資金調達の方法まとめ~ビジネス・事業用途の資金を借りるには

184view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

資金調達の方法まとめ~ビジネス・事業用途の資金を借りるには

事業を営んでいる事業者や経営者の人は急に運転資金が必要となり、資金調達が必要に迫られる状況になってしまうこともあるでしょう。また、個人事業主でしっかりと収入を得ている人でも、設備投資や事業拡大などで大きな資金が必要となる場合もあるはずです。

そこでこの記事では、事業者が資金調達する方法について詳しく解説していきます。どのような資金調達方法があり、自分にはどの方法が適しているのか、しっかりと確認してみてくださいね。

資金調達には様々な方法がある

まず、事業者が資金調達する方法についてまとめてみましたので、項目ごとに確認していきましょう。

  • 公的機関から融資を受ける
  • 銀行から融資を受ける
  • 助成金や補助金で資金調達する
  • ベンチャーキャピタルから出資してもらう
  • 個人投資家(エンジェル投資家)から融資を受ける
  • ファクタリングで資金調達する
  • 消費者金融などの事業者向けローンを利用する

公的機関から融資を受ける

事業者に最も馴染みのある資金調達方法と言えるでしょう。公的機関である日本政策金融公庫が事業者に対して融資を行なってくれます。また、日本政策金融公庫では様々な融資が用意されていて、開業時に利用する「開業資金」や設備投資などに利用する「運転資金」などの融資を受けられます。

公的機関からの融資は数千万円単位と限度額が高額、金利は2%前後で非常に低金利なため、事業者はとても有利に利用できるはずです。

日本政策金融公庫からの融資はおよそ1〜2ヶ月かかる

ただし、公的機関による融資は低金利で高額な限度額となるため、しっかり厳密に審査されるんですよね。このため、申し込み〜審査通過、融資までにはおよそ1〜2ヶ月かかってしまう可能性があり「できるだけ急いでお金を借りたい」という人には不向きと言えるでしょう。ただし、数千万円という高額な融資を受けるためには、前もってしっかりした事業計画を立てておくことも必須条件と言えますよね。

銀行から融資を受ける

また、事業者が受けられる融資は銀行からも提供されています。銀行によって様々なタイプの融資が用意されているのですが、限度額は1000万円〜1億円、金利はおよそ2%〜10%前後となっています。融資までのスピードは日本政策金融公庫と同程度で、1ヶ月〜2ヶ月前後かかる場合もあるようです。

助成金や補助金で資金調達する

助成金や補助金は返済する必要がないため、事業者にとって最も有利な資金調達方法となるでしょう。ただし、事業者は誰でも利用できるのではなく、申請期間内に申し込みが必須となり、特定の条件を全てクリアしなければいせません。

ベンチャーキャピタルから出資してもらう

ベンチャーキャピタルから出資してもらう
ベンチャーキャピタルとは、主にベンチャー企業に対して「資金援助」や「経営ノウハウ」などの経営支援を行う投資会社のことです。最近では若手起業家のベンチャーキャピタルなどもあり、特にスタートアップと呼ばれているようなITベンチャー企業への投資も頻繁に行われています。

このベンチャーキャピタルの投資目的ですが、将来有望な会社の株を安く買っておき、ベンチャー企業が成長した時に高値になった株を売って利益を得ます。売却額の目安ですが、5年間で10倍のリターンが必要とも言われています。特にITベンチャーの経営者であれば、このようなベンチャーキャピタルからの融資を検討してみてもよいかもしれませんね。

個人投資家(エンジェル投資家)から融資を受ける

また、近年ではエンジェル投資家とも呼ばれている個人投資家も増えてきています。特に有名な個人投資家から融資を受けるには、広い人脈が必要となりますが、最近では事業者が個人投資家へのSNSダイレクトメッセージなどを通して、直接個人投資家から融資を行なってもらうケースなども増えてきています。

有名な個人投資家であれば業界内での横の繋がりもあるため、事業者にとって非常に心強いパートナーとなるでしょう。もし、個人投資家をよく知っているという人は、直接打診してみるのも良いかもしれませんね。

ファクタリングで資金調達する

ファクタリングで資金調達する

売掛金が回収できないという場合は、ファクタリングという方法で最短即日で資金調達できます。このファクタリングとは、事業者が持っている売掛金をファクタリング会社へ売却することで、最短で即日現金に変える仕組みのことを指します。また、ファクタリング会社への手数料として数パーセントの支払いが必須となりますが、資金調達を急いでいる事業者にはおすすめの方法です。

このファクタリングは融資やローンとは違い、売掛金を売却することで手続きが完了するため、ファクタリングで調達した資金は返済しなくてOKなんです。

消費者金融などの事業者向けローンを利用する

事業者が最も利用しやすいと言えるのが、消費者金融などの貸金業者が提供している事業者向けローンでしょう。消費者金融が事業者向けに提供しているローンは、ノンバンク系の事業者向けローンとも呼ばれています。ノンバンク系の事業者向けローンは、限度額300万円〜1000万円程度、金利10%〜15%ほどで、公的機関や銀行の融資よりも条件は良くありませんが、審査基準が緩やかで最短即日の資金調達も期待できます。

運転資金が足りない時はノンバンク系事業者向けローンでお金を借りる

事業者はこのように様々な資金調達方法があるのですが、個人事業主などで手元の事業資金が少し足りない、という場合はノンバンク系の事業者向けローンの利用がおすすめです。

ノンバンク系の事業者向けローンのメリット

ノンバンク系の事業者向けローンのメリットは、下記のような項目が挙げられます。具体的に確認していきましょう。

  • 融資までのスピードが早い
  • 審査基準が緩やか

融資までのスピードが早い

ノンバンク系の事業者向けローンは、申し込み〜融資までとてもスピーディーとなっていて、最短では即日融資してもらえる場合があります。ノンバンク系事業者向けローンは消費者金融が提供するものが多く、消費者金融は審査がスピーディーな傾向があります。事業者向けローンは、急に事業の運転資金が足りなくなった場合など、とても有利に活用できるでしょう。

審査基準が緩やか

また、ノンバンク系の事業者向けローンは、銀行などの融資と比較すると、非常に審査基準が緩やかになっています。銀行の融資であれば、個人事業主の審査通過は難しい傾向にあるのですが、ノンバンク系事業者向けローンでは個人事業主でも十分に審査通過を狙えるでしょう。

ノンバンク系の事業者向けローンのデメリット

ノンバンク系の事業者向けローンには多くのメリットがありましたが、デメリットとなる項目もあります。

  • 金利が高い
  • 限度額が小さい

金利が高い

ノンバンク系事業者向けローンは、最短即日融資が期待できて非常に使いやすいのですが、金利が高い傾向にあります。ノンバンク系事業者向けローンでは、金利10%〜18%となっていて、長期の借り入れにはあまり向いていないと言えるでしょう。高い金利で長期間の借り入れを行なっていると、利息が高額となっていき、返済総額が大きく膨らんでしまうためです。長期間な返済を検討している事業者の人は、銀行融資か公的機関からの融資を狙いましょう。

限度額が小さい

また、ノンバンク系事業者向けローンは限度額300万円〜1000万円程度と、ビジネス向けのローンとしては非常に低い限度額となっています。個人事業主などで、一時的な運転資金を借り入れる際などは十分に足りる金額ですが、事業拡大や設備投資などで大きなお金を借りたい時には銀行からの融資を検討してみましょう。

ノンバンク系事業者向けローンで資金調達の手続き方法!

また、このノンバンク系の事業者向けローンは、銀行や消費者金融などのカードローンと同じように、申し込み手続きがとても簡単なんです。ノンバンク系事業者向けローンの手続きや、利用するまでの流れを確認していきましょう。

  1. ノンバンク系事業者向けローンへ申し込む
  2. 事業者向けローンの審査が行われる
  3. 必要な書類を提出する
  4. ノンバンク系事業者向けローンで融資を受ける

①ノンバンク系事業者向けローンへ申し込む

気になるノンバンク系事業者向けローンが見つかれば、申し込みましょう。事業者向けローンの公式サイト上には申し込みページが用意されているため、申し込みページにアクセスし、パソコンやスマホから入力を進めていきます。

②事業者向けローンの審査が行われる

無事に申し込みが完了すれば、金融業者での仮審査が行われます。利用先の金融業者にもよりますが、スピーディーに審査が完了すれば最短即日で審査結果の連絡があるでしょう。

③必要な書類を提出する

仮審査に通過した後、必要な書類を提出します。必要書類は本人確認書類や、事業内容を証明できる書類などです。法人の事業者であれば、登記事項証明書や決算書などの提出が必須となり、個人事業主では事業内容を証明できる公的な書類がないため、確定申告書などの提出が必須となります。

④ノンバンク系事業者向けローンで融資を受ける

無事に手続きが完了すれば、ノンバンク系事業者向けローンからの融資を受けます。最短では申し込み当日の融資が期待できるため、資金繰りに困っている事業者へおすすめの資金調達方法と言えるでしょう。

自分の事業に適した資金調達方法を選ぼう!

この記事では、様々な資金調達方法を確認してきました。どのような資金調達の方法があったのか、おさらいとして表にまとめておきます。

事業に利用する資金を調達する方法
資金調達方法 内容
公的機関からの融資 日本政策金融公庫からの融資を受ける方法。高額な限度額、低金利が魅力だが、融資まで1〜2ヶ月ほどかかる。
銀行融資 銀行から融資を受ける方法。低金利、高額な融資となる場合が多く、審査難易度は高め。公的機関からの融資と同様に融資まで日数がかかる。
助成金や補助金 助成金や補助金で調達したお金は返済不要なため、事業者が最も有利に利用できる。ただし、利用には厳しい条件をクリアしておく必要がある。
ベンチャーキャピタルからの融資 主にベンチャー企業への融資を行う投資会社。近年ではITベンチャーへの投資が多いため、ITベンチャーの事業者であれば、利用の検討の価値あり。
個人投資家からの融資 個人投資家からの融資を受けるためには、広い人脈が必須。個人投資家から融資を受けられれば、非常に心強いパートナーとなる。
ファクタリング 売掛金を即日で現金化する方法。売掛金をファクタリング会社へ販売し、数パーセントの手数料をファクタリング会社へ支払う。売掛金の回収に困っている事業者にはおすすめの資金調達方法。
事業者向けローン 最も手軽に利用できるおすすめの資金調達方法。審査基準がゆるやかで最短即日で融資を受けられる可能性もある。

このように、事業者が利用できる資金調達方法は様々なものがあり、それぞれ内容が異なっているんですよね。

利用しやすいと思う資金調達を選ぶのがベスト!

利用しやすいと思う資金調達を選ぶのがベスト!

事業者や個人事業主で資金を調達したい人は、どの方法を利用すれば良いのか迷ってしまいそうですが、事業の規模や、事業内容によって選ぶべき資金調達方法は異なります。個人事業主や、すぐにお金を調達したいという人は、この記事でも詳しく解説してきた「ノンバンク系の事業者向けローン」がおすすめと言えますが、これから事業を立ち上げるという人や、規模の大きい法人の経営者であれば、日本政策金融公庫や銀行からの融資がおすすめと言えるでしょう。

資金調達方法に正解はない

あなたが営む事業に合った資金調達方法は必ずあるはずなので、ぜひこの記事を参考にしながら、様々な資金調達方法を検討してみてくださいね。また、「どの資金調達方法が正解」というのもありませんので、あなたが利用しやすいと思う資金調達方法を選ぶことがベストな選択と言えるでしょう。

資金調達が必要!
ビジネスローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP