ビジネスローン審査に落ちた事業者に共通する5つの特徴

117view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

ビジネスローン審査に落ちた事業者に共通する5つの特徴

この記事では、ビジネスローンの審査に落ちてしまった個人事業主や事業者に共通する、5つの特徴を解説していきます。ビジネスローンは、銀行融資や公的融資などに比べて審査基準が緩やかな傾向にあるのですが、申し込み時に不備などがあったり、事業の経営状態や申込者のステータスが悪ければ、審査に落ちてしまうことも十分に考えられます。

そこで、実際にビジネスローンへの審査に落ちてしまった個人事業主や事業者に共通する項目を参考にしながら、どのような時にビジネスローンの審査に落とされてしまう傾向があるのか、しっかりとチェックしていきましょう。また、ビジネスローンを成功させるためのポイントも解説していくので、併せて確認していきましょう。

ビジネスローンに落ちた事業者にはこんな共通点がある!

では早速、ビジネスローンの審査に落ちてしまった個人事業主や法人経営者の、5つの共通項目を挙げていきます。いずれかの項目に当てはまるという人は、ビジネスローン審査に不利となる可能性があるので、十分に注意しておきましょう。

審査に落ちた人はチェック!

  1. 申し込み書類に記入モレや記入ミスがある
  2. 連続して赤字経営が続いている
  3. ビジネスローンへの多重申し込み履歴
  4. 事業者本人の信用情報のステータスが悪い
  5. 今後業績が上向きになる可能性が低くて返済不能と考えられる

①申し込み書類に記入モレや記入ミスがある

申し込み書類に記入モレや記入ミスがある

まず、最も基本的なことですが、ビジネスローンへの申し込みに時には、申し込み書類への記入モレや記入ミスがないように注意しておきましょう。もちろん、明らかな記入ミスの場合は、ビジネスローンを提供している金融業者から連絡があり、記入ミスを訂正できる場合がほとんどです。しかし、「設立年数」や「年商」、「年収」などの数字を入力する項目があります。

ビジネスローンでは、基本的に事業の経営状態が審査の対象となるため、例えば、実際には年商1億円なのに10億円と間違って申請してしまったり、勘違いして明らかに高額な金額などを入力してしまったりしてしまった場合は、「虚偽申請では?」と疑われてしまって、審査に即落とされてしまうという可能性も考えられるんです。

申し込み時には申請内容をしっかりチェックしよう!

このため、申し込み時に記入する項目内容は、申し込み手続きする前にしっかりと最終確認しておくようにしましょう。また、近年ではビジネスローンもインターネットからの申し込みが主流となっています。このため、必要項目に入力した後、申し込み送信ボタンを押す前に、必ず再度チェックしておきましょう。

②連続して赤字経営が続いている

消費者金融や信販会社などのノンバンク系のビジネスローンでは、経営状態が赤字になっている時でも審査通過を目指せます。また、実際のビジネスローンの公式サイトに「審査には不利になりますが、2期の赤字決算の場合でも申し込み可能」と記載されているものもあります。しかし、あまりにも長期にわたって赤字決算を続けていると、融資をしても返済してもらえない恐れがあるため、ビジネスローンへの審査通過は難しいでしょう。

3期連続赤字はビジネスローン利用は非常に困難

一般的には3年以上の複数年間連続で赤字経営、赤字決算の会社は、ビジネスローンへの審査には通過しにくいと考えられます。そもそも3期連続して赤字経営だったとしても会社が倒産しないのは、よほど大きな運転資金を確保できている事業者だけでしょう。個人事業主などの小規模経営者は、2期連続赤字決算を続けてしまうと倒産や廃業する可能性が高いと考えられますよね。

③ビジネスローンへの多重申し込み履歴

ビジネスローンへの多重申し込みもカードローン審査に不利となります。また、申し込み履歴はしっかりと信用情報として履歴が残されるため、短期間で複数回ビジネスローンへの申し込み(=多重申し込み)があると、「なぜ何度もビジネスローンに申し込んでいるのだろう?」「運転資金が枯渇して倒産間際なのかも」と疑われてしまって、審査に落とされてしまう可能性もあるでしょう。

確実に通過しそうなビジネスローンへ申し込もう

このため、利用したいビジネスローンが見つかったら、確実に審査に通過できる状態に整えてから申し込みをするようにしてみましょう。

④事業者本人の信用情報のステータスが悪い

事業者本人の信用情報のステータスが悪い

ビジネスローンでは、申込者(事業者)が運営する事業の経営状態だけではなく、申込者の信用情報も審査対象となるんです。この信用情報とは、大きく3つの信用情報機関によって管理されています。また、信用情報機関によってそれぞれ「クレジットカード系の履歴」「銀行系の履歴」「消費者金融系の履歴」が残されています。

金融商品の利用時にトラブルを起こしている場合は注意!

また、この信用情報はカードローンやクレジットカードなどの金融商品の返済履歴や申し込み履歴など、様々な情報が残されているんです。カードローンやクレジットカードの返済時に滞納の履歴などがある人は信用情報に傷が残ってしまい、ビジネスローンの審査時に不利となってしまいます。

自己破産した事業者は10年間はビジネスローンを使えない

また、申し込み者である事業者が過去に自己破産などの大きな金融事故を起こしてしまっている場合、10年間は信用情報にブラックの履歴が残されてしまうんですよね。信用情報がブラックとなってしまうと、その間はビジネスローンはもちろんですが、クレジットカードやカードローンなど、分割払いなどの金融商品の審査に一切通過できなくなるんです。

現在何かしらの金融商品を利用中の人で支払いや返済を行なっている事業者は、滞納しないように必ず注意しておきましょう。

⑤今後業績が上向きになる可能性が低くて返済不能と考えられる

今後業績が上向きになる可能性が低くて返済不能と考えられる

事業の業績が悪くてもビジネスローンの審査に通過できる可能性があります。しかし、その事業に返済する能力が認められなければ、ビジネスローンの審査に通過できません。また、事業の業績が悪い場合は、今後の事業の展望が分かる「事業計画書」などの提出が必要となる場合もあります。

事業計画書の内容が甘いと審査通過は難しい

通常この事業計画書には、売上見込み金額や利益の根拠、ビジネスローンで借りたお金の利用目的などを記載します。しかし、事業計画書の内容に根拠がなく、第三者からみて業績が改善する見込みがなければ、いくらノンバンク系のビジネスローンでも審査に落とされてしまうでしょう。

どうしてもビジネスローンの審査に落ちてしまう場合は?

ビジネスローンの審査に落ちてしまう事業者は、上記の5つの項目のいずれかが当てはまっているはずです。また、ビジネスローンの審査に通過させるためには、これらの5つの項目を改善できれば、大抵の場合は審査に通過できるはず。しかし、「どうしてもビジネスローンの審査に落ちてしまう…」という場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。いくつかヒントを紹介していくので、資金調達できるように検討してみましょう。

ビジネスローンの審査に通過できない事業者が取るべき行動

  • 売掛債権をファクタリング会社へ売却する
  • 助成金の利用を検討してみる
  • 個人事業主はカードローンをうまく活用してみる

売掛債権をファクタリング会社へ売却する

もし取引先の売掛債権を回収できておらず、運転資金が足りなくなってきた時には、売掛債権の売却を検討してみましょう。売掛債権を第三者に売却することを「ファクタリング」と呼び、売掛債権を買収してくれる会社をファクタリング会社と言います。また、ファクタリングはビジネスローンと違って、利用する会社の経営状況はあまり関係ありません。売掛債権さえあれば資金調達できるため、ビジネスローンに落ちてしまう事業者でも、ファクタリングなら使える可能性があります。

また、ファクタリングによる資金調達は融資ではなく売却となるため、調達した資金の返済は不要なんです。売掛金を回収するまでの期間だけ資金不足となるような場合は、つなぎ融資としてファクタリングの利用も検討してみましょう。

助成金の利用を検討してみる

助成金の利用を検討してみる

どうしてもビジネスローンに落ちてしまう…という事業者は、国や自治体が提供している助成金の利用も検討してみても良いかもしれませんね。助成金の利用には、特定の条件を満たして提出書類を用意しておく必要がありますが、条件さえ満たしていれば助成金の審査に通過させやすい傾向があります。また、助成金は融資ではないため、調達した資金を返済しなくても良いのも大きなメリットとなります。

ただし、手続きが煩雑で「計画に沿った事業が完了した後」資金が提供されるため、今すぐ資金調達したい事業者には少し不向きかもしれませんね。

個人事業主はカードローンをうまく活用してみる

個人事業主でビジネスローンに通過できないという人は、一般消費者向けのカードローンをうまく活用する方法もあります。一般消費者向けのカードローンは、事業性資金として利用できません。つまり、カードローンで資金調達してもビジネスの資金として利用できないんですよね。

そこで、個人事業主は手元にある生活費を全て運転資金に利用し「足りなくなった生活費をカードローンで調達する」という方法なら、一般消費者向けのカードローンをうまく活用できるでしょう。

ビジネスローンに落ちた|融資が見つからない場合は事業の立て直しを!

また、ビジネスローンの審査にも落ちてしまい、ビジネスローン以外の融資や資金調達方法も見つからない…という場合は、事業の立て直しを検討するしかありません。

経費などを見直して事業の黒字化を目指す

赤字決算を出している事業者は、経営の黒字化を目指しましょう。設備投資や経費など、事業運営に係るお金を全て洗い出し、無駄な支出だと思うお金を圧縮していきましょう。事業が黒字化すれば、資金不足に困ってしまうこともありませんし、万が一融資が必要となってもビジネスローンの審査にも通過させやすくなるでしょう。

事業が順調な時こそ融資を受けておくべき

また、事業の経営状態が傾いてしまうと、どうしてもビジネスローンなどの融資の審査に通過しにくくなります。このため、黒字経営で事業が順調な時こそ、融資を受けておくべきとも言えます。

計画的に銀行融資を受けておく

計画的に銀行融資を受けておく

事業が順調で返済能力が認められれば、銀行融資の厳しい審査にも通過しやすいでしょう。銀行側も大きな金額を融資する方が利息による利益を得られるため、黒字経営をしている優秀な事業者には高額な融資をしてくれる可能性が高いんですよね。また、高額な融資は金利が低い傾向があるため、事業者も銀行側も、双方にメリットがあると言えます。

このように、経営状況が悪化した時に慌ててしまわないように、経営が順調な時こそ前もって銀行融資などで資金調達しておく方法もおすすめですよ。

ビジネスローンに落ちても原因を突き止めれば資金調達も難しくない!

この記事では、ビジネスローンの審査に落ちてしまう原因や、実際にビジネスローンの審査に落ちてしまった時にどうすれば良いのか、詳しい解説を進めてきました。また、ビジネスローンの審査に落ちてしまう事業者は、この記事内で解説してきたような共通する5つの理由がありましたよね。

改善した後もう一度ビジネスローンへ申し込んでみよう

ビジネスローンの審査に落ちてしまった事業者は、落ちてしまった原因を見直して改善しましょう。審査に落ちた原因となっている項目を見つけ出し改善すれば、ビジネスローンの審査通過も難しくないはずです。

これからビジネスローンの審査に申し込むという事業者や、ビジネスローンの審査が心配という事業者は、ぜひこの記事を参考にしながら、ビジネスローンの審査に通過できるようにしっかりとポイントを押さえておいてくださいね。

【厳選】消費者金融
即日審査で今日借りる!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

  • 今すぐ「プロミス」の3秒診断を受ける
  • 今すぐSMBCモビットの「10秒簡易審査」へ
人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP