カードローン土日審査!おすすめ即日融資ランキングを掲載!

カードローン土日・祝日審査ランキング|土曜日や日曜日でも即日融資

土日にカードローンの審査から即日融資を希望

「休みの日」でも即日融資を受けたい!そんな場合には、土日審査に対応しているカードローンに申し込む必要があります。消費者金融と銀行カードローンのどちらでも土日審査に対応していますが、審査に通過しても土日の振り込みに条件がある場合あがるので、注意が必要です。ここでは土日でも即日融資の可能性が高いカードローンを中心にランキング形式で掲載しています。

モビット

WEB完結なら「郵送物・電話連絡・ローンカード」なし

モビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法
診断 10秒簡易審査 審査時間 10秒簡易審査 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 - 総量規制 対象 収入証明書 -

アコム

融資スピードと手軽さを重視するならアコムがおすすめ

アコム審査の評判は?来店不要で即日融資!在籍確認は?
診断 3秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 3.0%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

横浜銀行カードローン

神奈川県・東京都に在住ならおすすめ!低金利カードローン

横浜銀行カードローン審査・評判「専業主婦OK」で即日融資・おまとめローン
診断 3秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 1,000万円
実質年率 1.9%~14.6% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

楽天銀行スーパーローン

安心の金利と高い限度額!審査もおすすめの銀行カードローン

楽天銀行スーパーローン審査の評判「即日融資」銀行カードローンの在籍確認
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 1.9%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

アイフル

審査時間は最短30分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

アイフル審査・評判は?即日融資でパートしている主婦なら借入OK
診断 1秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.5%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

プロミス

WEBなら即日融資も可能!来店不要でWEB完結にも対応!

プロミス「即日融資で審査時間も最短30分」在籍確認・評判は?
診断 3秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間 利用限度額 1~500万円
実質年率 4.5%~17.8% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

みずほ銀行カードローン

「WEB完結」申し込みが可能!来店・郵送不要!

みずほ銀行カードローンの審査の評判は?キャッシュカードですぐに利用可能!
診断 - 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 800万円
実質年率 2.0%~14.0% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 極度額50万円超で徴求

三菱東京UFJ銀行カードローン・バンクイック

即日融資が希望ならおすすめ!審査も30分で回答!

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック審査の評判!在籍確認は?
診断 お試し診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短40分 利用限度額 500万円
実質年率 1.8%~14.6% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 200万円以下なら原則不要

静岡銀行カードローン「セレカ」

低金利なのに最短30分スピード審査可能!最短即日融資も

静岡銀行カードローン「セレカ」の審査|即日融資で専業主婦の借入も
診断 5秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.0%~14.5% 無利息期間 最大45日間※キャッシュバック 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)

来店不要でWEB完結!最短即日融資の銀行カードローン

千葉銀行|ちばぎんカードローン審査の評判【即日融資・在籍確認】主婦も
診断 10秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 1.7%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 -

じぶん銀行カードローン

WEB完結で低金利!最短即日審査でスピード融資!

じぶん銀行カードローン「即日審査・スピード融資」在籍確認・おまとめローンも
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.3%~17.4% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 必要

住信SBIネット銀行MRカードローン

限度額1,200万円!金利が年0.99%~は驚きのスペック

住信SBIネット銀行カードローン審査の評判|即日融資から在籍確認・おまとめローン
診断 お試し診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 1,200万円
実質年率 0.99%~7.99% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 -

新生銀行カードローン・レイク

初回30日間無利息!当日審査から最短即日融資も

新生銀行カードローン・レイク審査の評判「即日融資・在籍確認」おまとめローンも
診断 お借入れ診断 審査時間 画面に審査結果を表示 融資時間 最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.5%~18.0% 無利息期間 初回30日間/5万円まで180日 総量規制 - 収入証明書 必要

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン

【即日融資】平日12時までの契約で当日の夕方までに融資!

スルガ銀行カードローン リザーブドプラン審査「専業主婦でも即日融資」評判は?
診断 仮審査 最短1分 審査時間 最短即日 融資時間 即日融資 利用限度額 800万円
実質年率 3.9%~14.9% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」

即日融資!北洋銀行の口座がなくてもWEB完結で来店不要

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」審査の評判は?北海道の専業主婦も即日融資
診断 3秒診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 1000万円
実質年率 1.9%~14.7% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

ソニー銀行カードローンMONEYKit

WEB完結で低金利「年2.5%~13.8%」最短即日融資

ソニー銀行カードローンMONEYKitの審査「即日融資・専業主婦の借入も」在籍確認
診断 - 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~13.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 300万円以下なら原則不要

常陽銀行カードローン

来店不要で口座があれば最短即日融資!家族に内緒で借りたい

常陽銀行カードローン・キャッシュピットの審査まとめ「専業主婦OK・即日融資対応」
診断 5秒診断 審査時間 最短60分 融資時間 最短即日 利用限度額 800万円
実質年率 2.5%~14.8% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 500万円以下なら原則不要

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」

即日審査&口座があれば最短即日融資!専業主婦もOK

八十二銀行カードローン「はちにのかん太くんカード」即日審査&最短即日融資!専業主婦も
診断 審査時間 最短即日 融資時間 最短即日融資 利用限度額 500万円
実質年率 5.5%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 対象外 収入証明書 限度額500万円まで原則不要

カードローンの申し込みを土日祝日にして審査を受ける方法

土日祝日にカードローンの即日融資を受けるには在籍確認や借入方法の制限といった障害をクリアしなければなりません。在籍確認については書類提出や後日の確認によって回避できる場合があります。借入方法の制限は自動契約機の利用によって解決できます。

土日祝日の即日融資に対応するカードローンと申込・審査の注意点

急ぎで現金が必要になったときに役立つ、即日融資対応のカードローン。申込当日中に現金融資を受けられるサービスがあるなんて、便利な時代になったものですね。ただカードローンの即日融資は、いつでも同じように利用できるわけではありません。特に土日祝日に融資を受けたい場合は、少し注意が必要です。

「土日祝日に即日融資が受けられるカードローン」は限定される

カードローンの種類によっては、土日祝日の即日融資に対応していない場合があります。また、土日祝日の即日融資に対応している場合も、融資を受ける方法が平日と違う場合があるので注意しなければなりません。

平日と土日祝日で何の条件が違うのか?

平日と土日祝日で、即日融資に関するどんな条件が変わるのでしょうか。社会の動きに注目すると、その答えが見えてきます。平日は多くの企業が営業していますし、銀行も通常営業を行っていますよね?他方、土日祝日は多くの企業が休みに入りますし、ほとんどの銀行窓口も営業していません。

つまり土日祝日は、社会全体が「お休みモード」に入るのです。社会がお休みモードに入ると銀行の機能が一部停止するため、現金融資を受ける手段が限定されます。また会社が休業することで、金融機関がカードローン申込者の身元を確認しにくくなる場合もあります。簡潔にいうと、土日祝日には即日融資を妨げる障害が発生してしまうのです。

土日融資の3大障害

土日祝日の即日融資を阻む主な障害は3つあります。順番に見ていきましょう。

(1)土日でも「即日審査」に対応しているのか? 

カードローンの中には、土日祝日の即日審査に対応していないものもあります。たとえば銀行カードローンの中には、提供元である銀行の休みに合わせて審査がストップするものが少なくありません。

審査が行われなければ、当然即日融資も受けることも不可能となります。土日祝日に即日融資を受けたいのであれば、曜日を問わず即日審査を行っているカードローンを選ばなければなりません。

(2)電話の「在籍確認」を無しで審査してもらえるのか? 

ほとんどのカードローンが、契約前に職場への在籍確認を行います。しかし、土日祝日で勤務先に誰もいない場合は、この在籍確認を行えません。在籍確認が休日明けに回されてしまうと、やはり即日融資を受けられなくなります。

とはいえ金融機関によっては、在籍確認なしでカードローンの即日融資を行ってくれる場合があります。たとえば書類の提出をもって在籍が認められるケースもありますし、10万円以下に限度額を下げることで融資を実施してくれる場合もあるのです。

土日祝日での即日融資を実現したいなら、上記のように柔軟な対応を行ってくれるカードローンを選ばなければなりません。

(3)土日でも「即日融資」の借り入れ方法があるのか? 

ここまでにあげた即日審査や在籍確認の問題をクリアできても、借入方法が口座振込に限定されていては即日融資を実現できない場合があります。なぜならば、肝心の銀行が土日祝日の振込に対応していないケースが多いからです。

とはいえ、土日祝日に即日融資を実現するための借入方法がないわけではありません。たとえば特定の銀行口座を対象に、365日24時間対応のスピーディーな振込を可能としているカードローンがいくつかあります。

また、自動契約機でのカード発行に対応しているカードローンであれば、土日祝日でもローンカードを受け取ることが可能です。ローンカードさえ受け取れば、いつでもコンビニATMで現金を引き出せます。

…と、以上のように土日祝日には即日融資を阻む障害が発生するものの、ある程度の知識があれば障害の回避は可能です。土日祝日の即日融資を実現するために必要な知識を、本文でチェックしてみましょう。

土日祝日に即日融資が受けられるカードローンのおすすめ申込方法

本文のはじめに、土日祝日に即日融資を受けるためのカードローン申込方法を確認しておきましょう。平日より難しい条件で即日融資を狙うのですから、申込みは確実でロスがない方法で行いたいところ。そこでおすすめしたいのが、WEB完結申込みです。

WEB完結申込=インターネットからお申し込み⇒ローン契約機or振込融資。来店不要。

現在多くのカードローンが、インターネットからの申込みを可能としています。インターネットからのカードローン申込みは、専用申込みフォームに必要事項を入力して送信するだけと簡単。自宅で行えば必要な資料もすぐに参照できますし、紙の書類のように誤字や読みにくい字を気にする必要もありません。

金融機関のウェブサイトで申込みフォームの入力を終えると、即座にカードローンの審査が始まります。審査結果が出るまでの時間は金融機関によって異なりますが、最低30分程度はかかると思ってください。

審査の回答は、電話もしくはメールで行われます。電話で連絡が入った場合は、その場で職場の在籍確認について問い合わせましょう。即日融資を希望する旨を伝えれば、限度額の調整や書類提出によって在籍確認をパスできる可能性があります。メールで審査回答を受けた場合も、コールセンターに電話をかけて在籍確認について問い合わせてください。

審査を通った後の借入方法は、振込融資を依頼するか自動契約機でカードを発行するかのいずれかになります。ただし先に述べたとおり、土日祝日に振込融資を行っている金融機関は限られるのでご注意ください。

自動契約機でのカード発行を選択した場合は、自動契約機の営業時間に注意が必要です。また自動契約機に出向く際は、契約に必要な書類を忘れず持参して下さい。

各カードローンのメリット・デメリットとおすすめな人をタイプ診断

ここからは、土日祝日に即日融資を実現できるカードローンをピックアップしてご紹介します。申込時の注意点やメリット・デメリットを詳しくご説明しますので、ご自身にぴったりなカードローンを探してみてください。

プロミス「WEB申込+ローン契約機」 9時〜22時(一部店舗は21時まで)

審査スピードが早く、即日融資を可能としているプロミス。プロミスはWEB申込みに対応しており、契約をローン契約機で行なうことにより土日祝日の即日融資を実現できます。以下で、プロミスのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。まずはメリットから。

メリット

  • 最高金利が17.8%と低い
  • 審査スピードが早い
  • 新規申込者は30日間無利息サービスを利用できる

プロミスの金利は年4.5%〜17.8%。最高金利を18%とする消費者金融が多い中で、わずかながら低金利となっています。また審査スピードは最短30分。急ぎの場合でも素早く審査回答を得られます。30日の無利息期間が用意されていることも、プロミスの嬉しいポイントです(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です)。

では次に、プロミスのデメリットを見てみましょう。

デメリット

  • 総量規制の対象となる
  • 銀行カードローンと比べると高金利

プロミスの借入金は総量規制の対象となるため、年収の3分の1近い借入がある場合は利用できない可能性があります。また、金利は消費者金融としては低いものの、銀行カードローンと比べると高金利です。

続いて、プロミスを契約する際の注意点を見てみましょう。前述のとおり、プロミスはWEB申込みと自動契約機での契約を使った即日融資に対応しています。ただし、ローン契約機の営業時間は9時から22時まで。この営業時間内にカードを発行しなければ、即日融資を受けることができません。

職場への在籍確認については、申込み後に電話で相談することで後日まわしにしてもらえる場合があります。

…と、以上のような特徴をもつプロミス。このカードローンに興味を覚えたら、以下の条件にご自身がマッチしているかどうかチェックしてみてください。

  • 消費者金融で少しでも低金利なカードローンを契約したい
  • 最寄りにプロミスのローン契約機がある

上記のいずれかに当てはまる方は、プロミスの利用を検討する価値大です。

アコム「WEB申込+自動契約機」 8時〜22時

消費者金融の草分け的存在とされるアコム。アコムもまた、WEB申込みと自動契約機による土日祝日の即日融資を可能としています。以下で、アコムのもつメリットをチェックしてみましょう。

メリット

  • 自動契約機の設置数が多い
  • オペレーターの対応が丁寧
  • 新規申込者は30日間無利息サービスを利用できる

アコムの自動契約機むじんくんは、全国に1千台以上設置されています。お住いの地域でも、何台かのむじんくんが見つかるかもしれません。オペレーターの対応が丁寧なことも、アコムのもつメリットです。自動契約機ではオペレーターの指示に従って契約を進めるので、対応が丁寧であるに越したことはありません。

このほか、プロミスと同様に30日間の無利息サービスを利用できることも、アコムのメリットに数えられます。では、アコムにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

デメリット

  • 総量規制の対象となる
  • 最高金利が年18%と高金利

総量規制の対象となる点は、プロミスと同じです。最高金利の高さも気になるところですね。続いて、土日祝日にアコムの即日融資を申込む際の注意点を見てみましょう。

アコムの自動契約機むじんくんの営業時間は、8時から22時までとなっています。土日祝日に即日融資を受けるには、この時間帯内にカードを発行できるように申込みと契約を進めなければなりません。

在籍確認については、会社が休みであることを伝えれば後日まわしにしてもらえる場合があります。ただし在籍確認を取るまでの措置として、借入限度額が10万円以下に限定される場合があるのでご注意ください。在籍確認さえ取れれば、この限定は解除されます。

以上の特徴や申込み時の注意点があるアコム。以下の条件に当てはまる方は、アコムの利用に適しています。

  • 歴史が長く信頼できる業者のカードローンを利用したい
  • 申込みに不安があるのでオペレーターに丁寧に対応してもらいたい
  • 最寄りにむじんくんがある

アコムは歴史の長い業者であり、申込者への対応も丁寧。初めてカードローンを利用する方にも、アコムはおすすめです。

モビット「WEB申込+自動契約機」 9時〜21時(申込機により異なる)

モビットも土日祝日の即日融資を可能とするカードローンのひとつです。おすすめの申込方法は、やはりWEB申込みと自動契約機の組み合わせとなります。では早速、モビットのメリットを見てみましょう。

メリット

  • 10秒で簡易審査結果表示
  • 審査スピードが早い

モビットでは最低限の項目を入力して判定してくれる「10秒簡易審査」システムを採用しています。この10秒簡易審査で知ることができるのは、融資の可否と大まかな利用限度額。本審査の結果を知る前に、どのぐらい借入できるかがわかって便利です。

また、モビットは本審査も最短30分とスピーディー。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合もありますが、手早く自動契約機での契約へと進むことができます。ただし、モビットには以下のデメリットもあるのでご注意ください。

デメリット

  • 総量規制の対象となる
  • 最高金利が年18.0%と高金利
  • 無利息期間がない

上の2点はアコムと同じですね。気になるのは3つめのデメリット。モビットでは、新規利用者に対する無利息期間が用意されていません。急ぎでカードローンを利用する方にとっても、この点は気になるところではないでしょうか。

続いて、土日祝日にモビットの即日融資を申込む際の注意点をチェックしてみましょう。モビットの自動契約機の営業時間は、店舗によって異なります。8時から21時まで営業している店舗が多くなっていますが、9時スタートの店舗もあるので注意してください。最寄りの自動契約機の営業時間は、モビットのホームページでチェック可能です。

在籍確認については、やはり電話でオペレーターに相談して指示を仰ぐことになります。電話確認の代替案として会社の保険証や給与明細の提出を求められる場合があるので、事前に用意しておいた方がよいでしょう。

なお、モビットは以下の条件に一致する方におすすめです。

  • できるだけ早く利用の可否と限度額を知りたい
  • 最寄りにモビットの自動契約機がある

利用の可否や限度額をいち早く知ることができれば、そのぶん早く安心を得られます。借入れに不安をお持ちの方は、モビットの10秒簡易審査を受けてみてはいかがでしょうか。

三菱東京UFJ銀行バンクイック「WEB申込+テレビ窓口」

ここからは、土日祝日の即日融資を可能とする銀行カードローンをご紹介していきましょう。まずは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックから。バンクイックの申込みは、WEB申込みとテレビ窓口(自動契約機)を併用するとスムーズに行なえます。申込みの注意点を見る前に、バンクイックのメリットをチェックしてみましょう。

  • 金利が年1.8%〜14.6%と低い
  • 審査スピードが早い

銀行カードローンであるバンクイックは、消費者金融と比べて低金利です。少額融資で適用される最高金利も低いので、実質的な金利負担が軽くなります。また、審査回答が最短30分と消費者金融なみに早いことも、バンクイックのもつメリットです。続いて、バンクイックのデメリットを見てみましょう。

  • 比較的審査が厳しい
  • テレビ窓口の営業時間が短い

低金利な銀行カードローンであるバンクイックは、消費者金融と比べて審査が厳しくなっています。テレビ窓口の営業時間については、以下をご覧ください。

テレビ窓口の営業時間
平日 9時から20時
土曜祝日 10時から18時
日曜 10時から17時

上記のとおり、土曜と祝日は営業時間が短くなっています。特に日曜日は17時に営業が終了してしまうので要注意です。以上のように申込み時間が曜日によって変わることこそ、土日祝日にバンクイックの即日融資を申込む際の注意点。土日祝日は審査の連絡時間も9時から17時までとなるので、申込みもできるだけ早めに行わなければなりません。

職場への在籍確認は、申し込み時に相談することで後日の確認に変えてもらえる場合があります。もちろんこの場合は、先に現金融資を受けることが可能です。では次に、どんな人がバンクイックの利用に適しているのかを見てみましょう。

  • 信用情報や属性に自信のある人
  • 午前中からカードローンの申込みに時間を割ける人
  • 最寄りにテレビ窓口を設置する三菱東京UFJ銀行の店舗がある人

バンクイックの審査では、過去の信用情報や勤め先の属性、勤続年数などが細かくチェックされます。これらの項目に自信があるならば、バンクイックを申込む価値大です。

ただし、前述のとおり土日祝日はテレビ窓口の営業時間が短いので、できれば午前中から申込みの準備を始めることをおすすめします。テレビ窓口を設置する店舗も、近くにあった方が有利です。

三井住友銀行カードローン「WEB申込+自動契約機」 9時〜21時(店舗により営業時間が異なる)

三井住友銀行カードローンも、WEB申込みと自動契約機を組み合わせた土日祝日の即日融資を可能としています。早速このカードローンのメリットを見てみましょう。

メリット

  • 年4.0%〜年14.5%と低金利
  • 審査スピードが早い

三井住友銀行カードローンのメリットは、先のバンクイックと同じといえます。最低金利が低くなっていますが、かなりの高額を借り入れた場合しか適用されないので、実質的な金利はバンクイックとほぼ同じです。審査スピードについては、バンクイックと同じく最短30分となっています。次に、三井住友銀行銀行カードローンのデメリットを見てみましょう。

デメリット

  • 比較的審査が厳しい

三井住友銀行カードローンも銀行カードローンなので、審査は消費者金融より厳しめです。では、このカードローンで土日祝日の即日融資を申込む際は、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。

まずローン契約機の営業時間は、9時から21時までとなっています。土日祝日もこの時間帯で営業しているので、比較的利用しやすいといえますね。ただ、この営業時間は店舗によって異なります。実際にローン契約機を利用する際は、最寄りの契約機の営業時間を事前にチェックしてください。

在籍確認についてですが、三井住友銀行の場合は書類提出や後日確認による回避が難しい傾向にあります。申込日に会社が休みである場合は、素直にその旨を伝えて三井住友銀行サイドに判断を委ねるしかありません。とはいえ、優良な顧客と判断された場合は、何らかの代替案を提案してくれる場合もあります。

以上の特徴を持つ、三井住友銀行カードローン。以下の条件に当てはまる方であれば、このカードローンを申込んでみる価値があります。

信用情報と社会的ステータスに自信がある

三井住友銀行カードローンは、ある程度の社会的ステータスがあり、かつ信用情報にキズのない方の利用に適しています。上手く行けば在籍確認を回避できる可能性もあるので、申込みを行ってみて損はありません。

新生銀行レイク「WEB申込+自動契約機」

平日・土曜:8時45分〜24時 日曜・祝日:8時45分〜22時 第3日曜は19時まで(初めての利用者の即日融資は21時まで)

新生銀行レイクは、銀行カードローンでありながら消費者金融なみの利便性を備えるめずらしいタイプのカードローンです。このカードローンのもつメリットは、以下のようになっています。

メリット

  • 新規利用者は30日間無利息サービスを利用できる
  • 自動契約機コーナーで契約可能

アコムやプロミスと同様に、レイクには新規利用者に対する30日間の無利息サービスが用意されています。また銀行の店舗ではなく、自動契約機コーナーで契約ができる点もレイクのメリットです。自動契約機は街中だけでなく郊外にも設置されているので、人に知られることなく利用できる可能性があります。続いて、レイクのデメリットを見てみましょう。

デメリット

  • 金利が年4.5%〜年18%と高い

レイクの最高金利は18%と、消費者金融なみに高金利。この点は、銀行カードローンとして大きなデメリットといえます。では、レイクで土日祝日の即日融資を申込む際の注意点を見てみましょう。

ほかのカードローンと同様に、レイクもWEB申込みと自動契約機による土日祝日の即日融資を可能としています。ただし、自動契約機の受付時間は曜日によって異なるので要注意。各曜日の受付時間は、以下のようになっています。

自動契約機の受付時間
平日・土曜 8時45分から24時まで
日曜・祝日 8時45分から22時まで
毎月第3日曜日 8時45分から19時まで

どの曜日も遅めの時間まで受付を行っていますが、第3日曜日だけは19時で受付が終了するので要注意です。またほかの曜日も、新規利用者に当日融資を行えるのは21時までとなっています。やはり自動契約機の利用は、できるだけ早い時間帯に行ったほうが賢明です。

職場への在籍確認については、三井住友銀行カードローンと同様に回避は難しくなっています。会社が休業日である場合は、その旨をしっかりオペレーターに伝えて指示を仰ぎましょう。なお、以下の条件にマッチする方は、レイクの利用に向いています。

  • 無利息期間のある銀行カードローンを利用したい
  • 信用情報と社会的ステータスに自信がある

無利息期間があることは、レイクの大きな魅力。信用情報と社会的ステータスに自信があるなら、レイクで土日祝日の即日融資にチャレンジしてみてください。

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP