが、一応気になる点とは言えます。

「無利息期間」は文字通り、定められた期間中は金利がかからないサービスです。例えば、無利息期間中に全額返済すれば「金利0円」での借り入れも可能。「無利息期間」は、プロミス、アコムなどの大手消費者金融カードローンが設けていることが多いです。ほとんどは「初回利用に限り、最大30日間の無利息期間」となっていますが、ノーローンのように「何度でも1週間無利息」というサービスを設けている消費者金融カードローンもあります。

イオン銀行カードローンはイオン銀行ATM以外で手数料がかかる

「イオン銀行カードローン」は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、などの銀行ATMほか、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなどのコンビニATM、そして、ゆうちょ銀行ATMと提携。借り入れ、返済もこれらの提携ATMでおこなえます。ただし、手数料がかかってしまう点はデメリット。具体的には、利用額1万円以下で「108円」、利用額1万円超で「216円」がかかります。

イオン銀行ATMなら手数料はかかりませんが、誰もが利用できるとは限りません。提携ATMを利用する機会も多いかと思いますが、手数料が積み重なれば大きな負担になります。

まとめ|イオン銀行カードローンは専業主婦の強い味方

「イオン銀行カードローン」の利用には、「イオン銀行口座」が必須です。口座の無い方は即日審査を受けても融資が難しいため、どうしても即日審査から当日借入したい方は、別のカードローンを利用すべきかもしれません。しかし、融資をお急ぎで無い方、すでにイオン銀行口座をお持ちの方にとっては大変優れたスペックかと思います。

利用できるカードローンが限られる「専業主婦の方」が申し込める点も大きな魅力。最大限度額800万円、実質年利率3.8%~13.8%なので「高額かつ低金利な借り入れ」も期待できます。例えば「融資スピードの速い他のカードローン」と共に「いざという時のためにイオン銀行カードローンも申し込んでおく」という方法は、賢い利用方法かと思います。

イオン銀行カードローン詳細情報

基本情報

商号 株式会社イオン銀行
本社所在地 東京都江東区枝川1-9-6
受付時間 9:00~21:00
登録番号 関東財務局長(金商)第308号

申込条件

入会資格 満20歳以上で65歳以下で本人に安定かつ継続した収入の見込める方
申込方法 Web・電話・来店
年齢条件 満20歳~65歳
保証人 不要
対応地域 全国
必要書類 下記のうちいずれか1通。ただし住所、氏名、および生年月日が記載されており、有効期限内のものに限る。
【日本国籍の方】
①運転免許証(変更事項がある方については両面。コピーOK)
②パスポート(公印、写真並びに現住所のページ。コピーOK)
③各種健康保険証(お名前、生年月日、ご住所が記載されたページ。カードタイプの場合は両面。コピーOK)
④年金手帳(現住所記載ページ。コピーOK)
⑤住民票の写し(コピーではありません)、または住民票記載事項証明書(発行後3ヵ月以内の原本)
⑥印鑑登録証明書(発行後3ヵ月以内の原本)

【外国籍の方】
①在留カードまたは特別永住者証明書(変更がある方は両面。コピーOK)
②住民票の写し(コピーではありません)
※外国籍の方は永住許可を受けていることを確認するために必要となります。

融資・返済

借入方法 Web・電話・来店
振込手数料 公式サイトをご参照ください
提携ATM コンビニATM・銀行ATM
ATM手数料 イオン銀行ATM以外で手数料あり
返済方式 残高スライド方式
返済期日 毎月7日
返済方法 毎月のご返済は毎月 7 日(「土曜日」、「日曜日」、「祝日」、「国民の休日」の場合には これら の 日の 翌日)に 毎月のご返済日前 日の貸越残高に応じて次の通りご指定の返済用普通預 金口座から引き落としさせていただきます。
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP