ビジネスローンの返済方法・返済期間の決め方

342view | カードローンをおすすめ比較!まずはチェック

ビジネスローンの返済方法・返済期間の決め方

ビジネスローンは利用先の金融業者によって様々な返済方法が用意されていて、自分で返済方法を選べる場合があります。また、返済期間についても返済方法と同様に、短期間で完済するのか長期間で完済するのかを選べます。

しかし、初めてビジネスローンの利用を検討している事業者の人は、どのような返済方法でどのくらいの返済期間に決めれば良いのか、よく分からないという人も多いでしょう。そこでこの記事では、ビジネスローンの返済方法や返済期間、また、ビジネスローン完済までのコツなどについてしっかりと解説していきます。ぜひ参考にしながらうまくビジネスローンを活用していきましょう。

ビジネスローンの返済方法について

まず、ビジネスローンの返済方法について確認していきます。代表的な3つの返済方法について紹介します。

ビジネスローンで適用されている代表的な返済の方法

  • 元本一括返済方式(元金一括返済方式)
  • 残高スライドリボルビング返済
  • 元利均等返済

元本一括返済方式(元金一括返済方式)

ビジネスローンで採用されているユニークな返済方法となります。この元本一括返済方式とは、ビジネスローンの借入期間の最終日に一括して元本(=元金、借りたお金)を返済する方法です。借入期間の最終日までは毎月利息だけを支払い、元本の返済は行いません。このため、毎月の返済負担を最小限に抑えられる返済方法と言えるでしょう。

また、この元本一括返済方式は、金融用語で「ブレット」とも呼ばれています。この元本一括返済方式は毎月の返済負担を抑えられるという大きなメリットがありますが、期日に元本の一括返済が必須となるため、借りたお金全額をしっかりと用意しておく必要があります。

残高スライドリボルビング返済

残高スライドリボルビング返済とは、一般消費者向けの消費者金融カードローンなどでよく採用されている返済方式です。

残高スライドリボルビング返済の例
借入残高 毎月の返済額
10万円以内 5000円
10万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円

上記はあくまでも一例となりますが、借入残高によって毎月の返済額がスライドし、徐々に返済負担が減っていく返済方法です。毎月の返済負担を小さく抑えられるというメリットがありますが、徐々に返済額が小さくなっていくため、完済まで長期化してしまうというデメリットがあります。

元利均等返済

元利均等返済とは毎月の返済額が一定で、その中に「元本」も「金利」が含まれている返済方法となります。この元利均等返済では、残高スライドリボルビング返済のように返済額がスライドしないため、完済するまで毎月一定の返済を続けていくことになります。

事業者の人は「毎月一定額のコスト」として計算しやすいため、完済までの計画を立てやすいという側面があるでしょう。

ビジネスローンではどの返済方法がおすすめ?

ビジネスローンには、上記のような返済方法があるのですが、どの返済方法が良いのかは、ビジネスローン利用者である事業者の事業の運営方針によっても異なると言えるかもしれません。

何のためにお金を借りたかで返済方法を選ぶのがベスト

何のためにお金を借りたかで返済方法を選ぶのがベスト

借りたお金全額を新規事業に投資し、売上を伸ばしたい!という事業者は、期日の最終日に返済できる「元本一括返済方式(元金一括返済方式)」が有利に利用できるでしょうし、取引先からの入金までの運転資金が少し足りない…という事業者は、「元利均等返済」などで計画的に毎月定額の返済を行なってみるのも良いでしょう。このように、「何のために融資を受けるのか?」によって、利用をおすすめしたい返済方法は異なります。

返済期間を長く設定できるビジネスローンのメリットとデメリット

続いて、ビジネスローンの返済期間について確認していきましょう。

ビジネスローンの返済期間について

利用先のビジネスローンによって最長の返済期間は異なるのですが、およそ5年(60ヶ月)から10年(120ヶ月)での返済が必須となります。また、返済期間を長く設定できるビジネスローンのメリットやデメリットとなる項目を解説していきます。

返済期間を長く設定できるビジネスローンのメリット

まず、返済期間を長く設定できるビジネスローンのメリットを確認していきましょう。

  • 返済期間が長いと毎月の返済負担を抑えられる
  • 事業を拡大しながらゆったりと返済できる

返済期間が長いと毎月の返済負担を抑えられる

ビジネスローンで高額なお金を借りても、返済期間を長く設定すれば毎月の返済負担を小さく抑えられます。毎月少しの返済でOKなので、ビジネスローンの返済に追われてしまって事業の運転資金が足りなくなる…というような状況にもならないでしょう。

事業を拡大しながらゆったりと返済できる

また、ビジネスローンで長期的な返済を行えば、返済負担を少なく済ませられるため、事業拡大などに注力しながら、ゆったりと返済を進めていけるはずです。

このように返済期間を長く設定すれば、ビジネスローンの返済に追われることなく、しっかりと返済を続けていけるでしょう。

返済期間を長く設定できるビジネスローンのデメリット

返済期間を長く設定できるビジネスローンにはメリットがありましたが、デメリットとなる落とし穴もあります。

返済期間が長いと返済総額が大きく膨らむ

ビジネスローンで返済期間を延ばしてしまうと、その分金利がかかってしまうため、利息が増えて返済総額が膨らんでしまうというデメリットがあります。例えば金利15%で100万円を5年間(60ヶ月)で完済する場合と、10年間(120ヶ月)で完済する場合の返済総額の違いについて確認してみましょう。

100万円を金利15%で5年間、10年間で完済する場合の返済総額の違い
返済期間 5年間(60ヶ月) 10年間(120ヶ月)
金利 15% 15%
返済総額 1,427,396円 1,936,019円

上記のように返済期間が5年間も異なると、返済総額に大きな違いが出てくるのです。この場合、なんと50万円以上も返済総額が異なっていますよね。また、金利の違いで返済額が異なる点にも十分に注意しておきましょう。

100万円を金利10%、15%で5年間で完済する場合の返済総額の違い
返済期間 5年間(60ヶ月) 5年間(60ヶ月)
金利 10% 15%
返済総額 1,274,823円 1,427,396円

このように、金利が異なっても返済総額に大きな違いが出てくるのです。このため、金利が高いビジネスローンは、長期間の借入れにはあまり向いていない資金調達方法と言えるかもしれませんね。

ビジネスローンは繰り上げ返済で完済を目指していく

ビジネスローンは長期的に借り入れると毎月の返済負担を小さく抑えられますが、返済総額が膨らんでしまいます。このため、ビジネスローンをうまく利用するためには、必ず繰り上げ返済を行いましょう。

ビジネスローンでは必ず繰り上げ返済する

ビジネスローンでは必ず繰り上げ返済する

この繰り上げ返済とは、毎月の返済の後に随時返済を行うことです。残高スライドリボルビング返済や元利均等返済などの返済方法では、毎月の返済には「元本」と「利息」が含まれています。毎月の返済の後に随時返済による繰り上げ返済を行うと、「元本」だけの返済となるため、借入残高をグッと減らせるんですよね。

このため、ビジネスローン利用中に事業資金に余裕が出た時には、必ず随時返済を行ない繰り上げ返済するようにしてくださいね。繰り上げ返済により返済期間を短縮すれば、その分利息を抑えられるでしょう。

ビジネスローンは返済方法・返済期間を把握して計画的に利用する!

また、ビジネスローンの利用に失敗しないために下記の項目に気をつけておきましょう。

  • 借りたお金を活用して事業の黒字化を目指す!
  • 長期返済のビジネスローンは金利が低いサービスを選ぶ
  • 完済までの計画をしっかりと立てておく

借りたお金を活用して事業の黒字化を目指す!

ビジネスローンで借りたお金はしっかりと活用することが大切です。運転資金が足りなくてビジネスローンで融資を受けた事業者は、「業績を安定させるため」利用したはずです。このため、融資を受けた資金は有効に活用して、事業からしっかりと収益を出せるように、黒字化を目指しましょう。

また、この記事で解説した返済方法や返済期間なども考慮しながら、うまく融資を活用できるように事業の運営について検討してみてくださいね。

長期返済のビジネスローンは金利が低いサービスを選ぶ

長期返済のビジネスローンは金利が低いサービスを選ぶ

「今後も資金不足が長引いてしまいそう… 長期的にビジネスローンを利用する」という事業者は、少しでも金利が低いビジネスローンのサービスを選んでみましょう。それぞれの金融業者が提供しているビジネスローンは、金利が異なっています。また、ビジネスローンは事業用資金として利用するため、高額な融資となる場合が多いでしょう。

1%の金利の違いでも返済総額に大きな違いが出る

このため、1%金利が異なるだけでも返済総額に大きな違いが出るんです。例えば1000万円の融資で年率1%の違いがあれば、単純計算すると年間10万円もの利息の差が出るんですよね。(※実際には毎月元本を返済していくため、もう少し利息は減ります)

銀行系のビジネスローンは金利が低い傾向

ビジネスローンには銀行が提供している銀行系ビジネスローンと呼ばれるサービスと、消費者金融などの貸金業者が提供しているノンバンク系ビジネスローンと呼ばれているサービスがあります。また、おおよその金利の目安ですが、銀行系ビジネスローンでは金利5%〜10%前後、ノンバンク系ビジネスローンでは金利10%〜15%前後となっています。このため、長期間の融資を希望する人で返済総額を抑えたい人は、銀行系のビジネスローンを検討するようにしてくださいね。

銀行系ビジネスローンは審査難易度に注意

ただし、銀行系ビジネスローンはノンバンク系ビジネスローンと比較すると、審査難易度が高い傾向がある点には注意しておきましょう。ただし、バランスシート(貸借対照表)で債務超過していない場合は審査通過できる可能性が高いでしょう。

完済までの計画をしっかりと立てておく

この記事で解説してきたビジネスローンをうまく活用するためには、これから利用するビジネスローンの「返済方法」と「返済期間」や「金利」「毎月の返済額」をしっかりと把握し、前もって完済までの道筋を立てておくことが重要となります。

利用先のビジネスローンによって返済方法が異なる

ビジネスローンの返済方法には、元本一括返済方式(元金一括返済方式)、残高スライドリボルビング返済、元利均等返済という主流となっている3つの返済方法がありました。また、利用先の金融業者により、どの返済方法が適用されているかが異なるため、前もって確認しておく必要がありました。

ビジネスローンで長期間融資を受ける場合は

ビジネスローンで長期間融資を受ける場合は

ビジネスローンには10年間以上、返済期間が設けられているサービスもあります。長期間で返済を行うと毎月の返済負担を抑えられるため、毎月返済に充てるコストを下げられるというメリットがあるのですが、返済総額が大きく膨らんでしまう恐れもあります。

このため、ビジネスローンで長期間での返済の契約を結ぶ場合、資金に余裕がある時は必ず「随時返済」による繰り上げ返済を行うようにしてくださいね。基本的に繰り上げ返済は「元本のみ返済できる」方法なので、しっかりと元本を減らせられるでしょう。

借りる前に完済までの計画を立てておく

また、ビジネスローンは数百万円〜1億円という高額な融資となる場合が多いため、借りる前からしっかりと完済までの計画を立てておくことが、最も重要なポイントとなるでしょう。ビジネスローン利用でうまく事業を黒字化できるように、この記事を参考にしながら返済方法や返済期間について、しっかりと検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネスローン
返済も考える!

あなたにピッタリのカードローンはこれ!

人気カードローンランキング
【運営】株式会社アゴラ 〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1-302
© 2014 - 2018 Agoora.inc.

TOP