審査の難易度から在籍確認まで「アイフル」を解説

アイフル審査・評判は?即日融資でパートしている主婦なら借入OK

審査時間は最短30分で即日融資!1秒診断で事前にチェック

アイフル審査・評判は?即日融資でパートしている主婦なら借入OK

スペック表

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方 ※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

診断 1秒診断 審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日 利用限度額 500万円
実質年率 4.5%~18.0% 無利息期間 初回30日間 総量規制 対象 収入証明書 50万円以下なら原則不要

アイフルの特徴まとめ~おすすめの理由とは~

アイフルは最大限度額500万円!日常的な用途としては充分な金額設定のカードローンです。プロミスやアコムと同じく「初回利用の30日間無利息サービス」が目を引きますが、他のデメリットについても理解しておきましょう。

なお、アイフルは「20歳以上69歳以下で、安定収入のある方」ならば、申し込みOK。最短30分のスピード審査で、即日融資も期待できますから、このページで詳細を確認していきましょう!

アイフルの審査

アイフルの審査方法

アイフルでの審査は30分で最短審査完了できるので、とてもスムーズに借入れが行えます。早く審査に通過したい方はインターネットからの申請がおすすめです。

アイフルで50万円以下の限度額であれば、審査に必要な書類は1点のみ

アイフルの申請時に必要な書類は「本人確認書類」のみです。みなさんがよく利用するのは「運転免許証」か「健康保険証」です。このどちらかを手元に準備して、審査に進みましょう。

もし、限度額が50万円を超える場合や、他社からも借入れを行っていて借入総額が100万円を超える場合は「収入証明書」が必要になります。勤務先から貰う「源泉徴収票」や直近2ヶ月分の「給与明細書」など、簡単に提出できる書類なので、用意するのも簡単ですね。

アイフルの審査の流れ

手元に必要書類を用意すれば、インターネットから申請を進めていきます。インターネットではもちろん24時間申し込みが可能なので、好きな時間に借入れ審査の申し込みができますよ。

アイフルでの借入れは簡単4ステップで完結

具体的に借入れまでの流れを見てみましょう。

アイフルでの借入れまでの簡単4ステップ

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約手続き
  4. 借入れ

①申し込み

インターネットやアイフルの窓口、または電話での申し込みを行います。最短でカードローンを希望の場合は、インターネットからの申し込みがおすすめです。インターネットでは、最短30分で借入れまで行えますよ。

②審査

インターネットから申し込んだ場合、電話やメールで審査結果が伝えられます。念のため、電話を受け取れる状況にしておきましょう。また、融資を急いでいる方は、インターネットでの申込完了後に、アイフルのフリーダイヤルへ電話連絡し、急いでいると伝えておきましょう。そうすることで、優先して審査を早めてもらえますよ。

③契約手続き

審査に通過すれば、手元に用意しておいた「本人確認書類」や「収入証明書」の提出を行います。この提出方法ですが、スマホのカメラで撮影し、そのデータを送信するだけです。アイフルの公式ウェブサイトでも、スマホのカメラ撮影→提出まで「約3分で書類提出完了」と記載されています。本当に手間がなく、簡単に提出できます。

④借入れ

アイフルでの契約が完了すれば、指定の銀行口座に振り込んでくれます。ただし、銀行は平日15時までなので、14時10分までに振込依頼を完了させておく必要があります。また、自動契約機でローンカードを発行し、24時間対応の提携ATMによる借入れもできます。ただし、アイフルの自動契約機は8時〜22時までとなっています。また、深夜の時間に申請や審査はできないので、できれば午前中にはアイフルへの申請を済ませておく方が良いでしょう。

融資可能か即診断できる「一秒診断」を利用できる

アイフルの公式ウェブサイトでは融資可能か即診断できる「一秒診断」のサービスが提供されています。もちろん誰でも利用できるので、審査前に気になる方はチェックしてみても良いでしょう。

アイフルでは、外国人の方は利用限度額が少なくなる傾向がある

外国人の方もアイフルのカードローンを利用できるのですが、審査に通過しても「限度額」が少なく設定される傾向にあります。日本で働く外国人の多くは工場勤務などの出稼ぎ外国人が多く、収入が比較的低いためです。もちろん、上場企業勤務のエリートサラリーマンや、年収が日本人の平均値より高い人の場合は、50万円ほどの限度額に上げてもらえる可能性も高いですよ。

アイフルの評判

では、アイフルの評判を見てみましょう。実際に審査に通過した人や落ちてしまった人の口コミを確認することで、アイフルのメリットやデメリットの特徴を把握していきましょう。

アイフルの評判|42歳・アルバイトの場合

O.Nさん42歳 勤続年数13年 アルバイト 年収320万円 希望限度額50万円成功

友人への借金返済にアイフルで借入れに成功しました。今回始めてアイフルを利用しましたが、電話での対応も良くて好感が持てました。2〜3日程度返済日に遅れそうな時はアイフルのサイトから返済日の延長の申請ができるので、何度か利用させてもらっています。

申請から入金までのスピードも早いと思うので、アイフルは便利に使えると思います。

アルバイトのO.Nさんは無事アイフルの審査に通過しているようですね。この人の特徴としては、「アルバイトだけど勤続年数が長くて年収もそこそこある」点にありそうですね。今までに他社のカードローンを利用していたこともあり、今回の審査にも通過しやすかったことでしょう。このように、過去にカードローンを利用したことがある人でクレヒスがきれいな人は、特に審査にも有利な傾向になります。

アイフルの評判|24歳・正社員の場合

S.Tさん24歳 勤続年数2年 正社員 年収200万円 融資30万円成功

急な出費が必要になり、急遽アイフルを利用してみました。初めて消費者金融でのカードローンだったんですが、あっさり審査に通過してよかったです。まだ返済中ですが、しっかりと完済しようと思います。

S.Tさんは年収こそ少ないのですが、正社員であることと勤続年数が2年あることで、審査に通過できたのでしょう。また、24歳という若さなので、クレヒスはほとんど真っさらな状態に近いはずです。正社員だと、社会的な信用度が高まるので、アイフルでの審査にも通過させやすくなりますよ。

アイフルの評判|29歳・アルバイトの場合

S.Iさん29歳 勤続年数6年 アルバイト 年収250万円 融資10万円否決

他社でも何度も落とされて、今回申請したアイフルでもだめでした。去年何度も他社でのカードローンを滞納してしまい、他社のカードローンの契約が解除されたため、借り入れできる先を探しているところです。

諦めずにアイフル以外の他社へも申請してみようと思います。

S.Iの場合は「他社のカードローンを何度も滞納した」点と、何度もカードローン申請している点で、審査時に不利になったと言えます。もちろん、クレヒスに滞納履歴があれば審査が極端に通りにくくなるので、仕方がないでしょう。しかも何社も申し込みをして、落とされているようなので「多重申込」にあたり、この点でも審査に不利な状況となっているようです。

このような人は、他社へ申し込んでもおそらく落とされてしまうでしょう。クレヒスはしっかりと良い履歴を残しておかなければ、万が一の状況の時にカードローンを利用できないという辛い状況になってしまうでしょう。

アイフルは利用しやすさと対応の良さが人気

アイフルでは即日融資に対応しており、また電話での対応も非常に良いと評判も高いです。初めて利用する人にも、電話での問合せで親切に教えてもらえるので、インターネットの申し込みで困ることも無いでしょう。また、女性にも安心の「女性専用フリーダイヤル」も用意されていますよ。

アイフルでの審査通過率は40〜50%程度

アルバイトやパート主婦の方でもアイフルを利用できるのですが、口コミなどの評判を参考にしてみると、全体的な審査通過率はおよそ40〜50%程度と言えます。しかし、真面目に働いていてしっかりと安定した収入を得ている方は、大抵の場合、審査に通過しています。ただし、クレヒスの状態によってはアイフルでの審査に否決される状況を作ってしまうので、クレヒスにはしっかりと注意しておきましょう。

アイフルに申し込むべき人

初めてキャッシングに申し込む人(30日間無利息!)

プロミスアコムなどの大手消費者金融と同様に、アイフルでも初回利用の方向けに「30日間無利息サービス」を実施しています。実は、アイフルが「30日間無利息サービス」をスタートしたのはここ最近のこと。アイフルをまだ利用したことの無い方は、ぜひ申し込みを検討してみましょう!

急いでいる人(即日融資OK)

アイフルなら審査最短30分で「即日融資」も期待できます。フリーダイヤルに電話することで審査時間をよりスピーディにする方法が設けられている点も嬉しいポイントです。まとまったお金が必要になるシチュエーションは急にやってきますが、そんな時にアイフルは頼りになるのですね。

家族バレを避けたい人(配達時間えらべーる&てまいらず)

「配達時間えらべーる」は、本人様限定配送&時間指定でカードを届けてくれる、PC・スマホ限定のサービス。「自宅郵送でローンカードを受け取りたいけど、家族バレが心配」という方でも、家族にカードローンの利用が知られることを避けられます。

さらに、自宅受け取りを避けたい方には「てまいらず」(無人契約でんわBOX)の利用が便利です。オペレーターに電話をかけるだけでスムーズな契約&カード発行が実現しますので、ご近所に「てまいらず」がある方は利用してみましょう。

職場バレを避けたい人

アイフルでは、職場や自宅への電話連絡(在籍確認)が必須。しかし、電話は事前の了解を取った上でかけますし、個別事情や心配な点にも柔軟に相談に乗ってくれるようです。アイフルは、在籍確認のある消費者金融においては最も安心して利用できる万全な体勢が整っています。周囲に秘密でカードローンを利用したい方にもおすすめです。

アイフルのおすすめ申込方法

アイフルでは「ホームページ」(パソコン・スマートフォン・携帯電話)ほか、フリーダイヤル、店舗窓口、契約ルーム(無人契約でんわBOX「てまいらず」)の、4種類の申し込み方法を用意しています。今回はおすすめの申し込み方法を2つをご紹介しましょう。

WEB完結申込(来店不要)

インターネット経由の手続きで来店不要。「WEB完結」は、申し込みから契約、借り入れまでをオンラインでおこなう便利な方法です。

具体的には、アイフル公式ホームページの「いますぐWEBからお申し込み」をクリックし、必要箇所へ入力します。この時、メールアドレスと運転免許証を用意してください。申し込みが終わると、審査、契約手続きを経て借り入れ可能になります。なお、利用時(借り入れ)にはインターネットからの振り込み予約OKです。

ちなみに、インターネット申し込み&振り込み予約は、24時間受け付けています。

お急ぎ審査(融資を急ぐ場合)

アイフルでは、融資を急いで欲しい場合の申し込み方法も明記されています。

手順としてはまず、インターネットから申し込みをおこないます。その後、申し込みの受け付け完了メールが届くので、フリーダイヤルへ電話しましょう。これにより、審査を優先的に受けることが可能になります。

その後、審査結果が電話またはメールで届くので、契約を済ませると借り入れ可能となります。借り入れ方法としては「ローン申込機」もしくは「振り込み」を選ぶ事ができます。いずれも、早めに申し込みをしておけば、即日融資が期待できますよ。

アイフルで借りるメリット

30日間無利息

アイフルで注目したい大きなメリットが「初回利用の無利息サービス」。「契約翌日から30日間は金利がかからない」という、大変嬉しいサービスです。

アイフルが「30日間利息0円サービス」をスタートしたのは2016年2月。ごく最近のことなのですね。大手消費者金融では無利息サービスを実施しているケースが少なくなかったため、これまではアイフルのウィークポイント(弱点)でもあったのです。今回、無利息サービスの実施に踏み切ったことで、将来的なサービス拡充も期待できますね。

無利息サービスについては2点だけ注意しておきましょう。

1つめは「契約翌日から無利息サービスがはじまる」という点です。金利がかからないのは「契約翌日から30日間」なので、この間にお金を借りないと無利息サービスが受けられなくなります。つまり、できるだけ早めに利用したほうがメリットは大きいと言うことですね。

2つめは「無利息サービスが全ての商品に適用されるわけではない」という点です。今回メインでご紹介している「キャッシングローン」ではもちろん適用されますが、「おまとめMAX」「かりかえMAX」「事業サポートプラン」などには適用されませんのでご注意を!

1秒診断

アイフルは、4項目の入力で借り入れ可能かをスピード診断してくれる「1秒診断」を公式サイト上に設けています。「1秒診断」は、簡易的な予備審査で「年齢」「雇用形態」「年収」「他社の借り入れ金額」の4項目を入力するだけで、即座に結果を表示してくれます。

例えば、利用対象年齢ではない方、年収に見合わない多額の借金を抱えている方、無職の方など「確実に審査に落ちる方」が無駄な申し込みをせずに済むわけです。

具体的な個人情報(氏名・住所・電話番号)の入力は不要で、1秒診断をおこなった記録はどこにも残らないため安心。こういったサービスが利用できる点も、アイフルを利用するメリットの1つと言えるでしょう。

女性利用者をきちんと意識している

アイフルの新規利用者は、女性が30%を占めているようです(*2014年10月時点)そのためか、アイフルでは女性利用者を意識したサービスや商品を用意しています。

1つめは「女性専用・新規申し込みダイヤル」を設けている点です。あまりカードローンやキャッシング自体を利用されたことのない女性は、不安と共に若干の恐怖感もお持ちかも知れません。しかし「女性専用・新規申し込みダイヤル」にかければ、オペレーターが丁寧に対応してくれますので、安心してご利用できることでしょう。

2つめは女性向け商品「SuLaLi」(限度額10万円、実質年利率18.0%)の存在です。こちらは、女性にとっての利便性を最大限に考慮しており、日常のちょっとした用途には大変便利な内容となっています。

「SuLaLi」の利用者は、女性オペレーターによる専門ダイヤル(平日9:00〜18:00の受け付け)が用意されているため、どんなことでも気軽に相談することができます。

申し込みは完全にWEB限定で、契約までがオンラインで完了。来店の必要がありません。さらに、返済日が過ぎていることをショートメッセージサービス(SMS)で伝えてくれます。電話や書類でいきなり連絡されることがないので、不安も感じにくいかと思います。

加えて、「SuLaLi」の専用カードは、女性が持つことを意識した可愛らしいデザイン。こちらは2種類から選ぶ事が可能です。いずれもローンカードには見えないデザインなので、財布に入れておいても安心ではないでしょうか。

おまとめMAX

消費者金融の用意するカードローンには、利用するメリットが少ないものもあります。限度額が低く、同時に実質年利率が低いなど、おまとめの目的が充分に果たせないわけです。

しかし、アイフルの用意する「おまとめMAX」(総量規制対象外の商品)は、実質年利率12.0%~15.0%、最大限度額500万円。これは、銀行カードローンに迫る好スペックさなので、複数の借り入れのおまとめほか、金利負担の軽減にも役立ってくれることでしょう。以下表で消費者金融の「おまとめ/借り換えローン」を比較しても、アイフルのスペックの高さが際立ちますね。

大手消費者金融の「おまとめ/借り換えローン」比較
サービス名 実質年利率 最大限度額
アイフル「おまとめMAX」 12.0%~15.0% 500万円
プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」 6.3%~17.8% 300万円
アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」 7.7%~18.0% 300万円

実質年利率が低めで、借り入れ限度額の大きい銀行カードローン。本来ならばおまとめローンに最も適していますが、審査は消費者金融よりも厳しめです。消費者金融の商品でおまとめするならば、アイフルの「おまとめMAX」は最良の選択肢の1つと言えるでしょう。

合わせて読みたい:おまとめローンランキング

ローン申込機(無人契約でんわBOX「てまいらず」)

アイフルでは無人契約でんわBOX「てまいらず」を用意しています。こちらは、電話で確認や質問をしながらカード発行までが円滑におこなえるため、初めて利用される方でも安心。同時に、パソコンやスマートフォンの操作が苦手(もしくはお持ちではない)年配者の方でも問題なく手続きできるかと思います。

即日審査(審査スピードが早い)

申し込み方法としてホームページまたは電話を選択すれば、30分から1時間程度の時間で審査完了します。

ただし、できる限り審査を急ぎたい場合には、ネット申し込みの後で「フリーダイヤル」に電話しましょう。すると「優先審査」を受けることができるため、できる限り最短の審査を期待することが可能です。

もしくは、店舗や契約ルームでの申し込みでもスピーディな審査が期待できるようです。店舗は平日の18時で終わってしまいますが、契約ルームは22時まで(土日祝含む)利用できます。例えば、会社の近くに契約ルームがある場合などは、帰宅途中に立ち寄って利用しても良いかもしれませんね。

即日融資も可能

アイフルでは、自社・提携先・コンビニのCD(キャッシュディスペンサー)・ATMほか、ネット・電話による振り込み予約、店頭での融資と3つの融資(借り入れ)方法が用意されています。

受け付け時間帯などに注意すれば、上記いずれの方法でも「即日融資」が期待できるのです。具体的には、午後14時を目安に申し込み完了してください。

アイフルで借りるデメリット

金利が高い

アイフルは「4.5%~18.0%」と、大手消費者金融の中では平均的な実質年利率(金利)に設定されています。しかし銀行カードローンを見ると、上限15%前後の実質年利率に設定されているケースも数多くあるのです。以下表で、大手消費者金融と銀行カードローンの実質年利率をご紹介します。

  カードローン名 実質年利率
消費者金融 アイフル 4.5%~18.0%
モビット 3.0%~18.0%
プロミス 4.5%~17.8%
アコム 4.7%~18.0%
銀行カードローン 三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%~14.6%
みずほ銀行カードローン (コンフォートプラン) 3.5%~14.0%
楽天銀行スーパーローン 4.9%~14.5%

アイフルには「初回利用の翌日から30日間の無利息サービス」があります。しかし、初回以降で、頻繁にカードローン・キャッシングを利用される方の場合は、「銀行カードローン」を利用したほうが金利を抑えることが期待できるでしょう。

提携CD/ATMで手数料がかかる

アイフルでは、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行ネット、西日本シティ銀行、親和銀行、Enet、ローソンなどのATMで「借り入れ・返済」が可能。この他、福岡銀行、熊本銀行では「借り入れのみ」、Famiポート、Loppiのコンビニ端末機では「返済のみ」可能となっています。

しかしいずれの提携CD/ATMでも手数料がかかってしまう点はデメリットの1つと言えるでしょう。具体的には、1万円以下の取り引きにつき入出金の度に108円、1万円超の取り引きにつき入出金の度に216円の手数料がかかるのです。

実は、三井住友銀行カードローンのように「提携する多くのCD/ATMで手数料無料」としているケースもあります。1回1回の手数料は小さくても、頻繁にご利用される方にとっては無視できない負担を言えそうです。

なおアイフルの自社ATMなら手数料無料ですが、全国に数百台しかないため、誰もが利用できる状況にはありません。利便性の観点からもCD/ATMで入出金する方は多いかと思いますので、ここはアイフルのデメリットの1つと言えそうです。

総量規制対象(専業主婦NG)

総量規制は消費者金融などに課せられたルールで「利用者の年収の1/3を超える借り入れは不可」となっています。つまり、年収の低い方ほど充分な借り入れが期待できないということですね。借りすぎによる借金苦を防ぐ上では確かに有効ですが、本当にまとまったお金が必要な時には少々困った事態になることも想定されます。アイフルは消費者金融なので、当然「総量規制」が適用されますよ。

なお専業主婦のような「無収入の方」は、総量規制のルール上では全くお金が借りられないことになります。0円の1/3は「0円」。実際には「配偶者貸付」などの借り入れ方法もありますが、用意する書類が多いなど、手続きも煩雑になりがちです。

この点でも、総量規制対象外の「銀行カードローン」は専業主婦の強い味方。専業主婦の方はまず「銀行カードローン」の利用を検討されると良いでしょう。

利用限度額が低い。総量規制の影響

消費者金融では総量規制のルールによって「年収の1/3まで」しか借り入れられない…。これが、アイフルのさらなるデメリットを浮き彫りにします。

つまり、総量規制のルールに則しますと、アイフルの最大限度額500万円を借り入れるには「1,500万円」(500万円の3倍)の年収が必要になるのです。限度額だけをみると大きいですが、実際にフルで利用できる方はだいぶ限られるということですね。

「銀行カードローン」は総量規制対象外

銀行カードローンは消費者金融に比べ融資限度額が大きく、実質年利率も低め。おまけに、年収によって、借り入れ額が制限されません。審査は消費者金融よりも厳しいですが、場合によっては銀行カードローンの利用を検討したほうがお得なケースがあることも覚えておきましょう。

在籍確認あり

アイフルでは、在籍確認の電話が必須となっているようです。家族や職場にバレないよう、各社ともに細心の注意を払い、万全の体制を整えていますが、中には「どうしても在籍確認の電話はしないで欲しい」という方もいます。そういった方は、例えば「電話連絡なし」を明記する「モビット」などの利用を検討すべきかと思います。

アイフルには大変良心的な配慮があります。

それは「事前の了承なしには電話はしない」と公式ホームページに明記している点で、同時に「心配・不安や個別の事情に対して担当者が相談にのってくれる」とも書かれています。

アイフルの「在籍確認の電話が必須な点」は確かにデメリットになり得ます。しかし、在籍確認ありの消費者金融の中では「アイフルは1番安心して利用できる」といっても過言ではないでしょう。

まとめ|良質なサービスが魅力

アイフルは1978年の設立以来、業績を伸ばし続けてきましたが、2006年には業務停止命令を受けることになりました。Affection、Improvement、Faithfulness、Unity、Liveliness(「(愛情や優しさ)」「努力や進歩」「忠実や信頼」「結束」「活気良い」)の頭文字がアイフル(AIFUL)の由来ですが、それにはそぐわない少々強引な営業や取り立てなどが表面化したからです。

さらに2009年には経営悪化によって「事業再生ADR」を申請するなど受難の時代は続きますが、現在に至るまで、銀行グループの傘下に入らず自主独立を貫いています。

このように、特に大変な目に遭ってきたアイフルですが、かえってその経験が現在のサービス拡充につながっている側面があるようです。今回ご紹介した「女性利用者や、電話連絡(在籍確認)における配慮」も苦い経験の反省が伺える一例と言えるでしょう。

そして「30日間無利息サービス」のスタートに象徴されるように、アイフルは顧客獲得のために進化を続けています。もちろん借り入れ限度額や実質年利率の面では「銀行系カードローン」には適わない部分もありますが、銀行系カードローンよりも審査は厳しくありません。良質なサービスを手軽に利用できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

銀行系カードローンの審査に落ちてしまった方は、次にアイフルの利用を検討しても損はないかと思います!

アイフル詳細情報

基本情報

商号 アイフル株式会社
本社所在地 京都市下京区烏丸通五条上る高砂町381-1
受付時間 インターネット申込受付時間:24時間・365日
登録番号 近畿財務局長(10) 第00218号

申込条件

入会資格 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方 ※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
申込方法 Web・電話・来店
年齢条件 満20歳以上満69歳以下
保証人 不要
対応地域 全国
必要書類 運転免許証、健康保険証など、収入証明書類

融資・返済

借入方法 Web・電話・来店
振込手数料 公式サイトを参照ください
提携ATM セブン銀行・イオン銀行・三菱東京UFJ銀行・西日本シティ銀行・親和銀行・ローソンATM・イーネット・福岡銀行・熊本銀行・ファミリーマート・Famiポート・ローソン Loppi、MINISTOP Loppi
ATM手数料 取引金額1万円以下の場合108円、1万円超の場合216円
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング
返済期日 入金日の翌日から35日後
返済方法 窓口、コンビニATM
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP