起業・開業資金を借りたい!ビジネスローンは使える?

263view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

起業・開業資金を借りたい!ビジネスローンは使える?

これから起業や開業を考えている人の中には、開業資金の調達方法に悩んでいる人もいるかもしれません。開業資金は業種などによって異なりますが、平均1000万円〜1500万円ほどかかるとも言われていて、かなり高額なお金が必要になります。また、起業・開業直後は安定した売り上げや収入を見込めないため、手元にある程度の資金を確保しておくことが必須となるでしょう。

そこでこの記事では、ビジネスローンを起業・開業資金として使えるのか、また、ビジネスローンの使いどころ・コツなどについて詳しく解説していきます。ビジネスローンについて理解を深めて、起業・開業をうまく進めていきましょう。また、この記事で解説するビジネスローンとは、一般的な「無担保」のビジネスローンを指します。

ビジネスローンは起業・開業資金に利用できるのか

そもそもビジネスローンは、どのような目的に利用できるのでしょうか。項目ごとに簡単にまとめてみました。

ビジネスローンの資金使途

  • 起業・開業資金
  • 設備や備品に係る費用
  • 仕入れなどに伴う取引先への支払い代金
  • 事業の人件費

起業・開業資金

ビジネスローンは「ビジネス」に利用できる融資の金融商品です。このため、借りたお金は起業・開業資金として利用できる可能性があります。「起業・開業資金に使える可能性がある」と伝えたのは、利用先の金融業者、ビジネスローンによって資金使途が限られている場合が多いためです。実際にビジネスローンが起業・開業資金に使えるのかは、この後の項目で詳しく解説していきます。

設備や備品に係る費用

ビジネスローンは、現在事業を運営している事業者が、新しい設備や備品などの購入費用に利用できます。

仕入れなどに伴う取引先への支払い代金

仕入れなどに伴う取引先への支払い代金

また、取引先から商品を仕入れたものの、支払うお金が無い…という場合でも、ビジネスローンはうまく利用できるはずです。不渡りを出してしまうと、銀行取引が停止されてしまい、倒産してしまう恐れがあるためです。

しかし、仕入れ代金が払えないような状況にならないように、事業者なら事業資金の動きはしっかりと把握し、資金が枯渇しないようにしっかり注意しておく必要があります。

事業の人件費

事業の人件費の支払いにもビジネスローンを利用できます。長く事業を営んでいると、取引先からの売掛金が回収できず、一時的な資金不足に悩んでしまう場合もあるでしょう。このような資金不足の時に、人件費などの費用に使えるのもビジネスローンの特徴と言えます。

起業・開業資金に利用できるビジネスローンはほとんど無い!

ビジネスローンは、さまざまな資金不足に対応してくれる優秀な金融商品ですが、実は起業・開業資金の利用が認められているビジネスローンはほとんどありません

ビジネスローンは開業後1年〜3年以上必須な場合が多い

これは、ビジネスローンへの申し込み条件として、開業後1年〜3年以上必要な場合が多いためです。ビジネスローンを提供する金融業者も新規事業を始める事業者が、しっかりと収益を上げて毎月キチンと返済してくれるのかを判断できないんですよね。

また、ビジネスローンへの申し込み条件や提出書類には、法人であれば「直近1期〜3期の決算書」や、個人事業主であれば「直近2年間の確定申告書」などが必要になる場合があり、事業の収益を証明できない開業前、開業直後ではビジネスローンはほぼ使えないと考えておきましょう。

起業・開業資金にはビジネスローン以外の方法も

このように、ビジネスローンは起業や開業資金の資金調達にはあまり向いていません。起業や開業資金の調達を検討している人は、下記の方法を検討してみましょう。

  • 日本政策金融公庫からの融資
  • 銀行融資
  • 公的な補助金や助成金
  • クラウドファンディング

日本政策金融公庫からの融資

日本政策金融公庫からの融資は、起業や開業資金に使いやすい最もメジャーな資金調達の方法と言えるでしょう。日本政策金融公庫では下記のような融資が開業資金として利用できます。

  • 新規開業資金
  • 女性、若者/シニア起業家支援資金
  • 再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)
  • 創業支援貸付利率特例制度など

また、上記のそれぞれのサービスによって申し込み条件や提出書類などが異なるため、詳しく知りたい人は日本政策金融公庫の公式サイトで確認してみてくださいね。また、融資までの日数は平均3週間程度との記載があるため、起業・開業まで時間に余裕のある事業者におすすめです。

銀行融資

銀行融資も起業や開業時の資金として利用できます。ただし、事業の開業前の業績や収益の数字がない状態での審査となるため、審査ハードルは高い傾向にあります。しかし、事業の計画書などをしっかりと作成し、銀行担当者を納得させられるような考え込まれたビジネスであれば、融資を受けられる可能性が高まるでしょう。銀行融資も日本政策金融公庫からの融資同様に、3週間〜の日数が必要となる場合があるため注意しておきましょう。

公的な補助金や助成金

公的な補助金や助成金

公的な補助金や助成金なども、これから起業・開業を望む事業者にとって心強い味方となるでしょう。補助金や助成金は、経済産業省、厚生労働省、各市町村の地方自治体や、民間の企業や団体などです。補助金や助成金は、事業者の手助けとなる出資のようなものなので、お金を返さなくても良いのが大きなメリットと言えます。

ただし補助金や助成金は50万円〜100万円規模の小口融資が多いため、高額な開業資金を求めている事業者には不向きと言えるかもしれませんね。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、主にインターネットサービスなどで新規事業や新サービスを告知し、一般消費者から出資を募る方法です。近年ではクラウドファンディングの多くのウェブサービスが立ち上がっていて、大きな注目を浴びる新規事業なども出てきています。

世間が「すごい!興味がある!」と思ってもらえるようなサービスであれば、数千万円〜1億円という大きなお金が集まる可能性があるのがクラウドファンディングの面白いところです。新規事業のアイデアに自信がある人は、クラウドファンディングでの資金調達を検討してみても良いでしょう。

起業・開業資金向きではないビジネスローンをうまく使うコツ

では、このビジネスローンはどのようなタイミングで事業者が利用しやすいのでしょうか。起業・開業資金にはそれほど向いていないビジネスローンをうまく使うポイントやコツについて、詳しく解説をすすめていきます。これらはすでに起業・開業している事業者が対象となります。

ビジネスローンはこんな時に有利に使える!

  • 運転資金が少しだけ足りない時
  • 売掛金回収までの一時的なお金を借りたい時
  • 急に商品が売れ出して仕入れ代金が払えない時
  • 業績が安定している時

運転資金が少しだけ足りない時

支払いが多くて事務所の家賃や光熱費、人件費などの費用が少しだけ足りない、という状況になることもあるでしょう。このような状況のときにスピーディーな融資で非常に便利に使えるのがビジネスローンなんです。開業資金などに使える公的な融資や銀行融資であれば、3週間以上の日数がかかる場合が多いのですが、ビジネスローンではなんと最短即日で資金調達が可能なんです。

このため、急に運転資金が足りなくなった時など、とても重宝できる金融商品となるでしょう。

売掛金回収までの一時的なお金を借りたい時

また、取引先の売掛金の回収がまだ行えず、入金タイミングまでの一時的な資金不足というような時でも、スピーディーな融資をしてもらえるビジネスローンは便利に使えます。また、売掛金が回収できた後、随時返済による繰り上げ返済を行えば、利息をグッと下げられるためお得にお金を借りられるでしょう。

急に商品が売れ出して仕入れ代金が払えない時

急に商品が売れ出して仕入れ代金が払えない時

また、長い間事業を経営していると、思わぬ商品が急に売れ出したりする可能性もあります。急に売り上げが伸びるのは嬉しい悲鳴となりますが、仕入れ代金がかかる場合は、顧客からの入金前に仕入先に高額な仕入れ代金を支払う必要があるでしょう。

もし、仕入れ代金を支払えない場合は、「不渡り」となり事業の信用度がガタ落ちし、最悪の場合は倒産してしまう恐れもあります。このような一時的にな資金不足に使いやすいのが、融資までスピーディーなビジネスローンなんです。また、最近ではツイッターやインタグラムなどのSNSの口コミから、商品が爆発的にヒットする場合も多いため、急な売上増加の事態にも備えておくようにしておきましょう。

業績が安定している時

ビジネスローンで借りるタイミングは、一時的な資金不足の時とお伝えしてきましたが、実は「業績が安定している時」もビジネスローンの利用をおすすめしたいタイミングなんです。ビジネスローンでお金を借りる時には、審査が行われます。もちろん、業績や事業方針などが審査対象となるため、赤字経営の事業者は審査に通過しにくい傾向があります。

このため、売り上げが伸びず赤字経営となってしまい、本当に資金不足で困ってしまっているような時は、ビジネスローンの審査に通らない…という状況となる場合もあるでしょう。このため、事業の業績が安定している時こそ、ビジネスローンを利用するタイミングとも言えるんですよね。融資を受けやすい時にしっかりと資金を調達しておき、万が一の資金不足の時に活用してみる方法もあります。

有担保のビジネスローンなら起業・開業資金を借りやすい?

ここまでは無担保のビジネスローンでは起業・開業資金を借りにくく不向きであると解説してきました。しかし、どうしても起業・開業資金にビジネスローンを利用したいと考えている人は「有担保」のビジネスローンの利用を検討してみましょう。

有担保のビジネスローンとは?

この有担保のビジネスローンとは、利用先の金融業者によって扱われている担保には違いがありますが、「不動産担保」「有価証券担保」「連帯保証人」などが定番と言えるでしょう。これらは、高額な土地や株券などを担保に入れることで、高額なお金を融資してもらう方法です。連帯保証人の場合も同じように、返済不可時の担保として扱われます。

有担保のビジネスローンは開業資金を借りやすい

このように、担保や保証人のビジネスローンであれば、起業や開業資金のお金を借りやすいでしょう。また、担保や保証人が付いている分、審査も緩やかな傾向があります。

無担保ビジネスローンでは起業・開業資金を借りにくい

この記事では、ビジネスローンを起業・開業資金に利用できるのかについて詳しく解説してきました。さいごにビジネスローンのおさらいをしておきます。

記事内で紹介してきたように、ほとんどの無担保のビジネスローンの申し込み条件には、「開業後1年以上」などの条件がついている場合が多いため、ビジネスローンを起業・開業資金に利用するのは難しいでしょう。

起業・開業資金にはビジネスローン以外の方法がおすすめ

このため、これから起業・開業を検討している人はビジネスローン以外の方法で資金調達を検討してみましょう。

起業・開業資金に使える融資

  • 日本政策金融公庫
  • 銀行融資
  • 補助金や助成金
  • クラウドファンディングなど

ビジネスローンは使いやすいタイミングがある!

ビジネスローンは使いやすいタイミングがある!

また、ビジネスローンは起業・開業資金以外には使いにくいのですが、運転資金を借りたい時など、ビジネスローンを使いやすいタイミングもありましたよね。最短では即日融資が可能なため、事業者の急な資金不足の時でも対応してもらえる可能性が高いでしょう。

また、どうしてもビジネスローンで開業資金を調達したいという人は「有担保のビジネスローン」も検討してみましょう。これから起業・開業を計画している人は、ぜひこの記事を参考にしながら、さまざまな資金調達方法を検討してみてくださいね。

開業資金が必要!
企業向けローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP