審査の難易度から在籍確認まで「三井住友銀行カードローン」を解説

三井住友銀行カードローン「審査から在籍確認」ローンカードでご融資

審査後にカードで借り入れ!低金利で限度額最高800万円

三井住友銀行カードローン「審査から在籍確認」ローンカードでご融資

スペック表

・お申込時満20歳以上満69歳以下の方。 ・原則安定したご収入のある方。 ・当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方。

診断 - 審査時間 - 融資時間 - 利用限度額 最高800万円
実質年率 4.0%~14.5% 無利息期間 - 総量規制 - 収入証明書 必要

三井住友銀行カードローンの特徴まとめ~おすすめの理由とは~

三井住友銀行カードローンは限度額最高800万円!カードローンの中では、比較的高額な融資が期待できます。WEB完結ほか、申し込み方法も多彩ですが、デメリットについても理解しておきましょう。

なお、三井住友銀行カードローンは「満20歳〜満69歳以下で、安定収入のある方」ならば、申し込みOK。パート・アルバイト、派遣社員の方でもOKということですから、このページで詳細を確認していきましょう!

三井住友銀行カードローンに申し込むべき人

スムーズに利用可能な銀行カードローンを選びたい方

三井住友銀行カードローンは「審査後にローンカードの発行が可能」です。現在の銀行カードローンは審査&融資のスピードアップが進んでいますが、全てがスムーズに利用できるわけではありません。その点、三井住友銀行カードローンならば、急な出費にも対応できるため、利用を検討する価値があると言えそうです。

融資を特に急ぐ方

たとえ理論的にはスムーズに利用可能とうたっていても、数時間程度で融資してくれるのか、あるいは丸1日かかるのか、融資までの時間で利便性はだいぶ違ってきます。そこで注目すべきは「審査のスピード」。三井住友銀行カードローンならば評判のスピード審査でスムーズな対応が可能。そのため、よりスムーズに借り入れまで手続きすることができるのです。

低い金利を求める方&ATM手数料を抑えたい方

三井住友銀行カードローンの実質年利率(金利)は4.0~14.5%。数あるカードローンと比較しても、低い金利で利用できます。なお三井住友銀行カードローンなら手数料0円のATMが多いため、余分な負担も抑えることが可能です。

三井住友銀行口座を持っている方

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座を持っていなくても利用可能です。ただし「三井住友銀行カードローンで借りるデメリット」でも詳しくご紹介するように、口座がないと利用できないサービスもあり不便な点もあります。

逆に、三井住友銀行の口座を持っている方にとって三井住友銀行カードローンは、大変使いやすいサービスを提供してくれます。

土日祝日にローンカードを発行してもらいたい人

三井住友銀行カードローンは、土日祝日でも審査に対応しています。ローン契約機は原則として土日祝日を含む「9時から21時」まで利用できますので、ローンカードの発行まで可能。急にお金が必要になった場合には大変心強いと言えそうです。

三井住友銀行カードローンのおすすめ申込方法

三井住友銀行カードローンには、なんと8通りの申し込み方法が用意されています。

「インターネット」をはじめ、EZweb、iモード、Yahoo!ケータイからアクセス可能な「モバイル」、SMBCダイレクトを利用する「インターネットバンキング」や「モバイルバンキング」ほか、「電話」「郵送」「窓口」そして「ローン契約機」と、申し込み方法は多彩です。

今回はその中から、おすすめの申し込み方法を2つご紹介致します。

三井住友銀行カードローンのWEB完結

申し込みから契約までの手続きがWEB(インターネット)で完了。来店不要で利用できます。「インターネットバンキング」(SMBCダイレクト)による申し込み方法がおすすめです。なお50万円を超える申込の場合、収入証明書類が必要です。

具体的な申し込み方法としては、パソコン・スマートフォンより「SMBCダイレクト」にログインして、メニュー中の「カードローン」を選び、必要な情報を記載します。早めに審査申し込みをしておけばスムーズに審査結果を連絡してくれます。なお審査結果は電話番号あるいはメールアドレスに届きます。(連絡時間は9時から21時。それ以降は翌日以降の連絡になります)

なお審査に通った方は、すでにお持ちの「キャッシュカード」(SMBCダイレクトの申込代表口座のキャッシュカード)で、カードローンがすぐに利用できるようになります。「ローン専用カード」を利用したい方は、ローン契約機や郵送によって受け取ることも可能です。

特にお急ぎの場合

特に融資を急いで欲しい方は「インターネット申し込み→ローン契約機」という方法もあります。

もちろん、ローン契約機で申し込みからカード発行までを済ませることも可能ですが、お急ぎの場合がなるべく早く申し込んだほうが良いですよね。インターネット申し込みは「ローン契約機までの移動時間」というタイムロスを省くために有効ですので、まずはインターネット申し込みを終えてから、ローン契約機へ移動する、という手順を取った方がスムーズかと思います。

三井住友銀行カードローンで借りるメリット

低金利で高額融資にも対応する銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは最高800万円の借り入れまで可能な銀行カードローン。したがって信販系や消費者金融のキャッシングサービスと比べて、低金利な上に高額な借り入れも期待できます。

最高800万円の限度額で審査が通れば低めの金利で高額の借り入れもできるため、安全性に加え、使い道の自由度も高くなっています。

借入の限度額最高800万円まで

貸金業者としてのノウハウやサービスが素晴らしいものの、資金力としてはやはり、メガバンクには及びません。

銀行カードローンとして最高800万円の「高額な利用限度額設定」も大きな魅力

三井住友銀行カードローンならば、個人向けカードローンの中でも高額な「限度額最高800万円」ですから、銀行カードローンならではのメリットを存分に享受できるでしょう。

高額融資で利用が捗る!

三井住友銀行カードローンは借り入れ金の使途が「原則自由」。(事業性資金を除く)。そこで注目したいのが高額融資を利用した低金利での利用です。以下、メリットを簡単にご説明致します。

一括返済で返済額もダウン

現在A社(借入額:100万円 実質年利率:15% 月々の返済額:30,000円)、B社(借入額:50万円 実質年利率:18% 月々の返済額:10,000円)から借り入れているとします。月々の返済額は合計40,000円で、金利負担も高めと言えるでしょう。

これを三井住友銀行カードローンにて「借入額:100万円 実質年利率:10% 月々の返済額:20,000円」で借りて、返済指定しまいます。

すると「1.月々の返済額の減少→40,000円から20,000円、半額にダウン!」「2.金利負担の軽減→実質年利率15%〜18%を実質年利率10%にダウン!」という2つのメリットを享受することができました。

なお、月々の返済日がバラバラで管理しにくい場合も、この方法で解決できます。

低金利で高額な借り入れは、「借金における月々の返済額&金利負担の軽減」を簡単におこなうことが可能な、大変賢い方法です。むしろ、すでに借金を抱えている方ならば「知らないと損をする知識」ということができるでしょう。

三井住友銀行カードローンならば「高額な利用限度額&低い実質年利率」という、最適な特徴を有していることは確かと言えるでしょう。

本人確認書類の他に収入証明書が必要です

三井住友銀行カードローンの審査では、本人確認書類のほか50万円を超える申込の場合、収入証明書の提出が必要となります。

収入証明書.例

  • 前年の確定申告
  • 源泉徴収票
  • 支払い調書
  • 納税通知書
  • 課税証明書
  • 給与支払明細書

上記収入証明書などの中より、1点〜数点の提出を求められます。これらの書類の準備は案外手間取ることがありますので、場合によっては「急いでいたのに利用できなかった」というようなことにもなりかねません。事前にきちんと必要書類を確認して用意しておきましょう。

スピード審査に対応

三井住友銀行カードローンはスピード審査が期待できます。

審査結果の連絡は9時から21時までとなっていますが、当然この時間内に余裕をもって審査を終えていなければ、連絡が翌日以降になる可能性が高いと考えられます。できれば、お昼前までの申し込みが確実ですが、遅くとも14時くらいまでの審査申し込みが安全と言えるでしょう。

審査後にローンカードを発行すればスムーズに利用できる

三井住友銀行カードローンならばローン契約機で審査後のローンカード発行にも対応しています。先ほどご説明したように「インターネット申し込み→ローン契約機でローンカード発行」の申し込み方法がスピーディですので、特にスムーズな利用を希望する場合には、最寄りのローン契約機を利用しましょう。

ローン申込機は1400台以上

三井住友銀行のローン申込機は日本全国に1,400台以上あります。こちらは、三井住友銀行の本店や支店、さらにプロミス店舗にも設置されています。土日祝日も夜21時まで利用できるため、たいへん便利です。

提携ATM/ATM手数料が無料

三井住友銀行カードローンを利用する大きなメリットの1つです。

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行ATMをはじめ、Enet、ローソンATM、セブン銀行ATMなどのコンビニATMほか、ゆうちょ銀行が利用可能。こちらに関しては「ATM手数料/時間外手数料も無料」となっています。(なお、他の提携金融機関ATMも利用可能ですが、利用手数料・時間外手数料が必要です)

例えば同じ銀行カードローンでも「みずほ銀行カードローン」などでは基本的に、提携ATM/ATMの手数料がかかります。1回1回は少額でも、積み重なれば大きな負担になりますので「ATM手数料/時間外手数料も無料」は大変嬉しいスペックの1つと言えるでしょう。

低金利|実質年利率が4.0~14.5%

「銀行カードローンは実質年利率が低い(低金利)」と繰り返して言ってきましたが、もう少し具体的に比較してみましょう。
例えば、消費者金融カードローン「プロミス」は4.5~17.8%、「アコム」は4.7~18.0% という実質年利率。消費者金融カードローンの実質年利率はどこも概ね、このようになっています。

それと比較して、三井住友銀行カードローンの実質年利率は4.0~14.5%。プレミアムコースやエグゼクティブプランなど、特殊な商品を除けば、大手銀行カードローンの中では平均的です。このように、銀行カードローンは実質年利率がもともと低いため、同じ金額を借りるならば、消費者金融カードローンよりも低金利な確率が極めて高いと言えるでしょう。

銀行口座不要

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行に口座がない方でも申し込めます。みずほ銀行カードローンのように、口座開設が必須の銀行カードローンもある中で、こちらもメリットの1つと言えそうです。
なお、三井住友銀行に口座がない方「ローン契約機」から申し込みをおこなってください。

返済日を選べる

カードローンの中には、返済日が固定されているケースもあります。給料日などとの兼ね合いを考えると、相性の悪いカードローンもあるはずです。しかし、三井住友銀行カードローンならば、毎月の返済日を「5日、15日、25日、月末」から選択可能となっています。

なお、返済方式は「残高スライド方式」といって、返済時の借り入れ残高によって返済額が変化します。

以下、月々の返済額を表にまとめました。

月々の返済額
借り入れ残高 返済額
1万円未満 借り入れ残高+利息の合算額
50万円以下 1万円
50万円超〜100万円以下 1万5千円
100万円超〜150万円以下 2万円
150万円超〜200万円以下 2万5千円
200万円超〜250万円以下 3万円
250万円超〜300万円以下 3万5千円
300万円超〜350万円以下 4万円
350万円超〜400万円以下 4万5千円
400万円超〜450万円以下 5万円
450万円超〜500万円以下 5万5千円
500万円超〜600万円以下 6万円
600万円超〜700万円以下 6万5千円
700万円超〜800万円以下 7万円

なお、余裕があれば上記以上の金額を返済可能。例えば、毎月5日に1万円ずつ返済し、25日の給料日に5万円返す、などという柔軟な返済もできるようになっています。

三井住友銀行カードローンで借りるデメリット

振込キャッシングはNG

三井住友銀行カードローンには「振込みキャッシングサービス」がありません。つまり、指定口座への「振込み融資による借り入れ」ができないということになりますので、例えば他行のネットバンキングを利用される方などにはデメリットとなるでしょう。

なお、三井住友銀行カードローンの借り入れ方法は、ATMかインターネットバンキングの2通りとなっています。(「普通預金口座への自動融資」もありますが、こちらは自動引き落としの不足分に対して自動で補填融資する方法です)

口座が無いと不便

公式サイトに「口座をお持ちの方のカードローン メリット」というページが設けられていることからも分かるように、三井住友銀行カードローンは「口座の開設が前提」という印象です。具体的には、口座がないと以下のサービスが利用できません。

1.インターネットバンキング

来店不要のWEB完結。審査&契約後はすぐに利用可能。普通預金のキャッシュカードで借り入れできるほか、ホームページで利用状況の確認もできます。

2. SMBCポイントパック

カードローンの返済用預金口座に「SMBCポイントパック契約口座」を指定。すると、通常は手数料がかかる「普通預金口座のATM時間外手数料などが無料」になる特典が受けられます。

3.口座引落での返済

三井住友銀行の口座がないと、返済方法は「ATM」もしくは「振込み」に限定されます。

4.自動融資

残高不足時の「自動借入れサービス」も口座がないと利用不可です。

専業主婦・学生・年金生活者はNG

公式ホームページの「お申し込みいただける方」の項目を見ると「満20歳以上満69歳以下で原則、安定収入のある方」と旨の記載があります。この通りに解釈しますと、収入のない「専業主婦」、「アルバイトなどをしておらず、なおかつ20歳未満の学生」「年金生活者」などの方々は三井住友銀行カードローンを利用できないことになります。

公式ホームページの「よくある質問」の項目を見ても、専業主婦・学生・年金生活者の方々についての記載がないため、利用不可と考えておいたほうがよいでしょう。

簡易審査(診断)なし

簡易審査とは、融資可能かどうかをすぐさま判定してくれるサービスで「お試し審査」「10秒審査」などと呼ばれています。カードローンによっては、簡易審査を公式ホームページ上に用意していることもあるのですが、三井住友銀行カードローンには残念ながら設けられていません。

これで何が困るのかと言えば「審査落ちしやすい方」が申し込みをしてしまい、結果「審査に落ちた」という情報が「信用情報機関」に記録されてしまう点です。

「信用情報機関」の記録は、カードローン各社が審査の際に参照しますので「審査に落ちた」という記録があると、当然担当者の警戒心を招くことになります。つまり「以降の審査が不利になる可能性」が出てくるのです。

特に「借り入れ件数の多い方」「カードローンやキャッシングですでに高額の借り入れをしている方」「数年以内に債務整理をされた方」などに対しては入念な審査が行われます。こういった方は、事前チェックが可能な「簡易審査のあるカードローン」を利用されたほうが安全でしょう。

無利息期間無し

カードローンの中には「初回利用で無利息」(プロミス、アコム、レイクなど)や「何度でも1週間無利息」(ノーローン)など、魅力的な「無利息期間サービス」が用意されているケースも。

しかし残念ながら三井住友銀行カードローンには無利息サービスが設けられていません。したがって「カードローンを年に数回程度しか利用しない」「少額を借り入れてすぐに返済できる」などといった方の場合には、「無利息サービスのあるカードローン」を利用して方がお得な可能性もあります。

職場バレが心配?〜在籍確認あり

三井住友銀行カードローンでは、自宅や職場への在籍確認(電話連絡)が行われているようです。これは審査の一環としてごく当たり前に行われています。

しかし在籍確認(電話連絡)では、銀行名もしくは個人名で電話をしてくれるほか「カードローンの利用」を匂わすようなことは絶対に言わないので、ご家族や職場にバレるような心配はまずありません。

しかし「どうしても心配だから絶対に電話連絡はイヤだ」ということであれば、三井住友銀行グループの消費者金融会社「モビット」のご利用を検討されると良いでしょう。こちらは「WEB完結」という申し込み方法ならば「電話連絡なし」「郵送物なし」を明記しています。電話連絡はもちろん、ご自宅に届く郵送物もないため、ご家族や職場にカードローン利用がバレる可能性を、限りなく抑えられることでしょう。

まとめ|低金利で限度額が魅力!三井住友銀行の口座があるならおすすめ

メガバンクを代表するカードローンの1つ三井住友銀行カードローン。広告やテレビCMで、なんとなくその存在を知っていた方も多いことでしょう。なお三井住友銀行口座をお持ちで、特にトラブルを起こしていない方でなおかつ「カードローンやクレジットカードや借金関係でトラブルを起こしていない方」ならば、審査に通る可能性は大変高いかと思います。

もちろん「絶対に審査に通る」ということは保証できませんが、三井住友銀行の顧客である以上、信頼もありますし、落とせば印象が悪くなるため、よほどの理由が無い限りはまず落とされないかと思います。
仮に落とされてしまった方は信用情報に問題がある可能性もありますので、1度「信用情報機関への情報開示」をおこなうことが得策でしょう。

契約極度額も最高800万円と高額で低金利。さらにはATM手数料もかからない

結論としまして、すでに三井住友銀行口座を持っている方で「カードローンを利用したい」と考えている方には「最適なカードローンの1つ」と言えるかと思います。

三井住友銀行カードローン詳細情報

基本情報

商号 株式会社三井住友銀行
本社所在地 東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
受付時間 9時~21時(1月1日を除く)
登録番号 関東財務局長(登金)第54号

申込条件

入会資格 ・お申込時満20歳以上満69歳以下の方。 ・原則安定したご収入のある方。 ・当行指定の保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証を受けられる方。
申込方法 Web・電話・来店
年齢条件 満20歳以上満69歳以下
保証人 不要
対応地域 全国
必要書類 ・本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付き)等) 50万円を超えるお申込には、ご本人さまのご年収が確認できる資料をご準備ください。

融資・返済

借入方法 Web・電話・来店
振込手数料 銀行振込の際の振込手数料は、お客さまのご負担となります。
提携ATM コンビニ(ローソンなど)・、セブン銀行・ゆうちょ・提携金融機関のATM
ATM手数料 一部利用者負担
返済方式 残高スライド元利定額リボルビング方式
返済期日 毎月5・15・25日からお申し込み時に選択することが可能です。
返済方法 口座自動引落、ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、コンビニエンスストアに設置のATM/CD等から返済可能
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2017 Agoora.inc.

TOP