即日融資OKのビジネスローンはある?即日借り入れ成功に必要な条件は

88view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

即日融資OKのビジネスローンはある?即日借り入れ成功に必要な条件は

事業者や個人事業主は、事業の運転資金が急に足りなくなってしまって、本日中に即日融資してもらいたい!という状況になってしまうこともあるはずです。

そこでこの記事では、ビジネスローンでの即日融資や、即日借り入れに成功させるための必要な条件などについて、詳しく解説を進めていきます。記事を参考にしながら即日融資を成功させて、うまく資金繰りを行ってみましょう。

即日融資OKのビジネスローンとは?

まず、即日融資がOKのビジネスローンはあるのでしょうか。利用する状況やビジネスローンによって異なりますが、実は即日融資が期待できるビジネスローンは多く存在しています。この即日融資が期待できるビジネスローンの選び方ですが、下記のポイントを抑えておきましょう。

  • 大手金融業者のビジネスローン
  • 消費者金融のビジネスローン
  • 公式ページで即日融資を記載しているビジネスローン

大手金融業者のビジネスローン

まず、大手金融業者が提供するビジネスローンを選びましょう。「大手金融業者である」というのがポイントで、ほとんどの大手金融業者のビジネスローンでは、コンピュータースコアリングという自動審査が行われているためです。

コンピュータースコアリングはすぐに審査結果が出る

コンピュータースコアリングはすぐに審査結果が出る

このコンピュータースコアリングとは、一般消費者が利用する個人向けローンなどにも利用されている自動審査の仕組みです。申し込み者の情報を入力していけば、過去の統計データと照合しながら「この人にお金を貸しても完済してくれる」かどうかを自動審査できるんですよね。このコンピュータースコアリングは審査がスピーディーで審査の精度も非常に高く、ほとんどの大手金融業者で利用されています。

ビジネスローンの場合は、主に業績を自動審査される

また、ビジネスローンでは「事業に対する貸し付け」となるため、コンピュータースコアリングでは主に業績の項目を審査されるんですよね。法人であれば決算書などの業績に関する詳細な数値、個人事業主であれば確定申告書などの収入に関する数値を入力すれば、瞬時に審査結果が分かります。

このため、コンピュータースコアリングが導入されてそうな大手の金融業者を選ぶようにしましょう。名前を聞いたことがあるような金融機関であれば、ほぼ間違いなくコンピュータースコアリングが導入されているはずです。

消費者金融のビジネスローン

消費者金融などの貸金業者が提供しているビジネスローンは、即日融資に対応している場合が多いです。消費者金融などの貸金業者では、長年「お金に困った利用者に対してスピーディーに融資する」サービスを展開していて、即日融資するためのノウハウをしっかりと持っています。このため、消費者金融が提供しているビジネスローンは即日融資してもらえる可能性が高いと考えられます。

公式ページで即日融資を記載しているビジネスローン

即日融資が可能かどうかは、利用先のビジネスローンの公式サイトにも記載されている場合があります。即日融資できそうなビジネスローンの公式サイトを訪問し、即日融資の記載があるかチェックしてみましょう。

ビジネスローンで即日融資を受けるために注意しておくポイント

即日融資の可能性が高いビジネスローンが決まれば、申し込みを行います。ビジネスローンで即日融資を受けるためには、これから解説していくポイントに注意しておきましょう。

  • 平日午前中にビジネスローンへ申し込む
  • ビジネスローンに提出必須の書類を用意しておく
  • ビジネスローンの審査に落ちた場合は次のビジネスローンへ申し込む

平日午前中にビジネスローンへ申し込む

ビジネスローンの即日融資の方法ですが、ほとんどの場合、銀行振り込みによる即日融資となります。このため、銀行が営業している時間にビジネスローンの審査に通過させて、振り込みによる融資を行なってもらう必要があります。

午前中にビジネスローンへ申し込んでおくと安心

また、ビジネスローンの審査にも時間がかかることが予想されるため、できるだけ平日の午前中にビジネスローンへ申し込んでおくようにしましょう。午前中に申し込みしておけば、午後の早い時間にビジネスローンとの契約が完了し、即日の銀行振り込み融資にも対応してもらえる可能性が高まるでしょう。

ビジネスローンに提出が必須となる書類を用意しておく

ビジネスローンで即日融資を受けるためには、提出が必要な書類を前もって準備しておくようにしましょう。ビジネスローンとの契約時には下記のような書類が必要となります。

  • 本人確認書類
  • 個人事業主は確定申告書
  • 法人は登記事項証明書や決算書

本人確認書類

本人確認書類ビジネスローンへの申し込み時には、申し込み者(=事業者や個人事業主)の本人を確認する書類が必須となります。この本人確認書類ですが、運転免許証や健康保険証、パスポートなどとなっています。利用するビジネスローンによって、認められる本人確認書類も異なるため、公式サイトなどで確認するようにしておきましょう。

個人事業主は確定申告書

ビジネスローンでは、本人確認書類の他に事業の業績を証明できる書類の提出も必須となります。個人事業主の場合は、事業内容を証明する公的な証明がないため、確定申告書などの収入に関する書類で業績の安定性を確認します。また、安定した業績を証明するために、直近2年分の確定申告書の提出が必要となる場合があります。このため、開業直後の人は、ビジネスローン審査に通りにくい可能性もある点には注意しておきましょう。

法人は登記事項証明書や決算書

また、法人の事業者であれば登記事項証明書や決算書が必要となる場合があります。これらの書類は、法人の事業者や経営者にとって馴染みのある書類ですよね。ちなみに法人の代表者や役員、会社住所や業務内容が記載された登記事項証明書は、法務局で発行してもらえるのですが、発行から3ヶ月以内の登記事項証明書のみ正式な書類として認められる場合が多いため、時間がある時に随時最新版を発行しておくようにしておきましょう。

また、登記事項証明書は法務局のオンライン請求が可能で、平日の21時まで対応してもらえるため便利に申し込めます。詳細については法務局のサイトでしっかりと確認してみましょう。即日融資のビジネスローン審査をスムーズに行ってもらうために、これらの書類を前もって用意しておくようにしてくださいね。

ビジネスローンの審査に落ちた場合は次のビジネスローンへ申し込む

また、これらの書類を揃えてもビジネスローンの審査へ通過できなかったという場合のみ、次のビジネスローンへ申し込みを行うようにしましょう。万が一ビジネスローンへ落ちてしまうことも考えて、同時に複数のビジネスローンへ申し込んでしまう事業者もいるのですが、複数のビジネスローンへの同時申し込みは審査に非常に不利となるので注意してください。

ビジネスローンへの申し込みの履歴は信用情報機関で共有される

ビジネスローンへの申し込みの履歴は信用情報機関で共有される

同時に複数のビジネスローンへ申し込みを行うと、ビジネスローンへ申し込んだ履歴が信用情報機関に残されます。また、この信用情報の履歴は、ローンを提供する金融業者が即時に参照できるんですよね。

ローンへの申し込み履歴が多く残されている場合、金融業者に「よほどお金に困っている事業者かもしれない…」という風に見られてしまうため、審査通過が難しくなります。このため、複数のビジネスローンへ同時に申し込むのではなく、落ちてしまった場合だけ、次のビジネスローンへ申し込むようにしてくださいね。

即日融資のビジネスローン審査にどうしても落ちてしまう時は…

また、何度もビジネスローンへ落ちてしまうという場合は、これから解説する項目に注意しておいてください。

ビジネスローン審査に落ちてしまう時にチェックする項目

  • 申請した入力項目にミスがないか
  • 自分の信用情報を確認してみる

申請した入力項目にミスがないか

ビジネスローンへの申し込み時に、入力ミスがなかったか確認してみましょう。明らかな入力ミスなどの場合は、申し込み先の金融業者から連絡があり、内容確認してもらえる場合がほとんどです。

しかし「明らかな虚偽申請」であると判断されてしまった場合など、申し込み者に確認せず審査に落としてしまう可能性も考えられます。このため、申請した内容が本当に正しい情報だったのか、再度確認してみることをおすすめします。

自分の信用情報を確認してみる

自分の信用情報を確認してみる

ビジネスローンは、申し込み者である事業者や個人事業主本人の信用情報も審査に大きく影響します。信用情報とは先ほども説明したように、カードローンやクレジットカードなどの利用履歴のことを指します。もし、カードローンやクレジットカードの返済時に3ヶ月以上の滞納や、過去に返済不能となり債務整理などを行なってしまった場合、信用情報がブラックな状態となります。

信用情報がブラックとなっている場合は、まずビジネスローンの審査には通過できないため、過去に返済トラブルなどを起こしてしまった人は、一度信用情報を確認してみましょう。自分の信用情報は、1000円ほどの手数料で開示できるため、過去の信用情報が気になる人もチェックしておくことをおすすめします。

ビジネスローン以外の資金調達方法も検討する

また、どうしてもすぐに資金調達したいという人は、ビジネスローン以外の資金を調達する方法も確認しておきましょう。

  • ファクタリングを利用する
  • 生活費を個人向けローンで借りる

ファクタリングを利用する

取引先からの売掛金が回収できず、資金繰りに困っているという人は、ファクタリングの利用も検討してみましょう。ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社へ売却し、キャッシュを得る方法です。ファクタリングは最短即日で現金化できるため、資金調達を急いでいる事業者にはとても有利に利用できるでしょう。

生活費を個人向けローンで借りる

また、個人事業主などで事業の運転資金と生活費が一緒にまとまっているような人は、生活費に使うお金を事業の運転資金として使い、足りなくなった生活費を「個人向けローン」で借りる方法もおすすめです。一般的に個人向けローンはビジネスローンよりも審査難易度は緩やかな傾向にあります。このため、ビジネスローンの審査に通過できなかった人でも、個人向けローンに通過できる可能性もあるでしょう。

資金調達にはビジネスローン以外にも様々な方法がある

このように、ビジネスローン以外でも資金調達する方法は様々あるので、ビジネスローンにこだわらず検討してみるのも良いかもしれませんね。

即日融資可能なビジネスローンの審査に通過させよう!

この記事では、即日融資可能なビジネスローン、また、即日融資の審査通過を成功させるための条件などについて解説してきました。即日融資が期待できるビジネスローンとは、コンピュータースコアリングを行なっている大手の金融業者が提供しているビジネスローンなどが考えられます。

即日融資可能なビジネスローン審査に通過させる方法

また、ビジネスローンに審査通過し、即日融資を成功させるためには、「平日の午前中の早めの時間に申し込む」「ビジネスローン契約時の提出書類を用意しておく」「複数のビジネスローンへ同時申し込まない」などの項目に注意しておきましょう。どうしてもビジネスローンに通過できないという場合は、ビジネスローン以外にもファクタリングや個人向けローンをうまく活用する方法がありましたよね。即日融資が行えるのはビジネスローンが有利ですが、どうしても審査に通過できない時には別の資金調達方法を検討してみるのも良いでしょう。

ぜひこの記事を参考にしながら、ビジネスローンで即日融資に成功させて、うまく資金繰りを行うようにしてくださいね。

即日融資も可能?
ビジネスローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP