ビジネスローン審査に通るには?審査通過・借入成功のポイント

125view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

ビジネスローン審査に通るには?審査通過・借入成功のポイント

事業の運転資金のやり繰りに困ったときには、ビジネスローンは便利に利用できます。また、ビジネスローンを使ったことがない、という人は「審査に通過できるのか不安」という人もいるかもしれません。そこでこの記事では、ビジネスローンの審査通過のポイントについて詳しく解説していきます。

事業資金に使えるビジネスローンの特徴

まず、ビジネスローンについての特徴を確認していきましょう。ここで解説するビジネスローンとは、主に個人事業主や中小企業の事業者向けの小口融資のサービスを指します。

ビジネスローンはつなぎ融資として使いやすい!

ビジネスローンの特徴として、「金利は高いが融資までのスピードが早い」ことが挙げられます。ノンバンク系のビジネスローンの場合、金利は15%〜18%程度の金利である場合が多いんですよね。この金利は、消費者金融などの貸金業者が提供する個人向けカードローンなどの金利と同等程度となっています。

ビジネスローンの審査はとてもスムーズ!

しかし、このビジネスローンは審査〜融資までとてもスムーズに手続きが進んでいき、最短では申し込み即日に審査通過、融資を受けられる可能性があるんですよね。

融資までスピーディーなのでつなぎ融資として利用しやすい

このため、ビジネスローンは金利が高いのはデメリットとなりますが、融資までのスピードが非常に早いのが大きなメリットとなります。「運転資金が足りなくなってきた…」「支払いするお金がない…」というような状況のときに、つなぎ融資として、うまくビジネスローンを利用できるでしょう。少しだけお金が足りないようなときにサクッとお金を借りられるのは、ビジネスローンの大きな強みと言えるでしょう。

設備投資などの大きなお金は公的機関や銀行融資がおすすめ

ビジネスローンでは上限の限度額は300万円〜1000万円程度である場合が多く、大きなお金は借りられません。例えば設備投資に2000万円必要というような状況の時には、少額しか借りられず高い金利のビジネスローンは適していないと言えるでしょう。

利用シーンによって適した融資、ローンのサービスが異なる

利用シーンによって適した融資、ローンのサービスが異なる

銀行からの融資であれば、数千万円〜1億円ほどの高額な融資が期待できるため、設備投資や事業拡大のために大きなお金が必要という場合に、うまく活用できるでしょう。また、日本政策金融公庫などに代表される公的機関からの融資の場合、2%程度の低い金利で融資を受けられるため、長期的な借り入れの際に利息を抑えてお金を借りられます。

銀行や公的機関からの融資にはデメリットも

銀行や公的機関からの融資は、「高額な限度額」「非常に低い金利」であることがメリットなんですが、「審査難易度が高い」「手続きに時間がかかる」というデメリットがあります。このため、一時的に運転資金のためのお金がないという事業者の人は、融資スピードが早く、審査基準が緩やかなビジネスローンがおすすめなんです。

ビジネスローンの審査通過のポイントは?

ビジネスローンの審査に通過させるためのポイントについて、解説していきます。主に消費者金融などの貸金業者が提供している小規模な事業者向けのビジネスローンは、個人向けのローンと同じような審査を通ることになります。

ビジネスローンの申し込み前には信用情報をチェックしておく

信用情報とは「クレジットヒストリー(クレヒス)」とも呼ばれていて、クレジットカードやローン商品などの利用履歴が記録されている情報のことです。この信用情報は主に3つの信用情報機関により、保管、共有されています。個人向けのローンと同じように、事業者向けのビジネスローンの場合も、この信用情報が審査に大きな影響を与えてしまうんです。

信用情報に傷がある人はビジネスローンの利用は難しい

信用情報に傷がある人はビジネスローンの利用は難しい

信用情報に傷がある人、例えば債務整理を行なった人や、支払いを長期間(3ヶ月以上)滞納してしまったというような履歴が残っている人は、信用情報ではブラック扱いとなってしまうため、ビジネスローンの審査通過は非常に難しいでしょう。

信用情報に大きな傷がある人がビジネスローン審査に通過できないのは、個人向けのローン、カードローンについても同じですよね。個人向けのローンと同じように、過去に金融商品でトラブルを起こしてしまった人は、信用情報が綺麗になってからビジネスローンへ申し込む方が審査通過率はグッと高まります

ビジネスローンは個人のステータスも影響する

また、事業者向けビジネスローンでは信用情報だけではなく、通常の個人向けローンと同じように、基本的なステータスも審査対象となります。

  • 居住年数
  • 住居のタイプ
  • 不動産の所有
  • 他社からの借り入れ件数

居住年数

今住んでいる住居に何年住んでいるかどうかも、審査基準の対象となります。そこまでビジネスローンの審査には大きな影響は与えませんが、居住年数が長い人ほど「安定した収入を得ている」と判断されやすいため、審査に有利な傾向があります。

また、現在の住まいに引っ越し直後の事業者が「ビジネスローン」へ申し込むと「なぜ引っ越し代金を事業の運転資金に回さなかったのだろう」と疑われてしまう可能性があり、審査に不利となってしまう傾向があるでしょう。

住居のタイプ

住居のタイプ

どのような住居に住んでいるのかも、実はビジネスローン審査でチェックされている項目なんです。住居のタイプの優劣は、主に下記のように判断されます。

持ち家や持ちマンション > 賃貸マンション > 団地

大雑把にまとめてみましたが、家を所有している人が最もステータスが高く、賃貸であれば家賃が高い人の方がステータスが高いんです。団地のように、一般的に家賃がリーズナブルな価格になるほど審査のステータスが低くなる傾向があります。

また、ビジネスローンは個人事業主や事業者向けとなっているため、平均的な家賃以上の賃貸などに住んでいる人の方が、その事業の経営がうまくいっていると判断される傾向があるでしょう。

不動産の所有

また、先ほどの項目にもありましたが、持ち家などの不動産を持っている事業者の方がビジネスローン審査には有利となります。住居以外でも不動産を所有している事業者は、大きな資産を持っていると判断されるため、優秀なステータスとして扱われます。

他社からの借り入れ件数

他社からの借り入れがある人は、ビジネスローンの審査に不利となる傾向があります。ビジネスローンへ申し込む事業者がカードローンやフリーローンなどの多くの無担保ローンを利用している場合、ローンの借り入れ件数が多いほど審査に落とされてしまう確率が高まるでしょう。私生活でお金に困っている事業者=事業がうまくいっていないと判断されるためです。

もし、事業者でカードローンやフリーローンなどを利用している場合は、ローン完済後にビジネスローンへの申し込みを検討してみましょう。

ビジネスローンの審査通過を目指す!事業内容でチェックしておきたいポイント

先ほどの項目までは、ビジネスローンへ申し込む時に注意しておきたい、事業者の基本的なステータスについて解説してきました。この項目では、ビジネスローンの審査に影響する事業内容の項目について確認していきます。

  • 売り上げなどの利益
  • 創業年数
  • 経営者(事業者)の年齢
  • 税金の支払い

売り上げなどの利益

事業者向けのビジネスローンの審査で重要となる項目は、事業からキチンと利益が上がっているか、が大きなポイントとなります。売り上げがなく、毎月赤字ばかりとなっているような経営だと、いくらビジネスローンでお金を貸したとしても、返済してもらえない可能性もありますよね。このため、赤字続きのような事業者にはビジネスローンの審査に落とされてしまう可能性が高いでしょう。

事業計画の内容次第で審査に通過できる場合も

ただし、赤字経営だからといって必ずしもビジネスローンの審査に落とされるわけではありません。事業計画がしっかりとあり、現在の赤字の理由を明確にできて、今後の売り上げの見通しがあるという事業者に対しては、ビジネスローンの融資を行なってもらえる場合もあります。つまり、計画的に事業を展開している(しようとしている)事業者は、比較的融資してもらいやすい傾向があると言えます。

創業年数

その事業を興してからの創業年数もビジネスローンの審査では重要な項目となります。例えば、創業直後であればどのような事業で、売り上げはどのくらいあるのか、利益は出せるのか、など、事業の安定性について判断しにくいですよね。このため、事業の開始直後は消費者金融などのビジネスローンは利用しにくいんです。

1年以上の運営年数が必要

ビジネスローンの審査通過を目指すのであれば、事業の収益性を証明できるように最低1年以上の運営年数が必須であると言えます。また、開業前に開業資金などを融資してもらいたい場合は、日本政策金融公庫の「新規開業資金」などの融資を検討するようにしてみましょう。

経営者(事業者)の年齢

経営者(事業者)の年齢

ビジネスローンでは、経営者(事業者)の年齢も影響します。経営者が20代〜50代という年代の人であれば、働き盛りの年齢として見てもらえるため、審査に通過させやすい傾向があります。また、未成年の人はそもそもビジネスローンへの申し込み対象外となるため、利用できません。また、60代以上という年齢の人も、例えば個人事業主の場合など、何歳まで事業を続けるのか疑問に思われる場合もあり、ビジネスローンの審査に不利となってしまう場合もあります。

税金の支払い

もちろん、事業で稼いだお金には税金がかかります。支払い義務がある税金が未払いだったり、滞納しているような事業者はビジネスローンの審査に落とされてしまうでしょう。税金は必ず支払う義務があり、毎年必ず定期的に支払い時期がやってきます。この税金の支払いタイミングで、支払うお金を用意できてないような事業者は「お金にだらしがない」「経営が傾いている」と判断されてしまい、審査には不利となってしまうでしょう。

ただし、一時的な資金不足となり、わずかだけ税金が支払えなかった場合など、状況によってはビジネスローンを利用できる可能性もあります。

ビジネスローンの審査に必要な書類とは?

ビジネスローンへ申し込む際には様々な書類の提出が必要となります。できるだけ早くビジネスローンの審査に通過させるためにも、これから解説する書類を前もって用意しておきましょう。

ビジネスローン審査で必要な書類

まず、本人確認書類が必須となります。

  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 事業者の印鑑証明書

法人と個人事業主とでは提出する書類が異なる

ビジネスローンへ申し込む際に必要な書類は、法人と個人事業主によって異なっています。

ビジネスローンへ提出が必要な書類
事業のタイプ 法人 個人事業主
必要な書類 事業関連書類、法人印の印鑑証明書など 収入証明書類、事業関連書類など

まず、法人が必要となる書類から簡単に解説します。法人が提出するのは事業関連書類である「登記事項証明書」などが必要です。この登記事項証明書は、事業所の住所などが記載されている書類となります。発行から3ヶ月以内の書類しか認められないため、インターネットや郵送にて随時最新の登記事項証明書を取得しておきましょう。

また、個人事業主などが必要となる書類は、「確定申告書」などの収入を証明できる書類や「借り入れ計画書」などの事業に関連する書類となります。

ビジネスローンを最短で利用するために書類を用意しておく

このように、事業者向けのビジネスローンでは上記のような書類が必要となります。スピーディーにビジネスローンの審査を進めるために、前もってこれらの必要書類を準備しておきましょう。

ビジネスローンの審査難易度はそこまで高くない

この記事では、事業者向けビジネスローンで審査される項目や、審査に通過させるためのポイントについて詳しく解説を進めてきました。解説してきたように、ビジネスローンで審査されるポイントさえしっかりと抑えておけば、審査通過も難しくないでしょう。ぜひこの記事を参考にしながら、ビジネスローンへの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

審査が不安
おすすめビジネスローン

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP