事業者向けローンと個人向けカードローンの違い

161view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

事業者向けローンと個人向けカードローンの違い

事業者向けローンと個人向けローンの違いについて、名称から「事業者向けローン=ビジネスの経営者が利用する」「個人向けローン=一般消費者が利用する」という風にイメージしやすいかもしれませんが、しっかりと説明できる人は実はあまり多くはないでしょう。

そこでこの記事では、これらの事業者向けローンと個人向けローンについて詳しい解説を進めていくので、しっかりと理解を深めて各種ローンへの申し込みを検討してみましょう。

事業者向けローンと個人向けローンの違いとは?

まず、事業者向けローンと個人向けローンの違いを紹介していきます。項目ごとに確認してみましょう。

事業者向けローンと個人向けローンの違いについて

  • ローンの利用対象となる人
  • ローンで借りたお金の利用目的
  • ローンへの契約時に必要な書類
  • ローンの金利や限度額は?
  • ローンの融資までのスピード

ローンの利用対象となる人

banzai_businessman1

事業者向けローンと個人向けローンの対象となる人には違いがあります。事業者向けローンでは、その名称の通り「事業者」のためのローンとなっていて「ビジネスローン」や「商工ローン」とも呼ばれています。この事業者向けローンは、主に法人の事業者や個人事業主が利用できて、消費者金融などの貸金業者が提供する「ノンバンク系の事業者向けローン」と銀行の「銀行系の事業者向けローン」があります。

一方で個人向けローンとは「一般消費者」が利用できるローンとなっていて、安定した収入がある人、また、専業主婦や年金受給者が利用できるローンもあります。個人向けローンには「カードローン」や「フリーローン」、マイカーローンなどの「目的別ローン」、また「住宅ローン」なども個人ローンの一種です。個人向けローンも消費者金融が提供しているローンと、銀行系のローンがあり、事業者向けローンと違ってさまざまな種類のローンがあります。

事業者向けローンと個人向けローンの利用対象となる人
ローンの区分 事業者向けローン 個人向けローン
利用対象となる人 法人の事業者や個人事業主など。事業を営んでいる人が利用できる。 一般消費者が利用できる。安定した収入がある人や専業主婦、年金受給者が使えるローンもある。個人向けローンの種類によって、申し込み対象が異なる場合もある。

ローンで借りたお金の利用目的

それぞれのローンで借りたお金の使い道を確認してみましょう。まず、事業者向けローンは事業の運転資金や設備投資など、事業に関する資金にしか使えません。

一方で個人向けローンは、カードローンやフリーローンであれば事業資金以外に使え、マイカーローンやブライダルローンなどの目的別ローンの場合は、その対象となる目的にしか利用できません。

事業者向けローンと個人向けローンの利用目的
ローンの区分 事業者向けローン 個人向けローン
借りたお金の利用目的 事業に関する費用にしか利用できない。 カードローンやフリーローンの場合は、事業以外の費用に使える。目的別ローンは、その対象となる目的にしか利用できない。

ローンへの契約時に必要な書類

事業者ローンへの申し込みに必要な書類は、運転免許証などの「本人確認書類」の他、事業の内容や業績を説明できる書類が必須となります。法人の場合は決算書や登記事項証明書が必要となる場合があり、個人事業主の場合は確定申告書などで収入を証明します。

また、個人向けローンの場合は運転免許証などの「本人確認書類」が必須となり、利用するローンによっては「収入証明書」などが必須となる場合もあります。

ローンへの契約時に必要な書類
ローンの区分 事業者向けローン 個人向けローン
契約時に必要な書類 本人確認書類、決算書、登記事項証明書、確定申告書など 本人確認書類(収入証明書が必須となる場合もある)

ローンの金利や限度額は?

ローンの金利や限度額は?

また、それぞれの金利や限度額ですが、利用先の金融機関によって大きく異なります。例えば事業者向けローンの場合、銀行系事業者向けローンでは金利5%〜10%、限度額3000万円〜1億円前後となっていて、ノンバンク系事業者向けローンでは金利10%〜15%、限度額は300万円〜1000万円前後となっています。

個人向けローンの場合も利用する金融業者や利用目的によってスペックが異なり、カードローンやフリーローンの場合は10%〜18%で限度額は300万円〜1000万円ほどとなっています。また、マイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンの場合は金利1%〜5%ほどの場合が多く、数千万円単位の高額なローンが期待できます。

ローンの融資までのスピード

事業者向けローン、個人向けローンの融資までのスピードについては、どの金融業者がそのローンを提供しているかによって異なります。事業者向けローンであっても消費者金融などの貸金業者が提供する場合は最短即日という場合もありますし、銀行が提供するローンの場合はしっかりと審査される場合が多く、審査に日数がかかる場合もあります。

個人向けローンに関しても、融資までには同じようなスピードです。消費者金融などのカードローンであれば即日融資も期待できますが、銀行カードローンでは融資まで2週間程度かかる場合もあります。

事業者向けローンと個人向けローンの商品内容はほぼ同じ

このように、事業者向けローンと個人向けローンは、利用目的や申し込める人に違いがありますが、金利や限度額などのローン商品の内容は似たようなものとなっています。次の項目では、どのようなタイミングで、どちらのローンを利用すべきなのか解説していきます。

事業者向けローンを利用すべきタイミング

前提として、こちらは事業を営んでいる事業者や個人事業主が対象となります。

  • 運転資金が足りなくなりそうな時
  • 設備投資にお金が必要な時
  • 業績が良く、安定した収益を上げている時

運転資金が足りなくなりそうな時

運転資金が足りなくなりそうな時

当たり前ですが、事業の運転資金が足りなくなったら事業の運営を続けられません。このため、運転資金が足りなくなる前に事業者向けローンでお金を借りることになります。また、取引先の支払い状況が悪く、売掛金が回収できずに手元にお金が入ってこない、という状況になってしまう恐れもあるでしょう。このようなタイミングの時にも事業者向けローンの利用がおすすめです。

また、すぐに資金が必要な時であれば、融資までスピーディーな、消費者金融が提供しているノンバンク系の事業者向けローンがおすすめです。

設備投資にお金が必要な時

設備投資や新規事業の立ち上げ時なども、旧なお金が必要となるタイミングです。ライバル会社と差をつけるためにも、ここぞというタイミングで事業拡大したい場合もあるはずです。このように大きなお金が必要となった時は、銀行系の事業者向けローンでの融資がおすすめでしょう。

業績が良く、安定した収益を上げている時

業績が良く、安定した良く、黒字経営を続けている状況も融資を受けるタイミングと言えるでしょう。事業の業績は、社会の景気によっても大きく左右されます。今まで安定して収益を上げられていたけど、仕入れ価格が上昇してしまい赤字になってしまった、というケースも少なくありません。

また、赤字経営(=貸借対照表、バランスシート内で負債がある)の状態であれば、なかなか融資してもらえないんですよね。急に融資が必要なタイミングでローンの審査に通過できない、という状況は事業の死活問題です。このため、黒字経営の時に前もって融資を受けておく方法もおすすめと言えるでしょう。

個人向けローンを利用すべきタイミング

また、個人向けローンを利用すべきタイミングを確認していきましょう。ここでの個人向けローンとは、誰でも使いやすい消費者金融や銀行の「カードローン」について解説を進めていきます。この個人向けのカードローンは、一般消費者、事業者、個人事業主など、原則、無職以外のステータスの人が申し込み可能となっています。

  • 家賃や食費などの生活資金が足りなくなった時
  • 冠婚葬祭などの急な出費が重なった時
  • 事業資金以外の用途の場合は、事業者であっても個人向けローンの利用が必須

家賃や食費などの生活資金が足りなくなった時

家賃や食費、光熱費などの生活費が足りなくなった時には、カードローンなどの個人向けローンが便利に利用できます。借りたお金の利用目的が限定されていないため、家賃や食費、光熱費などでも使えます。また、これらの生活資金は毎月必要となるため、お金か無くなりそうなタイミングでカードローンなどを検討してみましょう。

冠婚葬祭などの急な出費が重なった時

冠婚葬祭などの急な出費が重なった時

また、冠婚葬祭などで急な出費が重なった時など、カードローンはうまく活用できます。先ほども解説したように、カードローンで借りたお金の使い道は「事業資金以外」であれば何に使ってもOKなので、冠婚葬祭などのお金にも使えます。

結婚式やお葬式などは、急に出費が必要となる場合が多いんですよね。手持ちの資金が足りなくなった時には、うまくカードローンを利用してみましょう。

事業資金以外の用途の場合は、事業者であっても個人向けローンの利用が必須

また、覚えておいて欲しいのは「事業者であっても、事業資金以外のお金を借りる時には個人向けローンを利用」しなければいけません。事業者向けローンという名称ではあるのですが、個人的に借金したい場合は個人向けローンを利用する必要があります。

事業者向けローンは生活費に使えない

基本的には事業者向けローンは生活費など、事業以外のお金には使えません。もし、事業者向けローンを生活費などに利用していて金融業者にバレてしまうと、規約違反となってしまってその時点で一括返済を求められる可能性もあるでしょう。このように、事業者向けローンと個人向けローンで借りたお金の利用目的は、明確に区別されているため十分に注意しておいてくださいね。

まとめ|事業者向けローンと個人向けローンを区別して利用する!

この記事では、事業者向けローンと個人向けローンの違いについて、詳しく解説してきました。まとめとして、再度ポイントを抑えておきましょう。

事業者向けローンと個人向けローンの違いは利用目的のみ

事業者向けローンは事業資金に使えるローンで、個人向けローンは事業資金以外に使えるローンです。商品内容としては、どちらもほとんど同じローン商品となるのですが、利用できる目的が異なっている点には注意です。また、先ほども解説しましたが、事業者でも生活費などに使うお金を借りたい時には事業者向けローンではなく「個人向けローン」の利用となります。

事業者向けローンと個人向けローンの契約時に必要な書類に注意

実際に事業者向けローンや個人向けローンと契約を行う時には、提出が必要な書類が異なる点にも注意です。個人向けローンであれば本人確認書類のみの提出でOKとなる場合もありますが、事業者向けローンは本人確認書類の他に業績を証明する書類の提出も必要となるので注意しておきましょう。

事業者向けローンは高額な融資が多く審査基準が高め

また、事業者向けローンは高額な融資額となる場合もあるため、審査基準が高い傾向があります。ただし、業績さえ安定していて黒字経営ができていれば、審査には通過させやすいでしょう。

事業者向けローンと個人向けローンとを使い分ける

事業者の人は、事業者向けローンと個人向けローン、どちらでも利用可能なので、この記事を参考にしながらローンを使い分けるようにしてみてくださいね。

個人事業主の人は個人向けローンもうまく活用する

個人事業主の人は個人向けローンもうまく活用する

また、個人事業主で小規模な経営をしているような人は、事業資金と生活資金が一緒になっている場合もあるかもしれません。個人事業主は事業内容の不透明性から事業者としてのステータスが低く見られがちで、事業者向けローンの審査に通過させにくい傾向もあります。このような状況の場合、個人事業主は事業者向けローンの申し込み手続きを行うのではなく、生活資金を全て運転資金に利用し、足りなくなった生活費を個人向けローンで借りる方法もおすすめでしょう。

事業者向けローンと個人向けローンをうまく使い分けて、資金不足を上手に乗り切ってみてくださいね。

事業者向けローン
事業用で借りるなら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP