法人が事業者ローン活用を検討すべきタイミング

135view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

法人が事業者ローン活用を検討すべきタイミング

法人の事業者ローンは事業の運転資金が足りなくなった時などに便利に利用できるんですが、実際にどのようなタイミングで事業者ローン活用を検討すべきなのでしょうか。また、年間を通して、事業者ローンの審査に通過させやすい時期、タイミングなどはあるのでしょうか。

この記事では、法人が事業者ローンを利用するタイミングについて詳しく解説を進めていくので、しっかりと確認していきましょう。

法人が事業者ローン活用を検討すべきタイミングとは?

法人の事業者がビジネスローンの活用を検討すべきタイミングを、下記にまとめてみました。

  • 単純に手元に事業の運転資金がない時
  • 設備投資や事業拡大に大きなお金が必要な時
  • 業績が良く黒字経営の時

単純に手元に事業の運転資金がない時

単純に手元に事業の運転資金がない時

法人化している事業は、毎月大きな運転資金がかかりますよね。オフィスや店舗を借りているという場合は毎月ある程度の賃料が発生しますし、電気代や水道代、また電話やインターネット通信費など、さまざまな経費の支払いがあります。このため、売り上げ金などの入金タイミングによっては、「手元に運転資金が無い…」というような状況になる場合もあるでしょう。

運転資金が足りない時には事業者ローンを利用するべき

また、法人化して2〜3年程度の駆け出しの事業者は、経営に慣れていないこともあり、思わぬ出費などで運転資金が足りなくなってしまうこともあるはずです。できるだけローンを使いたく無いと考えている事業者もいるかもしれませんが、運転資金が足りなくなると倒産してしまいますよね。使える資金が無くなる前に、事業者ローンで運転資金を融資してもらいましょう。

設備投資や事業拡大に大きなお金が必要な時

「事業はうまくいっているんだけど、新規事業にかけるお金がない」と悩んでいる事業者は、法人の事業者ローンで融資を受けるタイミングでしょう。事業を営んでいると必ず、「今、事業を拡大すべき時だ。」と決断したいタイミングがあるはずです。また、このようなタイミングで事業拡大できないと、ライバル会社に差をつけられてしまって経営が破綻してしまう、というような最悪の事態にもなるかもしれませんよね。

ここぞというタイミングで事業に投資しよう

法人の事業者ローンを利用したことがないという事業者の人は不安かもしれませんが、実は融資を受けるための手続きはそこまで複雑ではありません。融資の手続きを面倒に思ってしまって、事業へ投資する絶好のタイミングを失ってしまわないように、お金が必要な時にキチンと融資を受ける方が今後のためにもなるはずです。

業績が良く黒字経営の時

また、事業の業績が良くて、黒字経営となっている状況も事業者ローンで融資を受けるタイミングと言えます。

黒字経営の時は高額な融資をしてもらいやすい

黒字経営の時は高額な融資をしてもらいやすい

「なぜ黒字なのに事業者ローンでお金を借りるべきなのか?」と疑問に考えてしまう事業者も多いでしょう。実は事業の業績がよく、黒字経営となっている状況の時は、事業者ローンを提供する銀行や貸金業者は、安心してお金を貸せるんですよね。事業が安定していてしっかりと返済してくれると判断されれば、高額な融資を行なってくれる場合もあるでしょう。

赤字経営の時は融資してもらえないことも

ただし、本当に運転資金などのお金が必要な時には事業の業績が悪く「赤字経営」となっているタイミングでしょう。しかし、赤字を出している事業者へは、「融資したお金を返してもらえない危険性」があるため、なかなか融資してもらえないんですよね。

事業が好調な時こそ高額な融資を受けるタイミング!

このため、事業が好調な時に高額な融資を受けておき、会社の運転資金として手元に確保しておくのも良いでしょう。本当に会社の資金に困ってしまった状況ではなかなか融資してもらえません。このため、事業が好調なタイミングで融資を受けておき、万が一運転資金が枯渇してしまった時のためにお金を置いておきましょう。

法人が事業者ローンへ通過させやすいタイミングってある?

法人が事業者ローンの活用を検討すべきタイミングを紹介してきました。また、この事業者ローンですが、年間を通して審査に通過させやすい時期などはあるのでしょうか。実は、事業者ローンを通過させやすいタイミングは年間に3回あると言われています。

事業者ローンへの審査に通過させやすいタイミング

事業者ローンの審査に通過させやすいのは、3月、9月、12月と言われています。なぜこのタイミングだと、法人の事業者ローンの審査を通過させやすいのでしょうか。具体的に解説していきます。

3月の年度末決算のタイミング

3月は年度末の決算のタイミングです。事業者ローンを提供する金融業者も年度末のタイミングで業績を上げるために、融資を増やす傾向があります。この年度末のタイミングでは事業者ローンの審査に通過させやすいと言われているため、法人の事業者ローンを希望している事業者は3月度の決算時期に申し込みを検討してみましょう。

9月の中間決算のタイミング

9月も3月と同じように決算のタイミングとなります。決算時期では売り上げを上げて業績を伸ばしたいタイミングでもあるので、融資してもらいやすい傾向があるでしょう。

12月の出費が多い年末のタイミング

12月は消費も多く、世間でもお金が大きく動く時期となっています。年末の時期は事業者も大きな出費が必要で、融資を受けたいタイミングでもありますよね。事業者ローンを提供する金融業者も売り上げを伸ばしやすい時期なので、事業者ローンの審査に通過させやすい傾向があるんですよね。

法人の事業者ローンは利用目的によって選ぼう

法人が利用できる事業者ローンは、主に銀行が提供している銀行系事業者ローンと、消費者金融などが提供しているノンバンク系事業者ローンがあります。それぞれの事業者ローンは特徴が異なっています。

銀行系の事業者ローンは長期的な借り入れにおすすめ

銀行系の事業者ローンは長期的な借り入れにおすすめ

法人が利用できる銀行系の事業者ローンの特徴について解説していきます。銀行系の事業者ローンの特徴として、低金利で高額な限度額の融資が特徴です。金利は10%前後で限度額は数千万円〜1億円という高額な融資をしてもらえる可能性があります。また、高額な限度額ほど金利を下げてもらえる可能性があるため、大きなお金を長期間借りたい場合に有利に活用できるでしょう。

ただし、審査難易度は高め

法人化している事業であれば社会的な信用度も高いため、銀行系の事業者ローンへの審査には通過させやすいでしょう。ただし、経営状況をしっかりと審査されるため、赤字経営の事業者に対してはなかなか融資をしてもらえない可能性があります。赤字を出していたとしても、ただ単に業績が傾いている状況ではなく、設備投資や新規事業への投資である場合などで赤字を出しているような状況を説明できれば、審査に不利とはならないでしょう。

ノンバンク系の事業者ローンは短期間の融資がおすすめ

また、手元の運転資金が少しだけ足りないという場合は、ノンバンク系の事業者ローンを検討してみましょう。主に消費者金融が提供しているノンバンク系の事業者ローンは、審査難易度も緩やかで融資までのスピードも早いんです。

ノンバンク系事業者ローンでは、300万円〜1000万円という限度額となるため、大きな融資を期待できない点には要注意ですが、手軽に融資を受けられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

つなぎ融資にノンバンク系事業者ローンが使いやすい

また、取引先から売掛金の回収待ちの状態で、一時的な資金不足の時などにも「ノンバンク系事業者ローン」がおすすめです。

法人が事業者ローンへ申し込む時に注意しておくこと

法人が事業者ローンへ申し込む時に、注意しておきたいポイントを解説していきます。

  • 事業者の個人的なステータスも審査の対象
  • 提出が必要な書類を前もって準備しておく

事業者の個人的なステータスも審査の対象

事業者ローンは事業資金の融資となるため、事業の業績が審査の対象となります。しかし、業績だけが審査対象となるのではなく、事業者の個人的なステータスも審査に影響するんですよね。

事業者の信用情報のトラブルに注意

もし事業者が過去にクレジットカードやカードローンなどの利用中に返済時のトラブルなどがあり、信用情報に大きな傷がある人は、事業者ローンの審査通過は難しいでしょう。信用情報は個人のローンの利用履歴などが残されているのですが、お金の管理ができていないような社長がいる会社へは、金融業者もお金を貸したくないですよね。このため、過去に信用情報にトラブル履歴がある人は、信用情報が綺麗になってから申し込みを行うようにしましょう。

債務整理を行なった場合は最低でも5年〜10年間はローンを利用できませんが、返済トラブルのネガティブな履歴は通常2年経つと消えます。

提出が必要な書類を前もって準備しておく

法人が事業者ローンへ申し込む時には、特定の書類が必要となります。申し込み先の事業者ローンによって必要書類は異なる場合がありますが、主に下記の書類の提出が必須となるでしょう。

  • 本人確認書類
  • 登記事項証明書
  • 決算書

本人確認書類

本人確認書類とは、「運転免許証や保険証、パスポート、マイナンバーカード」など、個人を証明する書類となります。本人確認書類は通常のローン商品と同様に提出が必須となります。

登記事項証明書

登記事項証明書
登記事項証明書とは、事業者や役員の氏名、住所や電話番号などの基本的な情報に加え、詳細な事業内容が記載されています。また、この登記事項証明書は法務局で取得でき、通常では発行から3ヶ月以内のものが書類として認められるため、随時最新版を取り寄せておきましょう。

決算書

決算書とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表のことを指しています。また、これらの3つの書類は「財務三表」とも呼ばれています。法人の事業者には馴染みのある書類となるでしょう。これらの書類を提出して、事業の収益性や安定性を証明します。

法人は利用すべきタイミングで事業者ローンへ申し込もう

この記事では、法人が利用する事業者ローンについて詳しく解説してきました。法人が事業者ローンを利用するタイミングですが、主に3つのタイミングがありましたよね。

法人が事業者ローン利用を検討すべき3つのタイミング

  1. なんらかの理由で運転資金が足りない時
  2. 設備投資や事業拡大に大きなお金が必要な時
  3. 黒字経営で業績が好調な時

法人が利用する事業者ローンをおすすめしたいタイミングは、上記の3つです。売掛金などの回収が遅れていて、運転資金が枯渇してしまう前に事業者ローンで融資を受けておきましょう。また、設備投資や事業の拡大などで大きなお金が必要となる時も、融資を受けるタイミングです。ここぞという機会で事業を前に押し進める時に資金がなければ、機会損失となる恐れもあるでしょう。このため、必要な資金はしっかりと調達しておくべきです。

また、業績がとても良くて黒字経営の時こそ、融資を受けるタイミングでもあります。業績がよい会社には、気前よく大きなお金を融資してくれるのも事業者ローンの特徴です。黒字経営で安定した収益を上げている会社は、もちろん事業者ローンの審査にも通過させやすい傾向があります。

運転資金が無くなる前に確保しておく

運転資金が無くなる前に確保しておく

もちろん黒字経営のまま、何十年と経営を拡大できれば良いのですが、いつかは経営が傾いてしまうこともあるでしょう。経営が傾いてしまった時には、赤字経営となる場合もあり、業績が悪いタイミングでは金融業者もなかなかお金を融資してくれないんですよね。このため、黒字経営の時こそが高額な融資を受けるタイミングでもあるんです。

法人の事業者ローンの利用を悩んでいる事業者、経営者の人は、ぜひこの記事を参考にしながら、融資への申し込みのタイミングを検討してみてはいかがでしょうか。

法人が借りる!
事業でお金が必要なら

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP